コピー完了

記事TOP

インフラエンジニアとは | 仕事内容や年収・スキル・資格 - 未経験からの転職方法

最終更新日時:
インフラエンジニアは、ネットワークやサーバーといったインフラの設計・構築・運用をします。専門知識やスキル、資格が求められる職種です。仕事内容や種類についてや、インフラエンジニアになるために独学で学ぶケースと、未経験で入社するケースについて解説します。求人情報が手に入る転職エージェントも要チェックです。

おすすめのプログラミングスクール

サービス名
講座
料金
DMM WEBCAMP COMMIT
弥生会計オンライン


短期集中コース
3ヶ月の学習+キャリアサポート

専門技術コース
4ヶ月の学習+キャリアサポート
※20日間の全額返金保証つき
短期集中コース
月々17,050円~
(一括690,800円)

専門技術コース
月々22,550円~
(実質385,880円:専門実践教育訓練給付金制度の対象)

業界トップクラス、転職成功率98%を誇る転職保証付きのプログラミングスクールです(DMM WEBCAMP PRO公式サイト参照)。厚生労働省・経済産業省から認定されたプログラミングスクールのため、最大で56万円の支給も受けられます(教育訓練給付金)。

>>>おすすめプログラミングスクールの詳細はこちら

インフラエンジニアとは/設計・構築・運用を担当

インフラエンジニアは、主にITの業界で使われる職種で、サーバーやネットワークを設計・構築・運用するエンジニアです。

サーバーやネットワークが正常に動作しインターネットを不自由なく利用できるのは、インフラエンジニアによる日々の監視・点検のおかげといって過言ではありません。

インフラとは「下部構造または下支えするもの」

そもそもインフラエンジニアの「インフラ」とは何を指すのでしょうか。

インフラとはインフラストラクチャー(Infrastructure)の略で、「下部構造または下支えするもの」という意味があります。IT業界以外では電気やガス、水道、鉄道、道路といった生活していく上で必要不可欠なものを指すときに使いますよね。

インフラの使用状況をモニタリングする技術については、次の記事を参考にしてください。

システムエンジニア(SE)との違い

システムエンジニアとはコンピューター関連の情報・業務システムの開発や運用などを行う人の総称です。

インフラエンジニアはその中でも、ITインフラに関係した仕事を専門にしているエンジニアを指します。

インフラエンジニアの仕事内容は主に3つ

インフラエンジニアの仕事内容は、主にインフラの設計・構築・運用の3つに分けられます。この章ではそれぞれの業務について詳しく解説します。

インフラの設計

インフラエンジニアの仕事は設計から始まります。

まず要件定義とも呼ばれる、インフラの機能や性能を設計する作業をします。期間と予算に対して作れるスペックを検討し、費用や技術を考慮して構築するインフラを決定します。

インフラの構築

設計書を作成できたらインフラの構築に移ります。設計書を元に構築に必要なソフトウェア・電子機器を準備します。

すべての機器を用意できたら機器の運搬や組み立て、取り付けをします。機器が完成したらソフトウェアのインストールや設定をします。構築が完了したら動作の確認および負荷テストをして完成です。

インフラの運用

構築されたインフラを運用する業務です。インフラは設計や構築がゴールではありません。運用が完遂されるまで作業は続きます。

運用段階での業務内容は、動作の監視・保守および、トラブルへの対応です。インフラは24時間356日動作していることが前提なので、トラブル時には迅速な復旧が重要です。

インフラエンジニアの年収

IT・Web業界に特化した求人情報サイトの「Find Job!」によると、2019年10月時点のインフラエンジニアの平均年収は456万円です。

エンジニアの年収は、自身のスキルや案件などによっても異なり、年収分布では400万円500万円の方が多く、中には1000万円稼ぐ方もいます。

>>平均年収ランキング 男女・年齢・都道府県別完全まとめ

未経験からインフラエンジニアになった場合の年収

大手転職サイトに掲載されているインフラエンジニアの求人を調査すると、未経験からなる場合の平均年収は250万円〜300万円程度です。

未経験からでも経験を重ね技術を身につければ高収入を目指せるため、これから転職を考えている方におすすめの職業です。

フリーランスになった場合の年収

フリーランスエンジニアの年収は案件によって単価が変わり、設計構築業務やプロジェクトリーダーなど、上流工程になるにつれて単価はアップする傾向にあります。

フリーランスは自身のスキルとやる気次第で、年齢に関係なく年収アップを見込めます。

>>ITフリーランスエンジニアの年収|会社員との違い・独立後の案件の取り方

インフラエンジニアで年収1000万稼ぐには

インフラエンジニアで年収1000万円を稼いでいる方は、次のようなポジションが多いです。

  • ITマネジャー
  • シニアインフラエンジニア
  • シニアネットワークアナリスト
  • インフラ管理者など

上記のようなポジションに就いて、年収1000万円稼ぐためには次のスキルが必要になります。

  • ITマネジメントのスキル
  • ネットワークエンジニアの経験(7年以上)
  • システム運用全体の予算・進捗管理の経験(3年以上)
  • 「UNIXベース」や「Linux」のOSの専門知識

将来的に年収1000万円を目指すのであれば、上記の内容を参考にキャリアパスを考えておくといいでしょう。

>>収入アップが見込めるIT・エンジニアにおすすめの求人サイトはこちら

インフラエンジニアの種類

インフラエンジニアの種類は大きく分けて次の3つです。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • 保守・運用エンジニア

インフラエンジニアの種類によって役割や学ぶ内容も微妙に異なるため、各インフラエンジニアの特徴について知っておきましょう。

>>エンジニアの仕事内容と種類ごとの年収・特徴はこちら

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアはネットワークやケーブルの整備を担当します。ネットワークの構築を担当するのはネットワークエンジニアです。

DNS・ルーター・ファイヤーウォールなど、ネットワークに関する知識・技術が必要になり、実際に扱う機器としては次のようなものがあります。

  • サーバー
  • ルーター
  • ファイアウォール
  • スイッチ
  • ストレージ
  • ロードバランサー

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアサーバーの設計・テストを担当します。Webに関するさまざまなリクエストに応答をするためのサーバーを管理します。

サーバーエンジニアが、データベースを設計・構築・運用するデータベースエンジニアを兼任するケースも少なくありません。

近年の傾向としては、自社サーバーよりもクラウドサービスやレンタルサーバーを利用する企業が増加しています。そのため、サーバーエンジニアに必要なスキル・知識も少しずつ変化しています。

保守・運用エンジニア

ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアのほかに、インフラの保守・運用をするエンジニアが必要です。

システム障害を解決するエンジニアは、保守エンジニアや運用エンジニアといわれます。システムを設計・構築するエンジニアとは違い、恒常的な監視が必要です。

深夜にまたぐ障害の場合には夜勤も発生し、「インフラエンジニアはきつい」「楽じゃないしつまらない」というイメージを持つかもしれません。しかしエンジニアを取り巻く環境も随分と改善し、ホワイト企業も多く存在します。

>>>DMM WEBCAMP COMMITの詳細をみる

インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアは、ネットワークやサーバーを中心に幅広い知識とスキルを求められる職種です。そんなインフラエンジニアに必要なスキルを紹介します。

ネットワーク・サーバー

インフラエンジニアには、ネットワーク・サーバーの深い知識とスキルが必要です。インフラ構築には関連機器との接続や、ソフトウェアをインストール・設定するスキルを要されるからです。

サーバーへの負荷を考慮したりセキュリティ対策を講じたりする必要があるなど、ネットワークやサーバーに関する深い知識・スキルが求められます。

インフラエンジニアが使用するプログラミング言語

インフラエンジニアが主に使用するプログラミング言語は次のとおりです。

  • JAVA
  • C++
  • C#
  • PHP
  • Ruby
  • Python(パイソン)など

仮想化技術・クラウドコンピューティング

仮想化技術とクラウドコンピューティングの知識を持っておきましょう。現在のIT業界にはクラウドの環境が拡大しているため、周辺のスキルはインフラエンジニアとして欠かせません。

仮想化にはネットワーク、ストレージ、サーバーなどさまざまな種類があります。得意な分野を身につけるのがよいでしょう。これらの技術は、ソフトをインストールすれば自分のパソコンでも初歩のスキルを身に付けられます。

コミュニケーションスキル

エンジニアにもコミュニケーションスキルが重要です。エンジニアは黙々と作業しているイメージを持たれがちですが、コミュニケーションなしでは業務を進められません。

開発用件を考える際に、クライアントや社内メンバーからニーズを聞き取り、条件を伝える能力が必要です。チーム単位でプロジェクトを遂行するのであれば、コミュニケーションによる進捗管理が欠かせません。

インフラエンジニアに役立つ資格

インフラエンジニアに役立つ資格は多数あります。中でも代表的なシスコシステムズのベンダー資格と、LPICについて紹介します。どちらも世界的に有名なネットワーク資格です。

>>【IT資格】エンジニア・情報系15選 - 転職に役立つ国家資格はこちら

CCNA・CCNP(シスコシステムズ)

シスコシステムズ社が認定するベンダー資格は、世界的に通用するネットワーク資格です。資格には5つのグレードがあります。なかでもCCNAやCCNPは、インフラエンジニアが取得しておきたい資格だとされています。

LinuC

LinuCは従来からあるインフラスキルだけでなく、仮想化技術やクラウドセキュリティなど、今のインフラエンジニアが現場で求められるスキルが身につくLinux技術者の認定です。レベル1〜3までのグレードがあります。システムの運用監視であればレベル1、より上流となる設計や構築まで携わるのであれば、レベル2の取得を目指しましょう。

インフラエンジニアが取得したいグレードはレベル1だとされています。

>>>>インフラエンジニアにおすすめの転職エージェントはこちら

>>>DMM WEBCAMP COMMITの詳細をみる

インフラエンジニアになる流れ・方法

インフラエンジニアになるためのキャリアパスとともに、おすすめのスクールを紹介します。自身でスキルを会得し就職・転職する方法と、企業でスキルを徐々に学ぶ方法の2種類が考えられます。それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

スキル取得後に就職・転職する場合

インフラエンジニアになるために、独学やスクールでスキルを身につけるケースは珍しくありません。スキルの習得後、企業に就職や転職を試みるのが一般的です。

就職前にスキルを身につけることには、メリットとデメリットの両方が存在するので、あらかじめ理解しておきましょう。

スキル取得後、転職したい方は次の記事を参考にしてください。

メリット:年収が高くなりやすい

転職前にある程度のスキルを身につけおけば転職を有利に進められます。入社後もスムーズに業務に携われるので、高い評価を得られるでしょう。さらにある程度の高い年収も期待できます。

デメリット:学習コストが高い

インフラエンジニアとしてのスキルを身につけるために、スクールでも独学でもコストがかかります。インフラエンジニアの教科書、専門書など関連する本は数が少なく、ネットの情報で学習するのも容易ではありません。

しかしその後の年収を考えると、この学習コストも将来への投資となります。おすすめのエンジニアスクールを紹介します。

インフラエンジニアにおすすめのスクールTOP3

1位:インフラエンジニアに人気の高い「DMM WEBCAMP COMMIT

BOXIL おすすめプログラミングスクール「DMM WEBCAMP COMMIT」

▼DMM WEBCAMP COMMIT

■Point1:プログラミング未経験から最短3ヶ月で正社員転職を目背す
DMM WEBCAMP COMMITはプログラミング未経験から最短3ヶ月で正社員転職を目背すプログラミングスクールです。万が一転職が決まらない場合でも、受講料の全額返金保証付き(※1)なので、安心して申し込みできます。

■Point2:未経験者97%・転職成功率98%の実績
申込者の97%プログラミング未経験でありながら、転職成功率98%を誇ります(※2)。業界トップクラスの転職成功実績があり、独自のノウハウをもとに転職活動をサポートしてくれます。

■Point3:専属キャリアアドバイザーによる充実したサポート
受講者限定で専属キャリアアドバイザーによるサポートが受けられます。自己分析・履歴書や職務経歴書の添削・模擬面接などが行われ、約300社の企業から転職先が紹介されます。

■Point4:13~22時に教室に通い放題・質問し放題
13~22時に教室に通い放題、メンターに質問し放題なので気になることは気軽に相談できます。またオンラインカリキュラムも用意されているので、自宅・教室どちらでも学習が進められます。

■Point5:専門技術コースでは約47万円のキャッシュバックあり
専門技術コース(4ヶ月コース)を選択し、一括支払いを選ぶと約47万円のキャッシュバックを受けられる可能性があります。国が定める「専門実践教育訓練給付金制度の対象」のためです。2年以上雇用保険を支払っているなど条件があるので、詳しくはDMM WEBCAMP COMMITで相談しましょう。

■各コースの比較
DMM WEBCAMPでは、短期集中のフルタイム学習コースである「DMM WEBCAMP COMMIT」と、仕事や育児と並行して学習できる「DMM WEBCAMP PRO」が用意されています。各コースの概要や料金体系を紹介します。

コース 期間 料金
短期集中コース(COMMIT) 3ヶ月 690,800円
専門技術コース(COMMIT※4) 4ヶ月 385,880円~※3
12週コース(PRO) 12週間 624,800円
16週コース(PRO※5) 16週間 679,800円

>>DMM WEBCAMPの評判・口コミ|調査結果からわかる特徴はこちら

※1:保証制度の詳細はDMM WEBCAMP COMMITの規定をご確認ください
※2:実績はDMM WEBCAMP公式サイトを参照
※3:専門実践教育訓練給付金制度の対象の場合の価格
※4:DMM WEBCAMP COMMIT
※5:DMM WEBCAMP PRO

2位:30代以上でも通える「テックキャンプ エンジニア転職

画像出典:テックキャンプ エンジニア転職

未経験からプロのエンジニアになるためのノウハウやスキルを学べる、エンジニアスクール「テックキャンプ エンジニア転職」がおすすめです。

入会が不要で、短期集中コースの分割払いの場合月々29,000円からプロのエンジニアを目指せます。夜間や休日を利用したコースもあり、自分に合わせた学び方を選ぶことができます。

また、年齢制限がないため、未経験30代以上の方でも通えるスクールです。

>>テックキャンプ エンジニア転職の評判・口コミ |調査結果からわかる特徴はこちら

3位:就職支援型スクール「GEEK JOB

画像出典:GEEK JOB

最短一か月かつ無料でプログラミング学習を受けれるのが、「GEEK JOB」です。

学習後に就職先の紹介があり、受け入れ先の企業から報酬が支払われるサービスのため、無料で学ぶことができます。

初心者でも実践的なプログラミングが学べると評判も良く、インフラコースも用意されているので、未経験からインフラエンジニアを目指す方におすすめのスクールです。

まずは無料の体験授業やカウンセリングからトライしてみてください。

>>GEEK JOBの評判・口コミ |調査結果からわかる特徴はこちら

Python特化型スクール「Aidemy Premium Plan

画像出典:Aidemy Premium Plan

3か月の集中スキルアップで未経験からでも即戦力を目指せます。

JDLA(一般社団法人 日本ディープラーニング協会)認定プログラムとして、業界初の合格保証付きE資格対策コースを開講しており、E資格を取得しつつ実務レベルで使える実装能力を身に付けたい人にはおすすめです。

詳しくは無料相談会でお聞きください。

>>Aidemy Premium Planの評判・口コミ |調査結果からわかる特徴はこちら


未経験で就職・転職する場合

スクールにも通わず未経験者でも受け入れてくれる企業はあります。企業に入って学びながらインフラエンジニアを目指せます。入社後にスキルを取得することは、メリットにもデメリットにもなります。

メリット:稼ぎながらスキルアップ

働きながら学ぶことができるのが大きなメリットです。企業に属すれば未経験でも給料をもらいながら学習できます。わからない点は先輩の社員からアドバイスを受けられ、成長スピードが比較的速いのもメリットです。

未経験からの転職は志望動機が重視されるので、次の記事の例文などを参考に対策しておくといいでしょう。

>>転職志望動機の書き方・例文 | 面接・履歴書で熱意を伝えるコツ

デメリット:優良企業が少ない

未経験で入社すると基礎から教える必要があるため、企業側からすると教育コストがかかります。きちんと教育してくれる企業でない場合には、習得までに時間がかかるだけでなく離職につながってしまいます。

>>未経験歓迎の求人が豊富にあるエンジニア向け転職サイトはこちら

未経験から独学するなら本がおすすめ

未経験が独学でインフラエンジニアを目指すなら「インフラエンジニアの教科書」での学習がおすすめです。

LINE社で構築・保守を行っている現役のインフラエンジニアが、ITインフラの基礎知識から運用、クライアントとの商談対応や障害対応など、幅広い内容を学習できます。

インフラエンジニアの教科書

インフラエンジニアの教科書

インフラエンジニアの教科書2 スキルアップに効く技術と知識

インフラエンジニアの教科書2 スキルアップに効く技術と知識

インフラエンジニアのキャリアパス

インフラエンジニアのキャリアパスについて、未経験からの場合と業務経験を積んだ後の場合にわけて説明します。

未経験からのキャリアパス

未経験からインフラエンジニアに従事する場合の一般的なキャリアパスは次のとおりです。

  • ITインフラ(サーバー・ネットワーク)の監視業務
  • サポート業務(ヘルプデスク)
  • ITインフラの運用・保守
  • ITインフラの設計・ネットワーク構築

ITインフラの設計・ネットワーク構築は、一般的にインフラエンジニアの上流工程となり、運用保守を経験後、設計構築の作業へとステップアップします。

業務経験を積んだ後のキャリアパス

業務経験を積んだ後のキャリアパスは次のとおりです。

  • ITスペシャリスト
  • プロジェクトマネージャー
  • ITアーキテクト
  • ITコンサルタント

業務経験を積み一定レベルの技術が身についたら、より専門的な知識を学び高いスキルを持つエンジニアを目指しましょう。

その後、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントなど、意思決定を行う責任者や経営の視点から課題を解決するポジションに進んで行きます。

インフラエンジニアを目指す人向けおすすめサービス

インフラエンジニアにおすすめのプログラミングスクールや転職エージェントを紹介します。ITに強いエージェントを利用すれば、転職活動を効率的に進められます。一定以上のスキルがある人におすすめのエージェントです。

マイナビIT AGENT

ポイント1:豊富なIT・Web業界の非公開求人

IT・Web企業は求人の8割以上が非公開求人だと言われています。マイナビIT AGENTは業界トップレベルの非公開求人数を保有しています。

ポイント2:Web業界出身のキャリアアドバイザー

IT業界にはさまざまな職種がありますが、キャリアアドバイザーがスキルや仕事内容を理解していないと良い求人を紹介してもらえません。マイナビIT AGENTではIT業界出身のキャリアアドバイザーが多く在籍しており、質が良いと評判です。

ポイント3:書類・面接通過率の高さ

マイナビIT AGENTではIT系のある職種において、通過率が70〜80%と言われています。

未経験の方にもおすすめしたい、マイナビIT AGENTの評判と特徴はこちら

Geekly(ギークリー)

GEEKLY

GeeklyはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職サービスです。業界の多くの企業とつながりを持ち、求人票に載らない非公開情報まで提供します。10年以上の実績を持ち、登録から内定までの平均期間は1か月です。首都圏を中心に約10,000件の非公開求人(2019年12月時点)を保持しており、なかには年収1,000万円を超える求人もあります。

Geekly(ギークリー)の評判 ・口コミ|サービス詳細と特徴はこちら

ワークポート

ワークポート

ワークポートは、もともとIT業界に特化して転職サービスを提供していたこともあり、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人を取り揃えています。IT業界の求人数は約2万5,600件以上です。経験豊富な担当者が、希望に合う求人を厳選して紹介してくれ、IT業界に精通した転職コンシェルジュによる手厚いサポートが特長です。転職相談実績は50万人以上を誇ります。

IT系・エンジニアの転職に強い転職エージェントの比較はこちら

インフラエンジニアは将来性のある職業

インフラエンジニアは高いスキルが必要とされる仕事ですが、その分売り手市場で需要が高く将来性のある職種です。

プログラミングやスキルを専用のスクールで効率的に学べば、年収アップとやりがいが叶う新しい職場に出会えるチャンスが増えます。未経験からインフラエンジニアを目指すなら「DMM WEBCAMP COMMIT」がおすすめです。

また一度スキルを身に着ければ、将来的にフリーランスや副業としても働くことも可能です。キャリアパスを大きく前進させるインフラエンジニアの可能性をぜひ検討してみてくださいね。

BOXIL おすすめプログラミングスクール「DMM WEBCAMP COMMIT」

▼DMM WEBCAMP COMMIT

■Point1:プログラミング未経験から最短3ヶ月で正社員転職を目背す
DMM WEBCAMP COMMITはプログラミング未経験から最短3ヶ月で正社員転職を目背すプログラミングスクールです。万が一転職が決まらない場合でも、受講料の全額返金保証付きのため安心して申し込みできます(※1)。

■Point2:13~22時に教室に通い放題・質問し放題
13~22時に教室に通い放題、メンターに質問し放題なので気になることは気軽に相談できます。またオンラインカリキュラムも用意されているので、自宅・教室どちらでも学習が進められます。

■Point3:専門技術コースでは約47万円のキャッシュバックあり
専門技術コース(4ヶ月コース)を選択し、一括支払いを選ぶと約47万円のキャッシュバックを受けられる可能性があります。国が定める「専門実践教育訓練給付金制度の対象」のためです。2年以上雇用保険を支払っているなど条件があるので、詳しくはDMM WEBCAMP COMMITで相談しましょう。

>>DMM WEBCAMPの評判・口コミ|調査結果からわかる特徴はこちら

※1:保証制度の詳細はDMM WEBCAMP COMMITの規定をご確認ください

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
求人・転職情報(職種・仕事内容)の最近更新された記事
経理とは | 仕事内容・業務の流れ・会計や財務との違いも解説
Webエンジニアとは | 仕事内容・年収・スキル・未経験からの転職方法と将来性
ITフリーランスエンジニアの年収|会社員との違いや独立後の案件の取り方
薬剤師になるには?方法と必要な資格・難易度・給料・年収・将来性【新卒】
総務とは - 仕事内容と役割 | 業務カテゴリ別生産性向上サービス解説
フルスタックエンジニアとは | 年収・必要なスキル・現状を解説
エンジニアとは|仕事内容と種類ごとの年収・特徴・未経験からの転職ポイント
プログラマー(PG)とは | 年収・仕事内容・必須スキル - 未経験がなる方法
人事とは?業務内容・必要スキル・役立つ資格を解説 - 総務や労務との違い
データサイエンティストとは | スキルセット・仕事内容・将来性を徹底解説