Article square balloon green

【IT資格】エンジニア・情報系15選 - 転職に役立つ国家資格合格のポイント

ITパスポートや基本情報技術者など、主にIT系の国家資格の紹介をしていきます。それぞれの資格の概要や重要性、難易度なども説明しますので、これから資格取得を目指す人はぜひ参考にしてください。
採用・転職
Large

>>>人気の転職エージェントランキングTOP3をチェック

IT資格の重要性

近年、さまざまな分野でIT化が進む中で、IT関連の資格の重要性も増しています。IT業界を目指すのであれば、資格を有することで業界で必要とされる能力を証明でき、面接の際にもアピール要素が増えます。

特にIT系の資格は即戦力となるスキルを証明するものが多いことに加え、人材を募集している企業の方も「○○の資格者優遇」といった条件を付けていることも少なくありません。企業に即戦力であることをアピールするためにも、IT系の資格の取得を検討してみましょう。

IT 資格の種類

それでは、IT系の資格にはどういうものがあるのでしょうか?

IT資格は大きく分けて「国家資格」「ベンダー資格」「ベンダーニュートラル資格」の3種類があり、特に国家資格は国が認定しているため信頼度が高く、転職にも有利に働くことが多いです。

詳しくは後述しますが、IT系の国家資格として「基本情報技術者(FE)」「ITストラテジスト(ST)」などがあります。

ベンダー資格とは

ベンダー資格とは、ベンダー(ソフトウェアなどのメーカーや販売会社)が認定している資格のことをいい、主に自社の製品に関する一定以上の知識やスキルを有することを証明するものです。

難易度が高いものも珍しくないため取得はそう簡単ではないですが、そのベンダーの製品を使っている企業では即戦力と認めてもらえる可能性が高くなります。

ベンダーニュートラル資格とは

ベンダーニュートラル資格とは、ベンダーが認定するベンダー資格とは違い、どの企業やメーカー、国にも依存していない資格をいいます。実施しているのもそれ以外の機関で、インターネットに関する技術の認定や、情報処理技術といった特定の製品に依存しないものがほとんどです。

Linux技術者認定やHTML5プロフェッショナル認定試験、インターネット技術者認定(CIW)といった資格が有名です。

おすすめIT系職種全般4選

それでは、目的別におすすめのIT系国家資格を紹介していきます。まずはIT系職種全般に通用する資格からです。

ITパスポート

IT技術のユーザー側として、ITを実践的に利用するための知識を証明する資格です。ITに関する基本的な知識が身についていることを証明するためのものですから、試験もそれほど難しくありません。新卒の就職対策として有効でしょう。

基本情報技術者

IT系の国家資格としてはもっとも有名な資格といえます。システム開発のための基本知識を問う資格で、エンジニアを目指す人の登竜門ともいわれています。試験の出題範囲はIT分野全般と広く、基本的な資格と思われやすいですが、合格率は約25%とそう簡単ではありません。

応用情報技術者

基本情報技術者試験よりも高度な知識を問われる難易度の高い試験です。ある程度経験を積んだエンジニアがソフトウェア開発に関する知識・スキルを証明するために受験するケースが多いです。試験の出題範囲も、システム系の全分野が網羅された高度な問題が出されます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)はベンダー資格であって国家資格ではありません。ただそれに準じるほど有名な資格で、ビジネスシーンで広く使われているMicrosoft Officeの操作技能を証明する資格です。Word,、Excel、 PowerPoint、 Access、 Outlookの5種類が試験科目で、スペシャリストレベルとエキスパートレベルの2種類があります。

>>>人気の転職エージェントランキングTOP3をチェック

おすすめエンジニア系IT資格5選

情報処理安全確保支援士(旧称:情報セキュリティスペシャリスト)

以前は情報セキュリティスペシャリストという名称でしたが、平成29年より情報処理安全確保支援士と名を改められた国家資格です。最新のセキュリティに関する知識やスキルを証明する資格で、IT系のなかでも特に難易度の高い資格です。主に企業の情報システムを設計・整備し、セキュリティの専門家として管理する人材のための資格といえます。

ネットワークスペシャリスト

情報通信ネットワークの設計や運用を担当する人向けの資格で、経産省が実施する情報処理技術者試験の一区分です。ネットワーク系の最高難易度となる資格で、合格するためには目的に応じたネットワークシステムの設計と構築、運用するための知識や実務能力が必要となります。

データベーススペシャリスト

データベースに関する固有技術を活用し、目的に沿った最適な情報システム基盤の企画や要件定義、開発、保守運用において中心的な役割を担う人材であることを証明する資格です。難易度も最高レベルで、合格率も約15.0%とシビアですが、データベース管理者やインフラ系のエンジニアを目指す方には有効な国家資格です。

エンべデッドシステムスペシャリスト

エンベデットシステム、すなわち携帯やスマホ、カメラ、エアコンといった組み込みシステムの開発業務を行う人のための資格です。電子機器や自動車メーカーなど、組み込み技術者の業種が限られているため、他の資格に比べて受験者は少な目ですが、合格率約16.0%と難易度が高い試験になっています。

システムアーキテクト

情報処理技術者試験の一区分で、以下で説明するITストラテジストが提案したIT戦略を実現するためのアーキテクチャを設計したり、情報システムの開発を主導したりする人のための資格です。論述式の問題が出るなど、特に難易度の高い試験のひとつです。

>>>人気の転職エージェントランキングTOP3をチェック

おすすめマネジャー系IT資格4選

ITストラテジスト

企業の経営戦略に基づき、情報技術を活用して企業活動の特定のプロセスを改革したり、最適化したりするための計画を策定・提案するための知識とスキルを証明するものです。高度情報処理技術者試験の一つで、企業のトップマネジメントとともに、事業戦略の策定からシステム化の立案などに携わる人のための資格です。

システム監査技術者

情報システムやエンべデッドシステムに関するリスクや運用状況を総合的に点検・評価し、その結果を報告し改善を促す人材のための資格です。監査法人やシステム部門の長などが取得する傾向にあり、合格率は約15%と高い難易度となっています。

ITサービスマネージャ

情報システム全体に関して、安定した稼動を確保し、障害が発生した際の被害の最小化を図るなど、システムの継続的な改善によって安全性と信頼性の高いサービスの提供を行う人材のための資格です。システムの運用保守を担当する部署のマネージャーなどが受験する傾向にあります。

プロジェクトマネージャー

システム開発のプロジェクト責任者として、計画の立案と人員の確保、納期や予算、品質について責任をもつマネージャーを目指す人におすすめの資格です。他のIT資格は知らなくても、プロジェクトマネージャーだけは知っているという人もいるでしょう。それだけ汎用性の高い資格でもあります。

合格率は約13%と難易度が高いですが、知識やスキルの裏づけを得たい人や、キャリアアップを目的としている人にはおすすめの資格です。

効率的に合格するためのポイント

最後に、資格試験に効率的に合格するためのポイントについて、簡単に説明します。

スケジュールを立てる

どんな試験も事前の計画なしでは合格するのは難しいです。資格取得を決意したら、すぐに学習の計画を立てましょう。それによって効率的な勉強の仕方がわかってきます。参考書などがあるならば、それを読む時間と過去問を解く時間(問題演習)の時間配分を考えましょう。

eラーニングの活用

eラーニングを使える資格ならば、ぜひ活用しましょう。闇雲に参考書を読んだり、問題を解いたりするよりも、どの部分を重点的に学習すればよいのかが視覚的にわかります。時間や場所を選ばずに効率的な学習ができるのもeラーニングのメリットです。

通信講座を利用

通信講座を利用できる視覚は多くはありませんが、専門講座があるならば利用するのも有効です。試験のポイントや重点的に学習すべき箇所がわかるうえ、専任の講師から添削を受けられる場合もあります。こういった講座を利用した場合と、そうでない場合とでは合格率に明らかに差が出るのは、よく知られた話です。

効果的な教材探し

自分なりに役に立つ教材を探してみる方法もあります。闇雲に学習するよりも確実に効果があるでしょう。どの教材が有効なのかわからないのであれば、資格保持者に聞いてみることをおすすめします。実際の合格者の何人かにあたってみれば、役に立つ教材が明らかになるケースが多いです。

キャリアを考えた資格取得を

IT系資格の種類の説明と、主に国家資格の紹介をしてきました。ITに関する幅広い知識を求められる資格もあれば、限られた分野の詳しい知識や技能を求められる高い難易度の資格も多くあります。

どの資格の取得を目指すにせよ、まずは自分がどんなキャリアを歩みたいのかを明らかにすることが重要です。それをもとに必要な資格を洗い出し、合格までの計画を立てましょう。同時に、効率的な学習方法についても自分なりに検討することも重要です。

人気の転職エージェントランキングTOP3

転職活動をしている人に、人気の転職エージェントランキングTOP3を紹介します。

1位:リクルートエージェント

求人随時更新>リクルートエージェント公式サイトをチェック

■ポイント1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功
累計32万人の転職成功実績があり、年間2万3000名以上の転職支援を行っています。

■ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス
リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約10万件と豊富。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

■ポイント3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる
「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」というアナタも安心。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの登録・ログイン・利用方法や口コミ・評判はこちら

※実績No.1=転職市場定点調査による日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績(2015年10月1日時点)

※累計32万人の成功実績=1977年のリクルートエージェント創業以来、累計転職成功実績約32万5,689名(2014年3月末時点)

2位:マイナビエージェント

求人随時更新>マイナビエージェント公式サイトをチェック

■ポイント1:幅広い求人に対応
大手人材派遣会社マイナビが提供する転職エージェントで、国内最大級の転職支援実績をもち、大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人に対応しています。

■ポイント2:非公開求人が約8割
マイナビエージェントが紹介する求人の8割以上が非公開求人となっており、直接面談や電話面談によって、それぞれに自分に合った非公開求人を提案してくれます。

■ポイント3:日程調整や条件交渉などすべて任せられる
専任のキャリアアドバイザーに求人への書類応募、面接日程の調整や条件交渉などすべて任せられるため、はじめての転職活動でも安心です。

マイナビエージェントの口コミ・評判、求人検索方法などの詳細はこちら

3位:ビズリーチ

求人随時更新>ビズリーチ公式サイトをチェック

■ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1
年収600万円以上の転職経験者・検討している413名のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録可能となります。

■ポイント2:登録ヘッドハンター数が2,000人以上
2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

■ポイント3:テレビCMも公開
「ビズリーチ!」のキャッチーなテレビCMで近年知名度が急上昇中。

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の口コミ・評判はこちら

※年収600万円以上の方の支持No.1=シード・プランニング社による「転職サイト利用動向調査」より(2016年8月、9月に調査実施)

Geekly

  • IT・Web・ゲーム業界に特化
  • 6,000件以上の非公開求人
  • 精度が高いマッチングを実現

Geeklyは大手の非公開求人を多く持つ、ITエンジニア向けの転職エージェントサービスを提供しています。
10年以上におよぶ業界での実績と豊富なノウハウを元に、スキルや経験を多角的に分析したマッチングを実施、業界との太いパイプを持っているため、求人票だけでは読み取れない、社風などを含めたコンサルティングが可能となっています。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事