コピー完了

記事TOP

40代の転職事情 | 男女別の失敗する理由と成功ポイント

最終更新日:
40代の転職事情について多くの方が失敗してしまう理由と、転職を成功させるためのポイントについて男女別に説明します。40代ともなると転職自体が難しいといわれますが、40代の転職におすすめの転職サイト・エージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

40代の転職は厳しい?

40代になると、20代30代の頃に比べて自分の定年後の生活なども視野に入れながら今後の人生を考える時期に入るため、転職して新しいキャリアを築きたいと考える人も少なくありません。

しかし、一般的に40代の転職は厳しいといわれており、特に未経験の業界への転職はそれまで培った経験が評価されづらいため、求人自体がほとんどないケースもあります。

また、性別によって転職事情にも違いが出てくるので、30代までとは違った考え方が必要です。

本記事では40代の転職事情について男女別に説明し、転職に失敗してしまう原因と、転職を成功させるためのポイントについて解説します。

40代での転職は容易ではありませんが、不可能というわけではないので、しっかりと準備と計画を立てて転職に臨みましょう。

40代男性の転職事情

40代の転職希望者が直面するのは、やはり年齢の壁です。特に未経験職への転職を場合には、希望する給与の求人が見つかりにくい、面接などでも新卒のように質問しづらいなどのデメリットがあります。

ただし、これまで働いてきた業界はもちろん、未経験の業界でも絶対に転職ができないわけではなく、それまで培ってきた経験やノウハウが評価されて高待遇で転職できるケースも少なくありません。

40代男性の転職に求められるものはマネジメント力であり、現場で指揮をとれる即戦力が求められる傾向が強いです。

管理職としての経験がある場合は、業界や業種が違っても即戦力人材として迎え入れられる可能性は十分あります。

40代女性の転職事情

一方、40代の女性の場合はアルバイト・パートの働き方を選ぶ人が多く、転職先でも同様の働き方を望むケースが多いようです。

事実、総務省による「労働力調査」によると、40代以上の女性は正社員よりも、働く時間が決まっているパートやアルバイトを選択して家計を支えているケースが多いとされています。

これは別に能力的な理由ではなく、あくまでも子育てや家庭の事情から、こういった働き方を自分で選択したケースがほとんどです。

パートタイマーとして転職する場合には、正社員の転職に比べて未経験の業界でもスムーズに職につける可能性が高いでしょう。

ただし、近年の女性活躍推進法などの改正により、女性が働きやすい時代になっており、正社員として転職する場合でも、昔より転職しやすくなってきています。

40代で転職に失敗する人の理由

このように、40代でも転職しやすくなっている現状はあるものの、やはり30代までの頃までに比べ、転職に失敗してしまうケースは少なくありません。

40代で転職に失敗する人の特徴をいくつか挙げておきます。

  • 転職事情を理解していない
  • 年収やキャリアを気にする
  • 退職理由で現職批判をする

それぞれの特徴について詳しくみていきましょう。

40代の転職事情を理解していない

すでに説明したように、40代になると、それまでのような転職方法では難しいことも多く、考え方を変えなければならないケースが出てきます。

30歳と40歳では、転職市場の求人募集ではおおよそ1/5程度になってしまうことなど、40代での転職事情を理解せずに、無計画に転職活動をしても失敗することが多いです。

転職活動をするにあたっては、まず転職市場での40代の価値はどういうものかを知り、転職希望先の企業が具体的に求めていることを理解しましょう。

それを理解せずに自分の希望だけで転職したいと望んでもうまくいかない場合がほとんどです。

年収やキャリアを気にしすぎる

年収や役職ダウンを気にしすぎる人も、転職に失敗してしまう場合があります。

40代での転職の場合、転職活動のやり方次第で若年層の転職に比べて年収が下がる可能性があります。特に金融・商社・メーカーなどの大手企業に勤めいている場合には給与テーブルが高いため、書類応募時点であまりにも希望年収が高すぎると、そもそも面接につながらないことがあります。

また、これまで培ってきたキャリアや職業経験をベースに待遇を考えてしまう傾向が強くなるため、どうしても年収がダウンする転職や今の役職よりも劣ったようにみえる立場への転職におよび腰になってしまいます。

しかし、重要なのは年収や役職だけでなく、待遇、休暇、福利厚生などの条件を総合的に判断することです。

一時的に年収が下がったとしても、本当に自分がやりたい仕事だったり、退職後の生活を考えてプラスになると判断できる職種だったりする場合、長い目で見てそちらを選んだ方がよいというケースは少なくありません。

面接で自身の希望ばかり話してしまう

40代の方が面接で失敗するケースとしては、「年収を上げたい」「肩書が欲しい」「スキルアップしたい」など自分の希望ばかり伝えてしまうことが挙げられます。

応募企業にどのような貢献をしたいか、なぜ貢献をしたいのかなど、採用側の経営者や採用責任者視点で志望動機を伝えられていないときは高確率で失敗しがちです。

年収や肩書、スキルアップはあくまでも結果であるため、自分のキャリア形成と、応募企業の仕事内容がどのように結びつくのかを、きちんと説明しましょう。

退職理由で現職批判をしてしまう

これはどんな年代にもいえることですが、面接で退職理由を聞かれた際に、職場の批判ばかりすると転職に失敗しやすくなります。

40代になると、職場でさまざまな経験をしているので、人によっては職場の愚痴や批判が日常化していることも少なくありません。

しかし、面接などの場でそういった批判をしてしまうと、面接官は転職先でも同じような不平・不満をもつのではないかと判断するでしょう。

職場や仕事への批判でなく、仕事上の問題に対して具体的にどういう対処や行動を起こしたかを説明することが面接のポイントになります。

入社後に考え方が合わない

40代であれば入社後、企業の中核メンバーとして活動していくことになる場合が多いです。

管理職会議や企画会議などへの参加することになるため、所属上長や経営陣との考え方が合わずに早期退職につながってしまい、「失敗したな」と思うこともあります。

選考時〜内定獲得時にできるだけ面談を組み、上長の性格や組織文化について理解しておくことが大事です。

40代で転職を成功させるポイント

それでは、40代で転職を成功させるポイントは何でしょうか?特に重要なポイントとしては、次の点が挙げられます。

  • 徹底的に調査する
  • 活かせるスキル・経験を明確にする
  • 転職サイト・エージェントを利用する

それぞれの点について詳しくみていきましょう。

徹底的に調査する

40代の転職では30代までの頃よりも、転職先の情報を集めることがより重要になってきます。

給与や待遇について調べることも大事ですが、転職を成功させるために「希望先の企業はどういう人材を求めているか?」「どういうスキル・知識をもつ人材が評価されやすいか」といった情報をできるだけ集めることが重要です。

企業で働いている人から聞く方法もありますが、社風や環境、転職の成功事例などを、経済紙や経済新聞、情報サイトで徹底的に調査することが転職の成功につながります。

活かせるスキル・経験を明確にする

すでに説明したように、40代ではリーダーシップやマネジメント能力が転職先で求められることが多くなります。

自分の今までの経験やスキルを把握し、転職を目指す企業に対して、自分の能力をどう活かせるのか明確にすることが重要です。

繰り返しになりますが、まずは転職先について徹底的に調査し、どういう人材を求めているか、どういうスキルや経験が重宝されるかを分析し、それに基づいて面接でのアプローチの方法を考えましょう。

相手の求めている人材であることをアピールするのが転職成功の秘訣です。

転職サイト・エージェントを利用する

転職活動の時間がとれなかったり、転職自体がはじめてだったりする場合、積極的に転職サイトやエージェントを利用することで、効率的な転職活動をできるだけなく、転職の幅も広がります。

転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーによる具体的なアドバイスや相談ができるため、具体的な活動方法や転職自体が不安な方は積極的に利用しましょう。

実際、ほとんどの転職希望者が転職サイトや転職エージェントを利用しています。

40代でも未経験職に転職できる

冒頭で説明したように、40代での転職は30代までに比べて難しく、特に未経験の業界への転職は求人自体が少なく難易度が高い実態があります。

しかし、次のような職種は40代の未経験からでも転職できる可能性が高いです。

IT業界や接客業、営業職などは慢性的な人手不足に陥っているため、どの業界でも年齢に関わらず広く人材を募集する傾向があり、40代でも歓迎してくれるケースがあります。

特にITエンジニアは業界の急速な発展によって需要が高まっており、プログラミングスクールに通い短期間でスキルを学べば未経験からでも転職可能です。

営業職の場合は、年齢とともに培ったスキルが活かせるケースが多いため、即戦力として採用してもらえる可能性があります。

実際、一般財団法人 人材サービス産業協議会調べでは、同業界/同職種出身の転職者も、異業界/異職種の転職者も入社後の活躍実績は、ほぼ変わらないという結果でした。


40代で未経験職種に挑戦して成功するためのポイントなどは、こちらの記事で詳しく解説しています。

40代の転職に役立つ資格

次に、40代の転職に役立つ資格について紹介しておきます。40代の場合、資格をもっているからといって優遇されるわけではありません。

ただ、職種によって必要とされるものだったり、取得によって必要なスキルが証明できたりする場合は、資格の保持が転職成功のポイントとなるケースはあります。

たとえば、次のような資格は仕事をするうえで重要な部分を占めるため、資格の有無が転職成功に結びつく可能性があります。

  • 電気工事士
  • 第二種運転免許
  • 社会保険労務士
  • マンション管理士
  • 医療事務
  • ファイナンシャルプランナー


転職に役立つ資格については、こちらの記事で紹介しています。

40代におすすめの転職サイト・エージェントTOP5

最後に40代におすすめの転職サイト・エージェントを紹介します。シビアな転職事情のある40代の転職には、さまざまなサポートを受けられる転職サイト・エージェントの利用がおすすめです。

1位:リクルートエージェント

■Point1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間23,000名以上の転職支援を行っています。

■Point2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人は約10万件と豊富です。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■Point3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」という方も安心です。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

2位:JACリクルートメント(JAC Recruitment)

■Point1:40代以降の転職活動におすすめ
30代から50代の管理職や専門職、あるいは技術職の転職におすすめのエージェントです。特に年収600万円以上のミドルクラス・ハイクラス向けの求人案件が多数あります。

■Point2:管理職・役員クラスの案件も豊富
これまで培ってきたマネジメント能力を活かせる部長職や役員職の求人案件も多く、これまで管理職の経験があれば、それを活かしてキャリアアップの可能性があります。

■Point3:外資系企業への転職もできる
JACリクルートメントでは、外資系企業からの求人案件も多く、これまでのキャリアや語学力を活かして外資系に挑戦した人にもおすすめです。

JACリクルートメントのサービス詳細や、口コミ・評判、利用者の評判はこちら

3位:キャリアカーバー

■Point1:リクルートによるヘッドハンティングサービス
大手人材紹介会社リクルートによるハイクラス転職・求人サービスです。多数の優良企業からヘッドハンティングが受けられます。

■Point2:登録後はスカウトを待つだけ
登録後は基本的にスカウトを待つだけのため、転職活動の時間がとれない方にもおすすめです。こちらの職務経歴に興味をもった企業からスカウトが届くので、それに応えればOKです。

■Point3:年収800万〜2,000万円の求人多数
キャリアカーバーは、年収800万〜2,000万円の高額年収の案件が多数あり、転職を機に年収アップ・キャリアアップを目指す人材に特におすすめです。自分の経験や強みを活かして転職した40代の人も多くいます。

キャリアカーバーの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

4位:マイナビエージェント

■Point1:20代に信頼されている転職エージェントNo.1
20代に信頼されている転職エージェントNo.1に選ばれており、20代、30代前半の若手の転職に強みを持っています。

■Point2:豊富な非公開求人
マイナビブランドで作り上げた信頼とコネクションから得られる良質な非公開求人を保有しています。

■Point3:サポートが充実している
大手エージェントサービスと比較すると後発なため、求人の絶対数では劣ることもありますが、転職者一人ひとりに親身に対応してくれるサポート面は充実しています。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

5位:ビズリーチ(BIZREACH)

■Point1:高収入を実現できる!ハイクラス求人が豊富
ビズリーチはエグゼクティブ向けに転職サービスが提供されています。求められる能力が高い分高額な給与で採用を行っている企業も多く、中には年収が2,000万円を超える非常にハイクラスな求人もあります。

■Point2:ヘッドハンターの能力が一目でわかる
在籍しているヘッドハンターは厳しい審査を通過した強者揃いです。ヘッドハンターは実績に応じてランク分けされておりサイトでランクを確認できるので、力のあるヘッドハンターを見つけやすくなっています。

■Point3:女性向けサービスが充実
女性の転職を応援するために「ビズリーチ・ウーマン」という情勢向けの転職サービスも提供されています。ビズリーチのアカウント情報で利用が可能となっており、あわせて利用すれば採用のチャンスを増やせます。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

40代でも転職はできる

40代になると転職に年齢の壁を感じてしまいがちですが、年齢に見合った転職事情をよく理解し、これまで培った経験やスキルを存分に活かせる転職先を選ぶことで、理想の転職を実現することも不可能ではありません。

今現在、転職を考えている40代の方は、さまざまなサービスを受けられる転職サイトや転職エージェントを利用しながら、少しでも成功率を上げる努力をしましょう。

>>>転職サイトランキングはこちら

順位
サービス名
求人数
得意分野・特徴
1位
リクルートエージェント画像の説明文

約20万件
リクルートエージェントは、女性・20代向け求人が多く、サポートが手厚い転職エージェント。
>>>登録はこちら
2位
マイナビエージェント画像の説明文

順次増加中
マイナビエージェントは優良中小企業の求人が多く、第二新卒や20代に強い転職エージェント。
>>>登録はこちら
3位
ビズリーチ画像の説明文

約5万件
ビズリーチは、年収1,000万越えの求人が1/3を占め、豊富なスカウトが届く転職エージェント。
>>>登録はこちら
4位
doda画像の説明文

10万件以上
dodaは求人数が多く、職務経歴書や面接対策などの実践的なサポートがある転職エージェント。
>>>登録はこちら
5位
type転職エージェント画像の説明文

1万件以上
type転職エージェントは、転職者の71%の年収アップを成功させている転職エージェント。
>>>登録はこちら



【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

この記事のアドバイザー「三嶋弘哉」
立命館大学経営学部卒。新卒で株式会社キャリアデザインセンターへ入社。転職エージェント部門のコンサルタントとして、大小300社の中途採用支援及び、中途・新卒併せて8,000人のキャリアカウンセリングを経験。その後、経営企画部において経営管理や子会社の立ち上げなどを担当。再度、転職エージェント部門に配属され、営業統括部長 兼 部門人事を担当。2019年1月からはHRTech領域の新規事業企画に従事。現在は独立し、フリーランスとして事業成長支援を行う。
本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職おすすめエージェント(40代以上)の最近更新された記事