女性の転職エージェントランキングTOP7 | 正社員求人掲載のサービス - 市場の動向

公開日:
最終更新日:
女性の転職エージェント・サービスおすすめランキングを解説します。人気の事務職をはじめ、幅広い職種の正社員求人があります。転職市場の動向や女性が注意すべきポイントについての解説つきです。
求人・転職求人・転職おすすめエージェント(女性)
Large

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>>転職サイトランキングをチェック

女性におすすめ転職エージェント・サービス7選

女性の転職に役立つエージェント・サービスを、厳選してランキング形式にして紹介します。

転職はスピードが大事です。登録から面接、内定をもらってから現職を辞めるにもある程度時間がかかるので、早め早めに会員登録しておきましょう。記事の後半では転職のポイントや円満退職への流れについても解説します。

第1位:マイナビエージェント

■ポイント1:女性に特化した求人が豊富
マイナビエージェントは女性を対象にした求人が豊富で、評判も良いです。様々な業種や職種、残業時間の少なさや土日休みかどうかなど、それぞれの希望に沿った求人を紹介してもらえます。

■ポイント2:専属のキャリアアドバイザーによる充実したサポート
専属のキャリアアドバイザーが面接対策から履歴書の添削、企業との条件交渉まで面談にてトータルサポートしてくれます。女性ならではの、結婚・出産・育児などのタイミングや仕事との両立についても相談しやすいです。

■ポイント3:若い世代の転職に強い
20代・30代前半の転職に強い傾向があります。第二新卒扱いや、未経験で採用してくれる求人もあり、初めての転職や社会人経験の浅い方にもおすすめのエージェントです。

初めての転職では「面接の服装はリクルートスーツでいいの?」など、基本的なこともわからないことだらけです。若い世代の転職に強いマイナビエージェントだからこそ、相談しやすいです。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

第2位:パソナキャリア

■ポイント1:顧客満足度調査転職エージェントNo.1の実績
パソナキャリアは利益よりも社会貢献を大切にすると掲げ、専門アドバイザーの親身で丁寧なサポートには定評があります。

キャリアに自信のない方や、40代・50代など年齢に不安のある方にもおすすめのエージェントです。

■ポイント2:業界トップクラスの求人数
求人数は40,000件近くありこれは業界トップクラスです。また企業からの評判が高く信頼されているからこそ、公開求人だけでなく非公開求人も豊富に揃っています。

■ポイント3:女性の立場に寄り添った手厚いサポート
パソナキャリアには女性のキャリアアドバイザーが何人も在籍しており、女性の転職に対して親身に向き合ってくれます。

女性同士だからこそ相談しやすい、結婚・出産・子育て、女性だからといって諦めたくないキャリアの積み方などの話題も安心して話すことができます。パソナキャリアが利用者からの口コミ評価が高いのも、このためです。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

第3位:type転職エージェント

■ポイント1:転職者の7割以上が年収UP
type転職エージェントを利用して転職した人の71%が前職よりも年収を上げています。「今の給料よりももっと待遇がいい会社で働きたい」という、金銭面を理由に転職したい方はチェックしておきたいエージェントです。

■ポイント2:きめ細やかなサポートを提供
きめ細やかなサポートに定評があります。職務経歴書の書き方から、面接日程の調整、面接に臨む際のアドバイスまで多方面に渡ってサポートしてくれます。

■ポイント3:女性に特化したサービス
女性向けには「type女性の転職エージェント」のサービスを提供しています。女性しか応募できない求人が多数あり、優位に転職活動を進めることができます。

type転職エージェントの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

第4位:リブズキャリア(LiBzCAREER)

■ポイント1:キャリア女性に特化したエージェント
リブズキャリアは、これまで正社員でバリバリ働いてきたような、キャリア女性に強い転職エージェントです。業種・職種や年収で妥協したくない女性におすすめです。

■ポイント2:女性視点の求人情報が豊富
職場で働くロールモデルや女性視点のお仕事の魅力、従業員や管理職の女性比率、育休取得率など、他にはない女性が転職活動で本当に欲しい情報が提供されています。

育児サポートや働き方、自宅や保育園の最寄駅に帰りたい時間から検索できる「帰れる検索」など、女性向けの独自条件で求人を探せます。

■ポイント3:厳選された企業・キャリアパートナーからのスカウト
働く女性の活躍を応援する企業や、女性の気持ちに寄り添い、経営層に強い人脈を持ったキャリアパートナーからスカウトを受けられます。

第5位:レバテックキャリア

■ポイント1:エンジニア・クリエイターの転職に特化
レバテックキャリアは、エンジニアやクリエイターに特化した転職エージェントでです。専門用語や最新の技術に精通したアドバイザーが相談に乗ってくれます。

女性でもエンジニアやWEBデザイナーなどで活躍する方が増えてきました。IT分野はニーズも高く、優位に転職活動を進めることができます。このようなテック系に特化した転職サイトがおすすめです。

■ポイント2 : 業界トップクラスの求人数
求人登録数は4,000件以上あり、エンジニア・クリエイターに限定した転職エージェントでは、トップクラスの求人数にあたります。

■ポイント3:充実した現場情報
技術に精通し業界を熟知したプロのアドバイザーが他では得られないリアルな情報を提供しています。企業風土や具体的な業務内容など、現場訪問を繰り返して蓄積させた情報が詰まっています。

レバテックキャリアの転職サービス一覧や、利用するメリット・デメリットはこちらの記事で解説しています。

第6位:type女性の転職エージェント

■ポイント1:利用者の約71%が年収アップに成功
type女性の転職エージェント利用者の約71%が年収アップに成功しています。登録者限定求人の紹介や面接のコツなど、転職成功のチャンスを増やせるためです。

■ポイント2:女性ならではの条件で求人紹介が可能
「未経験OK」「育児との両立可能」「女性管理職有」など女性ならではのさまざまな条件から求人を検索可能。仕事の決まっていない女性のために仕事環境からおすすめ求人のマッチングもできます。

■ポイント3:専任アドバイザーにより親身なサポート
希望求人に精通した専任アドバイザーから親身なサポートを受けれます。応募書類の添削・面接日程の調整の交渉も代行してくれるので、転職活動に集中できます。

第7位:Woman Career

■ポイント1:転職者満足度No.1のdodaがサービス提供
転職者満足度No.1のdodaが女性向けに「Woman Career」を提供しています。担当キャリアアドバイザーの対応力が高く、求職者に寄り添う親身なサポートに定評があります。

■ポイント2:女性視点の求人検索
Woman Careerは、「育児・託児支援制度」や「産休・育休の取得実績」など女性視点の求人検索を備えています。フレックス勤務や年間休日、英語を活かして働くなど、あらゆう条件から仕事を探せます。

■ポイント3:女性ならではの悩みにもきめ細やかに対応
女性が活躍できる会社の選び方や出産後の働き方など、女性特有の悩みにもキャリアアドバイザーが対応してくれます。多くの女性の悩みに寄り添ってきたからこそ、しっかりとした転職アドバイスを受けることができます。

dodaの転職サービス一覧や、それぞれの特徴はこちらの記事で詳しく解説しています。


次の記事では、本記事で紹介している女性向けの転職エージェントを含め、おすすめの転職エージェントをランキング化しています。あわせてご覧ください。

転職エージェントおすすめランキング!20代・40代・女性向け・比較に役立つ特徴・選び方 | ボクシルマガジン
転職エージェントには、20代未経験・40代ハイクラス・女性に特化しているなど、エージェントごとに特徴があります。本...

女性転職市場はまだ発展途上

日本では少子高齢化が進んでおり、女性の活躍がこれまで以上に期待されています。2016年には女性活躍推進法が制定され、政府も女性の労働環境整備に努めていることがわかります。

では転職市場の動向はどうなっているのでしょうか。データや法律をもとに確認していきましょう。

仕事と家庭の両立は今後改善されていく

女性活躍推進に対する最大の壁が、仕事と家庭の両立です。

厚労省の調査によると、女性の約6割が第1子出産を機に退職しています。そのため企業が国の方針に従って女性を管理職に登用しようとしても、対象者の女性が社内にいない減少が発生しています。

出産を機に退職する背景には、制度があっても風土がないため職場に遠慮して退職するケースと、復帰しても残業の少ないサポート業務を選択せざるをえないケース(マミートラック)があります。

しかし今後、国や企業は仕事と家庭の両立を目指す女性のために、法律や制度をより改善していくでしょう。女性にとって働きやすい環境が整っていくことが予想されます。

M字カーブとは|理由・対策・現状・国別比較 - 女性の労働力率向上 | ボクシルマガジン
女性の労働力率をグラフ化した際、出産・育児を迎える30代で減少するMの曲線となることをM字カーブといい、結婚を含め...

女性の管理職も今後増えていく

日本企業は男性が中心になって構成されていました。特に管理職はほとんどが男性で占められており、女性はごくわずかでした。その後、雇用機会均等法により女性の働きやすい環境は整備されました。

しかし帝国データバンクによると、日本の女性管理職の割合は平均7.2%、女性管理職ゼロの企業が半数近くとなっています。世界的にみても女性管理職の登用比率が先進国で最も低く、女性活用において日本はかなり遅れをとっています。

このような状況を改善するためには、各企業は女性が出産・育児後も働いて管理職に就けるモデルを築いていくと予想されます。より女性のキャリアを大切にしている会社ほど、将来的に早く整っていくでしょう。

女性のプレ管理職に注目

女性活躍推進法を受けて、転職市場ではプレ管理職が注目されています。女性管理職の候補として、採用されることです。

女性活躍推進法では、従業員301人以上の企業は女性管理職比率の現状や目標公表の義務があります。しかし女性管理職を増やそうとしても管理職に値する人材がいないという現状もあります。

このような場合、転職でプレ管理職を新しく採用されるというわけです。

女性転職のポイント

転職市場の現状を踏まえ、女性が転職する際のポイントについて解説します。転職は人生においてとても大切なライフイベントです。ポイントをしっかりと抑えて、希望に沿った転職を成功させましょう。

キャリアプランを想定する

一度きりの人生で、「仕事を通して将来どんな女性になりたいのか」「何を成し遂げたいのか」といったキャリアプランを具体的に考えてみましょう。正社員で働くのか、派遣社員などでプライベートを優先にフレキシブルに働くのかなどです。

身の回りにいるロールモデルになるような女性の例を目指してみるのも、おすすめです。

明確な優先順位を決める

転職先を決めるポイントは、どうしても譲れない点妥協しても構わない点を整理し優先順位を決めることです。

仕事内容、企業風土、年収や休暇などの待遇面、勤務時間や勤務地といった働きやすさなど、いくつか希望を並べみてください。その中から優先順位を決めて、整理して考えていくとまとまりやすいです。

どうしても譲れない点がないと転職の軸がはっきりせず、反対に譲れない点が多すぎると転職先を決めにくくなってしまいます。

客観的、冷静に考える

一時的な感情に流されて転職を決めるのではなく、周囲の転職経験者の話を聞き、客観的かつ冷静に考えましょう。

専門知識をもった転職エージェントに相談することで、より転職市場の動向や自分の市場価値など発見があります。

転職エージェントおすすめランキング - 評判・口コミを徹底比較【最新】 | ボクシルマガジン
転職者の口コミ評判、サポート、求人数などから総合的に評価して全20サービスのランキングを一挙公開!あまり知られてい...

偏りのない情報収集をする

さまざまな転職サイトやエージェントを活用して、情報収集に努めましょう。求人広告や求人ページだけをチェックしていては、企業側に都合のいい情報しか集まりません。

希望する業界や職種があれば、会社四季報や新聞で多面的な情報収集をしながら、転職を進めていきましょう。

綿密な企業分析をする

候補が固まってきたら、企業の求人サイトや口コミサイトなどで分析してみましょう。

求める人物像や社内風土は転職後の職場環境や人間関係に響します。またIRサイトや経済ニュースなどで企業名を検索し、業績の確認も行ってみてください。

円満退職への準備をする

仕事をしながら転職活動する場合は、現職の仕事をおろそかにしないよう気をつけましょう。

転職活動は情報収集や面接で忙しくなりますが、現職の同僚に迷惑や負担をかけないよう、任された仕事は完遂しましょう。

また現在の仕事の引継ぎをあらかじめ想定してすすめておくと、内定が決まってからの円満退職につながりやすいです。

転職に迷ったときは相談・振り返り

転職時はさまざまな準備や対応が必要です。「本当に転職すべきかどうか」迷うこともあることでしょう。迷った場合の対処法を見ていきましょう。

転職するきっかけの振り返り

転職理由はリストラや倒産などでない場合、次のどれかにあてはまることが多いです。

  • 収入が少ない
  • 仕事内容が面白くない
  • 評価されない
  • 人間関係が辛い
  • 業界の先行きが不安
  • キャリアアップしたい

なぜ転職を考えたのか、きっかけをよく考えてみましょう。そして転職すべきか現職に残るべきか、どちらがプラスなのかよく考えて判断しましょう。

転職エージェント・サイトを利用

転職サービスや転職エージェントのアドバイザーは、求人情報や人事担当者の情報を多く持っています。また多数の転職希望者と面談しているので、転職希望者の悩みや不安に寄り添い、潜在的な希望を引き出すことにも慣れています。

女性におすすめの転職エージェントで理想の職場に出会おう

この記事では、女性におすすめの転職エージェントや転職のポイントを紹介しました。

雇用機会均等法や女性活躍推進法を受けて、今後ますます女性が活躍するための環境は整っていくと考えれます。

女性の転職サポートに特化したエージェントを味方につけて、女性が働きやすい理想の職場に出会いましょう。

「希望にそった求人がみつからない」、「応募した求人に書類選考・面接が通らない」という方のほとんどは、転職サービスの選び方に失敗をしています。転職サイト・転職エージェントは、サービスごとに得意不得意があるため、3つのポイントから自分にあっているサービスを賢く活用する必要があります。

  • 年齢
  • 性別
  • 希望職種

登録、利用する転職サービスの数は、2~3サイトに絞ると、最新の求人情報のチェックや企業からのスカウト管理がしやすいです。
最新の求人を見逃さないように、大手転職サイトで1つ、自分の年齢にあっているサポートが受けられる転職エージェントを最低1つ以上活用がおすすめです。年齢やサービスの特徴別にサービスを比較記事から、自分に当てはまるものから選び、登録・活用してください。

年齢・特徴別 おすすめ転職サービス一覧

※初回公開日 2018/2/6 更新日:2019/08/15

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事