Article square balloon green
2018-02-09

女性の転職の現状とポイント - 迷ったらこれ!サービスおすすめ8選

2016年に「女性活躍推進法」が制定され、女性のさらなる活躍が期待されています。しかし、「仕事と家庭」の両立が壁になっているという問題もあります。そのような状況も踏まえ、女性の転職の成功に向けたポイントを解説しています。
採用・転職
Large

女性の転職市場の現状

少子高齢化の進む日本において、労働力として女性の活躍が期待されています。
2016年には「女性活躍推進法」が制定されるなど、社会制度的にも女性が働きやすい場が増えるように政府も後押ししています。

このようななかで、女性の転職市場の動向はどのようになっているのでしょうか。

転職を考えている女性の方は、転職市場の動向女性向けの転職サービスをチェックしましょう。

女性活躍の場が増えている?

かつての日本の労働者社会は男性上位であり、男性が中心になっていました。そのため企業の中心的な役割を担う管理職はほとんどが男性で占められており、女性の数はごくわずかという状況でした。

その後、「雇用機会均等法」などにより、女性が働きやすい環境の整備が進められ、今では女性の管理職も増えてきています。

しかし、帝国データバンクの調査によると、日本の女性管理職の割合は平均6.4%、女性管理職ゼロの企業が半数超となっています。世界的にみると女性管理職の登用比率が先進国で最も低いなど、日本は女性活用でまだかなり遅れています。

「女性活躍推進法」とその影響

2016年8月28日に「女性活躍推進法」が成立しました。

これにより、働く場面で活躍したいという希望を持つすべての女性が、その個性と能力を十分に発揮できる社会を実現するために、女性の活躍推進に向けた数値目標を盛り込んだ行動計画の策定・公表や、女性の職業選択に資する情報の公表が事業主に義務付けられました。

ここで策定した数値目標を達成するために、管理職の立場に近い30代を中心に女性の転職市場に企業の注目が集まっています。

女性活躍推進法について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

女性活躍推進法とは | 働き方改革で注目の法律を徹底解説 | ボクシルマガジン
女性活躍推進法とは、女性が活躍できるように雇用主が推進することを義務化した法律です。それによって日本の労働者会はど...

「仕事」と「家庭」の両立の現状

女性活躍推進に対して最大の壁が、「仕事と家庭の両立」の問題です。

厚労省の調査によると、出産前に働いていた女性の約6割が、第1子出産を機に退職しています。そのため、企業がいざ女性を管理職に登用しようと思っても肝心の対象者がいないという事態となっています。

この背景には、「制度」があっても「風土」がないため職場に遠慮して「退職する」ケースと、仮に、育休復帰しても、責任ある仕事を任されず、残業の少ないサポート業務を選択せざるをえないという、いわゆる「マミートラック」を選ぶケースがあります。これは、昇進や昇給とは縁遠いキャリアコースです。

M字カーブとは|理由・対策・現状・国別比較 - 女性の労働力率向上 | ボクシルマガジン
女性の労働力率をグラフ化した際、出産・育児を迎える30代で減少するMの曲線となることをM字カーブといい、結婚を含め...

女性の「プレ」管理職に注目?

女性活躍推進法を受けて、女性の転職市場では、「プレ」管理職が注目されています。

女性活躍推進法では、従業員301人以上の企業は女性管理職比率の現状や目標を公表する義務があります。

しかし、いくら女性管理職を増やそうとしても社内にそんな人材はいないという状況にあります。
転職市場でも管理職経験者の数は圧倒的に少ないため、「管理職手前」の女性を採用し、育成して管理職へ登用しようと企業の採用担当者は考えているのです。 

女性の転職ポイント

このような転職市場の現状を踏まえて、女性が転職を考える際のポイントについて解説していきます。

将来のキャリアプランを広い視野で考える

「転職したい」と思ったらすぐに行動に移すのではなく、自分が将来どうなっていたいか、仕事を通じてどのようなことを成し遂げていきたいのかといった「キャリアプラン」についてよく考える必要があります。

転職を考えるのは、現在の仕事に対して何らかの不満があることが一因にありますが、やみくもに転職しても同じことの繰り返しになってしまう可能性があります。自分の置かれている現状と、キャリアプランをしっかり検討し、将来のビジョンをしっかりと描くことが重要です。

自分のなかの優先順位をはっきりさせる

転職先を決めるうえでのポイントとして、「どうしても譲れない点」「妥協しても構わない点」を整理して優先順位をまとめておくことも大切です。
「どうしても譲れない点」を持たずに妥協して転職してしまうと、転職先でも長続きせずに「また転職」ということになりかねません。

ちなみに、「どうしても譲れない点」は多くても3つまでにしておきましょう。あれもこれもと「どうしても譲れない点」が多くなってしまうと、転職の目的があいまいになってしまい、なかなか転職が決まらないということになってしまいます。

「感情」だけで転職を決定しない

現在の仕事や職場環境に対して何らかの不満をいだくことを一つのきっかけとして、人は転職を考えるようになります。

この時重要なことは、一時的な感情に流されて転職を決めるのではなく、周囲の人の話をよく聞き、冷静な判断を下すことです。

自分の周囲の<>b転職経験者や、転職を考えたけど踏みとどまった人などの話を聞き、自分の将来のキャリアプランと合わせてよく考えてみることが重要です。

身近にそのような方がいない場合には、転職エージェントなどで相談してみるのもよいでしょう。

偏りなく情報収集をする

いざ転職活動となると、まず取り掛かるのが情報収集です。
フリーペーパーの求人誌や、企業の求人ページ、転職サイトやハローワークの求人情報を見て、情報収集を行います。

転職エージェントや人材紹介会社に登録して、インターネット上に上がっていないような情報を収集することもできます。

さまざまな媒体や手法を活用して、情報収集に努めましょう。ただし、求人広告や求人ページでは、人を集めるために都合の良い情報だけが出てきます。

会社四季報や日経新聞などで業績の動向をチェックしたり、その業界に詳しい知人に話をきいたりして、可能な限り多面的な情報収集を心がけましょう。

転職先の企業をしっかり調査する

転職先の候補が決まってきたら、その企業についてよく調査しておきましょう。
企業の求める人材像や社内風土といった情報は、その企業に転職した場合の職務環境や職場での人間関係などに大きく影響してきます。

自分のキャリアプランや転職先の決定に関して「譲れない点」との整合性を確認しましょう。

また、業績の動向の確認も忘れてはなりません。転職した後数年でつぶれてしまうような企業では、転職した意味がなくなってしまいます。

将来にわたって自分のキャリアプランの実現につながる企業であるかどうか、よく確認するようにしましょう。

現在の職場の仕事もきっちりこなす

現在の職場で仕事を継続しつつ転職活動も行う場合は、現在の職場の仕事もきっちりこなさなければなりません。

転職活動は情報収集をしたり、面接を受けたりと何かと忙しくなります。時には休暇をとって転職活動を行う場合もあるでしょう。

そのような時には、他の同僚が仕事をカバーしてくれることになります。
現在の職場の同僚に負担や迷惑をかけないよう、現在の職場で与えられた仕事はきっちりこなしましょう。

転職に迷ったときは?

いざ転職しようとなった時は、前述のとおりさまざまな準備や対応が必要となります。その中で「自分は本当に転職した方がいいのか」迷う場面もあることでしょう。そのような時にどうすればよいか見ていきましょう。

転職を考えたきっかけを振り返ってみる

転職するかどうか悩む場合は、リストラされたり、会社が倒産したりしたわけではないでしょう。ということは、転職を考えた理由は次のうちどれかにあてはまるはずです。

  • 収入が少ない
  • 仕事が面白くない
  • 評価されない
  • 人間関係が辛い
  • 業界の先行きが不安
  • キャリアアップしたい

ほとんどの人は今の職場に不満を持っているから転職を考えます。

なぜ、転職を考えたのか、そのきっかけをよく考えてみましょう。そして、どちらが自分の将来にとってプラスなのかよく考えて判断しましょう。

信頼のおける人などに相談する

自分だけでは判断することが難しい場合、信頼できる人に相談してみるのもよいでしょう。
相談する相手は以下のポイントを満たす人でないと正しい方向へ導いてくれません。

  • 転職について詳しい人
  • 女性の気持ちをわかってくれる人

転職の相談なので、人事の方や人材会社に所属しているような転職に詳しい人でないとあまり役に立たないかもしれません。

また、女性の気持ちをわかってくれないような方に相談しても、イライラするだけで時間の無駄になってしまうでしょう。他の人に相談することによって、自分の頭の中を整理することができます。

転職サービス・転職エージェントを利用する

自分の信頼できる人が、転職の相談相手として適しているとは限りません。
転職の相談をできる人が身近にいない場合、転職サービス転職エージェントを利用するのも有効です。

転職サービスや転職エージェントのアドバイザーは、さまざまな企業の求人情報や人事担当者との接点を持ち、多数の転職希望者の相談に対応してきた実績があります。

転職サービスや転職エージェントには、一般に公開されていない求人情報を持っていることもあります。
身近に相談できる人がいなかったり、情報収集がうまく進まなかったりする場合は、転職サービスや転職エージェントを活用するとよいでしょう。

おすすめの転職サービス・転職エージェント8選

最後に、女性の転職に役立つサービス厳選8つを紹介します。

マイナビAGENT


(https://mynavi-agent.jp/womanwill/)

  • 圧倒的な数の企業採用課題を解決してきた独自のネットワーク
  • IT、メーカー系業種を中心に多彩な業界・職種の求人情報を紹介
  • 紹介できる求人情報の8割が「非公開求人」

マイナビAGENTは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビの女性向け人材紹介サービスです。マイナビAGENTでは紹介可能な求人情報の8割が社名を明かさず人材を募集する「非公開求人」です。その他にも当社のみが取り扱う独占求人情報も多数保有しています。

パソナキャリア


(http://www.pasonacareer.jp/)

  • 求人件数25,000件以上
  • 専任アドバイザーがトップクラスの実績と高い満足度で無料サポート
  • 各専門分野の転職に精通したキャリアアドバイザー

パソナキャリアは、総合人材サービスの先駆者として、25万人の転職を支援し、これまでの取引実績は16,000社にのぼります。業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリングを行い、転職希望者の「希望条件」や「強み」、「経験スキル」を理解したうえで、最適な求人を無料で紹介しています。

Type転職エージェント


(https://shoukai.type.jp/)

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが転職活動を支援
  • 企業との細かな調整や交渉もお任せ
  • 一般公開されない非公開求人が約80%

Type転職エージェントは、求人サイト「@type」や「type」で長年培ってきた企業とのネットワークや転職ノウハウを活かし、求人企業と転職希望者との最高の出会いを実現しています。適職紹介だけでなく、職務経歴書の書き方や面接日程の調整、面接に挑む際のアドバイスなど、きめ細やかなサポートを提供しています。

リブズキャリア


(https://libinc.jp/)

  • 女性ならではの条件で検索可能
  • 厳選された企業・キャリアパートナーからのスカウト
  • 女性視点の情報を記載した求人情報

リブズキャリアは、業種や職種、年収などの他に、女性向けのこだわり条件(育児サポートや働き方)や「自宅や保育園の最寄駅に帰りたい時間」から検索できる「帰れる検索」など、独自の条件で求人を探すことができます。また、その職場で働く「ロールモデル」や女性視点の「お仕事の魅力」、従業員や管理職の女性比率、育休取得率など、他にはない女性が欲しい情報を提供しています。

DODA(デューダ)女性転職


(https://doda.jp/woman/)

  • 「自分らしいキャリア」を実現したい女性に向けたサービス
  • 専任のプロのキャリアアドバイザーがアドバイス
  • 「求人情報」と「エージェントサービス」の二本柱

DODA(デューダ)女性転職は、「自分らしいキャリア」を真剣に考えたいと考えている女性に向けたサービスを展開しています。「自分らしいキャリア」の実現に向けて、専任のプロのキャリアアドバイザーが5年後・10年後のキャリアプランを一緒に考えてくれます。

ハタラクティブ


(https://hataractive.jp/)

  • 若年層に特化した就職支援サポート
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • きめ細やかな面接対策

ハタラクティブは、20代を中心とした既卒・フリーター・第二新卒を対象とした就職活動支援サービスです。社会人未経験の方や就職活動に不安をお持ちの方でも安心して就職活動に取り組めるよう、マンツーマンのカウンセリングや選考書類のレクチャー、企業別の面接対策まできめ細やかなサポートを提供しています。このサービスは、厚生労働省の「若者キャリア応援制度」受託事業者として2014年度~2016年度まで認定されていました。正社員就職を目指す第二新卒、既卒、フリーターの方が後悔しない仕事先を選択できるようより良いサービスを提供しています。

レバテックキャリア


(https://career.levtech.jp/)

  • エンジニアとクリエイターのために設計されたフォローアップ体制
  • 書類通過率が変わる職務経歴書の添削
  • 現場へのヒアリングで集めた独自の情報で理想の企業探し

レバテックキャリアは、エンジニアとクリエイターに特化した転職支援サービスです。豊富な求人情報の中から、経験・スキル・資格のみの機械的なマッチングではなく、これから目指すキャリアや興味がある分野を第一に、転職希望者が活躍できる求人を紹介しています。
技術に精通し、業界を熟知したプロのアドバイザーが現場訪問を繰り返して蓄積させた企業風土や細かな業務内容など、他では得ることができないリアルな情報を提供しています。

RUN-WAY(ランウェイ)


(https://run-way.jp/)

  • はじめてのキャリア形成を目指す女性のための仕事情報
  • 「お仕事コンシェルジュ」による全面サポート
  • 応募書類の添削から面接対応まで徹底したサポート

RUN-WAY(ランウェイ)は、はじめてのキャリア形成を目指す女性のためのお仕事情報サイトです。同社のキャリアアドバイザーは「お仕事コンシェルジュ」として、初めての就職という女性でも、安心して就職活動に取り組めるよう、親切丁寧にキャリアアドバイスを行っています。「これからのキャリアを作りたい···」そんな女性のお悩みをたくさん聞いてきたプロが、不安解消に向けて寄り添ってくれます。女性に特化したサイトだからこそ、他のサービスではあまり無い人気の職種も紹介が可能です。

転職市場の現状とポイントを理解し、冷静に転職を決断する

社会の流れとして、「女性活躍推進」が今後の日本経済の活性化に欠かせない状況にあります。
雇用機会均等法や女性活躍推進法を受けて、女性の管理職や働く女性の活躍が以前に比べると増えてきましたが、国際的な水準から見るとまだまだ低い状態にあります。

つまり、労働力としての女性の力はまだ活用の余地は残っているということです。
この労働力としての女性を活用していくためには、仕事と家庭の両立の問題を解決していく必要があります。この両立の問題が解決できれば、女性の転職・キャリアアップはこれからどんどん増えていくでしょう。

そのような状況を受けて、転職エージェントなども女性向けのサービスを充実させてきています。

女性向けの転職市場は今後も発展が期待される分野ですが、実際に転職する場合には、自分の現状や将来のキャリアプランをじっくりと検討し、そのキャリアプランの実現につながるような転職にしていきましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事