転職直結おすすめ資格17選 | 社会人で有利な資格と取得成功のポイント

最終更新日:
転職に有利な資格を解説!近年、社会人の資格取得への機運が高まっています。人気の資格を取ることで自身のキャリアアップや転職活動を有利にするのが理由です。おすすめの資格を、難易度の高い資格を取得するメリットとともに解説します。
求人・転職求人・転職情報(その他知識)
Large

転職に資格は必要か

近年日本でも労働流動性が高まり、年功序列制度も崩壊しつつあります。こうした状況で、キャリアアップを実現するために資格取得を目指す社会人が増加しています

資格は取得すれば必ず仕事があるわけではないものの、転職活動では有利に働く場合もあります。また、資格の有無が応募要件に含まれていることも多々あるため、取得しておいて損はないでしょう

社会人が取得して役立つ資格を、ジャンルごとにさまざまな角度から紹介します。

転職に有利なおすすめ資格17選

転職に有利かつ、キャリアアップや収入増加が期待できるのはどの資格なのでしょうか。テーマ別におすすめの資格を厳選して紹介していきます。

企業から需要のある資格

まずは企業からの需要が高く、一度取得をすれば一生使える汎用性の高い資格を紹介していきます。

TOEIC・TOEFL

TOEIC L&R Testの結果は、企業側が応募者の英語力を判断する目安として、広く認知されている資格・試験といえます。

国内企業ではTOEIC、グローバルな企業ではTOEFLが重視される傾向があります。

試験回数 平均勉強時間 受験料
年10回(TOEIC L&R Test)
月2〜5回(TOEFL)
目標スコアとスキルによる TOEIC 5,725円
TOEFL:230ドル
スタディサプリENGLISH TOEIC対策 パーソナルコーチプラン

「TOEIC対策 パーソナルコーチプラン」は、リクルートの「スタディサプリENGLISH」から新登場した、過去最高のTOEICスコアを実現するための本格的プログラムです。その人にあったオリジナルの学習プランを提供しており、250点スコアアップの実績もあります。

公認会計士

3大国家試験と呼ばれる資格のうちの一つで、法律により財務諸表の監査業務に携わることが認められている職業です。

平均年収も高く、好不況関係なく人気である分、難易度は高い資格です。

試験時期 勉強時間 受験料
2月・9月の年2回 500時間 19,500円

社会保険労務士

企業を経営するうえで、重要な4つの要素である、「人」「もの」「お金」「情報」のうちの「人」をに関するプロフェッショナルです。

人事や労務管理について、より効率が上がるように企業にアドバイスをします。平均年収は年によってバラつきがありますが、比較的高めです。

試験時期 勉強時間 受験料
毎年8月の最終日曜日 800時間 9,000円
オンスク.JP

「オンスク.JP」は、月額980円(税抜)でさまざまな資格学習を受けられるオンライン学習サービスです。学習できる資格のラインアップは、社会保険労務士、行政書士、宅建などさまざまです。

社会保険労務士と労務管理士は全く違う?仕事内容とそれぞれの違い | ボクシルマガジン
“社会保険労務士”と“労務管理士”、一見同じように思えるこの2つの資格ですが実はハッキリとした違いがあります。大ま...

日商簿記検定2級

日商簿記検定2級は商業簿記と工業簿記の2つにわかれます。

商業簿記は、株式会社を前提としており、3級よりも決算の処理などでより高い難易度の作業を求められます。工業簿記は、公企業で扱う簿記についての特殊な知識が必要になります。

合格率は25%とあまり高くはありませんが、リクルートエージェントが集計した「企業が求める資格ランキングトップ10」では1位を獲得しているため、取得しておくべき資格と言えます。

試験時期 勉強時間 受験料
11月・2月の年2回 300時間 4,720円
Foresight(フォーサイト)

Foresight(フォーサイト)は、さまざまな難関資格に対応した通信講座です。教材のテキストはフルカラー、専任講師による講義DVD・CD、スマホやパソコンで学習できるeラーニングなど充実しつつリーズナブルな価格を実現しています。

自動車普通免許

ドライバーの求人以外にも、自動車普通免許を取得していると採用されやすい業種は意外と多いです。

資格欄に記入するかどうか迷った場合には、その仕事をするうえで信頼のある資格から先に記入した後に、自動車普通免許も加えましょう。

試験時期 勉強時間 受験料
平日のみ 15時間 3,800円

金融系やコンサル系の仕事で役立つ資格

金融・コンサル系の仕事をしている場合に、キャリアップや転職活動に期待できるおすすめの資格を紹介します。コンサルタント系の資格を取ることで、コンサルタント会社で働けます。

また、独立・起業することも夢ではありません。

ファイナンシャルプランナー

クライアントのライフプランを実現すべく、財政・会計・金融に関する効果的な運営をプランニングする、資産運用のスペシャリストがファイナンシャルプランナー(FP)です。資産運用が盛んになりつつあるため、重要が拡大している資格だといえます。

FP技能士2級資格は、実技と学科の試験がありますが、同時合格の必要がないため、チャレンジしやすい資格だともいわれています。2級の場合の試験回数や受験料は次のとおりです。

試験回数 勉強時間 受験料
年3回 300時間 8,700円
資格スクエア

資格スクエアは、「IT×脳科学」をフル活用したまったく新しいオンライン資格講座です。従来の通学型資格予備校や通信講座と違い資格スクエアは「IT企業」なので、勉強へのアプローチが全く異なっています。

中小企業診断士

中小企業を対象とした、経営コンサルタントの国家資格が中小企業診断士です。

日本版MBAとも言われ、資格取得により企業の戦略策定、財務分析、マーケティングに関する知識、プレゼンテーション能力などが身に付きます。中小企業診断士の知識はあらゆるビジネスシーンで役立つため、現在の業務に活かすことも可能でしょう。

難易度は社会保険労務士同様といわれ、長期間に渡る計画的な学習が必要です。

試験回数 勉強時間 受験料
一次:毎年8月上旬の土日
二次:毎年10月中旬の日曜日
口述:毎年12月中旬の日曜日
800時間〜1,000時間 1次:13,000円
2次:17,200円
スタディング

「スタディング」は、忙しい方でも通勤時間などのスキマ時間の勉強で資格取得できるオンライン資格講座です。価格も大手資格学校の5分の1程度となっているのではじめやすくなっています。

事務系の仕事で役立つ資格

一般事務の仕事への転職の場合、実務に役立つ資格があると有利です。すでに事務系の仕事をしている方でも資格を取得すると、キャリアアップの近道になることがあります。

行政書士

行政書士は国民にとって一番身近な国家資格の法律のプロフェッショナルで、「街の法律家」とも呼ばれます。

書類作成業務や、申請を代わりに行う許認可申請の代理、そしてアドバイスを行うことが基本的な仕事内容です。

国家資格であることが転職でアピール材料になるほか、独立開業できる資格であることも魅力的です。法律の知識が身に就くため、ほかの資格のダブルライセンスも狙いやすいです。

試験回数 勉強時間 受験料
8月第4週 1,000時間 9,000円
東京法経学院

東京法経学院は、法律系資格取得のための通信・通学講座、書籍・参考書などの出版物や各種教材を取り扱う試験合格するために必要な情報に特化したサイトです。

社会保険労務士

労務社会保険関連の申請書類作成や手続き代行、帳簿種類の作成、人事や労務に関するコンサルタント業務を行うのが社会保険労務士です。

企業所属の勤務社労士、独立して業務を請け負う独立社労士があり、企業の労務管理体制が問われる現在、活躍の場と可能性が広がっていく見込みです。

しかし、出題範囲が広く難しいのに加えて、学歴や厚生労働大臣が認めた国家試験合格者など13項目のうち最低1つの受験資格を満たす必要があります。資格取得を検討する際には必ず受験資格を確認してください。

試験回数 勉強時間 受験料
11月・12月 1000時間 9,000円

医療事務

医療事務とは、医療機関の受付などで患者さんの対応をするほかに、医療費の計算や保険者に診療報酬を請求する仕事です。

未経験でも資格習得が比較的簡単で、年齢問わずチャレンジできる資格です。安定して長く働けるため、特に女性に人気の仕事です。

試験回数 勉強時間 受験料
11月・12月 400時間 7,000円

秘書検定

秘書検定は、ビジネスマナーや基本的な常識を学べる検定であり、秘書にならなくとも役に立つ資格です。

取得もそれほど難しくないと言われており、知名度もある人気資格で受験者も多いため、2級以上の取得を目指しましょう。1級の場合の勉強時間や受験料は次のとおりです。

試験時期 勉強時間 受験料
11月 20時間 6,500円

不動産系の仕事で役立つ資格

不動産業界への転職を考えている方へおすすめの資格を紹介します。不動産売買は多額の買い物であるため、信頼できる資格を有しているかどうかが採用の分かれ道になります。

宅地建物取引主任者

不動産を取引する際に、「売買」「賃貸」「管理」などの仕事や、権利などの調査や契約締結などを担当する仕事が宅地建物取引主任者です。

受験資格に制限がないため取得者は多く、不動産業界で働いている中にはすでに取得している方も多いため、プラスアルファの知識が求められることもあります。

合格率は約15%で、毎年30,000人程度の合格者が出ています。

試験時期 勉強時間 受験料
10月 400時間 7,000円
Foresight(フォーサイト)

Foresight(フォーサイト)は、「通信で本物の教育を」をモットーに累計21万人の受講生を突破している通信講座です。国家資格を中心に難関対策を専門にしているので、合格率も高水準を実現しています。

不動産鑑定

不動産鑑定士とは、不動産の経済的な価値を評価するエキスパートであり、国家資格です。

不動産の売買や賃貸借の時、または担保にする場合などに、不動産の価値を価格として提示する仕事です。

不動産系の資格では最高峰で、取得も難しく、仕事自体の難易度も高いですが、受験回数に制限がないため、キャリアアップを目指して挑戦するのに適しています。

試験時期 勉強時間 受験料
短答式試験:5月
論文式試験:8月
2,000時間 書面申請13,000円
電子申請12,800円

建築士

建築士は、法律に基づいて建物の設計や工事を監督、管理する仕事です。

一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類があります。

一級建築士は受験の制約が厳しく、4年制大学卒業後に2年の実務経験が必須である程難易度が高いため、まずは二級建築士か木造建築士の取得を目指すことをおすすめします。二級建築士の場合の勉強時間などの目安は、次のとおりです。

試験時期 勉強時間 受験料
学科:7月
設計製図:9月
1,000時間 17,700円

IT系の仕事で役立つ資格

ITに関する資格というと多種多様で、取得するべき資格が何なのかわかりづらいので、まずはIT業界全体に需要のある資格の取得をおすすめします。

IT系職種全般の資格から取得していき、さらに専門に特化していきたい場合はエンジニア系やマネージャー系などの資格を取得していきましょう。

ITパスポート

ITパスポートとは、ITの基礎的な知識を有していることが証明できる国家資格です。

これからIT業界に転職をしようと考えている方には入門の資格です。この資格はキャリアアップというよりも、まずITの知識を身に着けたい方向きの資格です。

年齢制限もなく、だれでも受けられるため、ITの資格を取得する第一歩目に最適な資格だと言えます。

試験時期 勉強時間 受験料
随時 30時間 5,700円

基本情報技術者

最も基礎的な情報処理に関する資格で、プログラムの設計から開発、単体テストまでの過程を行う方向けの国家資格が基本情報技術者です。

幅広く基礎的な知識を問う問題が出題されるため、ITエンジニアの基礎資格と言われています。

難度は少し高めですが、あらゆる企業からの需要があるため、取得しておいたほうが良い資格でしょう。

試験時期 勉強時間 受験料
4月・10月の年2回 250時間 5,700円

応用情報技術者

ITパスポートが入門であるのに対して、応用的な知識や高度な技術を持つ人材であることを証明できる国家資格が、応用情報技術者です。

高難度の試験であり、専門に特化しないITの総合力を問う資格としては最難関で、基本情報技術者試験よりも大幅に難度が上がるため、スキルアップを目指す方におすすめの資格です。

試験時期 勉強時間 受験料
4月・10月の年2回 350時間 5,700円

転職に強い資格の条件

キャリアアップ実現、または転職活動を有利に進めるために資格取得を考えているのであれば、どんな資格を取得するかが重要になります。

取得する資格を決める際に考慮すべき条件を2つ紹介します。

企業からの需要のある資格

まずは、自分のキャリアプランに沿って取得する資格を考えましょう。
もし、取得したい資格が複数ある場合は、なるべく企業からの需要が高いものを取得することをおすすめします。

社会人は資格取得のために使える勉強時間が限られており、たくさんの資格を取得することは難しいため、取得しようとしている資格が企業からの需要の高い資格かどうかの見極めは大切です。

一生使える資格

もう一つ考慮すべき点は、一生使える資格かどうかです。

たとえば、プログラミング言語などは必要とされる形式に流行り廃りがあり、いざ転職活動となった際に、役に立たなくなる可能性があります。

なるべく汎用性の高い資格を取得することで、より転職を有利に進められます。

資格取得を成功させるポイント

取得したい資格を選んだ後は、試験日までの勉強計画を立てましょう。効率よく勉強を進めるポイントを紹介します。

逆算して学習計画を立てる

上述したように、社会人が資格取得に向けて確保できる勉強時間は限られています。
しかも、多くの資格試験は年に数回と、回数が限られており、試験の時期もそれぞれ固定されています。

自身が資格取得のために確保できる勉強時間を考え、試験時期から逆算して計画的なスケジュールを立てるのが重要です。

試験に沿ったテキストや通信講座を活用する

独学で勉強する場合は自分にあったテキストを見つけると良いでしょう。資格取得のために多くのテキストが出版されています。また、公式サイトに過去問題が掲載されていることがあるので、試験前に必ず取り組みましょう。

カリキュラムとして段階を追った学習体系がで勉強したい場合は、「通信講座」を利用するのも得策です。

合格に向けた対策をDVDなどの教材を通して行うことにより、テキストでは得られない効果が期待できます。

資格取得支援の求人がある転職サイト

資格取得支援の求人が掲載されている代表的な転職サイトを紹介します。資格取得支援とは、働きながら計画的にスキルアップすることを手助けしてくれる求人のことです。

資格取得の間も転職先で働きたい方はぜひチェックしてみてください。

キャリアプランに沿った資格取得を

労働流動性が高まりつつあるとはいえ、日本ではまだまだ転職に対して少しネガティブなのが現状です。

特に、転職希望職種の実務経験がなければ、キャリアアップはおろか、採用されること自体が難しいかもしれません。そのときに自身のアピールポイントとして、知識やスキルを端的に表すものが「資格」です。

しかし、取得しやすさを主眼においてやみくもに資格を取得しても、それは先方へのアピールとはなりません。自身のキャリアプランをしっかりと考え、それにそった形で資格取得を目指すことが大事です。

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事