コピー完了

記事TOP

フルスタックエンジニアとは | 年収・必要なスキル・現状を解説

最終更新日時:
専門分野を複数持つフルスタックエンジニアに年収・必要なスキル・市場の現状を紹介します。フルスタックエンジニアになることで、転職に有利になることもあるようです。そこにある背景を知り、フルスタックエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

おすすめのプログラミングスクール

サービス名
講座
料金
DMM WEBCAMP COMMIT
弥生会計オンライン


短期集中コース
3ヶ月の学習+キャリアサポート

専門技術コース
4ヶ月の学習+キャリアサポート
※20日間の全額返金保証つき
短期集中コース
月々17,050円~
(一括690,800円)

専門技術コース
月々22,550円~
(実質385,880円:専門実践教育訓練給付金制度の対象)

業界トップクラス、転職成功率98%を誇る転職保証付きのプログラミングスクールです(DMM WEBCAMP PRO公式サイト参照)。厚生労働省・経済産業省から認定されたプログラミングスクールのため、最大で56万円の支給も受けられます(教育訓練給付金)。

>>>おすすめプログラミングスクールの詳細はこちら

フルスタックエンジニアとは

フルスタックエンジニアとは別名マルチエンジニアとも呼ばれており、すべての開発を自分一人で手がけられる人材のことを言います。

通常、エンジニアといえばシステムエンジニアやネットワークエンジニアなどの専門的な技術者たちが、それぞれの持ち場を担当する形でプロジェクトを遂行するものです。

しかし、ベンチャー企業などの人手不足の会社の場合には、自分たちですべて行う必要があるため、メンバーにフルスタックエンジニアが登用されているケースがよくあります。

まとめると、フルスタックエンジニアは万能なITエンジニアといえるでしょう。

本記事では、フルスタックエンジニアになるための条件を紹介し、現状について解説していきます。

目次を閉じる

フルスタックエンジニアは増えている

現在ではフルスタックエンジニアを目指す人が増えています。理由は、スタートアップの企業にとってフルスタックエンジニアの需要が高く、年収600万円以上というのが一般的な条件だからです。

またフルスタックエンジニアとしてベンチャー企業の立ち上げに携わった経験を積めれば、キャリアアップや独立という選択肢も得やすくなります。

>>IT業界・エンジニアにおすすめ転職サイトはこちら
>>IT業界・エンジニアにおすすめ転職エージェントはこちら

フルスタックエンジニアが目指すもの

フルスタックエンジニアを目指す人は一体何を目的としているのでしょうか。

目的は人それぞれですが、一般的にはフルスタックエンジニアとして自分一人で開発を行えるようになることによって、フリーランスとしての独立や、起業して活動することを目指す人が多いです。

それにより、やりたいプロジェクトの立ち上げや、複数の開発現場を掛け持ちすることで、より自身のスキルを高められ、収入アップへつなげられるからです。

ITフリーランスエンジニアの年収|会社員との違いや独立後の案件の取り方はこちら

フルスタックエンジニアの平均年収

残念ながらフルスタックエンジニアという職種の平均年収のデータはありません。

経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果(平成29年8月21日)」によるとエンジニアの平均年収は592万円です。


画像参照元:IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果 - 経済産業省

フルスタックエンジニア程度のスキル・経験を持つITエンジニアの場合、平均年収は500万円850万円程度だと予想できます。

平均年収ランキング 男女・年齢・都道府県別まとめ | 年収中央値の違いはこちら

フルスタックエンジニアに必要なスキル

フルスタックエンジニアに必要なスキルは次の3つです。

  • プログラミング言語の知識
  • OS・ミドルウェアのスキル
  • クラウドサービスでの開発スキル

それぞれのスキルについて詳しく説明します。

プログラミング言語の知識

インフラエンジニアネットワークエンジニアなど、エンジニアの種類によってはプログラミングをしない人もいますが、フルスタックエンジニアを目指すならプログラミング言語の知識は必要です。

使える言語が多ければ多いほど、自分の仕事の幅が広がるので複数の言語を覚えておいて損はないでしょう。

OS・ミドルウェアのスキル

OS・ミドルウェアのスキルはインフラエンジニアやバックエンドエンジニアのスキルですが、フルスタックエンジニアを目指すなら習得しておいたほうがいいです。

OSとは「Windows」「IOS」「Android」「Linux」などのコンピュータを管理するシステムであり、ミドルウェアはOSの機能強化やアプリケーションとの中間に入るソフトウェアになります。

ミドルウェアの種類は非常に多いため、各分野の代表的なミドルウェアだけでも覚えておきましょう。

クラウドサービスでの開発スキル

クラウドサービスは大企業やベンチャー企業でも利用が広がっている、フルスタックエンジニアを目指すのに必要な技術です。利用すると、コストが安い・開発速度が早いなどのメリットがあります。

クラウドサービスは次の3つのタイプに分かれるので、覚えておきましょう。

  • SaaS
  • PaaS
  • IaaS

クラウドサービスにはいくつか種類がありますが、シェアトップのAmazon Web Services(AWS)は有名です。

>>>DMM WEBCAMP COMMITの詳細をみる

フルスタックエンジニアの必要性

フルスタックエンジニアが求められている背景について解説します。

エンジニアの役割の変化

これまでエンジニアは、コストの削減や業務効率化を実現する役割を担っていました。

しかし、最近この役割に変化が起こり始め、エンジニアはサービスや新しい製品の開発の役割を担うようになりました。

これによってビジネスモデル自体にも大きな変革をもたらすようになり、開発したシステムを納品して終わりというモデルから、サービスをローンチしてからが始まりというビジネスモデルが確立されました。

システムインテグレーター(SIer)の変化

近年、急速にクラウドやオフショアが伸びてきたことによって、システムインテグレーター(SIer)の立ち位置にも変化が起こり始めました。

クラウドによってSaaSでのカスタマイズが中心になることで需要が減っていき、さらにオフショアの労働者に仕事が流れるということが起こり始めているためです。

技術のコモデティ化

近年、著しいインターネットの発達により、だれでも簡単に情報を得られるようになったことで、Webサービスを開発するための学習コストが下がり始めました。

これによって、Web開発を始めるためのハードルが大きく下がり、Web開発に必須な技術のコモデティ化が起こりました。そのため、フルスタックエンジニアとして必要なスキルが身につけやすくなり、以前に増してフルスタックエンジニアが求められるようになりました。

フルスタックエンジニアになるために必要なこと

フルスタックエンジニアになるための条件は次のとおりです。

  • 複数の専門分野をもつ
  • 業界全体を俯瞰する目をもつ
  • スキルアップを欠かさない

それぞれの条件について詳しく説明します。

複数の専門分野をもつ

フルスタックエンジニアとして活動するためには、まずは複数の専門分野をもつ必要があります。

複数の専門分野を身につけるためにはまず、今持っている知識やスキルに関連しており、そこから派生するスキルの中で、市場において高い需要があるものを選ぶことが重要です。

業界全体を俯瞰する目をもつ

需要のないスキルを身につけても意味がないため、業界全体を俯瞰して、「今何が求められているのか?」「今後どのような技術が必要とされるのか?」をいち早く見抜く目をもつことが重要です。

エンジニア業界はスピードが早く、常に流動的です。そのような状況にある中で今後を見据えたスキル習得をしていくことが、フルスタックエンジニアとして活躍するために必要になってきます。

スキルアップを欠かさない

フルスタックエンジニアは、マルチにいろいろなことをこなせるという反面、どの能力も中途半端であると思われがちです。

そのため、日々新しい技術に対しての勉強とスキルアップを欠かさないことが重要です。一つの専門的なスキルを軸として、それに関連する範囲をカバーできる人材であることが求められます。

>>>DMM WEBCAMP COMMITの詳細をみる

フルスタックエンジニアの実態

フルスタックエンジニアの実態について解説します。

激務であるケースが多い

開発には次の6つのフェーズがあります。

  • 要件の定義
  • 設計
  • 開発
  • テスト
  • 稼動
  • 運用

通常であればこれらのフェーズを複数人で分業することで開発を進めていきますが、フルスタックエンジニアの場合には、これらの業務をすべて一人で行わなければいけません。

そのため、フルスタックエンジニアは仕事量も多く激務になることに加え、責任も自分一人で追わなくてはいけないケースがほとんどです。

安定した生活が手に入るとは限らない

フルスタックエンジニアになったからといって、けっして安定した生活が手に入るとは限らない、ということは、フルスタックエンジニアを目指すうえで理解しておかなくてはいけないでしょう。

現在では、オフショア開発などの、海外に拠点をおく企業への委託によって低コストで開発を発注できるようになりました。そのため、フルスタックエンジニアの仕事がオフショアに奪われはじめている現状があります。

需要そのものは拡大している

オフショア開発が急増しているからといって、国内のフルスタックエンジニアの需要がないかといえばそうではありません。

上記にもあるように、フルスタックエンジニアになったからといって単純に安泰とはいえないものの、需要そのものは増加傾向にあります。

たとえばコミュニケーションをとりながら開発を進めたい企業の場合であれば、オフショアを利用することは少なく、国内のフルスタックエンジニアを必要としています。

転職が有利になる可能性が高い

基本的には一つのスキルしか持っていないエンジニアが多いため、広い範囲を一人でカバーできるフルスタックエンジニアは、転職するうえでは有利に働く可能性が高いです。

通常二つのスキルが必要な場合は、それぞれのスキルを持った人材を一人ずつ採用しなくてはいけないところを、フルスタックエンジニアを一人採用することで解決できます。

企業にとっては人件費の削減につなげれられるため、フルスタックエンジニアが求められているという背景もあるようです。

>>IT業界におすすめの転職サイト10選比較はこちら
>>IT業界におすすめの転職エージェント13選比較はこちら

未経験からフルスタックエンジニアを目指す。人気のプログラミングスクールTOP3

未経験からフルスタックエンジニアを目指すなら、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

ネット・SNS・ブログの評判・口コミの調査から、評価の高かったおすすめのプログラミングスクールを紹介します。

1位:DMM WEBCAMP(ディーエムエムウェブキャンプ)

BOXIL おすすめプログラミングスクール「DMM WEBCAMP COMMIT」

▼DMM WEBCAMP COMMIT

■Point1:プログラミング未経験から最短3ヶ月で正社員転職を目背す
DMM WEBCAMP COMMITはプログラミング未経験から最短3ヶ月で正社員転職を目背すプログラミングスクールです。万が一転職が決まらない場合でも、受講料の全額返金保証付き(※1)なので、安心して申し込みできます。

■Point2:未経験者97%・転職成功率98%の実績
申込者の97%プログラミング未経験でありながら、転職成功率98%を誇ります(※2)。業界トップクラスの転職成功実績があり、独自のノウハウをもとに転職活動をサポートしてくれます。

■Point3:専属キャリアアドバイザーによる充実したサポート
受講者限定で専属キャリアアドバイザーによるサポートが受けられます。自己分析・履歴書や職務経歴書の添削・模擬面接などが行われ、約300社の企業から転職先が紹介されます。

■Point4:13~22時に教室に通い放題・質問し放題
13~22時に教室に通い放題、メンターに質問し放題なので気になることは気軽に相談できます。またオンラインカリキュラムも用意されているので、自宅・教室どちらでも学習が進められます。

■Point5:専門技術コースでは約47万円のキャッシュバックあり
専門技術コース(4ヶ月コース)を選択し、一括支払いを選ぶと約47万円のキャッシュバックを受けられる可能性があります。国が定める「専門実践教育訓練給付金制度の対象」のためです。2年以上雇用保険を支払っているなど条件があるので、詳しくはDMM WEBCAMP COMMITで相談しましょう。

■各コースの比較
DMM WEBCAMPでは、短期集中のフルタイム学習コースである「DMM WEBCAMP COMMIT」と、仕事や育児と並行して学習できる「DMM WEBCAMP PRO」が用意されています。各コースの概要や料金体系を紹介します。

コース 期間 料金
短期集中コース(COMMIT) 3ヶ月 690,800円
専門技術コース(COMMIT※4) 4ヶ月 385,880円~※3
12週コース(PRO) 12週間 624,800円
16週コース(PRO※5) 16週間 679,800円

>>DMM WEBCAMPの評判・口コミ|調査結果からわかる特徴はこちら

※1:保証制度の詳細はDMM WEBCAMP COMMITの規定をご確認ください
※2:実績はDMM WEBCAMP公式サイトを参照
※3:専門実践教育訓練給付金制度の対象の場合の価格
※4:DMM WEBCAMP COMMIT
※5:DMM WEBCAMP PRO

2位:テックキャンプ エンジニア転職

画像出典:テックキャンプ エンジニア転職

■Point1:未経験から即戦力エンジニアになれる
受講者の99%は未経験ですが、600時間のコンテンツと最高の学習環境が用意されおり、現場で活躍できる即戦力のエンジニアになれます。

■Point2:就職成功率98.5%できなければ返金
テックキャンプ エンジニア転職の転職成功率は98.5%で、卒業したのにも関わらず転職できなかった場合、受講料は返金されます。

■Point3:専属のサポートスタッフ
プログラミングの学習にも、エンジニアへのキャリアチェンジもすべて専属のサポートスタッフがついてフォローします。

テックキャンプ エンジニア転職のサービス詳細

内容 詳細
学べる言語 HTML、CSS、JavaScript、SQL、Ruby on Railsなど多数
受講できるコース 転職コース、副業・フリーランスコースの2コース
価格・料金 短期集中スタイル:19,600円/月〜
夜間・休日スタイル:49,300円/月~
受講場所・地域 東京(渋谷)、大阪、名古屋、福岡
授業形態 オフライン・オンライン / 自習+サポート

>>テックキャンプ エンジニア転職の評判・口コミ |調査結果からわかる特徴はこちら

3位:GEEK JOB(ギークジョブ)

画像出典:GEEK JOB

■Point1:就職コースは完全無料で利用できる
GEEK JOB経由で就職するならば、完全無料でPHP、Java、Rubyなどが学べます。

■Point2:就職率は97.8%
就職サポートがセットになっており、就職率は97.8%にもなります。

■Point3:現役のプログラマーが対応
無料でも有料でもわからないところは現役のプログラマーに質問できます。

GEEK JOBのサービス詳細

内容 詳細
学べる言語 Java、PHP、jQuery、HTML、JavaScriptなど多数
受講できるコース Webアプリ学習コース、社会人転職コース、大学生就職コースなど3コース
価格・料金 【転職コース】
スピード転職コース:無料(要審査)
【学習コース
・プログラミング教養コース:217,800円
・プレミアム転職コース:437,800円
受講場所・地域 東京(九段下、四ツ谷)
授業形態 自宅学習+質問

>>GEEK JOBの評判・口コミ |調査結果からわかる特徴はこちら

フリーランスとしてフルスタックエンジニアで活躍するには

「フルスタックエンジニアでフリーランスとして働きたい!」と目標を持つ人も最近増えてきました。フリーランスで働くために案件探しをサポートしてくれるサービスがあります。

人気サービスを紹介しておきます。

フルスタックエンジニアの強みを活かそう

Webの発達により、今後ますます独自の勉強によるスキルアップが可能になり、フルスタックエンジニアを目指しやすくなります。また、フルスタックエンジニアの強みは次のとおりです。

  • 生産性を向上できる存在
  • スタートアップ企業から重宝される
  • エンジニアの価値観の変化に対応している

IT業界では万能なフルスタックエンジニアの需要が増えています。

Webエンジニアフロントエンジニアエンジニア・バックエンドエンジニア)の方でも、データベースに関する知識が豊富なITエンジニアが増えているのはこのためです。

今後の自分の活動の幅を広げるためにも、フルスタックエンジニアになって、さまざまな業界で活躍できるようになることを目指してみてはいかがでしょうか。

フルスタックエンジニアに転職するなら

フルスタックエンジニアへ転職をお考えなら、ITやエンジニア向けの転職サイト・転職エージェントがおすすめです。

BOXIL おすすめプログラミングスクール「DMM WEBCAMP COMMIT」

▼DMM WEBCAMP COMMIT

■Point1:プログラミング未経験から最短3ヶ月で正社員転職を目背す
DMM WEBCAMP COMMITはプログラミング未経験から最短3ヶ月で正社員転職を目背すプログラミングスクールです。万が一転職が決まらない場合でも、受講料の全額返金保証付きのため安心して申し込みできます(※1)。

■Point2:13~22時に教室に通い放題・質問し放題
13~22時に教室に通い放題、メンターに質問し放題なので気になることは気軽に相談できます。またオンラインカリキュラムも用意されているので、自宅・教室どちらでも学習が進められます。

■Point3:専門技術コースでは約47万円のキャッシュバックあり
専門技術コース(4ヶ月コース)を選択し、一括支払いを選ぶと約47万円のキャッシュバックを受けられる可能性があります。国が定める「専門実践教育訓練給付金制度の対象」のためです。2年以上雇用保険を支払っているなど条件があるので、詳しくはDMM WEBCAMP COMMITで相談しましょう。

>>DMM WEBCAMPの評判・口コミ|調査結果からわかる特徴はこちら

※1:保証制度の詳細はDMM WEBCAMP COMMITの規定をご確認ください

エンジニア向けおすすめ記事一覧

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。


※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

※記事執筆時点の情報のため、最新ではない可能性があります。

※本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
求人・転職情報(職種・仕事内容)の最近更新された記事
総務とは - 仕事内容と役割 | 業務カテゴリ別生産性向上サービス解説
インフラエンジニアとは | 仕事内容や年収・スキル・資格 - 未経験からの転職方法
エンジニアとは|仕事内容と種類ごとの年収・特徴・未経験からの転職ポイント
プログラマー(PG)とは | 年収・仕事内容・必須スキル - 未経験がなる方法
人事とは?業務内容・必要スキル・役立つ資格を解説 - 総務や労務との違い
データサイエンティストとは | スキルセット・仕事内容・将来性を徹底解説
システムエンジニア(SE)とは | 仕事内容や年収・必要なスキル・種類を解説
SIerとは | SEとの違いや業界の実態、仕事内容についてわかりやすく解説
フロントエンドエンジニアとは | 仕事内容と年収・スキル - 将来性について
Webエンジニアとは | 仕事内容・年収・スキル・未経験からの転職方法と将来性