コピー完了

記事TOP

退職理由の例文 | 円満退職する方法と面接で印象をあげる伝え方

最終更新日:
会社を辞めるときの退職理由の伝え方に悩む方も多いと思います。「上司への伝え方」「納得してもらえる理由」「面接での答え方」など、円満退職するための方法を例文付きで解説しているので、ぜひ参考にしてください。

目次を閉じる

退職理由で納得感がある例文

上司に退職理由を伝える際は伝え方を気をつけましょう。たとえ不満があっても、口にしてしまうと心象が悪くなってしまいます。

退職理由はどうしてもネガティブなイメージとして捉えられてしまいます。特に次の会社への転職をする際には、その理由をしっかりと説明する必要があるのです。

円満に退社を迎えられるよう退職理由で納得感がある例文を次の3つのパターンに分けて紹介します。

  • キャリアアップのため退職する
  • 体調不良を改善するために退職する
  • 結婚のため退職する

キャリアアップのため退職する

キャリアアップを退職理由とする場合は、具体的なビジョンを示すとともに現在の会社では理想のキャリアが築けないという点を伝えましょう。これらのことを伝えることで、引き止めに合わずスムーズに退職しやすくなります。

例文: Webデザイナーとして経験を積む中で、より幅広い業界の案件にチャレンジしたいと考えるようになりました。今の仕事にも魅力は感じていますが、〇〇業界の案件だけでなく業界にとらわれずデザイン業務にチャレンジしたいと考えています。 誠に勝手ではございますが◯月に退職させていただきたいと考えております。

体調不良を改善するために退職する

体調不良を改善するために退職を余儀なくされる場合があります。上司からは「いつごろからだったのか」「何の病気なのか」と心配され質問されることもあるでしょう。体調不良や病気による退職の場合は、次のように上司に伝えましょう。

例文: 仕事を続けたいと思い頑張ってきましたが、持病が悪化していまい、しばらく療養するため、一旦退職という形をとらせていただきたいと思います。

結婚のため退職する

「寿退社」という言葉があるように結婚を機に退職の道を選ぶ人は多く、結婚を理由にした退職は認められやすくなっています。結婚を理由に退職する場合は、ストレートに結婚の事実と退職希望を伝えれば大丈夫です。

例文: 私ごとですが◯月に結婚することなりました。 結婚に伴い家庭を優先したいため、誠に勝手ではございますが◯月に退職させていただきたいと考えております。

転職面接での退職理由の伝え方

転職面接で退職理由を聞かれた際は言葉の選び方に十分注意しましょう。

履歴書にはシンプルな記載で構わないのですが、その理由の答え方如何によっては、良い印象にも悪い印象にもなり得ます。

伝え方を間違えると一気に評価が下がる恐れがあります。転職面接での退職理由の答え方を次のパターンに分けて説明します。

  • 人間関係が原因で退職
  • 給与への不満が原因で退職
  • 残業や休日出勤が多かった事が原因で退職
  • 1か月〜3か月の短期間で退職したとき
  • 会社都合で退職したとき

面接で失敗しないように、退職理由の答え方を確認しておきましょう。

人間関係が原因で退職

人間関係に不満を抱いて退職したとしても、ストレートに思いの丈をぶつけるのは危険です。人間関係の構築はどの会社に行っても必要となります。

人間関係に問題を抱えていたと言ってしまうと、自社でも人間関係をうまく築けずすぐに退職してしまうのではないかと心配されます。

人間関係の問題は「チームワークを重視して働きたい」や「積極的にコミュニケーションとりたい」という言葉にうまく置き換えましょう。

例文: 前職では個人で仕事を進めていくことが中心となっており、社員同士で協力体制を築いて働くことは難しい環境でした。社員一丸となりチームワークを重視して働きたいという思いから、転職を決意しました。

給与への不満が原因で退職

給与への不満が原因で退職したことをそのまま伝えてしまうと、面接官は「当社でも同じ不満を抱くかもしれない」と感じ採用を見送られてしまう可能性があります。

給与で不満を抱くということは、自分の仕事に自信があり正当に評価されていないと感じているからです。

面接で伝える際は、「正当に評価されることで良い仕事につながる」と感じており、そのような企業の方針や風土に共感している気持ちを伝えましょう。

例文: 前職では営業職に努めており、月間の売上でトップを経験したこともあります。しかし、企業の風土が年功序列だったため、正当な評価をされず、成果がキャリアアップにつながりにくい環境でした。年齢だけではなく、実績や実力を評価してもらえる御社に就きたいという思いから転職を決意しました。

残業や休日出勤が多かった事が原因で退職

勤務時間について言及する場合も表現には十分に注意しなければなりません。伝え方によっては「労働意欲が低い人」とみなされてしまう可能性があります。

しっかりと休日が欲しいということは、オンとオフをはっきりさせて効率よく働きたいと言い換えられます。労働意欲が伝わるように表現を工夫して、退職理由としてください。

例文: 前職では残業時間が月間で100時間を超え休暇も少なかかっため、スキルアップのために勉強時間を取るのも困難な状況でした。効率よく仕事を行い、余暇を利用してスキルを高め会社に貢献したいと考え退職を決意しました。

1か月〜3か月の短期間で退職したとき

一般的に短期間での転職履歴があると、採用担当から「転職してもすぐに辞めてしまうのでは?」と不安を与えてしまいます。

多くの企業では雇用する人材に対して、長い期間籍を置いてもらい、会社の利益やビジネス、人材育成に貢献してほしいと考えているからです。

もし、採用時と入社後で条件が違う、希望していた配属ではなかった場合は、自分が起こした行動や努力と新しい仕事への意欲を伝えましょう。

例文: 企画・編集の採用で入社しましたが、実際に配属されたのは営業部門でした。営業部門ではお客様のニーズを知ることの大切さを学べましたが、企画・編集を希望していたこともあり、部署転属を申し出ました。企画・編集への部署転属は難しいとのでしたので、退職を決意しました。

会社都合で退職したとき

会社の経営・業績悪化など会社都合で退職した場合は伝え方が重要になります。

会社都合で退職した際は、モチベーションが高い状態であり転職をチャンスに変える気持ちがあることを伝えましょう。

例文: 会社の経営、業績悪化により希望退職者の募集が行われ、前職の立場では業績回復に貢献できる役職に就いていなかったため、退職を決意しました。この機会をチャンスと捉え、スキルアップするためにも努力したいと考えています。

面接で聞かれたときの対策方法

退職理由の答え方次第で、面接官に与える印象が大きく変わります。面接官に好印象を持ってもらえるように、対策方法を確認していきましょう。

ポジティブな内容にする

退職理由はポジティブな内容に変換することが大切です。前職に不満を感じて退職に至ったとしてもそのまま不満を口にしてはいけません。「自社でもすぐに不満を口にするのではないか」など悪い印象を抱かれやすく、面接官に不安を与えてしまいます。

たとえば、「残業の多さ」が退職理由の場合は「効率良く働きたい」というように、プラスの言葉に置き換えましょう。また、入社することで前職での不満は解消されることを伝え、入社後どのように活躍したいか意欲をみせましょう。

志望理由や入社への意欲とつなげる

退職理由は単に退職に至った理由を述べるだけでなく、キャリアプランを軸にうまく志望理由や入社意欲と結びつけることが大切です。

たとえば、希望の仕事に就けずに退職した場合は「前職時から◯◯職を希望しており、異動願いも出しましたが受け入れらませんでした。」と退職した理由を話しましょう。そして、「貴社では長年の夢であった〇〇の仕事を実現できる」というように志望理由への結びつけが可能です。

退職理由と志望理由の伝え方に工夫を凝らし、しっかりと入社意欲が伝わるように話しましょう。また、理由を述べる際は上記のように自分の行動なども交え、具体的に説明しましょう。

嘘をつかないこと

内定が欲しいあまりに、自分のことを良く見せようと嘘をつくのはやめましょう

相手は数多くの応募者を相手にしてきた面接官です。バレないだろうと思っている嘘でも、簡単にバレてしまいます。

また、嘘をついたことが原因で、入社後に退職を決断した理由と同じような状況に追い込まれることもあります。選考では伝え方に気をつけながら、本音で話すようにしましょう。

履歴書への退職理由の書き方

退職理由の書き方1:自己都合の場合

転職や、両親の面倒をみるために実家へ帰る場合など、自分自身の都合による退職の場合は、「一身上の都合により退職」と記載するのが通常です。退職届に書くときにもこの文言を記載するのですが、履歴書での経歴欄にもこのような書き方で構いません。「より具体的に、どんな理由であったか書かなくてもいいのか?」と迷うところですが、詳細については面接の時に尋ねられた際などに応える形でいいでしょう。

しどろもどろな返答にならないよう、頭の中を整理しておく必要はあります。履歴書の他にも、職務経歴書を提出するシーンがありますが、そこの欄により詳細を記せばよいでしょう。

退職理由の書き方2:希望退職制度での退職の場合

会社の業績如何によっては、時として人員整理という方法を取る場合もあります。希望退職制度などはそんな方法のひとつですが、それを利用して退職する場合にどのように履歴書や退職届を記載すればよいのか迷いますよね。

会社都合ということになるので、記載は、「会社都合により退職」で良いでしょう。より詳細に理由を書きたい場合には、「業績不振により希望退職」という書き方でも構いません。

退職理由の書き方3:非正規での雇用契約解除の場合

非正規社員で雇用契約の期限を迎えることによって退職となった場合には、「雇用契約の解除により退職」という記載の仕方が一般的です。退職届の場合などには、「貴社、雇用契約解除に伴い」と記載することも多いです。

面接などで使用する履歴書の記載もシンプルで構いません。短い場合ですと3か月間の派遣社員での契約ということもありますが、契約上での退職のため特に印象が悪いということはないでしょう。

退職理由の書き方4:リストラでの退職の場合

リストラで退職となった場合も、会社都合での退職にあたります。ここで悩むのが、リストラという言葉を使うのか?という点です。求職活動の際などには、あまり正直に書いてしまうのも考えもの。シンプルに「会社都合により退職」という書き方に留めておくのが良いでしょう。

もう少し理由を説明する場合には、「所属部署の事業縮小に伴う退職」という記し方でも構いません。間違っても所属していた会社の悪口を記載することは止めておきましょう。

退職理由の書き方5:結婚による退職の場合

結婚による退職の場合は、自己都合による退職にあたります。履歴書に記載する場合などは、素直に自己都合でもいいですし、結婚による退職という記し方どちらでも構いません。特に理由をしつこく問われることもないでしょう。

退職届に記載する際には、「結婚に伴い退職」という書き方をしておきましょう。結婚祝い金を支給する会社であれば、退職届にその旨が記載されていることが条件になる場合があるからです。

退職理由の書き方6:出産に伴う退職の場合

出産による退職の場合は、自己都合での退職になります。ここでポイントなのが、退職届への記し方です。シンプルに「自己都合により退職」と記すのではなく、素直に「出産により退職」と記載するのがオススメです。会社によっては、出産に対して祝い金を支給するなどの制度を設けている場合があるからです。

お祝い金を受け取るには、退職届に出産する旨を記載することが就業規則などで規定されている場合があるので、よく確認しましょう。

退職理由の書き方7:倒産による退職の場合

会社が倒産してしまった場合での退職届の理由も、「会社都合により退職」で構いません。倒産による退職は、自分自身にほぼ責任がない理由なので、転職活動において特に不利になるということもないでしょう。

もしかすると、面接の際などにどんな会社だったのか?なぜ倒産したのか?ということを聞かれるかもしれませんが、会社に対する悪口を言わないことが大切です。淡々と説明をするのが無難な対応といえます。

退職理由の伝え方とコツ

退職理由を伝える時は会社や上司に迷惑がかからないように適切なタイミングで伝えなければいけません。退職理由を伝えるコツを紹介するので、マナーを守って報告を行いましょう。

退職理由を伝える最適なタイミングとは

退職を伝える時期は退職予定日の1〜2か月前がベストとなっています。代わりとなる社員の採用や業務の引き継ぎなど退職に伴って自身や会社がやらなければいけないことも発生するので、時間に余裕をもって伝えるようにしてください。

また退職理由を伝える際は、上司との面談の時間を事前に取って退職理由を伝える機会を設けましょう。

一身上の都合と伝えるとき

明確な退職理由を伝えたくない場合は一身上の都合という言葉でまとめてしまっても問題はありません。

退職を行う際には退職理由を伝えるのが当たり前のようになっていますが、法律では退職理由を伝えることは義務付けられていません。上司によっては執拗に退職理由を聞き出そうとしてくることもありますが、一切答える義務はありません。

伝えたくないことを我慢してまで伝える必要はなく、「一身上の都合」という言葉で片付けてしまいましょう。

本音と建前のバランスが大事

退職理由を伝える際は、本音と建前をうまく使い分けることが大切です。どれだけ会社に対して不満があったとしても包み隠さず本音で話してしまうと、関係が悪くなってしまいます。

会社と一生関わることはないと思っていても、転職先と取引があるなど再び関わることを余儀なくされるかもしれません。良好な関係を保ったまま退職できるよう表現に気をつけましょう。

退職時に気をつけること

退職時には退職理由を伝えるだけでなく、ほかにも気をつけることや注意点があります。具体的な気をつけることや注意点は次のとおりです。

  • 退職理由は明確にする
  • 退職を申し出る時期と相手
  • 失業保険の申請が必要な場合
  • 健康保険の手続き

それぞれの注意点について説明します。

退職理由は明確にする

選考において企業が退職理由を尋ねるのは、自社で長く活躍できる人物かどうか確かめるためです。

せっかく採用した人にすぐに退職されては困るというのが企業の本音です。面接官は「前職を退職したときと同じような理由で再び退職することはないのか」しっかりと見極めます。

面接官が退職理由に納得できなければ、些細なことで会社を退職する人だと思われてしまい内定の道は遠のいてしまいます。選考を突破するためには、誰もが納得できる理由を伝えることが重要になります。

退職を申し出る時期と相手

退職を申し出る時期については、就業規則を確認しておきましょう。もし、就業規則に退職の申し出は1か月前までに行うと記載されていれば、1か月前に、直属の上司に退職する意思を伝えておかなければいけません。

具体的な退職時期は上司と話し合い、後任への引き継ぎを考慮して決めます。

失業保険の申請が必要な場合

転職先が決まっていない状態で次の受給条件に該当する場合は、失業給付金の申請を行う必要があります。

「離職日から2年の間に、被保険者期間が12か月以上ある」ただし、解雇や倒産など退職を余儀なくされた場合は、退職日から1年の間に被保険者期間が6か月以上あれば受給可能です。

就職しようとしている意思があることが前提であり、手続きは住居地のハローワークで行えます。

健康保険の手続き

会社の健康保険に加入していた場合、退職すると被保険者の資格がなくなります。

短期間で転職する場合は、転職先で資格の習得手続きをしますが、次の入社までに期間が開く場合は次のいづれかの手続きが必要です。

  • 国民健康保険へ加入する
  • 任意継続被保険者制度を利用する
  • 家族の扶養へ入る

手続きをしないまま、怪我や病気で入院・通院が必要になった場合、健康保険が適用されず医療費は自己負担になってしまうため注意しましょう。

退職届の書き方

退職を行う際は「退職届」を提出しなければいけません。退職届の書き方についてまとめたので、参考にしてください。

退職届・退職願の書き方と手順

退職届・退職願を作成する際は、就業規則を確認し退職の何日前までに提出しなければいけないのか確認してください。一般的には退職の1〜2か月前が良いと言われていますが、会社によってルールが異なるので必ず確認してください。

退職届も退職願も構成は同じですが、表現に関しては異なる部分もあるので間違えないようにしてください。記す内容は次のとおりです。

  • 冒頭行に「退職願」または「退職届」と記す
  • 本文一行目の下部に「私儀」または「私事」と記す
  • 退職理由
  • 退職日
    「退職届」は退職する日にち
    「退職願」は退職を希望する日にち
  • 締めの言葉
    退職願は退職希望の意志を伝えるものなので「退職いたしたくお願い申し上げます」
    退職届は退職が決まっているので「退職いたします」と断言
  • 届出年月日
  • 所属と氏名
    行の下部に記し捺印も行う
  • 宛名
    会社名と会社の最高責任者の役職名・名前を記し、敬称は「殿」か「様」を用いる

 

退職願と退職届の違い

「退職願」と「退職届」は字面だけ見ると一見同じものに見えますが、全くの別物です。提出するタイミングも異なるので、混同しないように注意してください。

「退職願」は会社に退職の打診を行う際に用いられる書類です。「退職願」はあくまでも退職の希望を伝えるものなので、「退職願」を提出して即退職が可能というわけではありません

退職の希望が認められてから提出するのが「退職届」です。「退職届」を提出することにより、正式に退職が決まります

円満に退職して転職しよう

円満に退職するためにはマナーを守って手続きを進めましょう。退職理由を伝える際は会社に対して不満があっても口にはせず、角が立たないよう表現に注意を払ってください。退職届を提出する際も迷惑がかからないように、時期やタイミングに気をつけましょう。

「退職する会社だからどうでもいい」とないがしろにせず、転職先で今後顧客になる可能性などを考えて礼節をわきまえた対応で円満に退職を行い、気分良く転職を行いましょう。

>>>転職サイトランキングはこちら

順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェント画像の説明文

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェント画像の説明文

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチ画像の説明文

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
doda画像の説明文

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェント画像の説明文

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら



本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
社会人向けおすすめプログラミングスクール10選を比較|失敗しない選び方や学習方法
オンライン型プログラミングスクールおすすめ13選|特徴や料金・評判を比較【無料あり】
プログラミングスクールおすすめ15選を比較|無料やオンライン型の特徴・料金の違い
ニートが仕事を探す方法と向いている職業とは | 就職を成功させよう
転職ナビの特徴 | アプリや口コミは?有効活用して転職を成功させよう
ITエンジニア・情報系資格おすすめ15選 | 転職に役立つ国家資格合格のポイント
転職直結おすすめ資格17選 | 社会人で有利な資格と取得成功のポイント
無料のプログラミングスクールおすすめ10選|無料の条件や有料との違いを比較
就活で時計は必要?おすすめの就活用時計と選び方を解説
ベンチャー就職のメリット・デメリットまとめ | 新卒・中途必見!【徹底解説】