コピー完了

記事TOP

転職面接の自己紹介例文 | 話す内容やポイント・流れ - 簡潔がコツ!

最終更新日:
転職面接時の自己紹介は第一印象を決める重要な要因です。例文や内容、ポイント、流れを押さえて自己紹介を成功させましょう。簡潔かつ定量的に話せれば信頼を築けるので、事前の準備をしっかり行いましょう。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

面接官が最初に自己紹介を求める最大の狙いは、「今までのキャリアを簡潔に要約して伝える能力があるか」を見極めるためです。

「簡潔に話す」「わかりやすく話す」というのは、あらゆるビジネスシーンにおいて必要とされる能力。自己紹介を聞けば経歴だけでなく、要約してわかりやすく話す能力をすぐに把握できます。

そんな自己紹介の例文やポイント、話す流れ・内容について解説します。

転職面接における自己紹介はなぜ重要?

自己紹介は第一印象を決定づける重要なプロセスです。

面接官は「この人はどういう人物か?」を自己紹介で見極めます。そのため、上手く話せれば面接も良い流れに乗りますし、最終的に採用される可能性も上がります。

自己紹介の重要なポイント

人間は第一印象の影響を大きく受けるといわれています。効果的な自己紹介ができれば後の印象がよくなります。逆に「なんとなく雰囲気が暗い」「覇気がない」といったネガティブな印象をもたれると、挽回するのは難しいでしょう。

自己紹介で重要なのは、面接官がなぜ自己紹介をさせるのかを考えることです。転職希望者が自社で活躍してくれるのか見極めるのが目的です。自己紹介は気にしなくてよいという声もありますが、重要な判断基準であることは覚えておきましょう。

また、短い時間で必要な要素をきちんと盛り込むことも重要です。どうしても自分のことを理解してもらおうと長々と話し続けてしまいますが、これは絶対にNGです。基本的には、1分以内を目安としましょう。大学卒業から今に至るまでの職務経験や身につけたスキルを伝え、「本日は宜しくお願いします」と締めましょう。

短い分にはあまり減点になりませんので、自己紹介については「とにかく短く簡潔に」を鉄則としてください。

自己紹介の大まかな流れ

自己紹介の例文をチェックする前に、流れを確認しましょう。話す長さにもよりますが、おおまかに分けて自己紹介はこの流れで行いましょう。

氏名や前職


職務経験


転職理由


志望動機

それぞれどのように自己紹介すればいいのかを解説していきます。

氏名や前職

氏名や前職といった基本的な情報を話します。職務経験や転職理由の方が重要なので、ここは一言二言で済ませましょう。面接のはじめにあたるこれらの事項は、いかに丁寧にゆっくり話せるかが重要です。第一印象で採用か否かが決まることもあります。

職務経歴

これまでの職務経歴を順に話します。後に具体的な話をするので概要を述べることにとどめましょう。どのような面接官が応募書類を確認しながら、不明なところを補足する進め方もあります。

転職理由

転職にいたった背景を話します。転職したい理由を虚実なく話すのは重要ですが、ネガティブな内容は印象がよくありません。これからどのように改善したいかに焦点をあてて簡潔に話しましょう。

志望動機

志望動機も簡単にでよいので述べましょう。あらかじめ企業をよく調べておいて、なぜこの企業に入りたいのかをうまく説明できるようにしましょう。漠然とした理由では説得力がありません。

自己紹介の例文

自己紹介の例文をチェックしましょう。次の内容を押さえ、長くても3分程度で完結するように話しましょう。面接官から時間指定があった場合はそれにしたがってください。

氏名や前職

自己紹介を求められたら、まず自分の氏名や前職を伝えます。長々と語る必要はありません。1~3分程度で話ましょう。面接官と信頼関係を築くための第一歩を踏み出します。

例文
私は佐藤太郎と申します。現在スマートキャンプ株式会社の営業部門に所属しています。

職務経験の概要

職務経歴の概要を伝えます。あまりに短すぎるのは問題ですが、少し短めで問題ありません。むしろ序盤から自己アピールしすぎると不信感を持たれます。どんな仕事をしてきたかをシンプルに伝えましょう。

例文
新卒でボクシル株式会社に入社し、3年間マーケティングを担当しました。その後現職のスマートキャンプ株式会社に入社しました。営業部門に所属しており、新規顧客の開拓を担当しております。

職務経験での成果

職場で達成した成果について説明します。この部分では自己アピールを端的に話してもかまいません。ただし、長々と続けると自慢話に聞こえかねません。要点に絞って伝えましょう

例文
ボクシル株式会社のマーケティング業務では顧客満足度の向上に努め、3年間で120%の売上増加を達成できました。スマートキャンプ株式会社の営業業務では新規顧客の開拓を進め、営業成績1位を獲得しました。

職務経験から学んだこと

仕事を通じて培ったスキル・ノウハウについて説明します。転職面接では即戦力になる人材かを見極ています。企業がどのような人材を求めているのか調べ、それに合致するようにアピールしましょう

例文
新規顧客と数多くの商談を行った結果、本質を見抜くことの重要性に気が付きました。商談相手の話している問題が本当の問題とは限らないためです。

転職先への貢献方法

転職先でどのように貢献をしたいか、どんなことにチャレンジしたいかを説明します。このパートが自己紹介の締めにあたります。面接官にポジティブなメッセージを伝えて、締めましょう。

例文
以上の経験を活かし、御社で既存顧客のサポートに挑戦し売上向上に貢献したいと考えております。

自己紹介のポイント

自己紹介の大まかな流れと例文を解説しました。注意すべきポイントも見ていきましょう。

職務経験や自分の強みをまとめる際には、次の点に気を付けましょう。どんなに良い内容を準備しても、時間制約や伝え方で印象は変わります。

指定時間の厳守

指定された時間は守りましょう。時間について言及されなかったとしても、無意味に長々と話してはいけません。設定された時間をオーバーしては常識がないと判断せれかねません。

冒頭の自己紹介は1~3分程度、特に1分以内のケースが多く見られます。1分程度のバージョンと3分程度のバージョンを使い分けられるとベストです。

ゆっくりと大きな声

自己紹介で第一印象はほぼ固まります。高い評価・良い印象を持ってもらうために大きな声でゆっくりと話すことが大切です。

声が大きいと自信を持っているように見えますし、ゆっくりと話した方が堂々として見えます。反対に声が小さかったり、話すスピードが早かったりすると情けなく見えます。


自己紹介で話すべき内容

これまでの経験や実績の説明に重きを置きましょう。また全体をとおして、社会人としての常識やプレゼンの能力がチェックされています。そのためプライベートについて話すのは避けましょう。

職務経験について

職務経歴は面接官が気になる内容です。

どのような業界で仕事をしていたのか、どんな業務に携わっていたのか、役職は何だったのかなど要点をまとめて説明しましょう。興味をもってもらいたいポイントは、少し付け足して話しても大丈夫です。

職務経歴をしっかり話せるように、職務経歴書をしっかり書いておきましょう。

実績やスキル・技能について

特別なスキルや目立った実績がある場合は、ぜひ説明しておきましょう。応募資格として何らかのスキルが推奨されている場合は必須です。

企業は即戦力を求めているので、前職での実績をアピールすると効果です。「営業マネージャーとして3年連続○○%の成長を実現した」のように、数値を示しながら説明すると説得力が増します。

転職理由や志望動機について

自己紹介で転職理由や志望動機の概要を説明し、後で面接官に質問してもらう方法があります。

露骨な概要説明は逆効果になりますが、準備した回答を話せない状況ももったいないです。これだけは聞いてほしいという事柄は、ある程度主張しても問題ないでしょう。長々と話すのはNGで、要点だけを手短に話しましょう。

転職面接の自己紹介が不安なら「転職サイト・エージェント」で対策を

転職面接の自己紹介に関する、大まかな流れや具体的なコツ・ノウハウを紹介しました。

よい印象をもってもらうには、シミュレーションが重要です。特に自己紹介は徹底的に練習しておきましょう。面接官の心を掴めれば、自己紹介の後も有利に進められます。

転職サイトに登録すると無料のフェアで面接対策、エージェントに登録するとエージェントが直接面接対策を行ってくれます。転職の相談も受けてくれるため、ぜひ一度利用してみてください。

おすすめ転職サービス比較ランキング

こちらは転職サービスの中でも、特にユーザー目線で利用しやすいという口コミや評価の多いサイトTOP3です。転職サイト・エージェントは複数登録が基本なので、まずは登録してどこが自分にマッチしているのか確かめましょう。

1位 リクルートエージェント 2位 マイナビエージェント 3位 ビズリーチ
累計32万人の転職成功実績を誇り、非公開求人数は約10万件と業界トップクラス 非公開求人が80%を占め、IT企業や中小企業にも強い転職エージェント 年収600万円以上のハイクラス人材に強い転職エージェント

>>おすすめ転職サイトの評判・口コミ比較はこちら
>>おすすめ転職エージェントの評判・口コミ比較はこちら

1位:リクルートエージェント

■ポイント1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
リクルートエージェントは、累計32万人の転職成功実績、年間23,000人以上の転職支援を行っており、幅広い世代に対応した転職エージェントです。

■ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約10万件と豊富。求人数が多いので、年齢に関係なく希望の求人に出会える確率もアップします。

■ポイント3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」というアナタも安心。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの登録・ログイン|利用方法や口コミ・評判はこちら

※実績No.1=転職市場定点調査による日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績(2015年10月1日時点)

※累計32万人の成功実績=1977年のリクルートエージェント創業以来、累計転職成功実績約32万5,689名(2014年3月末時点)

2位:マイナビエージェント

■ポイント1:幅広い求人に対応
大手人材派遣会社マイナビが提供する転職エージェントで、国内最大級の転職支援実績をもち、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人に対応しています。

■ポイント2:非公開求人が約8割
マイナビエージェントが紹介する求人の8割以上が非公開求人となっており、直接面談や電話面談によって、それぞれの年齢やキャリアにに合った非公開求人を提案してくれます。

■ポイント3:日程調整や条件交渉などすべて任せられる
専任のキャリアアドバイザーに求人への書類応募、面接日程の調整や条件交渉などすべて任せられるため、はじめての転職活動でも安心です。

マイナビエージェントの口コミ・評判|求人検索方法などの詳細はこちら

3位:ビズリーチ(BIZREACH)

■ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1
ビズリーチは年収600万円以上の転職経験者・検討している413人のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録可能となります。

■ポイント2:登録ヘッドハンター数が2,000人以上
2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。管理職や経営層など、比較的年齢が上でも転職可能な求人を多く取り扱っています。

■ポイント3:テレビCMも公開
「ビズリーチ!」のキャッチーなテレビCMで近年知名度が急上昇中。

ビズリーチのサービス詳細|利用者の口コミ・評判はこちら


薬剤師や医師、看護師といった業界特化の転職サイトランキングはこちらから。

転職活動への準備も万全にしておこう

転職活動では、転職サイトを選ぶだけでなく入念な事前準備をしておくことがおすすめです

まずは転職に最適な時期を把握し、自身の年齢や職業に合わせたサイトに登録、履歴書や職務経歴書の準備をして、面接マナーなどを知っておきましょう。

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(マナー)の最近更新された記事
転職の履歴書・職務経歴書の書き方は?学歴・職歴・志望動機の記載内容
退職挨拶はメールでOK?7つのポイント
就活メールの正しい書き方は知っていて当たり前!? | 例文やマナー・参考サイトも紹介
就活の面接対策 | 聞かれる質問の意図と答え方・マナーから一連の流れ
転職エージェントの面談内容と回答の仕方 | 服装や事前準備 ・成功させるポイント
退職願の書き方を詳しく解説!気をつけるポイントはこの3つ!
職務経歴書テンプレート | 書き方例・サンプル - ダウンロード無料のフォーマット
転職志望動機の書き方・例文 | 面接・履歴書で熱意を伝えるコツ【NG回答も】
面接マナーの基本を覚えて転職を有利に | 受付・入室・退室のポイントと注意点
好印象な転職面接マナーは?受付・入退室・挨拶・服装から名刺の扱いまで【中途採用】