コピー完了

記事TOP

転職理由の例文と面接での回答ポイント | 理由ランキング - 本音はNGか

最終更新日:
転職面接時に「なぜ転職したのですか?」と理由を聞かれるのがほとんどです。企業は転職理由を聞くことで、転職希望者とこれから一緒に働いていけるか見極めようとしています。転職を決断する理由と、主な転職理由の例文を紹介し、説明する際に重要となるポイントを解説していきます。

多くの転職希望者にとって悩みの種となっているのが、面接において「転職の理由をどう回答するか」ではないでしょうか。

転職理由の例文と「嘘はつかない方がいいのか」「本音を言うべきか」など、面接での回答ポイントを解説し、転職希望者が一般的にどんな理由で転職しているのかをランキング形式で紹介します。

転職をする主な理由ランキング

会社員が現在の企業を辞めて転職を考える理由はさまざまであり、そのときの景気の状況や社会情勢、成長している業界などによって違ってきますが、そこにはある程度の共通点がみられるのも事実です。

最近の転職理由の傾向としては、仕事のやりがいを求める人が安定している一方、給与や評価方法など、待遇に関する不満を抱える人の割合も増加しています。

1位 他の仕事がやりたい・他の業種に興味がある

上述のように、近年は待遇面以上に仕事のやりがいを重視する人が増えています。実際に就職してみて自分の思ったような仕事ではなかった場合や、社会人経験を積むうちに、他の業種が魅力的に感じられるようになったケースなどが多いようです。

未経験職への転職におすすめのエージェントはこちらの記事をご覧ください。

2位 会社の将来性に不安がある

所属企業の将来の不安から転職に乗り出す人はかなり多いようです。特に業績が傾きつつある企業からは、多くの人材が流出する傾向があります。

将来性の高いIT系・エンジニア職におすすめの転職エージェントの比較の記事をご覧ください。

3位 給与など待遇面での不満

業務時間や残業時間同様、給与や休日などの待遇面に不満をもっている人は高い割合で存在しています。

年収アップ・キャリアアップにおすすめの転職エージェントはこちらの記事をご覧ください。

4位 業務時間や残業など仕事の時間に対する不満

近年は、いわゆるブラック企業などのようなスタッフを違法・不当に長い時間拘束する企業が問題視されていますが、多くの会社員も自社の業務時間や残業時間などに不満を抱えているようです。

待遇・給与など質の高い求人が多いおすすめ転職サイトはこちらの記事をご覧ください。

5位 専門技術を習得したい

自分の市場価値を上げたい人とほとんど同じように、自分の将来のキャリアが明確になっている人は、そこから逆算して必要な経験やスキルを得られる企業に積極的に転職しようとしています。

面接での転職理由の回答例

最後に、これまでの内容を踏まえて、転職理由の回答例について簡単に紹介します。あくまでも事例ですから、流れをつかむための参考程度に留めておいてください。

また、転職理由を応募書類に書く場合は、150〜200字程度にすると読みやすくなります。さらに、転職先で働きたいという意欲を盛り込むことも大切です。

回答例1

前の職場では、5年ほど既存顧客向けの営業を担当してきました。仕事を通じて実際の顧客の抱える問題や悩みについてたくさん聞いてきましたが、営業の立場からだけでは、皆さまの本質的な問題を解決できるとは限らないことを痛感しておりました。

そこで、これまで顧客から得た情報を活かし、より根本的な問題を解決できる製品の開発に携わりたいと考え、思いきって転職するにいたった次第です。

御社では、常に顧客の声をダイレクトに開発に落とし込む環境が整っているため、製品開発を通じてより多くの顧客の悩みを解決するために精進できると感じております。

回答例2

前の職場では、それぞれのスタッフ個人の売上げや数値的な成果が重視されるあまり、チームとして相互に補い合ってプロジェクトを成功に導くことや、各々の強みを活かして組織全体として成長していくという点を重視することはほとんどありませんでした。

しかし、私自身は周囲と密に連携しつつ、チームとして目標を達成することに情熱を注ぐタイプだと自負しております。

そんななかで、チーム全体としての評価を重視する御社のことを知り、詳しく調べているうちに、御社の環境で自分のチーム作りを試してみたいと思うようになり、このたび転職を決意いたしました。

面接における転職理由の回答ポイント5つ

転職理由を答えるときに、本音で言うべきなのか悩む方も多いのではないでしょうか。転職理由を面接で答える際にはいくつかのポイントがあります。しっかりと押さえておきましょう。

転職理由を自分で考えるのは非常に難しいかもしれません。その時は、一人で考え込まずに転職エージェントを活用してください。

本音だけ言うのは避ける

転職希望者の中にはネガティブな理由により、転職を考えている人もいるでしょう。もちろん、それもしっかりとした理由です。

ですが、そのままネガティブな理由を伝えると会社側は、その人を、不満ばかり述べて何も解決策を考えない人とみなします。

そこで不満点を転職後の前向きな目標に転換して盛り込む必要あります。現在の職場を退職する理由について、しっかりと志望動機に連動させましょう。

具体的に詳しく説明

退職理由は具体的なものでなければいけません。「環境が肌に合わなかった」「やりたい仕事ではなかった」といった曖昧な理由では良い印象は与えられず、企業側の解釈に左右されます。

具体的に、どの点が自分に合わなかったのか、どのような仕事がやりたかったなどを、事例を交えつつ説明するようにしましょう。

志望動機との一貫性

本当に入社を希望している人は、前の職場を辞めた理由と志望動機に一貫した流れがあり、それが納得できるものです。

逆に退職理由と志望動機に明らかに矛盾があれば、別の退職理由があるのではと疑われるかもしれません。

したがって、転職を考えてから実際にその企業を志望することになったプロセスを、一貫したストーリーとして説明できることが重要です。

嘘をつかないようにする

面接官は毎年何人もの転職希望者をみており、嘘はすぐに見抜かれてしまうと考えておくべきです。

嘘をつき、マイナスの印象を与えるよりは、正直に現状の不満点を含めて率直な理由を伝えたほうがよいでしょう。

しかし、マイナスな理由だけではいけません。この理由を話したらどう思われるかを考えながら、何を重点的に説明するかを意識することが必要です。

たとえマイナスな理由でも、ポジティブな理由に変えることを意識して面接に臨みましょう。

自分の言葉で伝える

転職理由で検索すると、多くの回答例が出てきます。もちろん、それらを参考にするのは良いですが、回答例をそのまま使うのはやめるようにしましょう。

自分の素直な気持ちを自分の言葉にまとめるための材料として、回答例を活用するのがおすすめです。

企業が転職理由を聞く目的

転職する際に、企業側は転職をする理由を聞いてくることがほとんどです。

なぜなら、転職する理由を知っておくことで、転職希望者と自社がこれから良い関係を築いていけるのか、長く働いてくれるのか、ということを確認する材料としているのです。

モチベーションの確認

企業が転職理由を聞く目的の一つに、転職希望者の仕事へのモチベーションの確認があります。

仕事へのモチベーションが自社と合っているのか、今までどのような目的をもって仕事に取り組んでいたのか、ということを企業は知りたいのです。

前の職場を辞めた理由が単に環境の問題である場合、企業側は仕事への意欲がなく、モチベーションがないと認識されてしまう恐れがあります。

退職きっかけを明確化

企業側は転職のきっかけを明確にすることで、自社に採用した後にすぐに辞めてしまわないか、前の職場と同じ理由で辞めてしまわないか知りたいようです。

企業としては、採用するからには業績を残すだけでなく、長く働いてくれる人材を求めています。自分が転職先で長く働く意欲をみせることが大切です。

責任感があるか

転職の面接では、現在、場合によっては前職の仕事にしっかりと責任感をもって取り組んでいたのかがチェックされます

転職理由の説明では、面接官はその人が仕事を途中で投げ出すようなタイプではないか、いい加減な仕事をしないか、職場でトラブルを起こさないかといったことを見極めようとします。

転職理由の履歴書への記載例

履歴書へ転職理由を記載する場合、上記で紹介したポイントを踏まえて記載しましょう。面接ではつい緊張してしまい、言いたいことが伝えられない場合も多いです。事前にしっかり文章を考えておきましょう。

業績悪化したケース

転職理由は会社の業績不振によるものです。仕事内容や会社での人間関係は特に問題があったわけではなく、不満もありませんでした。入社して以来、主に◯◯の仕事をしており、これからはスキルを活かし△△の仕事をしたいと思っております。

残業が多いケース

現状、月に◯◯時間の残業が恒常的です。営業の仕事自体は、自分に対して適性もあるとは自負していますが、業務過多のため、満足の得られる結果を出せずにいます。仕事自体にもやりがいを感じなくなりました。△△のような解決策を提案しましたが、改善の見込みがないと判断しました。この経験から✕✕のような営業体制を作っていきたいと思っております。

転職の理由に悩んだら「転職サイト・エージェント」に頼る手段も。人気ランキングTOP5

2017年のデータを参考にしながら、多くの転職希望者が転職を考えるにいたった理由をランキング形式で紹介するとともに、転職面接で必ず必要となる転職理由の説明のポイントについて解説してきました。

どんな理由で転職するにせよ、面接では一貫した転職理由と志望動機の説明が必要となります。ぜひ本記事の内容を参考にして、転職活動を成功させてください。

転職について何か悩んでいる方は、まず転職サイトに登録しましょう。

無料のフェアで志望動機の書き方講座、エージェントに登録すると履歴書の添削をプロが行ってくれることもあります。転職の相談も受けてくれるので、ぜひ一度利用してみてください。

1位:リクルートエージェント

■Point1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間23,000名以上の転職支援を行っています。

■Point2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人は約10万件と豊富です。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■Point3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」という方も安心です。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

2位:マイナビエージェント

■Point1:20代に信頼されている転職エージェントNo.1
20代に信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれており、20代、30代前半の若手の転職に強みを持っています。

■Point2:豊富な非公開求人
マイナビブランドで作り上げた信頼とコネクションから得られる良質な非公開求人を保有しています。

■Point3:サポートが充実している
大手エージェントサービスと比較すると後発なため、求人の絶対数では劣ることもありますが、転職者一人ひとりに親身に対応してくれるサポート面は充実しています。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

3位:ビズリーチ(BIZREACH)

■Point1:高収入を実現できる!ハイクラス求人が豊富
ビズリーチはエグゼクティブ向けに転職サービスが提供されています。求められる能力が高い分高額な給与で採用を行っている企業も多く、中には年収が2,000万円を超える非常にハイクラスな求人もあります。

■Point2:ヘッドハンターの能力が一目でわかる
在籍しているヘッドハンターは厳しい審査を通過した強者揃いです。ヘッドハンターは実績に応じてランク分けされておりサイトでランクを確認できるので、力のあるヘッドハンターを見つけやすくなっています。

■Point3:女性向けサービスが充実
女性の転職を応援するために「ビズリーチ・ウーマン」という情勢向けの転職サービスも提供されています。ビズリーチのアカウント情報で利用が可能となっており、あわせて利用すれば採用のチャンスを増やせます。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

4位:パソナキャリア

■Point1:2019年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位
パソナキャリアは、顧客満足度調査No.1に選ばれた転職エージェントです(オリコンが利用者3,346人、対象企業38社に対して調査)。

■Point2:累計25万人の転職実績
転職を支援した25万人分のノウハウを活かして転職をサポートしてくれます。

■Point3:年収アップに期待大
転職後に年収がアップした割合は、67.1%に上ります。高確率で年収をアップできます。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

5位:doda(デューダ)

■Point1:業界2位のエージェントで沖縄求人も多数保有
リクルートエージェントに次ぐ業界2位のエージェントで沖縄の求人も多数保有しています。

■Point2:非公開求人のレベルが高い
扱っている求人の80%~90%は非公開求人で、質が高い求人を保有しているといわれています。

■Point3:3つのサービスが一度に使える
転職サイト・エージェント・スカウトの機能が集約されており、登録するだけで3つのサービスを同時に利用できます。3つを使いわけることによって自身の転職スピードに合わせた活動を行いやすいです。

未経験職への転職におすすめのエージェントはこちらの記事をご覧ください。

転職活動への準備も万全にしよう

転職活動では、転職サイトを選ぶだけでなく入念な事前準備をしておくことがおすすめです。履歴書や職務経歴書などの準備だけでなく、転職にかかる時間や面接対策など、転職活動トータルでの準備が必要となってきます。

次の転職マナー系の記事を参考に転職活動への準備を進めておきましょう。

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
オンライン型プログラミングスクールおすすめ13選|特徴や料金・評判を比較【無料あり】
プログラミングスクールおすすめ15選を比較|無料やオンライン型の特徴・料金の違い
社会人向けおすすめプログラミングスクール10選を比較|失敗しない選び方や学習方法
ニートが仕事を探す方法と向いている職業とは | 就職を成功させよう
転職ナビの特徴 | アプリや口コミは?有効活用して転職を成功させよう
ITエンジニア・情報系資格おすすめ15選 | 転職に役立つ国家資格合格のポイント
転職直結おすすめ資格17選 | 社会人で有利な資格と取得成功のポイント
無料のプログラミングスクールおすすめ10選|無料の条件や有料との違いを比較
就活で時計は必要?おすすめの就活用時計と選び方を解説
ベンチャー就職のメリット・デメリットまとめ | 新卒・中途必見!【徹底解説】