Article square balloon green
2019-05-16

ITエンジニアの仕事内容とは|年収・種類・未経験から転職する方法

本記事ではITエンジニアの仕事内容や年収、将来性や未経験からITエンジニアに転職する方法などについて説明します。サーバー、ネットワーク、Webなど各エンジニアによって専門性があり、仕事内容や待遇は異なります。また、会社で働くだけではなく、フリーランスとしての独立も狙うことができるので、プライベートの時間を確保したい、場所や時間に拘束されずに働きたいという方にも良い仕事です。
求人・転職求人・転職情報(職種・仕事内容)
Large

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

ITエンジニアとは

ITエンジニアとはIT(情報技術)に関する技術者の総称です。ITやエンジニアと聞くと、理系にしかなれない職種のように感じるかもしれませんが、実は文系出身者もたくさん活躍しており、今後も人材需要が予想される将来性の明るい業界の1つです。

未経験であっても知識やスキルさえ身に着ければ十分に転職できる可能性があり、会社に所属するだけではなくフリーランスのような働き方も選択できます。

>>>IT・Web業界のおすすめ転職エージェントはこちら

ITエンジニアの種類

ITと言ってもさまざまなスキルや知識が求められるので、1人のITエンジニアがすべての領域をカバーすることは不可能です。

ITエンジニアのスキルや知識は細分化されており、ITエンジニアの種類によって仕事内容、求められるスキル、報酬も異なることが多いです。ITエンジニアは主に以下の5つに分類できます。

ITエンジニアの種類

  • システムエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • Webエンジニア
  • プログラマー

ITエンジニアの仕事内容と年収

ITエンジニアを細分化したときの、各エンジニアの仕事内容や年収などについて説明します。

システムエンジニアの仕事内容と年収

システムエンジニアは「SE」と呼ばれています。SEはシステム開発において、クライアントとコミュニケーションをとり、要望をシステムに落とし込むディレクター的なポジションです。実は文系出身のシステムエンジニアはたくさん存在します。

平均年収は20代で300万〜400万円、30代で400万〜500万円であり、全体の平均年収だと300万〜600万円程度です。システムエンジニアに求められる主な仕事内容は以下のとおりです。

システムエンジニアの仕事内容

  • システム提案・要件定義
  • システム設計・開発
  • システム運用・テスト

>>>システムエンジニア(SE)の仕事内容や転職情報はこちら

サーバーエンジニアの仕事内容と年収

サーバーエンジニアはITの中でもサーバーに特化したエンジニアです。WEBサイトや業務系システムのほとんどはサーバー上で稼働しているので、サイトやシステムが正常稼動することを支える重要な役割になります。

サーバーだけではなく、OSやシステム、ネットワーク、セキュリティなどIT領域のインフラに関わる幅広い知識が求められます。

平均年収は20代で300万〜400万、30代で400万から500万、全体平均は300万から500万円です。主な仕事内容は以下のとおりです。

サーバーエンジニアの仕事内容

  • サーバーの設計
  • サーバーの構築
  • サーバーの運用
  • サーバーの保守
  • セキュリティ対策

ネットワークエンジニアの仕事内容と年収

ネットワークエンジニアとは、コンピューターや周辺機器を組み合わせて相互に通信できるようにネットワーク環境の設計、構築、保守などを行うエンジニアのことを指します。

ITエンジニアの中でもデスクワークだけではなく、機器の配線や各種機器の設置など物理的な仕事も多いエンジニアです。近年は自前でサーバーを保有し、ネットワークの構築を行うことが少なくなっているため、クラウドへの理解が求められるようになっています。

平均年収は300万〜500万程度で、主な仕事内容は以下のとおりです。

ネットワークエンジニアの仕事内容

  • ネットワーク設計
  • ネットワーク構築
  • ネットワーク運用
  • ネットワークの監視

Webエンジニアの仕事内容と年収

Webエンジニアとは、Webサイトやサービスなどの設計、構築、保守などを担当するエンジニアです。世の中のさまざまなWeb・ITサービスがWebアプリケーションの形で提供されているので、エンジニアの中でも特に人材に対する需要が高いエンジニア職だと考えられます。

ただし、平均年収は400万円程度ですが、実力や経験さえあれば年収の増加は期待でき、さらなる高給も十分に狙えます。主な仕事内容は以下のとおりです。

Webエンジニアの仕事内容

  • システム構築
  • Webサイトの作成
  • サイトの運用・保守

プログラマーの仕事内容と年収

プログラマーはプログラミング言語を使用してシステムやソフトウェアなどを作る職種で、システムエンジニアが設計したシステムやアプリケーションについて実際にプログラミングします。

ただ設計に基づいて構築するだけではなく、システムエンジニアが設計段階では考慮できなかったミスを修正したり、バグをつぶしたりしてシステムやソフトの品質を高める重要な仕事です。

新人のITエンジニアが最初に配属されることが一般的なポジションで、プログラミングをつうじてITエンジニアとして必要なスキルや経験を身につけていきます。

平均年収は300万から500万程度で、主な仕事内容は以下のとおりです。

プログラマーの仕事内容

  • 設計書に基づいたプログラミング
  • プログラムのテスト・修正

未経験から転職してなるには

ITエンジニアは需要に対して供給が追い付いていないため、未経験からでも転職を狙えます。未経験からITエンジニアに転職する方法について説明します。

求人サイトで未経験歓迎を探す

相対的に内定をもらえる確率は低いと考えられますが、企業によっては人材を確保するために、未経験者でも20代であれば研修を行って、丁寧にITエンジニアリングのノウハウについて学習させてくれる場合もあります。

仕事をしながら学べるのでなので、お金や時間のことを心配せずにITエンジニアの仕事の基礎を学習、能力を高められます。

>>>おすすめ転職サイトランキングはこちら

ネットや書籍で勉強する

ネットや書籍での独学は、自分のペースで興味がある分野について学習できるので、のんびりと技術を習得したい人には良いでしょう。

プログラミングと言えば、難しく聞こえるかもしれませんが、「英語」「日本語」のような「言語」の一種で、根気があってルールさえ覚えれば大抵の人は習得できます。

参考書などの書籍で学ぶだけではなく、近年はWEBのプログラミング学習サービスが充実しているので、上手く書籍などの座学とプログラミング学習サービスでの実践練習を組み合わせることによって効率的なスキル習得ができます。

スクールに通う

ネットや書籍で独学しようとするとつい怠けてしまう、すぐに技術を習得したい、という場合はスクールに通う方法があります。

専門スクールでは講師がわかりやすく教えてくれるため、わからない箇所を質問でき、確実に知識やスキルを習得できます。ただし、他の方法と比較すると費用がかかるのがネックです。

金銭的、時間的な事情からいきなりスクールに通うのは難しいという場合は、無料のレッスンやオンラインスクールで体験してみてください。

1位:DMM WEBCAMP(DMMウェブキャンプ)

DMM WEBCAMPとは、転職・就職保障付きの短期集中プログラミング教室です。ただ学びたいだけではなく、次の仕事や就職活動に生かしたい人におすすめのプログラミングスクールです。就職・転職の手厚いサポートにより、成功率は98%と高く、受講完了後3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額返金をしています。

言語としてはRubyをメインに技術が習得できます。毎日11時から22時までの通い放題プランもあり、講師が常駐しているためすぐに疑問を解消できます。即戦力になる実力を得たい方におすすめです。

\11-22時まで教室通い放題&質問し放題!/

2位:GEEK JOB(ギークジョブ)

GEEK JOBは未経験からでもプログラマーへ転職コースが用意されているプログラミングスクールです。「未経験だけどプラグラマーになりたい!」という方に人気となります。

プログラミング学習→就職支援→大手・優良企業値の正社員就職までが最短1ヶ月で完了するので、時間面や費用面の負担も少なくなります。受講料も一切不要でプログラミング学習できることも人気の秘訣です。

\受講料0円!未経験からプログラマーへ転職/

3位:TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademyとは、未経験でも最短4週間でプログラミングやアプリ開発のスキルを身につけれるオンラインスクールです。独自の学習システムを使い、現役エンジニアから教われるので、短期間で習得できます。

オンライン完結のスクールなので、通うのが難しいという人や、普段忙しい人でも自分のペースで学習できるでしょう。自分のアイデアを形にしたい人、これからエンジニアとして活躍したい人におすすめです。

\オンラインで学習できる!通学不要/

派遣社員や契約社員から始める

いくら人材が不足しているITエンジニア業界でも、未経験からいきなり正社員を目指すのは簡単なことではありません。ITエンジニアとして活躍したいのならば、無理に正社員を目指すのではなく、まず派遣社員や契約社員として、ITエンジニアのキャリアを始めるのも悪くありません。

派遣社員として働いていたとしても、経験やスキルさえ積めれば、後のキャリアプランとして正社員を目指すことは十分に可能です。

ITエンジニアに必要な資格・スキル

ITエンジニアとして活動するためにどのような資格やスキルが必要なのかについて説明します。

ITエンジニアに資格は必要ない

まず、ITエンジニアとして働くために資格は必要ありません。一定のスキルや知識さえあれば、誰でもITエンジニアとして働けます。ただし、資格が無駄になるわけではありません。

ITエンジニアとしての能力を証明する資格はいろいろありますし、資格を取得していることによって、給与やスキルアップにつながったり、転職の際に有利になったりすることがあります。

資格は必ずしも必要ではありませんが、自分の能力を証明する手段として保有しておいても良いでしょう。

ITエンジニアに求められるスキル

ITエンジニアの仕事は、プログラミングに秀でていれば必ずうまくいくというものではありません。プログラミングスキルはもちろんのこと、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルもITエンジニアとして重要なスキルです。

ITエンジニアはチームで一つのプロジェクトに取り組むことが多いです。いくらプログラミングスキルがあっても、チームでコミュニケーションができなかったり、管理者がプロジェクトをマネジメントできなかったりすれば、良いシステムやソフトウェアを生み出せません。

最悪の場合、プロジェクト自体が崩壊する可能性もあるので、3つのスキルを調和させ、チーム一丸となって仕事に取り組むことが重要になります。

ITエンジニアに必要なスキル

  • コミュニケーションスキル
  • プログラミングスキル
  • マネジメントスキル

ITエンジニアは将来性がある職種

ITエンジニアという職種の将来性について解説していきます。

需要の増加と人手不足

今後もITエンジニアの需要は増加、人手は不足することが予想され、需給のバランスから予測するとITエンジニアの将来は明るいと考えられます。

理由としては、Web業界を中心にIT業界全体が成長していることや、ITに関係ない業界でもIT活用のためにITエンジニアを雇用する企業が増えているからです。

しかし、技術の発展によって特定の技術のエンジニアのニーズが減少したり、知識やスキルが古い、低いままだと人材としての価値が下がることも考えられるので、時代の変化に合わせてITエンジニアとしてのスキルもブラッシュアップが必要です。また、人手不足により仕事がきつい場合もあります。

フリーランスでも働ける

ITエンジニアはさまざまな職種の中でも自由度の高い仕事です。特定の場所に拘束されなくても、パソコンさえあれば働けますし、仕事が遅れない、コミュニケーションに支障がないのなら時間も融通が利きます。

また、クラウドソーシングなどを利用すれば企業に所属しなくても仕事を受注できるので、フリーランスのような働き方も可能です。なお、フリーランスのITエンジニアとして働くことのメリットは以下のとおりです。

フリーランスで働くメリット

  • 時間や場所を気にせず働ける
  • プライベートの時間を確保しやすい
  • お金の管理がしやすい
個人事業主とは | 法人との違い・メリット・設立の流れを解説 | ボクシルマガジン
起業するにあたって、「個人事業主」か「法人化」するかの選択をまず最初に迫られます。時間に追われよく分からないうちに...

エンジニアにおすすめの転職サイト・エージェント

ITエンジニアとして転職するさいにおすすめの転職サイト・エージェントを4社紹介します。

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントは就職サービスのマイナビが運営している転職エージェントサービスです。マイナビで培ったコネクションを活かした良質な求人を数多く保有しています。

楽天リサーチの調査によれば、20代に信頼されている転職エージェントNo.1にも選ばれており、若手社員の転職にも親身に対応してくれて、保有しているIT系の非公開求人の質も良いと言われています。

若手のITエンジニアの転職ではまず利用したい転職エージェントの1つです。

>>>マイナビエージェントITの評判・口コミはこちら

レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・WEBエンジニアに特化した転職エージェントで、経験者の転職だけではなく、エンジニア未経験の人材に対する勉強会やスクールサービスも行っています。

レバテックキャリアを利用すれば、高水準で書類審査は通過できると言われており、求職者に対するサポートも充実しています。

もちろん、ITに特化しているということで、IT業界に豊富な知識を持ったキャリアアドバイザーが対応してくれますし、大手求人サイトでは取り扱っていないような優良求人に巡り会える可能性があります。

>>>レバテックキャリアの評判・口コミはこちら

type転職エージェント

type転職エージェントは長い歴史とノウハウを持った転職エージェントサービスであり、東京圏の案件を中心に取り扱っています。

IT業界以外の求人も取り扱っていますが、扱っているIT業界の求人案件には魅力的な案件が多く、キャリアアドバイザーのサポートも丁寧です。

type転職エージェントを利用して転職をした方の71%は年収アップに成功しているので、年収やキャリアアップを狙う際に利用したい転職エージェントです。

>>>type転職エージェントの評判・口コミはこちら

Green(グリーン)

Greenもレバテックと同様にIT業界に特化した転職サービスですが、こちらはエージェントではなく求人サイトになります。

「残業が少ない」「社員の平均年齢が若い」など職場の条件別に企業を検索できて、自分の希望にマッチした企業を探しやすく、転職先の候補を自分で探したい際に便利です。

また、企業が求職者の技術情報を見てオファーを送る機能が存在しているので、情報不足による企業と求職者のニーズのミスマッチも発生しにくいです。

目的に合ったエンジニアを目指そう

ITエンジニアはIT業界の技術者の総称で、さらにシステムエンジニア、ネットワークエンジニア、プログラマーなどいくつかの種類に分類でき、各職種によって仕事内容や待遇は異なります。

ITエンジニアになるには何の資格も必要ありませんし、人材が不足しているので未経験者でも求人を選べば十分に転職を狙えます。スキルさえあれば高収入が狙えますし、フリーランスのように自由度の高い働き方も可能です。

順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェント画像の説明文

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェント画像の説明文

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチ画像の説明文

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
doda画像の説明文

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェント画像の説明文

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事