コピー完了

記事TOP

30代は未経験職に転職できる?しやすい職種・成功に必要なポイントとは

最終更新日:
一般的に30代の未経験職への転職を成功させるのは困難です。ただし、業界を絞ったり、能力が活かせる仕事を選んだり、転職エージェントを上手に活用すれば30代でもまだまだ未経験職への転職は可能です。30代で未経験職への転職を成功させるポイントについて解説します。

30代の転職事情とは

30代の転職事情について、「30代が転職する理由」「30代前半と後半の違い」「未経験職への転職は厳しいのか」「女性の転職事情」という4つのポイントから説明します。

30代が転職する理由

人材サービスを展開するdodaが2017年4月~2018年3月に転職活動をした30代の方の転職理由を公開しています。これによると、「会社の将来性が不安」といったネガティブな理由が2位に挙がる一方で、「ほかにやりたい仕事がある」「専門知識・技術力を習得したい」などの前向きな理由も多く見られます。

引用:転職理由ランキング2018<年代別>

30代前半と後半の違い

前提として30代の転職はポテンシャルではなく、業務経験や能力によって評価されます。これが20代の転職との大きな違いです。

また、30代前半と後半では転職事情が異なります。30代前半では前職での実績や個人のスキルが選考において大きなウェイトを占める一方で、30代後半になるとチームをマネジメントする管理能力も求められるようになります。よって、30代前半と後半では、面接の際のアピールポイントも企業が求めていることも微妙に異なるので注意してください。

未経験での転職は厳しい

一般的に30代になると未経験への仕事での転職は厳しくなります。同じ未経験なら若くてポテンシャルがある20代や第二新卒を採用した方が成功する可能性が高いからです。

ただし、同じ職種で未経験業種に転職する場合は、前職で培った職種に関するスキルや実績を活かせるので、未経験職種への転職よりも成功しやすいです。

30代女性の転職事情

女性も30代を過ぎると未経験職への転職活動が難しくなります。転職できても職種が限られていたり、年収が低くなったりすることが多いです。

女性の場合、結婚や出産、育児などのライフイベントが発生する可能性もあるため、転職する際は育児休暇など福利厚生が充実しているかも確認しましょう。

>>>女性の転職エージェントランキングTOP7はこちら


30代の転職事情については、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。未経験業種にチャレンジするか、それとも今までどおりの条件で転職するか迷っている方は必見です。

30代未経験の転職におすすめな職種

マイナビ転職が公開している全求人のうち、未経験者歓迎の職種をランキングにしたものがあります。これを見ると、高い割合で90%以上が未経験者歓迎の職種が4つもあり、未経験者でも選択を間違えなければ、転職が可能であることが伺えます。

引用:「職種未経験者歓迎」の割合が多い職種

しかし、未経験職への転職を目指すなら、少しでも年収や環境が良くなりやすい職種に転職した方が良いです。上記の未経験歓迎の割合が多い職種の中でも、おすすめの職種を5つ紹介します。

>>>30代におすすめの転職サイトランキングはこちら

エンジニア

エンジニア職は未経験での転職にオススメな職業の一つです。技術の進化スピードも早いため若いうちから経験を積んだ方が良いですが、30代でも未経験から転職を目指せます。

IT業界の急激な成長によって常時人材が不足しているので転職もしやすく、スキルさえ身につければキャリアアップしやすい職種です。

転職サイト・エージェントから未経験歓迎の求人に応募して転職する方法もありますが、経験・スキルがないまま就職するのが不安な方は、プログラミングスクールで技術を身につけてから転職することをおすすめします。

>>プログラミングスクールおすすめ13選比較はこちら

不動産鑑定士

不動産鑑定士とは、不動産の鑑定評価を行う職業です。全国に9,000人程度しかおらず、不動産会社、銀行、富裕層向けのコンサルティング会社などさまざまな会社にニーズがあります。

平均年収も700万円前後と高く、給与の低さで転職を考えている方におすすめの仕事です。

不動産鑑定士になるためには難易度の高い資格試験を突破する必要があります。ただし、受験資格はなく、根気よく取り組めば最短2年程度で取得可能です。

営業職

営業職の採用では信頼関係、業務遂行能力、協調性などの社会人としての一定のマナーなどが求められます。

30代で社会人を10年程度やっていれば身についているスキルのため転職は難しくなく、成果次第では高給も目指せます。

ホテル業界

ホテル業界は、観光客の増加により人材が不足しており、未経験からでも比較的転職しやすい業界です。

ホスピタリティーが求められる業界なので、接客業や営業職の経験やコミュニケーション能力に長けた人材は就職しやすいでしょう。

事務職

事務職はプライベートと仕事を両立させやすく、ノルマなどの精神的なプレッシャーも少ないので転職市場では人気の職業の1つです。

ただし、人気の職業ゆえに倍率が高く、業種によっては基本的なビジネスマナーや責任感に加えて高いプロ意識や能力が求められるため転職するのは簡単ではありません。

30代、未経験職への転職で年収は上がるのか

月給 賞与など 年収
30歳~34歳 273.8万円 429.9万円 3715.5万円
35歳~39歳 300.8万円 515.8万円 4125.4万円

平成29年度の賃金構造基本統計調査によれば、30代前半の平均年収は上の表のようになっています。

同業種でキャリアアップを図るなら年収はあがりやすいですが、未経験職だと年収は下がる可能性が高いです。

30代が未経験職への転職で失敗しないために必要なポイント

30代の転職で未経験職から正社員になるためのポイントについて説明します。

転職に有利な資格

未経験職への転職を有利にするには資格を取得するのが良いです。転職を決めてから実際に転職するまで時間がある場合は、まずは資格取得からはじめた方が良いでしょう。

たとえば、未経験からエンジニアに転職する際におすすめの資格は次のとおりです。

【エンジニア職におすすめの資格】

  • 情報処理安全確保支援士
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト
  • 基本情報技術者

転職に役立つ資格の、試験の時期や費用、勉強時間の目安はこちらの記事で紹介しています。

自己能力の把握

30代の転職ではスキルや実績、即戦力になれることが求められます。

目標の業界、職種に転職したいという希望だけではなく、自己能力がどの業種や職種で活かせるのか、市場価値が高いのかを分析しなければなりません。

自己分析を徹底し、能力の把握、転職理由の明確化を行ってください。

面接のための準備

未経験職の転職では履歴書・職務経歴書の作成、面接の対策が大事です。応募先の企業の事業内容に因んだ内容を記載することや、面接の受け答え方には注意してください。

前職の経験を踏まえたうえで、応募先の企業が求めている人材像を分析することが重要です。

自分がどのようにして会社に貢献できるのかという視点で、書類作成、面接の想定質問への対応を考えてください。

30代で未経験職への転職ならエージェントを活用しよう

一般的に30代後半になるにつれて未経験職への転職は厳しくなります。30代での未経験職への転職活動を成功させるためには、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントを活用することによって、求人探しから、自身の市場価値の分析、応募書類作成、面接対策などのサポートが受けられるので、成功可能性が高まります。

人気転職サービスランキングTOP3

転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。

転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位:リクルートエージェント

■ポイント1:転職成功の実績No.1!累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間23,000人以上の転職支援を行っています。数多くの求人を扱っています。

■ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの非公開求人は約10万件と業界トップクラスの数を誇ります。求人数が多いので希望の求人に出会える確率も高くなります。

■ポイント3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」という方でも安心です。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

>>リクルートエージェントの評判・口コミまとめ

2位:マイナビエージェント

■ポイント1:20代(第二新卒)の若手の転職に強い
20代(第二新卒)でも応募しやすい未経験の求人案件を多く保有しているため、若手の転職に強いと評判です。初めての転職でも手厚いサポートをしてくれるので安心です。

■ポイント2:中小企業の独占案件
マイナビ独自のブランド力で中小企業の独占案件を多く保有しています。そのため他の大手転職エージェントとバッティングしづらくなっています。

■ポイント3:全国の転職に対応
全国の求人案件を保有しているため、何らかの理由で地方での転職を希望されている方にも対応してくれます。

>>マイナビエージェントの評判・口コミまとめ

3位:ビズリーチ(BIZREACH)

■Point1:高待遇のハイクラス求人多数
年収1,000万円以上のハイクラス求人が全体の1/3以上を占めます。掲載されている求人のなかには年収2,000万円以上の求人もあるので、より年収の高い求人を探している方におすすめです。

■Point2:スカウト機能が充実
厳正な審査基準をクリアした3,300人ものヘッドハンターが、職務経歴書の内容をもとに直接スカウトします。ヘッドハンターは業界の知識や事情にも精通しているため転職者が欲している情報を提供してくれます。

■Point3:企業の中核を担う人材の求人が豊富
ビズリーチ(BIZREACH)では、経営幹部や管理職など企業の中核を担う人材の求人を多く取り扱っています。

順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェント画像の説明文

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェント画像の説明文

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチ画像の説明文

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
doda画像の説明文

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェント画像の説明文

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら

>>>転職サイトおすすめランキングはこちら
>>>転職エージェントおすすめランキングはこちら

30代向けおすすめ記事一覧



【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

この記事のアドバイザー「三嶋弘哉」
立命館大学経営学部卒。新卒で株式会社キャリアデザインセンターへ入社。転職エージェント部門のコンサルタントとして、大小300社の中途採用支援及び、中途・新卒併せて8,000人のキャリアカウンセリングを経験。その後、経営企画部において経営管理や子会社の立ち上げなどを担当。再度、転職エージェント部門に配属され、営業統括部長 兼 部門人事を担当。2019年1月からはHRTech領域の新規事業企画に従事。現在は独立し、フリーランスとして事業成長支援を行う。
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事