Article square balloon green
2019-04-10

転職面接の服装 | 注意点と男女別・季節別マナー - 私服や服装自由・指定なしの場合

面接にふさわしい服装といえばスーツスタイルが基本ですが、転職面接では服装自由のケースもあります。私服面接で求められるTPOを意識した印象のよい服装のポイントや、男女別のアイテムごとの注意点を解説します。初回公開日:2018年3月22日
転職・求人情報求人・転職情報
Large

転職面接は新卒面接と同様に、志望動機や自己PRに加え、いくつかプラスで注意すべき点があります。

まず注意すべきポイントは服装です。新卒の面接では、だれもがリクルートスーツ身に着けているため、服装選びに悩む必要はありませんでした。

しかし、転職面接となると「何を着ればいいのだろう」と悩んでしまう人も少なくないはずです。転職面接での服装選びのポイントについて解説していきます。

転職面接の服装

新卒の採用面接での定番といえば、いわゆるリクルートスーツです。どんな業種でもこれを着ていれば基本的にOKといえるでしょう。そのため就職活動がはじめての大学生でも服装に悩むことは少ないはずです。

しかし、転職面接となると、これまで社会人としてのキャリアを積んできたビジネスパーソンが面接を受けます。そのため、会社に合わせて服装を選ぶ必要があります。

転職活動におけるその他事前準備についてはこちらの記事をご覧ください。

転職活動の準備 | 期間の目安とチェックリスト - 成功に導くためのポイント | ボクシルマガジン
転職準備を計画的に行うことは、企業との面接と同じくらい大切です。転職活動の一般的なスケジュールや転職活動を短期間で...

転職面接にはビジネススーツ

転職希望者の中には、面接でリクルートスーツが必要かどうか悩んでいる方も少なくないようですが、リクルートスーツである必要はなく、むしろ年齢によっては避けた方がよいといわれています。

基本的にはスーツスタイルで面接に臨む方が多いですが、転職活動の面接はこれまで培ってきたスキルや経験を伝える場です。これから、社会人生活を送る準備ともいえるリクルートスーツは場違いな印象を与えてしまう可能性があるので、一般的なビジネススーツを着用しましょう。

なお、就職活動用のリクルートスーツに関しては、以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

就活用「リクルートスーツ」とは | 選び方・着こなし・マナー・ルールを解説 | ボクシルマガジン
ここでは、リクルートスーツの基本について紹介します。リクルートスーツに関する、色の選び方・お手入れの方法について解...

転職面接における服装の注意点5つ

それでは、転職面接における服装の基準について説明し、サイズなどのポイントについて解説していきます。

サイズがもっとも重要

ビジネススーツにもさまざまな価格帯や素材のものがありますが、そのような要素よりも自分にフィットするサイズのものを選択することが重要です。

体型に合っていないスーツは頼りない印象を与えがちであり、自己管理能力を疑われてしまう可能性もあります。何より見た目に違和感があるので、相手によい印象を与えることはありません。

自分にぴったりのサイズのスーツを着用するだけで引き締まって見え、ネクタイなどとの組み合わせによって、仕事ができる印象を与えます。

清潔感を意識する

新卒面接と同じように、清潔感を演出することも重要となります。新卒の採用面接ではしっかり対策をしていた方でも、社会人生活に慣れてしまうと、いつの間にか所々手を抜いてしまいがちです。

新卒採用と中途採用では勝手が違うことを説明してきましたが、服装の清潔感に関してはどちらも必須となります。

余計な装飾をしない

目立つ時計や、派手なアクセサリーなど、面接の場にそぐわないものは転職面接でもNGです。基本的に華美なデザインの服装や、主張の激しい小物を身に着けるのは避けるようにしましょう。

ただし、女性の場合は、目立たないネックレスやイヤリングの類は問題なしとみなされるケースが多いようです。

面接を受ける業界の常識に合わせる

業界ごとに、その業界の常識があります。服装に関しても同様で、たとえば銀行業や士業などでは、黒やネイビーが定番となっています。

デザイン会社やアパレル関係の企業などでは、あまり固すぎる格好よりも、少し個性を出す演出を加えた方が印象がよくなるといわれています。

面接を受ける業界の常識的な服装を心がけることが重要です。どの服装が最適なのかは、事前に調べておきましょう。

世代を問わず受け入れられるものを選ぶ

中途採用といえども、面接官と歳が離れているケースが多いため、世代を問わず受け入れられる服装を選ぶことが重要となります。このあたりは新卒採用面接と変わりはありません。

スーツでいえば、基本的なグレーやネイビー系のものを選んでおくのが無難です。ベーシックな色のものは世代や性別を問わず常識的とみなされています

スーツスタイルの服装マナー(男性編)

ここからは、特にスーツスタイルで転職面接に臨む際に気をつけるべきポイントについて解説していきます。まず男性の転職面接におけるスーツスタイルのチェックポイントをみていきましょう。

スーツ

スーツはベーシックなものを選択するのがベターです。黒やネイビーのスーツは、どの業界・職種でも受け入れられます。明るいグレーのスーツも根強い人気があります。
柄に関しても基本的には無地なものか、なるべく目立たないものを選ぶようにしましょう。

重要なのは色ではなく、サイズが自分に合っているかということです。

ワイシャツ

転職面接でもワイシャツは白無地のものが基本となります。形状も、襟の高いものはネクタイとのバランスが崩れてしまいがちなので、あくまでもビジネス用の一般的なものを選択するようにしましょう。

また、スーツのジャケットを着るとワイシャツの前面と袖口が見えるのが普通でのため、その部分の見え方には注意が必要です。特に袖口は長すぎても、短すぎて見えないのもNGです。

大体スーツから1センチ程度出ているぐらいが、ちょうどよい長さだといわれています。

ネクタイ

ネクタイはスーツスタイルのアクセントとなる部分なので、その選択によって全体の印象が変わってしまいます。全体のバランスを考えて派手すぎるものは避けましょう。ストライプやチェック柄などシンプルなものがおすすめです。

また、これは常識の範囲内となりますが、黒と白のネクタイは冠婚葬祭用となるため、ビジネスシーンにはふさわしくありません。

就活面接に適するネクタイの選び方・買い方 | 色・柄の基本を解説【保存版】 | ボクシルマガジン
就活や面接でネクタイを選ぶときのポイントとは?面接で好印象を与え、就活を有利に運ぶためのネクタイの色・柄の選び方を...

ビジネススタイルの靴は黒色かダークブラウン(こげ茶色)の革靴が基本となります。光沢のありすぎるものや、明るい色のものなどは避けた方がよいでしょう。

スーツやネクタイには気をつかっても、靴にまで気が回らない方もいますが、全体のバランスから非常に重要な部分となります。

底がすり減り、傷があるような靴ははかないようにしてください。特に面接前には、磨いて艶を出しておきましょう。

時計

スマートフォンなどの携帯端末で時刻を確認する人が多くなっていますが、腕時計をすることが社会人としての常識だと思っている方も少なくありません。特に年配のビジネスパーソンにはその傾向が強いので注意しましょう。

たとえ日常的に腕時計をしていなくても、面接に行く際は腕時計を身に着けておく方が無難です。目立ちすぎる高級ブランドのものやスポーツウォッチは避け、シンプルなデザインのものを選択しましょう。

鞄(かばん)

革製の鞄が基本で、可能な限り靴と同じ色のものを選択するのがよいとされています。ナイロン製のものでも違和感がなければ問題ありませんが、床に置いたときに倒れてしまうようなものは避けましょう。

また肩にかけるタイプはビジネスシーンにはふさわしくないとされています。

スーツスタイルの服装マナー(女性編)

続いて、女性の転職面接におけるスーツスタイルのチェックポイントを説明します。

スーツ

男性のスーツスタイルと同様に、シンプルなデザインのものを選択するのが基本です。

ただし、新卒者のように個性を完全に排除する必要はなく、多少デザインにこだわりを出しても問題ないと思われるケースが多いようです。

ただし派手すぎる柄のものはビジネスシーンにはふさわしくありませんので、ちょうどよいバランスのものを選択するようにしましょう。色は黒色や紺色、グレーなどが一般的です。

インナー

これも男性のワイシャツ同様、白色でシンプルなデザインのシャツやブラウス、あるいはカットソーを選択するのがよいでしょう。あくまでも面接なので、カジュアルにしすぎるのはふさわしくありません。

ただし、黒やグレーのジャケットに白を合わせると、女性も新卒のリクルートスーツに見えてしまいます。そのあたりのバランスには気をつかいましょう。ある程度の個性の演出はOKですが、やりすぎないように注意してください。

ストッキング

社会人としてのキャリアがある方ならば、ある程度常識として知っているかもしれませんが、黒色のストッキングはお葬式などの際に身に着けるものとされているので着用はNGです。

基本的には無地のベージュを選択して、過度な装飾入りのものは避けた方が無難です。ちなみに、たとえパンツスタイルであっても、ベージュのストッキングが一般的とされており、黒は避けるべきというのが常識になっています。

黒色のパンプスが基本で、ヒールは5センチから長くても7センチぐらいのものを選びましょう。ヒールが高すぎると過剰な音を立てて歩くことになったり、自然に歩けなくなったりすることもあります。面接の際に動きやすい高さにすることが重要です。

当然、ミュールやサンダル、ピンヒールなどは常識的に選択すべきではありません。汚れや傷にも注意しながら、常識的なものを選びましょう。

時計

時計も男性同様、身に着けていった方が無難です。シンプルで過度な装飾などがないものを選択しましょう。

鞄(かばん)

靴と同じ色のシンプルなビジネスバッグがよいとされています。素材は革でもナイロンでもOKですが、全体のバランスを考えて慎重に選択するに越したことはありません。当然、トートバッグなどは控えましょう。

パンツ・スカート

女性のスーツスタイルの場合、考えなければならないのが、ボトムはパンツかスカートのどちらにするべきかということでしょう。

結論をいえば、パンツでもスカートでもどちらでも問題はありません。ただし、どちらを選択するかによって面接官が抱く印象が変わります。特に転職面接においては、業種や演出したい自分のイメージによって適宜選択することが必要となります。

全体的な傾向としては、パンツスタイルは営業職に向いているといわれており、スカートは秘書業務や事務職向きであるとされているようです。

服装自由の面接で意識すべきこと

面接する企業や業界の常識によって「服装自由」の場合や「好きな服装で来てください」と指示されることがあります。

しかし、面接を受ける側からすれば、一体どこまでカジュアルな格好が許されるのか、悩む人も多いのではないでしょうか。

服装自由を指定する企業側の意図

近年、IT系やベンチャー企業はビジネスカジュアルを推奨する傾向にあり、面接も私服指定の場合が多くあります。企業側の意図は2つあります。

まず1つ目は、面接者への配慮です。スーツは季節によって体温管理が難しい場合があるため、気遣いの意味で私服指定での面接にしていることがあります。

2つ目の企業側の意図は、アパレル関係の企業に多く見られますが、面接者のセンスを見ているケースです。仕事上、社員の服装が取引や接客に影響を与えるため、普段の服装センスを面接時に確認しておきたいという意図があります。

オフィスカジュアルとは | メンズ向けビジネス服・着こなすポイント・注意点 | ボクシルマガジン
オフィスカジュアルは、「ビジネスカジュアル(ビジカジ)」とも言われるビジネスで、特にIT系など自由度の高い業界では...

服装自由で面接する際のポイント

大切なのは、最低限のビジネスマナーから外れておらず、全体的に清潔感があるような服装を心がけることです。

普段着ほどカジュアルではなく、スーツのように固い格好ではないジャケットや、襟付きのシャツなどを選択するのがよいでしょう。

判断が難しければ、面接を受ける企業のスタッフがどういう服装をしているのか調べてみる手段が有効です。まずは企業HPを、あれば企業ブログなどを参考にしてみましょう。

服装自由の注意点

服装自由の指定があったからといって、普段着で面接に行って良いというわけではありません。当然、ジーパンなどを避け、フォーマルな服装を心がけましょう。

また、服装自由であってもスーツの着用が禁止なわけではありません。企業によってはスーツ以外と指定する場合もあるので、しっかりと確認しましょう。

夏・冬での面接服装マナー

クールビズが浸透し、夏はノーネクタイを認める企業も増えてきました。季節に応じて、面接時にどのような服装を着ればよいのでしょうか。

夏の面接の服装で気をつけるポイント

男性の場合は、「ノーネクタイ可」というような指示がない限り、ネクタイをしましょう。また、ノーネクタイが大丈夫でも、襟のないシャツや半袖、タンクトップは避けましょう

女性の場合は、夏で暑いとはいえ、ストッキングなしは止めましょう。面接官にだらしない印象を与える可能性があります。

男女共にいえることとして、ハンカチを持っていくようにしましょう。汗をかいたときに、そのまま放置にしておくのは印象が良くないからです。

冬の面接で気をつけるポイント

冬の面接では、当然寒さ対策が必要です。そのため、男女共に黒や紺のトレンチコートを着用しましょう。他にも、チェスターコート、ステンカラーコートでも問題ありません。

サイズとしては、ジャケットの裾がコートから見えるのはNGとなります。また、建物に入った際に、コートを脱ぐなどのビジネスマナーも守りましょう。

パート・アルバイト面接の服装

パートやアルバイトの面接では転職面接とは異なり、必ずしもリクルートスーツである必要はありません

基本は服装自由

パートやアルバイトでは清潔感のある格好であれば、基本的に服装は自由です。しかし、服装が指定される場合もあるので、そのような場合には指定された服装に合わせる必要があります。

職種に合わせた服装を心がける

服装が自由な場合であっても、職種によって服装を気をつける必要があります。たとえば、アパレル業界で働く場合には、志望している職種や店舗の雰囲気に合わせて服装を選ぶとよいでしょう。

状況に応じた適切な服装で面接に臨もう

転職面接における服装についてアイテムごと、男女別の注意点を解説しました。

大切なことは、ビジネスマンとして相応しい格好かどうか、そして相手の失礼にあたらないかを常に意識することです。

転職面接では、これまでのキャリアを認めてもらうために個性を出さなければいけないと考える方もいますが、個性よりも基本的な身だしなみが重要なのは新卒採用のときと変わりません。偏った知識で誤った判断せず、基本に忠実な清潔感のある服装を心がけましょう。

これから転職活動をする方は、ぜひ参考にしてください。

転職面接で不安なら「転職サイト・エージェント」で対策を

転職サイトに登録すると無料のフェアで面接対策、エージェントに登録するとエージェントが直接面接対策を行ってくれます。転職の相談も受けてくれるため、ぜひ一度利用してみてください。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>>>転職サイトランキングをチェック

「いい就職.com」

いい就職.comでは未経験でも応募できる求人が多く、職種の選択肢が広いのが特徴です。またサービスは全国対応なためどこにいても利用可能です。いい就職.comの最大の特徴としては入社前に1~4週間ほど、入社予定の企業に、体験入社できるインターンシップ制度があります。

「リクナビNEXT」

リクナビNEXTは、転職者の8割が利用している社会人向けの大手転職サイトです。掲載人数は9,000件超、新着・更新求人は毎週2,000件以上となっています。求人の幅も業種・業界ともに広く、どの年代であっても利用できるのが強みとなっています。料金プランとオプションは情報量と表示順に応じて5段階のオプションがあるので、好みに応じて好きなように選択できます。

「DODA(デューダ)」

DODA(デューダ)は、転職サイトとしての機能以外に、転職エージェントのサービスも充実しています。そのため、あなたの適正年収を教えてくれる「年収査定」やどんな働き方が向いているのかの「キャリアタイプ診断」などのコンテンツが充実しています。

「ウズキャリ既卒」

ウズキャリ既卒は既卒者に対してたくさんの求人を紹介してくれるのが最大の特徴です。また、ウズキャリ既卒は「他社の20倍サポートに時間をかけます」と宣言していますがこれは決して誇張ではなく、献身的でかなり充実したサポートを受けることが出来ます。離職率の高い企業は紹介しないというポリシーもあり、その結果カウンセリングを経て就職した人の離職率は極めて低いです。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事