コピー完了

記事TOP

フリーター向け転職エージェントおすすめ12選 | 30代以上も転職できる!

最終更新日:
20代のフリーター・30代以上のフリーター、それぞれにおすすめの転職エージェントを解説します。フリーターが転職するにはどこに気をつければよいのか、どの業界や職種なら転職しやすいのかもあわせてチェックしましょう。正社員への転職も十分に可能です。

1位: 就職カレッジ 2位:就職shop 3位:DYM就職
入社後定着率91.3%!310以上にメディアに紹介されているサービス。 相談者の96%が就職。フリーター向けの正社員求人が多い就職支援サービス。 既卒・フリーターの内定率は86%入社後も寄り添ってくれる就職支援サービス。

>>>おすすめ転職サイトランキングはこちら

「フリーターから正社員を目指すのは難しいのでは?」「高卒、30代、フリーターでも就職できるの?」と不安に思っていませんか。たしかに正社員と比べると転職はやや難しく、つらいこと感じることがあるかもしれません。

しかしフリーターや既卒を対象にした転職エージェントを利用すれば、転職の成功確率は大幅に高まります。フリーターに特化した転職エージェントを選んで転職を効率的に進めましょう。フリーター向けおすすめの転職エージェントを年代別に紹介します

フリーター向け転職エージェントを使うべき理由4つ

フリーターの方が正社員を目指す場合に、フリーター向けの転職エージェントをすすめる4つの理由を紹介します。

面接対策や書類添削のサポート

フリーターがあまりやったことのない、面接対策や書類添削のサポートしてくれる点がおすすめです。フリーター向けの転職エージェントは、一般的な転職エージェントより手厚いサポートを受けられるケースが多々あります。転職エージェントにもよりますが、たとえば次のようなサポートを受けられます。

サポートの種類

  • 転職者の強み・弱みを分析
  • 面談でおすすめ求人の提案
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 企業へ訪問調査
  • 年収を交渉
  • 悩みや疑問を解消

他の転職エージェントよりもフリーターの転職について詳しく、フリーターが転職するための手法やポイントを押さえています。実績のある転職エージェントならば、さらに期待できます。

サポートはほとんど無料

求人探しから、応募書類の添削、面接対策、入社の条件交渉までさまざまなサポートをしてくれますが、転職者側から転職エージェントは利用料をもらいません。転職者は転職エージェントのサービスをほぼ無料で受けられます。

非公開求人や独占求人

自力で就職活動をするよりも、エージェントを使ったほうが内定を獲得しやすい傾向があります。転職エージェントは通常では閲覧できない非公開求人も、多数保有しているためです。希望条件に合致した企業で働きたい、少しでも内定を得るスピードを早めたいという場合は転職エージェントを使用した方が良いです。

【注意】一般転職エージェントは断られることも

フリーター向け転職エージェントを使うべき第一の理由は、サポートを断られることがめったにないからです。一般的な転職エージェントは企業からの成果報酬のため、成約につながりにくいフリーターは後回しにされたり断られたりしがちです。

しかしフリーター向けの転職エージェントの場合、サポートを断られることはめったにありません。フリーターに対しても親切に対応してくれます。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイト、転職エージェントどちらも転職活動を進めるのに役立つサービスです。具体的な違いについて表でまとめて紹介します。

転職サイト 転職エージェント
・求人情報がまとまっているWebサイト
・求職者は自分で求人を探す
・転職経験者、時間をかけながら転職を進めたい人におすすめ
・担当のコンサルタントが求職者に合わせて求人を紹介する
・年収交渉・入社日調整を変わりに行ってくれる
・忙しいく時間が取りづらい人におすすめ

【20代】フリーターに人気の転職エージェントランキングTOP8

フリーターから正社員を目指す際におすすめの転職エージェントを、8つ厳選して紹介します。フリーターに優しい転職エージェントばかりなので、臆せずに利用してみましょう。

20代フリーター向きの転職エージェント

サービス名 特徴
JAIC(ジェイック) 書類選考のいらない求人が多数。ビジネスマナーや自己分析、企業研究の研修もあり。
就職Shop 紹介する企業ははすべて取材済。書類選考不要の求人を取り扱い。
DYM就職 書類選考を飛ばしすぐに面接が可能。面接練習から服装の指導まで実施。
ワークポート 公開されていない情報が70%以上。IT業界の求人が多数。
ハタラクティブ 厚生労働省から若者のキャリア支援を受託していた経験。
ウズキャリ既卒 ブラック企業を排除しているため定着率が高い。
UZUZカレッジ 無料の職業訓練を実施。研修から内定までサポート。
第二新卒エージェントneo 若年層向けの転職支援。全国の求人を紹介。

20代の転職に強いおすすめ転職エージェントの比較はこちら

1位:JAIC(ジェイック)

■ポイント1:20代の就職・転職に特化
JAICは、就職率80.3%以上の実績を誇る就職支援サービスを提供しています。無料で「就職してから困らない社会人の基礎セミナー」を全国各地で開催しており、20代の就職と転職を全面的にバックアップしています。そのため、未経験の方にもおすすめです。

■ポイント2:レベルの高い研修を受けられる
無料で就活講座を受講でき、履歴書の書き方や面接対策などから、ビジネスパーソンとして必要な身だしなみ、電話対応、名刺交換などといった、ニートのままだと知らないことが多いビジネスマナーや営業の方法といったレベルの高い研修を幅広く受けられます。

■ポイント3:企業幹部と直接面談可能
研修を最後まで受けることで、集団説明会に参加でき、書類選考を飛ばして、企業幹部と直接面談ができるため、内定をもらえる確率が高くなります。

2位:就職Shop

■ポイント1:書類選考なしで面接に進める求人多数
就職Shopでは書類選考のステップなしで面接に進める求人を中心に取り扱っています。履歴書の段階で落とされるのではないかと不安を感じているニートの方にも安心です。

■ポイント2:未経験歓迎の求人を中心に取り扱い
未経験者でも積極採用してくれる求人を中心に取り扱っているので、業務経験が十分にないニートの方でも採用される可能性があります。

■ポイント3:取材した企業から紹介
紹介する企業は就職Shopがすべて取材しているため、ニートの場合不安になりがちな職場の雰囲気や労働環境に関して第三者の視点から説明を受けられます。

就職Shopの評判・口コミはこちら

3位:DYM就職

■ポイント1:未経験やニートの就活に強い
DYM就職は、正社員未経験からでも正社員を目指せる就職支援サービスのため、ニートの方でも安心して利用できる転職サービスです。自らの長所を活かして就職を目指せます。

■ポイント2:書類選考を飛ばして面接から可能
DYM就職の特徴として、書類選考を飛ばしていきなり面接から行えます。自身の経歴に不安を持っているニートの方でも面接から挑戦できるので、自分の強みをアピールできます。

■ポイント3:不安事や悩みはエージェントに相談
就職活動で心配なことはエージェントに相談しましょう。ニートの立場に沿ったアドバイスをしてくれたり、内容によってはあなたの代わりに対応してくれたりします。

おすすめ転職エージェント評判・口コミ比較ランキングはこちら

4位:ワークポート

■ポイント1:利用者35万人の実績
転職希望者の多くがワークポートを利用しています。求人掲載をしている企業の幅が広いのもポイントです。非公開求人の数も豊富で、全体の約70~95%が一般には公開していない情報でもあります。

■ポイント2:フリーターの可能性を引き出す
ワークポートの転職コンシェルジュは、あなたがフリーターであっても魅力を最大限に発揮できるよう相談に乗ってくれます。就職に関して思っていること、悩んでいることを相談しやすい環境が整っています。

■ポイント3:日程調整や年収交渉も代行
入社日の調整や年収の交渉、希望企業以外に入れる断りの連絡など、面倒な作業はコンシェルジュが担当してくれます。また「e コンシェル」という転職活動の進捗を一括管理できるオリジナルのツールも用意しています。

対象 実績 特徴
未経験・IT業界など 転職決定人数NO.1(※) 公開されていない情報が70%以上。IT業界の求人が多数。

(※ 『DODA Valuable Award 2017』(2016年12月1日~2017年10月31日)にて、『転職決定人数部門 第1位』を受賞。リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING~2018年度上半期~』(2018年4月1日~2018年9月30日)にて、『転職決定人数部門 第1位』を受賞(6回連続)。2019/07時点。)

ワークポートの評判・口コミ|サービス詳細と特徴はこちら

5位:ハタラクティブ

■ポイント1:ニートを含めて若年層に特化した就職支援サポート
ニート、フリーター、既卒、第二新卒などを含めて、転職市場では需要が少ない求職者層に特化して就職支援を行っています。

■ポイント2:未経験者用の求人を常時2,300件キープ
未経験者用の求人を常時2,300件以上キープしており、実績の薄い求職者でも転職できるようにサポートしてくれます。

■ポイント3:厚生労働省の事業受託実績有り
2014年度から2016年度まで厚生労働省の若者キャリア応援制度の受託事業者として、若者の紹介予定派遣を活用した正社員への就職を支援していました。

ハタラクティブの転職サービス一覧|口コミ・評判はこちら

6位:ウズキャリ既卒

■ポイント1:ニート・第二新卒・フリーターの就職率86%以上
ウズキャリ既卒は、ニート・第二新卒・既卒・フリーター向けの転職サイトです。就職率は86%以上あります。

■ポイント2:ブラック企業を徹底排除
過去に就職成功した方から企業の情報を受け取っているので、ブラック企業は未然に排除されています。そのため、入社後の定着率は93%を誇っています。

■ポイント3:大手からベンチャーまで優良企業多数
大手企業からあまり知られていないベンチャーまで、若い人材を積極的に採用している企業を紹介しています。

7位:UZUZカレッジ

■ポイント1:無料で職業訓練の研修が受けられる
「カレッジ」と名の付くとおり、UZUZカレッジは営業とITエンジニアになりたい方を対象に、無料の研修を行っています。就職のために専門学校に通う時間もお金もかけたくない場合、無料で企業側のニーズに沿った研修はとても有意義な体験となるはずです。

一緒に就職活動をする同級生や、カレッジの卒業生ともお互いに刺激を与えあえる環境にあり、モチベーションアップにもつながります。

■ポイント2:研修から内定獲得までを一貫サポート
無料で研修を受けられるだけではなく、研修の修了後はもちろん正社員転職のサポートもしてくれます。研修で個別の適用性などを見て就職に向けたサポートを受けられるので、よりミスマッチの少ない求人に出会えるはずです。

■ポイント3:第二新卒・フリーターの就職率86%以上
次に紹介する、ウズキャリという第二新卒・既卒・フリーター向けの転職サイトも運営しており、就職率は86%以上です。転職サイトとしても評判の会社です。

対象 実績 特徴
第二新卒・既卒・フリーター・未経験など 入社1年以内の定着率94.7 %(※) 無料の職業訓練を実施。内定までをサポート。

(※ 公式サイトより。2019/07時点。)

8位:第二新卒エージェントneo

■ポイント1:若年層向け就職・転職支援サービス
第二新卒エージェントneoは、ネオキャリアが提供する若年層向けの就職・転職支援サービスです。第二新卒をはじめとした既卒やフリーター、20代向けの転職サイトです。

■ポイント2:高卒・既卒・フリーターの就職特集も
高卒や既卒、フリーターから正社員を目指すための就職活動方法、志望動機の考え方など、就職に役立つコンテンツ豊富です。年収診断ツールも人気のコンテンツです。

■ポイント3:全国各地の求人を紹介
日本各地の求人を取り揃えており、拠点も東京・大阪・名古屋・福岡にあります。結婚や旦那さんの転勤で仕事を新しく探している女性にも安心のサービスです。

対象 実績 特徴
第二新卒・高卒・フリーターなど 職務経験なしの就職/転職支援実績1万人以上(※) 若年層向けの転職支援。全国の求人を紹介。

(※ 公式サイトより。2019/07時点。)

【30代以上】フリーターにおすすめの転職エージェント

フリーターも利用できる転職エージェントをいくつか紹介します。どれも豊富な求人数をもつた実績のあるエージェントなので、まずは気軽に登録してみましょう。

30代以上フリーター向きの転職エージェントTOP3

サービス名 特徴
リクルートエージェント 非公開求人は業界最大級の20万件以上を保有。
パソナキャリア 親切なサポートが特徴。80%以上が未公開求人。
doda 転職サイトとしても転職エージェントとしても利用可能。
Spring転職エージェント 高収入の求人にマッチしやすい。

30代の転職に強いおすすめ転職エージェントの比較はこちら

1位:リクルートエージェント

■ポイント1:業界屈指の求人数
転職業界ナンバーワンの求人数を誇り、公開求人数は38,000件以上、非公開求人はなんと20万件以上となっています。特に独自の非公開求人が豊富のため、他では見られない優良案件を紹介してもらえる可能性があります。

■ポイント2:各業界に精通したキャリアアドバイザー
それぞれの業界に精通した経験豊かなキャリアアドバイザーが、相談者にマッチした求人を紹介してくれるのに加え、転職活動で必須となる面接対策や応募書類の添削など、さまざまなサポートをしてくれます。

■ポイント3:転職を希望するすべての人におすすめ
それまでに年収や立場に関係なく、転職を希望するすべての人におすすめです。いわゆる総合型の転職エージェントのため、転職を機にさらに高収入を目指す人やフリーターから正社員を目指す人など、さまざまな方が利用できます。

対象 実績 特徴
フリーター、新卒、既卒、第二新卒、未経験など幅広く対応 転職支援実績業界No.1(※) 非公開求人は20万件以上保有(※)

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

(※ 2018年3月期時点のリクルートキャリアによる調査。転職支援実績は累計45万名以上。)

2位:パソナキャリア

■ポイント1:どの分野にも幅広く対応
幅広い業界からの求人があり、1つひとつの分野の求人数も豊富です。そんため、どの業界への転職にも対応でき、未経験から転職活動をされる方も安心できます。

■ポイント2:非公開求人が豊富
他の転職サイトには掲載されない優良な非公開求人を多数もっているのが特徴です。数多くの非公開求人をもっているということは、それだけ多くの企業に信頼されていることの証となります。具体的には取り扱っている求人の約半数が非公開のもので、登録すると希望にマッチした非公開求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

■ポイント3:きめ細かく質の高いサポート
徹底したアドバイザー教育制度により、優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍しているため、きめ細かく質の高いサポートが受けられます。また、相談者のポジションや年齢に応じてアドバイザーを選定して相談しやすい環境をつくっているのも特徴です。

対象 実績 特徴
未経験からハイクラスまで幅広く対応 25万人以上の支援実績(※) 80%以上が未公開求人。親切なサポートが特徴。

パソナキャリアの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

(※ 2019年7月時点)

3位:doda

■ポイント1:30年以上の転職支援実績
運営元のパーソルキャリアは1989年から活動しており、すでに30年以上の転職支援実績を誇ります。老舗のエージェントのため、各業界の信頼も厚く、求人数も業界ナンバーツーの10万件以上の求人数を誇ります。

■ポイント2:求人検索も便利でスムーズ
専任のキャリアアドバイザーから求人を紹介してもらうだけでなく、自分で求人検索をする場合もスムーズです。たとえば、最寄り駅などから勤務地を検索したり、職場の雰囲気がわかるレポートを参考にしたりなど、豊富な求人情報から自分に合った案件を探せます。

■ポイント3:さまざまなコンテンツを利用できる
キャリアアドバイザーによる求人紹介だけでなく、キャリアアップ診断や年収査定といった職業診断や、漫画による転職活動の体験記など、さまざまな役立つコンテンツを利用できます。楽しみながら転職活動に必要なことがわかると評判です。

対象 実績 特徴
既卒・新卒・第二新卒など幅広く対応 30年以上の転職支援実績 転職サイトとしても転職エージェントとしても利用可能

dodaの転職サービス一覧や、口コミ・評判、利用するメリット・デメリットはこちら

Spring転職エージェント

■Point1:非公開求人が多い
世界中のネットワークを活かして、数多くの非公開求人を保有しています。それだけ就職先の選択肢が多くなります。

■Point2:ハイ・ミドルクラスの就職に特化
転職エージェントの中でも、ハイ、ミドルクラスの求人が多いのが特徴です。フリーターからの転職に成功した場合には、一気にキャリアアップが見込めます。

■Point3:世界的なネットワークを持っている
世界No.1の総合人材サービス「アデコグループ」の一員で、世界的なネットワークを持っています。語学に自信のある人は、海外就職の可能性も広がります。

対象 実績 特徴
ハイクラスまで幅広く対応 世界60か国、5,100か所以上の拠点で運営 非公開求人が多数。高収入の求人にマッチしやすい。

(※ 公式サイトより。2019/07時点。)

フリーターが転職しやすい業界・職種

業界・職種によってもフリーターが転職するのには向き・不向きがあります。社会人経験が未経験なフリーターでも転職しやすい、業界・職種を5つ紹介します。

IT業界

特徴 おすすめの理由 注意点
・ベンチャー企業が多い
・未経験者でも採用する企業あり
・情報の更新が早い
成長率の高い業界で人材の供給が追いついていないため、多少スキルに自信のない方でも転職できる 情報が日々更新されていくため流れについていくのがやや厳しい

IT業界も、発展に対して人材の供給が追い付いていないため、積極的に未経験者でも採用しています。未経験からエンジニアを育てようとする会社もありますし、プログラミングスクールなどを修了すると、就職先を斡旋してくれる場合もあります。

IT業界は「人材ありき」のビジネスのため、スキルと実績をつければ将来的には独立も可能です。IT業界に就職できる転職エージェントは次の記事で紹介しています。IT業界への就職をお考えのフリーターの方はあわせてチェックしてみてください。

飲食業界

仕事内容 おすすめの理由 注意点
・飲食物を調理する
・お客さんと接客する
・本社で商品開発をする
人材の入れ替わりが激しい業界なので転職のハードルが低い 給与体系や労働環境が優れないケースもある

飲食業界は業界全体として離職率が高く、慢性的な人材不足なので採用されやすいです。特にフリーターの中には飲食業界でアルバイトをしている方も多いと考えられます。

飲食業界でアルバイトをしていた方は正社員となってもフリーター時代の経験が活かせるでしょう。ただし、一般的には給料は安め、拘束時間は長めだと言われています。就職活動時には、勤務時間や福利厚生をしっかり確認しておきましょう。

介護業界

仕事内容 おすすめの理由 注意点
・高齢者の食事を調理
・高齢者の入浴や就寝をサポート
・高齢者の健康を確認
高齢者が増えているため人材が不足しやすく転職できる確率も高い 長時間の労働・コミュニケーションから精神的に疲弊することも

介護業界もフリーターから転職しやすいです。高齢化によって今後業界自体の成長が見込めますし、人材もどんどん必要となってきます。介護系の資格は独学で取れるものもあり、資格を持っていると採用されやすくなります。

また他の業界と比較すると、年齢による転職の有利、不利があまりなく、30代以上で未経験だとしても十分に採用される可能性があります。

建設業界

仕事内容 おすすめの理由 注意点
・建築を手伝う
・資材を運搬する
・建設の計画を立てる
業界が盛り上がりつつある反面若者に人気がなく人材不足なため 体力を使う仕事が多いため体が弱い方には厳しい

建設業界では若手が不足しています。バブル崩壊以降、建設業界は調子が良かったとは言えませんでしたが、震災特需やオリンピック需要によって業界が活気づいています。

そんな建設業界では若手人材が不足しているため、若手の採用に力をいれています。体力を使う仕事も多いですが、大卒以上でなくても一定の収入が期待できます。

営業職

仕事内容 おすすめの理由 注意点
・他社に自社の商品を販売する
・アポイントを獲得する
・営業の資料を作成する
専門知識をあまり必要とせず未経験からでも転職しやすいため。 高収入を得るためには成果が必要なケース多数。

男性・女性ともにまず就職しやすいのが営業職です。営業職では他の職種ほど職務経歴や社会人経験を重視しないため、未経験者歓迎の求人も多いです。

一般的には対顧客の最前線でコミュニケーションをとらなければならないので、ストレスが溜まりやすいと言われる職種ですが、インセンティブの割合が多い業界だとかなりの高給を目指せます。

これまでにアルバイトで接客業を行ってきた人にも、就職してからのギャップも少なくおすすめです。

フリーターが転職を成功させるコツ6つ

フリーターから転職エージェントを活用して正社員への転職を成功させる際にはコツがあります。

フリーターだった正当な理由を提示

面接官を納得させられるような正当な理由を考えましょう。なぜフリーターになったのかは、面接において必ずと言ってよいほどなされる質問です。「なんとなくフリーターになった」という理由では面接官の印象が悪くなります。反対に、面接官の納得できる理由であれば、フリーターでも印象は良くなります。

面接官が違和感に感じにくい具体例

  • 専門的に勉強したい分野があった
  • 海外留学を検討していた
  • 家族のビジネスを手伝っていた

スキルを棚卸し

スキルを棚卸しすると自分の能力を把握できます。フリーター時代に身に着けたスキルや経験には、正社員でも活かせるものもあります。自分の能力をどのように活かせるか伝えられれば、面接官からの印象は良くなるでしょう。たとえばPCのスキルは事務系の転職に有効です。

「転職したい」「続けられる」意思を明示

「正社員として転職したい」という意思が伝わると、企業側は安心し採用に前向きになります。転職したい意思を明確に伝えましょう。フリーターは定職についていないため、「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と色眼鏡で見られがちです。面接官の不安を取り除けるようアピールしましょう。

社会人としてのマナー

社会人としてのマナーは確実に身につけておく必要があります。転職してしまえば外部の人間からは立派な会社の一員として見なされます。他者の方から見て恥ずかしくないマナーを転職時にも意識しましょう。とりあえず押さえたいマナーは次のとおりです。

最低限押さえたいビジネスマナー

  • 人に会ったらあいさつ
  • 清潔感のある服装
  • 10分前行動
  • 敬語の使い分け
  • 相手を敬う気持ち

将来を見据えて転職活動

転職活動は直近の仕事を求めるために行いますが、これから歩むキャリアのためにもなっているとより好ましいです。将来的にはどのような仕事をしたいのかどのような人間になりたいのかを考えておくと、どのような仕事に転職すべきかも明確になります。面接時もキャリアを踏まえて転職の意思を伝えると説得力が増すでしょう。

綿密な情報収集

転職をサポートしてくれる方はいても、転職を保証してくれる方はいません。転職時にトラブルが起きないよう情報収集を綿密に行いましょう。すでに正社員で働いている方に話を聞いたり、ネットの口コミを参考にしてみたりして自分なりに情報を集めましょう。失敗を最小限に減らせるはずです。

フリーター向け転職支援サイト・サービス

フリーター向けの転職エージェントの他にも、転職支援サイトやサービスはいくつかあります。たとえば転職支援サービスの一部には次のものがります。

  • ハローワーク
  • 若者サポートステーション
  • ジョブカフェ

いずれも無料で利用できるサービスです。いち早く転職したい場合は併用するとスピーディに転職活動を進められるでしょう。特徴やおすすめのサイト・サービスは次の記事でチェックしてください。

転職エージェントを活用して脱フリーターを

フリーター向け転職エージェントを利用すれば、脱フリーター、正社員就職を目指せます。本記事で紹介したおすすめの転職エージェントを参考に、転職エージェントに登録してみてください。

ただし、フリーターから正社員になるのが比較的容易なのは20代までです。30代になると年齢を理由に正社員採用、未経験への業界への就職が一気に厳しくなります。フリーターから正社員になりたいと思ったら早めの行動が大切です。

20代のフリーター向き

サービス名 特徴
JAIC(ジェイック) 書類選考のいらない求人が多数。ビジネスマナーや自己分析、企業研究の研修もあり。
就職Shop 紹介する企業ははすべて取材済。書類選考不要の求人を取り扱い。
DYM就職 書類選考を飛ばしすぐに面接が可能。面接練習から服装の指導まで実施。
ワークポート 公開されていない情報が70%以上。IT業界の求人が多数。
ハタラクティブ 厚生労働省から若者のキャリア支援を受託していた経験。
UZUZカレッジ 無料の職業訓練を実施。研修から内定までサポート。
ウズキャリ既卒 ブラック企業を排除しているため定着率が高い。
第二新卒エージェントneo 若年層向けの転職支援。全国の求人を紹介。

30代以上のフリーター向き

サービス名 特徴
リクルートエージェント 非公開求人は業界最大級の20万件以上を保有。
パソナキャリア 親切なサポートが特徴。80%以上が未公開求人。
doda 転職サイトとしても転職エージェントとしても利用可能。
Spring転職エージェント 高収入の求人にマッチしやすい。

フリーター向けの転職サイト比較記事一覧


本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職おすすめエージェントの最近更新された記事
薬剤師の転職サイトおすすめ比較ランキング | 選び方完全解説 - 複数利用は絶対すべき
転職エージェントとは?利用の流れと選び方-おすすめサービス一覧
転職で20代・30代・40代が高収入を得られる転職サイト・エージェント13選
おすすめ転職サイト | 年代別・女性向け・未経験・ハイクラス・業種別完全まとめ
【2020年最新】転職サイトおすすめランキング10選 | 1800人の評判・口コミを比較
マイナビ転職の評判 | 1800人の口コミ調査から登録すべき理由を紹介
転職エージェントは複数利用・掛け持ちすべき?併用メリット・デメリット【注意点まとめ】
第二新卒の転職事情 | 失敗・成功を分ける!採用時に重視されるポイント
転職エージェントおすすめランキング!20代・40代・女性向け・比較に役立つ特徴・選び方
ニート・職歴なし・無職の就職支援サイト | 就活の進め方やおすすめ業界 - 30代はどうすべき?