コピー完了

記事TOP

女性エンジニアの悩みと未経験から転職する方法|調査してわかった本音と業界の実態

最終更新日時:
エンジニアへ転職しようか考えている方で、女性エンジニアの抱える悩みや未経験からなれるのか気になる方も多いでしょう。エンジニアの割合は男性が8割に対し、女性は2割にも満たないのが現状です。女性エンジニアの悩みや未経験からの転職方法について説明します。

おすすめのプログラミングスクール

サービス名
講座
料金
DMM WEBCAMP COMMIT
弥生会計オンライン


短期集中コース
3ヶ月の学習+キャリアサポート

専門技術コース
4ヶ月の学習+キャリアサポート
※20日間の全額返金保証つき
短期集中コース
月々15,500円~
(一括628,000円)

専門技術コース
月々20,500円~
(実質350,800円:専門実践教育訓練給付金制度の対象)

業界トップクラス、転職成功率98%を誇る転職保証付きのプログラミングスクールです(DMM WEBCAMP PRO公式サイト参照)。厚生労働省・経済産業省から認定されたプログラミングスクールのため、最大で56万円の支給も受けられます(教育訓練給付金)。

>>>おすすめプログラミングスクールの詳細はこちら

女性エンジニアが抱える悩み

女性の職場での悩みというと結婚やセクハラなどさまざまな理由がありますが、エンジニア職の場合だと次のような悩みが多いようです。

  • 女性の割合が少ない
  • 全体的に残業が多い
  • 家庭との両立が難しい

それぞれの悩みについて説明します。

女性の割合が少ない

エンジニアの割合は男性が約8割に対して、女性は2割にも満たないのが現状です。エンジニアとして働く女性は少なく、同じ部署にはほとんど男性しかいないということも珍しくありません。

そのため、女性ならではの悩みを相談しづらく、同僚に自分の気持ちを十分に理解してもらえない可能性もあります。

また、同じ女性であれば育児や家事に対する理解も深いので、子供の体調不良や行事ごとの際は協力しあって仕事を調整できますが、立場が異なる異性となると助け合いが難しくなってしまいます。

全体的に残業が多い

エンジニアの仕事は他の業界に比べて、残業が多い傾向にあります。特に納品前は非常に忙しく、徹夜作業や休日出勤を強いられることも多くなる点は覚悟しておかなければいけません。

残業時間は企業によって大きく異なりますが、残業の多い企業に就職するとプライベートの時間を確保しづらく家族との時間を楽しむことも難しくなってしまいます。

家庭との両立が難しい

結婚や出産を迎えると、独身の頃と同じリズムで仕事ができなくなります。特に子供が小さいうちは手がかかるものですが、残業の多いエンジニア職では育児に十分な時間が割けません。

そのため、勤務時間を懸念して、結婚後は仕事を離れる人も多いです。

また、エンジニアに求められる技術はめまぐるしいスピードで日々進化しているため、産休や育休を取得し仕事から離れてしまうと、自然と技術の面で置いつけなくなりキャリアアップを目指すのは難しくなります。

未経験でも女性エンジニアになれる

エンジニア職はスキルを身につければ誰でも活躍できる職業で、未経験や女性でも問題なく働けます。

女性活躍推進法の成果もあり働く女性は増加傾向にありますが、女性の就業先として多い「販売・サービス業」「窓口業務」・「事務職」は、AIRPAの導入によって徐々に少なくなってきているため、IT・Web業界で需要が高まっているITエンジニアに未経験から転職する女性が増加しています。

女性エンジニアとして働く場合どのような環境で仕事を行うのか、女性エンジニアの実態について詳しくみていきましょう。

>>20代が未経験職種・業界に転職するときのポイント・注意点はこちら
>>30代が未経験職種・業界に転職するときのポイント・注意点はこちら

女性でもシステムエンジニア(SE)に転職できる

エンジニアは男性が中心のイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、女性でもエンジニアとして活躍することは可能です。

女性向け転職サイトにも求人が多数掲載されており、性別問わず門戸は開かれています。

また、エンジニア業界は人手不足の状態が続いており、常に働き手が欲しい状況が続いているので転職成功のチャンスは十分にあります。

>>IT業界・エンジニアにおすすめ転職サイトはこちら
>>IT業界・エンジニアにおすすめ転職エージェントはこちら

女性エンジニアのキャリアプラン

女性の方は結婚や出産を機にライフスタイルが大きく変わるので、ライフイベントも考慮して今後のキャリアを考えていく必要があります。

エンジニアの働き方は多種多様で、家庭を優先しながら働くこともできます。

仕事の目標やワークライフバランスを考え、自分のライフスタイルにあったキャリアプランを形成しましょう。

■ 女性エンジニアのキャリアプラン例

  • 正社員としてエンジニア職で働き続ける
  • キャリアチェンジし管理職としてマネジメント業務に従事する
  • 自由に働けるフリーランスを目指す
  • 仕事と家庭の両立が実現できる残業の少ない派遣を目指す

また、ITエンジニアには「システムエンジニア(SE)」や「インフラエンジニア」など、さまざまな種類があるので、自分が目指したいエンジニアについて調べてみましょう。

>>>エンジニアの種類ごとの仕事内容と年収はこちら

>>>DMM WEBCAMP COMMITの詳細をみる

女性エンジニアの年収

大手転職サービスdodaの「女性の平均年収ランキング 2018 職種ランキングによると、女性IT・通信系エンジニアの平均年収は475万円となっています。大手転職サイトを確認しても、年収400万円500万円程度の求人が多いです。

年齢を重ねるとともに給与も増加する傾向にあるため、長く働けば働くほど高給を手にできます。さらに、経験を重ねスキルを上げることでも、収入アップを目指せます。

また、年齢や会社の業種や規模によっても給与は大きく変わってくるので、転職することで大幅に給与が上がることもあります。

すべての開発を自分一人で手がけられるフルスタックエンジニア(マルチエンジニア)程度のスキル・経験をもつ場合、平均年収は500万円〜850万円程度です。

平均年収ランキング 男女・年齢・都道府県別まとめ | 年収中央値の違いはこちら

女性がエンジニアに転職するメリット

エンジニアの働き方は自由度が高く、結婚や出産を迎えても仕事が続けやすい環境が整えられています。女性がエンジニアとして働くメリットは次のとおりです。

  • 時間や場所を選ばずに仕事ができる
  • 出産・育児の長期休暇後でも復帰しやすい
  • 評価基準は男女関係ない
  • 技術を身につけられる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

時間や場所を選ばずに仕事ができる

エンジニアの仕事はパソコンさえあれば、時間や場所を問わずに行えます。

いつでもどこでも作業を行えるため、最近ではエンジニアの働きやすさを重視してリモートワークフレックス制を取り入れている企業も多くなっています。

エンジニアの仕事は勤務時間が長く、早く家に帰れないというイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、時間や場所の制約を受けない自由度の高い環境が用意されており、個人のライフスタイルに合った働き方が実現できます。

出産・育児の長期休暇後でも復帰しやすい

エンジニアとして働くうえで重要となるのは技術力です。高いスキルがあれば、出産や育児で休職しても簡単にポジションを奪われることはありません。

結婚や出産という女性としての大事なライフイベントを迎えても、今後の仕事の心配をせず安心して長期休暇を取得できます。

また、エンジニア業界は慢性的な人手不足が続いておりエンジニアの需要は非常に高いため、ブランクがあっても不利ではなく再就職先を見つけやすくなっています。

>>>女性の転職市場動向とおすすめエージェントランキングはこちら

評価基準は男女関係ない

エンジニア業界は完全実力主義の傾向が強くあり、頑張れば頑張った分だけ正当に評価してもえます。

業界によっては女性軽視や年功序列の風習が残っており正当に努力が認められないこともありますが、エンジニア業界では年齢・性別一切関係なく平等に評価が行われます。

実力次第では早期に昇給や昇格を目指すことも夢ではありません。

エンジニア業界には男女問わず活躍できる場が設けられており、自らの力で活躍の場をどんどん広げていけます。

>>女性の転職サイトおすすめ | 20代〜40代の世代別サービス・選び方はこちら

技術を身につけられる

エンジニアは技術職のため、働くことで一生役立つ専門的なスキルが身につけられます。

エンジニアとしてのスキルが高く経験も豊富な人材はIT業界で重宝されるため、エンジニア経験は大きなアピールポイントとなり転職活動も有利に進められます。

全くの未経験であっても比較的短期間でスキル習得ができ、数か月間の研修で基礎を学んだ後、1〜2年間ほど実務経験を積めばエンジニア業界で働くのに困らないスキルを習得できます。

>>>DMM WEBCAMP COMMITの詳細をみる

女性エンジニアがフリーランスになるメリット

フリーランスは自由度が高く、会社員では実現できなかった柔軟な働き方を実現できます。フリーになって得られるメリットは次のとおりです。

  • 男性に比べてリスクが少ない
  • 家庭と仕事のバランスが取れる
  • 収入を自分で調整できる

それぞれのメリットについて説明します。

男性に比べてフリーランスになるリスクは少ない

男性は恋愛などにおいて肩書を持っていることがプラスに働く機会もありますが、女性は肩書の有無が生活に影響を及ぼすことはほとんどありません。

なので、フリーランスになり会社員の時のように肩書を名乗れなくなっても支障は生じません。

また、結婚している場合は旦那に生計を立ててもらえるので、収入が不安定であっても生活に困ることはありません。

育児や家事と仕事のバランスが取れる

フリーランスになると仕事を行う時間や場所を自由に選べます。

決められた時間で働かなくて良いので、育児や家事の隙間時間を生かして仕事ができます。また、出社する必要もないので、子供の面倒を見ながら働くことも可能です。

自由な働き方を実現でき、家事と仕事のバランスをうまく保てる働き方です。

収入を自分でコントロールできる

会社員の場合は毎月の給与額は決まっていますが、フリーランスは自分が必要な金額を自由に調整して稼げます。

案件ごとに報酬が決められており、特にプログラミングの仕事は需要が高いので単価が高額に設定されているケースが多くなっています。

そのため、スキルや努力次第で高収入を目指せるでしょう。

未経験から女性エンジニアになる方法

未経験からエンジニアを目指す場合、まずはスキルを身につける必要があります。

書籍やネットでの独学やスクールに通う方法など学習方法はさまざまなので、自分にあった方法でスキルの習得に励みましょう。

またスキル習得と同時に求人探しも同時進行するべきです。エンジニア転職におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

1位:マイナビIT AGENT

■ポイント1:ITやWebエンジニアに特化したサービス
マイナビIT AGENTは業界に精通したキャリアアドバイザーによって、キャリアプランの相談なども含めた手厚いサポートが受けられます。また、クリエイター向け「マイナビクリエイター」のサービスも展開しています。

■ポイント2:非公開求人割合が業界トップクラス
8割が非公開求人で、約15,000社以上ある取引先の企業からの豊富な求人を取り揃えているため、自分に合った仕事がきっと見つかります。

■ポイント3:求人票にない情報の提供
企業との直接に強いつながりを持っており、人事を飛ばして直接現場から依頼されるような、求人票に掲載されない独自の情報もあります。

マイナビIT AGENTのの評判・口コミ|総合評価とサービスの特徴こちら

2位:ワークポート

ワークポート

■ポイント1:総合型の転職エージェントながらITに強い
ワークポートは、もともとIT業界に特化して転職サービスを提供していたこともあり、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を取り揃えています。IT業界の求人数は約2万5,600件以上です。

■ポイント2:プロのスタッフが豊富な求人から紹介
経験豊富な担当者が、希望に合う求人を厳選して紹介してくれ、IT業界に精通した転職コンシェルジュによる手厚いサポートが特長です。転職相談実績は50万人以上を誇ります。

■ポイント3:システムやツールでのきちんとした管理
転職管理の「e-コンシェル」や、面談予約システムなど便利なツールで転職活動を管理でき、初めてワークポートを使う方や、転職未経験の方でもわかりやすいシステムになっています。

ワークポートの評判・口コミ|総合評価とサービスの特徴こちら

3位:Geekly(ギークリー)

GEEKLY

■ポイント1:IT/Web/ゲーム業界に特化
Geeklyは業界の多くの企業とつながりを持ち、求人票に載らない非公開情報まで提供します。10年以上の実績を持ち、登録から内定までの平均期間は1か月です。

■ポイント2:首都圏勤務を中心とした約10,000件の非公開求人
首都圏を中心に約10,000件の非公開求人を保持しており、なかには年収1,000万円を超える求人もあります。(求人数は2019年12月時点)

■ポイント3:スピーディーな転職対応
Geeklyが保持している膨大な独自ノウハウをもとにしたデータの中から、一人ひとりにあった素早い転職サポートが魅力です。

Geeklyの評判・口コミ|総合評価とサービスの特徴こちら

ネット・書籍で勉強する

気軽に勉強を始めたいという方は、ネットや書籍での独学がおすすめです。参考書などの書籍は必要な情報が端的にまとめられているので、独学に用いるには最適です。

また、インターネットのプログラミング学習サイトも非常に便利で、クイズ形式で学習が進められるなど学習方法に工夫を凝らしたサイトも多数あり楽しみながら勉強を進められます。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールでは講師にわかりやすく直接指導してもらえるため、わからない箇所はすぐに質問して解決できます。

スムーズに学習できるので、確実にスキルを身につけたい方はプログラミングスクールでの学習が非常に有効的です。

オンラインスクールもあるので、通学が難しい方でも問題なく受講できます。無料体験レッスンも実施されており、事前にスクールの雰囲気を確かめられるので安心です。

おすすめのプログラミングスクールTOP5

では、人気のプログラミングスクールを紹介します。自分に合ったスクールを探してみてください。

1位:DMM WEBCAMP(ディーエムエムウェブキャンプ)

BOXIL おすすめプログラミングスクール「DMM WEBCAMP COMMIT」

▼DMM WEBCAMP COMMIT

■Point1:プログラミング未経験から最短3ヶ月で正社員転職を目背す
DMM WEBCAMP COMMITはプログラミング未経験から最短3ヶ月で正社員転職を目背すプログラミングスクールです。万が一転職が決まらない場合でも、受講料の全額返金保証付き(※1)なので、安心して申し込みできます。

■Point2:未経験者97%・転職成功率98%の実績
申込者の97%プログラミング未経験でありながら、転職成功率98%を誇ります(※2)。業界トップクラスの転職成功実績があり、独自のノウハウをもとに転職活動をサポートしてくれます。

■Point3:専属キャリアアドバイザーによる充実したサポート
受講者限定で専属キャリアアドバイザーによるサポートが受けられます。自己分析・履歴書や職務経歴書の添削・模擬面接などが行われ、約300社の企業から転職先が紹介されます。

■Point4:13~22時に教室に通い放題・質問し放題
13~22時に教室に通い放題、メンターに質問し放題なので気になることは気軽に相談できます。またオンラインカリキュラムも用意されているので、自宅・教室どちらでも学習が進められます。

■Point5:専門技術コースでは約47万円のキャッシュバックあり
専門技術コース(4ヶ月コース)を選択し、一括支払いを選ぶと約47万円のキャッシュバックを受けられる可能性があります。国が定める「専門実践教育訓練給付金制度の対象」のためです。2年以上雇用保険を支払っているなど条件があるので、詳しくはDMM WEBCAMP COMMITで相談しましょう。

■各コースの比較
DMM WEBCAMPでは、短期集中のフルタイム学習コースである「DMM WEBCAMP COMMIT」と、仕事や育児と並行して学習できる「DMM WEBCAMP PRO」が用意されています。各コースの概要や料金体系を紹介します。

コース 期間 料金
短期集中コース(COMMIT) 3ヶ月 628,000円
専門技術コース(COMMIT※4) 4ヶ月 35,0800円~※3
8週コース(PRO) 8週間 518,000円
12週コース(PRO) 12週間 568,000円
16週コース(PRO※5) 16週間 618,000円

>>DMM WEBCAMPの評判・口コミ|調査結果からわかる特徴はこちら

※1:保証制度の詳細はDMM WEBCAMP COMMITの規定をご確認ください
※2:実績はDMM WEBCAMP公式サイトを参照
※3:専門実践教育訓練給付金制度の対象の場合の価格
※4:DMM WEBCAMP COMMIT
※5:DMM WEBCAMP PRO

2位:テックキャンプ エンジニア転職

画像出典:テックキャンプ エンジニア転職

■Point1:未経験から即戦力エンジニアになれる
受講者の99%は未経験ですが、600時間のコンテンツと最高の学習環境が用意されおり、現場で活躍できる即戦力のエンジニアになれます。

■Point2:就職成功率98.5%できなければ返金
テックキャンプ エンジニア転職の転職成功率は98.5%で、卒業したのにも関わらず転職できなかった場合、受講料は返金されます。エンジニアへのキャリアチェンジもすべて専属のサポートスタッフがつきフォローしてくれます。

■Point3:30代以上でも受講可能
「テックキャンプ エンジニア転職」は30歳以上でも受講可能であり、転職できなければ全額返金の保証も受けられます。実際に、「テックキャンプ エンジニア転職」の受講者のうち30%は30代以上の方です。

>>「テックキャンプ エンジニア転職」の評判・口コミ |調査結果からわかる特徴はこちら

3位: ProEngineer(プログラマカレッジ)

画像出典:ProEngineer(プログラマカレッジ)

■Point1:未経験からでもプログラマになれる正社員就業率96.2%
プログラマカレッジ20代第二新卒フリーター向けに特化しており、正社員プログラマーへの就職をサポートするサービスで正社員就業率は96.2%です。

■Point2:就職対策も充実している
マンツーマンで就職対策のアドバイスを行い、ビジネスマナーに関する研修なども受講できます。

■Point3:チーム学習・個別指導で現場に必要な知識が身につく
チームでも個別指導でも学べるので、仲間と一緒にモチベーションを維持しながら通いたい方でもマンツーマンで集中して学習したい方でも効率よく学べます。

4位:Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)

画像出典:Aidemy Premium Plan

日本最大AI学習プラットフォームによって、実務でも通用するAIスキルをたった3か月で身につけさせる、会員数47,000人以上のプログラミングスクールです。

Aidemy Premium Planでは、画像認識、自然言語処理、アプリ開発等のコースから自由にコースをカスタマイズすることができます。JDLA(一般社団法人 日本ディープラーニング協会)認定プログラムとして、E資格対策コースも開講しています。業界初の合格保証制度もありますので、E資格を取得しつつ実務レベルで使える実装能力を身に付けたい人にはおすすめです。

パーソナルメンターがSlack上で24時間以内に必ず返信をします。添削課題ではコンサルタントからフィードバックをもらえる他、オンラインカウンセリングや転職相談のサービスもあります。

\Python特化型!3か月集中スキルアップ/

>>>おすすめプログラミングスクールの詳細はこちら

5位:TechAcademy(テックアカデミー)

画像出典:TechAcademy

TechAcademyとは、未経験でも最短4週間でプログラミングやアプリ開発のスキルを身につけれるオンラインスクールです。独自の学習システムを使い、現役エンジニアから教われるので、短期間で習得できます。

オンライン完結のスクールなので、通うのが難しいという人や、普段忙しい人でも自分のペースで学習できるでしょう。

自分のアイデアを形にしたい人、これからエンジニアとして活躍したい人におすすめです。

\オンラインで学習できる!通学不要/

>>TechAcademyの評判・口コミ|調査結果からわかる特徴はこちら

女性エンジニアの需要は増えている

エンジニアは性別に関係なく活躍できる職業なので、女性の方でも問題なく働けます。スキル取得までに多くの時間を要さないため、未経験であっても実力次第で早くから活躍が可能です。

また、エンジニアの需要は非常に高いので、一度スキルを身につければ安定して仕事を獲得できます。結婚や出産を迎えても柔軟に働き方を変え、長くエンジニアとして仕事を続けられます。

転職する際は、「マイナビIT AGENT」や「Geekly」などIT業界・エンジニアに強いサービスの利用がおすすめです。

>>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>>転職エージェントおすすめランキングはこちら
>>>IT業界におすすめの転職エージェント13選はこちら

エンジニア向けのおすすめ記事一覧



BOXIL おすすめプログラミングスクール「DMM WEBCAMP COMMIT」

▼DMM WEBCAMP COMMIT

■Point1:プログラミング未経験から最短3ヶ月で正社員転職を目背す
DMM WEBCAMP COMMITはプログラミング未経験から最短3ヶ月で正社員転職を目背すプログラミングスクールです。万が一転職が決まらない場合でも、受講料の全額返金保証付きのため安心して申し込みできます(※1)。

■Point2:13~22時に教室に通い放題・質問し放題
13~22時に教室に通い放題、メンターに質問し放題なので気になることは気軽に相談できます。またオンラインカリキュラムも用意されているので、自宅・教室どちらでも学習が進められます。

■Point3:専門技術コースでは約47万円のキャッシュバックあり
専門技術コース(4ヶ月コース)を選択し、一括支払いを選ぶと約47万円のキャッシュバックを受けられる可能性があります。国が定める「専門実践教育訓練給付金制度の対象」のためです。2年以上雇用保険を支払っているなど条件があるので、詳しくはDMM WEBCAMP COMMITで相談しましょう。

>>DMM WEBCAMPの評判・口コミ|調査結果からわかる特徴はこちら

※1:保証制度の詳細はDMM WEBCAMP COMMITの規定をご確認ください

この記事のアドバイザー「三嶋弘哉」
立命館大学経営学部卒。新卒で株式会社キャリアデザインセンターへ入社。転職エージェント部門のコンサルタントとして、大小300社の中途採用支援及び、中途・新卒併せて8,000人のキャリアカウンセリングを経験。その後、経営企画部において経営管理や子会社の立ち上げなどを担当。再度、転職エージェント部門に配属され、営業統括部長 兼 部門人事を担当。2019年1月からはHRTech領域の新規事業企画に従事。現在は独立し、フリーランスとして事業成長支援を行う。
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職おすすめエージェント(女性)の最近更新された記事