コピー完了

記事TOP

転職年齢の限界や平均は何歳?「35歳がリミット」は本当なのか【40代必見】

最終更新日:
転職時、能力が年齢に見合っているかは歳を重ねるにつれてどんどん重要視されるようになります。性別や業種、業界によって違いはありますが、男性より女性のほうが年齢を重要視される傾向にあるようです。「35歳での転職が限界」と言われていましたが、近年では転職の平均年齢は上昇している傾向にあります。

転職者の平均年齢と市場の関係

転職市場では年齢が上がるにつれ厳しくなると言われてきました。しかし、有効求人倍率とビジネスマンの平均年齢の上昇によって、数年前と比べても少子高齢化も相まって、企業が求めている能力や将来性あれば転職しやすいように時代は変化しています。

おすすめ転職エージェント【年齢別】

転職を成功させるためには、年齢に適した求人を探しや企業への魅力的な自己アピールをすることが大切です。年齢や経験にあった転職エージェントをみつけ、有効活用しましょう。おすすめの転職エージェントは次のとおりです。

30代におすすめ
リクルートエージェント
30〜40代以上におすすめ
JACリクルートメント
30代以上の女性におすすめ
リブズキャリア
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 年収600〜2,000万円のハイクラス人材に強い転職エージェント 女性の目線で求人検索・情報収集ができる転職エージェント

>>>年齢を問わず利用できる転職エージェントはこちら

転職年齢に関する統計

転職者の年齢構成はどのようになっているでしょうか?大手転職サイトdodaの統計をもとに解説します。

転職成功者の平均年齢

転職成功者の年齢調査(2018年下半期)

dodaによると、2018年上半期における転職成功者の平均年齢は31.6歳でした。男性の平均年齢は32.4歳、女性は29.7歳です。2017年下半期の32.1歳からやや下がりましたが、30歳以上をキープしています。

リーマンショックがあり各社が新卒採用を控えていた2007年~2008年から、転職者の平均年齢は徐々に上昇を始めました。今後もこの傾向は続くと予想されます。

転職成功者の年齢割合

転職成功者の年齢調査(2018年下半期)

dodaによると、2018年上半期の場合、25〜29歳の割合が39.6%と最多でしたが、30~34歳の割合が23.3%、40歳以上が14.0%と30歳以上も目立っています。

2017年上半期より30歳以上の割合がわずかに減少しましたが、全体的に年齢は高めです。幅広い世代に転職のチャンスがあり、転職に年齢が関係なくなりつつあります

年齢別の平均年収

年代 全体 男性 女性
20代 346万円 367万円 319万円
30代 452万円 487万円 382万円
40代 528万円 583万円 413万円
50代以上 645万円 690万円 442万円

dodaの平均年収ランキング 最新版(年齢別の平均年収)によると、年代別の年収は次表のとおりです。年を重ねるごとに男女間での年収に差が見られていきます。

自身の年収と見比べて転職活動の参考にするとよいでしょう。ただし業界や業種、職務経歴などによって年収は大きく変化します。一つの参考例として考えるにとどめましょう。

>>>年齢を問わず利用できる転職エージェントはこちら

35歳は転職の限界ではない

一昔前は「35歳が転職の限界だ」「28歳以降は転職が難しい」という声も聞かれました。最近では28歳をすぎて転職する人は多く、厚生労働省の発表したデータ「雇用を取り巻く環境と諸課題について」を見ても35歳以上の転職者は増加傾向にあります。

ひととおりのビジネススキルを習得した28歳、専門度の増した35歳、マネジメント経験のある40歳といった具合に年齢ごとに適したスキルがあれば転職も怖くありません。

28歳の転職事情と必要なスキル

28歳は転職に最適な年齢と言えます。数年間の社会人生活を経てスキルやビジネスマナーが磨かれつつあり、キャリアアップを図るのに適しています。

20代は自身のスキルや可能性を探る探索期と言われており、転職して自分に合った仕事を模索すると後の人生に役立ちます。転職を検討している方は28歳をめどに考えてみましょう。

20代で必要なスキル

20代での転職に必要なスキルは次のとおりです。

スキル以上にポテンシャルや仕事に対するスタンスが重視されています。即戦力よりも、今後の将来性に期待して採用されるケースが多いです。

転職する際は、今の仕事への取り組み方や工夫、強みを洗い出してみましょう。本当にやりたい仕事が考えられるとベストです。


20代が登録しておきたい転職エージェント
リクルートエージェント
マイナビエージェント

20代がチェックしておきたい記事
20代におすすめの転職エージェントを比較

35歳の転職事情と必要なスキル

転職は35歳までが限界というのはもはや過去の話で、現在はキャリアがあれば年齢問わず転職できる状況になってきています。統計を見ても転職者の4人に1人は35歳以上であり、高い割合を占めています。

労働人口、特に20代の人口が減少傾向にあり、30代や40代の人材も活用する必要が出てきたためです。30代までなら新しい職種に挑戦する余地はあるので、転職を経験したい方は35歳までの転職がおすすめです。

とはいえ、企業組織内の年齢バランスを考慮されて、30代前半のほうが後半よりも応募内定率が高いのは事実でもあります。

30代で必要なスキル

30代での転職は、次のポイントが重要です。

  • 成果ベースでの強み
  • リーダーシップ
  • マネジメント経験

ポテンシャルではなく、スキルや成果ベースで自分をアピールしましょう。どの職場でも生かせるポータブルスキルをアピールできれば、キャリアアップや給料アップを期待できます。専門性の高いスキルがあるとさらによいです。


35歳以下の転職支援に強いエージェントと、逆に35歳以上の転職支援に強いエージェントが分かれるため、ハイクラス領域に強いエージェントに登録するのがおすすめです。

30代が登録しておきたい転職エージェント
リクルートエージェント
ビズリーチ

30代がチェックしておきたい記事
30代におすすめの転職エージェントを比較
30代におすすめのエグゼクティブ・ハイクラス転職エージェント&ヘッドハンティング | 管理職や高年収求人を探すなら
30代におすすめの転職サイトや転職のポイントはこちらから

40代の転職事情と必要なスキル

40歳以上の転職は一工夫が必要です。40代は管理職や幹部候補を務めるため、一般的な転職に比べて求められる経験のハードルが上がります

40代で転職を成功させるには、経験だけでなく経験により培われたスキルを明確にアピールする必要があります。一方で高収入な求人も多く、40代での転職はキャリアアップが確実に達成できる場合に行いましょう。

40代で必要なスキル

40代での転職には、どの職場でも生かせるポータブルスキルに加え専門的なテクニカルスキルも必要です。「マネジメント経験」や「業界経験10年以上」など求人に書かれる条件も具体的になります。

しかしそれらの経験がないからと言って応募の幅を狭めず、企業情報を良く調べ、必要なスキルや経験が何なのかを把握しましょう。


40代以上が登録しておきたい転職エージェント
ビズリーチ
JACリクルートメント

40代以上がチェックしておきたい記事
40代におすすめの転職エージェントを比較
40代におすすめのその他の転職サイトや転職時のポイントはこちらから


次の一覧では、年齢ごとにおすすめの記事を紹介しています。

>>>年齢を問わず利用できる転職エージェントはこちら

女性と男性の転職年齢による違い

転職時の年齢は、一般的に男性より女性の方が影響を受けやすい傾向にあるようです。

厚生労働省が発表している「平成29年雇用動向調査結果の概況」を見ると、女性の転職率(入職率)は各年代で男性より高く、一般労働者よりパートタイム労働者が高くなっています。

それぞれの転職事情と年齢の関係について説明します。

女性の転職事情と年齢の関係

女性は転職時に年齢の影響を受けやすい傾向にあります。理由は産休と育休です。

産休・育休だけを取得して働かずにそのまま会社を辞めるケースが問題になっており、そういった懸念から積極的な雇用に取り組めない企業もあります。そのため30歳を過ぎたころから転職が難しくなるケースが散見されます。

また仮に採用されたとしても産休・育休が取れるとは限りません。制度上では取得できたとしても、未だに取りにくい雰囲気がある企業も少なからずあるようです。

本来は男性も産休・育休を取得できるのですが、残念ながら現在の日本にはあまりその傾向が見られません。


女性が登録しておきたい転職エージェント
リブズキャリア
パソナキャリア

女性がチェックしておきたい記事
女性におすすめの転職サイト評判・口コミ比較はこちら
女性におすすめの転職エージェント評判・口コミ比較はこちら

男性の転職事情と年齢の関係

男性はあまり年齢の影響を受けません。

年齢に見合ったスキルや実績がないと転職しづらいのはもちろんですが、不用意に厳しくなることはありません。年齢相応の経験を積んでいれば転職できる点において、男性は転職に有利だと言えます。

ただし産休・育休が取りづらいのは女性と共通です。むしろ男性の方が休暇をとれないかもしれません。休暇を取得したいなら社風を気にしながら転職活動にはげみましょう。

>>>年齢を問わず利用できる転職エージェントはこちら

30代以上でも転職しやすい業界・職種

30代以上でも転職しやすい業界・職種の条件は次のとおりです。

  • 人手不足の業界・職種
  • 専門技術が必要ない職業
  • 市場・マーケットが好調な業界

>>30代未経験の転職におすすめな職種はこちら

各業界の転職と年齢の関係

転職と年齢の関係は業界によっても大きく異なります。

IT業界は寛容な社風が多く見られるので、スキルさえあれば転職は難しくないでしょう。公務員は30歳までであれば比較的容易に転職できます。

エンジニア・SEは年齢ごとに求められるスキルが変化する典型的な職種です。営業はスキルや人脈が重要なので、年齢を相応の営業力があれば十分転職できます。研究職は経験がものをいう職種なので、転職するならば若い内にすべきです。

IT業界・エンジニア職の転職事情

エンジニアプログラマーなどIT業界は人手不足なので転職しやすい業界です。

労働人口の減少に加え、IT業界が拡大していることから転職者の需要は高まりつつあります。適切なスキルを所持していればスムーズに転職できるでしょう。

ただしIT業界は若い人が多く社風も企業によってまちまちです。30代後半以降の人は、企業とマッチしているかに注意を払いながら転職しましょう。

IT業界へ転職したいなら、業界に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。ITに強いエージェントなら、より確度の高い転職ができるでしょう。


IT業界に転職したい人が登録すべき転職エージェント
マイナビIT AGENT
Geekly

IT業界に転職したい人がチェックしておきたい記事

>>IT業界・エンジニアにおすすめ転職サイトはこちら
>>IT業界・エンジニアにおすすめ転職エージェントはこちら

未経験からエンジニアを目指すならプログラミングスクールへ

未経験からエンジニアを目指すならプログラミングスクールがおすすめです。

実践的な内容を現役エンジニアやプロの講師から学べるため、未経験からでも現場で即戦力として活躍できるエンジニアになれます。

>>エンジニアを目指す方におすすめのプログラミングスクール13選

公務員の転職事情

公務員は30歳までなら比較的容易に転職でき、30歳以上でも転職可能な業界です。

大卒程度一般枠ではおおよそ30歳未満の転職者を対象に採用を行っています。民間企業の新卒採用にあたるもので、求人のハードルはさほど高くありません。

民間経験者採用枠では民間企業に一定年数勤めた人が応募できる枠です。単一の企業に何年か勤めている人であれば応募する資格があります。大卒程度一般枠よりは狭き門ですが、不可能な転職ではありません。

>>>年齢を問わず利用できる転職エージェントはこちら

営業職の転職事情

営業はスキルがあれば他の職種以上に転職しやすい傾向にあります。

営業は商品を販売するシンプルな行為ゆえ、エンジニアやマーケティングとは異なりタイムリーな情報を仕入れなくても仕事ができます。そのため一度身につけた能力を他の現場で活かすこともできるといえます。

商品の単価が高い業界であればなおさら就職しやすいはずです。反対に単価の安い業界は腕の上がる人でも転職しにくいかもしれません。

研究職と転職年齢

研究職は早い段階で実績を積んでいないと転職が難しいでしょう。

エンジニアや営業と違い技術の習得にかなりの時間がかかります。エンジニア・営業のスキルが簡単に手に入るとは言わないものの、研究職は必要な知識が多く勉強に時間を要すのは事実です。

他職種以上に時間を必要とするため早めに技術を習得ないし転職しないと、次の転職が厳しくなります。研究職を職にしたいなら早めの行動が重要です。

>>>年齢を問わず利用できる転職エージェントはこちら

未経験者・資格なしの転職年齢の限界は?

転職先の職種を経験したことがない、資格を有していないといったケースでも年齢によっては転職できます。職種や業界によって前後しますが、20代後半までは経験のない人にも寛容な傾向にあります。ポテンシャルを見越して採用してくれるので、スキルがなくても心配無用です。

ただし未経験者・資格なしの人でも年齢を重ねていると転職は厳しくなります。若い間は成長の可能性にかけて採用してくれますが、ある程度の年齢を超えると実績を重視されてしまいます。はじめての職種・業界へは早めに転職しましょう。


未経験の方が登録しておきたい転職エージェント
リクルートエージェント
マイナビエージェント

未経験の方がチェックしておきたい記事
未経験の方が利用できる転職サービスを比較

転職年齢に関係なく利用できる転職エージェントランキングTOP3

年齢制限のない転職エージェントを利用し、転職を効率的に進めましょう。エージェントによっては一定以上の年収に求人を絞っているものもあり、希望する転職先も探しやすいはずです。

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント

・転職成功の実績No.1
・業界トップクラスの非公開求人約20万件
・土日祝日&平日20時以降でも転職相談可

リクルートエージェントは累計32万人の転職成功実績があり、年間23,000人以上の転職支援を行っています。リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約20万件と豊富。

「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」というアナタも安心。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの評判・口コミはこちら

※実績No.1=転職市場定点調査による日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績(2015年10月1日時点)
※累計32万人の成功実績=1977年のリクルートエージェント創業以来、累計転職成功実績約32万5,689名(2014年3月末時点)

20代の転職に強いおすすめ転職エージェントの比較はこちら

2位:JACリクルートメント

JACリクルートメント

・外資系&ハイクラス転職に強い
・担当コンサルタントが企業に直接交渉
・コンサルタントの質が高い

JACリクルートメントはグローバルなネットワークを持っており、外資系企業に転職したい人にオススメです。またミドル〜ハイクラス求人を多く保有しており、「30代〜50代で後悔しない転職を」というキャッチフレーズを掲げています。

求職者との連絡の取り方など、社内ルールが徹底されており教育体制がしっかりしているので、サポートの質が高いと評判です。

JACリクルートメントの評判・口コミはこちら

外資系の転職に強い転職エージェントの比較はこちら

3位:ビズリーチ

ビズリーチ
・年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1
・登録ヘッドハンター数が2,000人以上
・テレビCMも公開

「ビズリーチ!」のキャッチーなテレビCMで近年知名度が急上昇中のビズリーチ。年収600万円以上の転職経験者・検討している413名のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

ビズリーチの評判・口コミはこちら

※年収600万円以上の方の支持No.1=シード・プランニング社による「転職サイト利用動向調査」より(2016年8月、9月に調査実施)

30・40代、管理職向けハイクラス転職サイトの紹介はこちら

本記事で紹介しきれなかった転職サイト・エージェントのランキングはこちらから

転職を成功させる準備とタイミング

30代以上の転職を成功させるには上記の内容を理解したうえで、準備とタイミングについて把握しておくことが重要です。

転職をする前には、自身のキャリア・スキルなどの現状確認や転職を希望する業界の調査など必要な準備があります。

また、転職には有利なタイミングがあるため、次の記事を参考に転職する時期と準備を進めてください。

転職は年齢より能力が重視される

転職の年齢による限界はなくなりつつあります。年齢によって必要な条件は異なってきますが、スキルを備えていれば30代以降でも転職は可能な時代です。高齢化は今後も進むと予想されており、転職に年齢は関係ないと断言できるようになるまで時間はかからないでしょう。

転職を成功させるには、多くの求人情報に触れアドバイスを受けることが重要です。複数の転職エージェントに登録し、エージェントと二人三脚で転職を進めていくことが求められます。年齢を気にせずに、自身の描いたキャリアのため転職を行いましょう。

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

この記事のアドバイザー「三嶋弘哉」
立命館大学経営学部卒。新卒で株式会社キャリアデザインセンターへ入社。転職エージェント部門のコンサルタントとして、大小300社の中途採用支援及び、中途・新卒併せて8,000人のキャリアカウンセリングを経験。その後、経営企画部において経営管理や子会社の立ち上げなどを担当。再度、転職エージェント部門に配属され、営業統括部長 兼 部門人事を担当。2019年1月からはHRTech領域の新規事業企画に従事。現在は独立し、フリーランスとして事業成長支援を行う。
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(その他知識)の最近更新された記事
オンライン型プログラミングスクールおすすめ13選|特徴や料金・評判を比較【無料あり】
プログラミングスクールおすすめ15選を比較|無料やオンライン型の特徴・料金の違い
社会人向けおすすめプログラミングスクール10選を比較|失敗しない選び方や学習方法
ニートが仕事を探す方法と向いている職業とは | 就職を成功させよう
転職ナビの特徴 | アプリや口コミは?有効活用して転職を成功させよう
ITエンジニア・情報系資格おすすめ15選 | 転職に役立つ国家資格合格のポイント
転職直結おすすめ資格17選 | 社会人で有利な資格と取得成功のポイント
無料のプログラミングスクールおすすめ10選|無料の条件や有料との違いを比較
就活で時計は必要?おすすめの就活用時計と選び方を解説
ベンチャー就職のメリット・デメリットまとめ | 新卒・中途必見!【徹底解説】