コピー完了

記事TOP

ヘッドハンティング会社の人気ランキングおすすめ | された場合はどうすべき?対処法も解説

最終更新日:
日本でも転職に対する抵抗感の減少から、採用手法としてのヘッドハンティングが一般化しています。求職者(転職者)にも企業にもおすすめのヘッドハンティング会社のおすすめを紹介します。

ヘッドハンティング会社紹介TOP10

企業が優秀な人材を探し出してスカウトし、即戦力として採用する手法がヘッドハンティングです。

ヘッドハンティングは、組織改革や新規事業立ち上げを目的に、経営幹部や特殊スキルを持つ人材を対象に行われる場合が多く、企業が直接スカウトを行わず、ヘッドハンティング会社に業務依頼することがほとんどです。

また、最近では中間管理職などのミドルクラスもスカウトの対象になる場合もあり、ヘッドハンティング会社からアプローチされた経験をお持ちの方もいるかもしれません。

企業がヘッドハンティングしたい場合、ヘッドハンティングを受けてみたい場合におすすめできるヘッドハンティング会社を紹介します。

1位:リクルートエージェント

  • 日本最大級の人材ネットワーク
  • 求められる人材に応じたサービス体系
  • 豊富な実績のアドバイザーが転職サポート

転職者側サービスの特徴

リクルートエージェントは、業界最大級の10万件を超える非公開求人の中から、実績豊富なアドバイザーが候補者のスキルに応じた紹介を行うほか、充実した転職サポート体制を誇るなど、リクルートグループで培ったノウハウを元に、総合的なスカウトを行っています。

企業側サービスの特徴

リクルートエージェントは、リクルートグループの誇る日本最大級の人材ネットワークから、企業の求めるさまざまな人材を発掘・紹介するヘッドハンティング会社です。

2位:ビズリーチ

  • 一流ヘッドハンターが直接スカウト
  • 閲覧可能な独自のデータベース
  • 専任コンサルタントによるサポート

転職者側サービスの特徴

ビズリーチは、年収600万円以上の転職が実現できる転職サービスです。年収1,000万円以上のハイクラス求人が全体の1/3以上、中には年収2,000万円以上の案件もあり、経営幹部や管理職といったハイクラスの転職を実現できます。

情報を登録しておくと、ヘッドハンターが職務経歴書を見て直接スカウトしてくれるため、ヘッドハンティングを受けたい人におすすめのサービスです。

企業側サービスの特徴

ビズリーチは、一流ヘッドハンターが直接スカウトを行うヘッドハンティング業務を含む、エグゼクティブ向けの会員制転職サービスを行っています。独自の基準で構築された人材データベースは、企業会員も閲覧可能となっており、潜在的な転職希望者へのスピーディで確実なコンタクトが可能です。また、専任のコンサルタントによる候補者選定、コンタクトなどのサポート体制も充実しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ビズリーチの資料を無料DL

3位:JACリクルートメント

  • グローバル企業との強いコネクション
  • 各業界に精通した550人のコンサルタント
  • 豊富な非公開求人情報

転職者側サービスの特徴

JACリクルートメントは、イギリスとアジア8か国に広がるグローバルネットワークを持つ、ヘッドハンティング・転職エージェントです。ロンドン発祥という成り立ちから、グローバル企業との強いコネクションを持っており、その蓄積されたノウハウは、各業界に精通する総勢550人のコンサルタントによって共有されています。また、ヘッドハンティングのほか、豊富な非公開求人情報を保有しており、総合的な転職支援を行っています。

企業側サービスの特徴

JACリクルートメントは、グローバル企業の転職に特化していることもあり、海外でも通用するスキルを持つ人材が登録するため、グローバル人材のヘッドハンティングに最適なサービスです。

4位:doda

  • 総合人材サービス企業ならではのサービス
  • 経営課題に沿った最適なサービスを提案
  • 業種や職種ごとの専任担当者が対応

転職者側サービスの特徴

dodaは、日本最大級の転職フェアに参加できたり適正年収を診断できる転職サービスです。「完全週休二日制」「年収500万円以上」「残業時間20時間未満」など希望にマッチするピンポイントな求人を紹介してくれます。

企業側サービスの特徴

パーソルキャリアは、ヘッドハンティングはもちろんのこと、DODA / anなどの総合人材サービスを運営する企業ならではの、多彩なサービスを提供するエグゼクティブ人材専門採用支援サービスです。

膨大なデータベースを元に、経験豊富なコンサルタントが企業の経営課題に沿った最適なサービスを提案可能なほか、業種や職種ごとに専任担当者を配置するなど、きめ細かなサービスを提供しています。

5位:パソナキャリア

  • 登録制のスカウトサービス
  • 専任のアドバイザーによるカウンセリング
  • 定評のあるサポート体制

転職者側サービスの特徴

パソナが運営するパソナキャリアは、マッチングを重視したスカウトサービスを含む、登録制による総合転職支援サービスを行っています。派遣サービスも行うパソナグループで培ったさまざまな業界とのコネクションを活かした、専任キャリアアドバイザーによる的確なカウンセリングとともに、転職前後の企業との交渉の代行、退職時のアフターフォローなど、充実したサポート体制は女性にも好評です。

企業側サービスの特徴

パソナキャリアは、ヒアリングを重視しているため、求職者とのマッチングでの希望との乖離が少ないサービスとして評判が高いです。人材業界大手のパソナグループのコネクションを活かし、質のいいサービスを提供しています。

6位:アージスジャパン

  • キャリアカーバー社求職者満足度ランキング1位
  • 業界ごとに専任エージェントがキャリアプランを用意
  • 管理系職種・外資系企業の転職に強み

転職者側サービスの特徴

アージスジャパンはキャリアカーバー社が実施した求職者満足度ランキングで1位の実績があります。またGOOD AGENT RANIKIGの調査でも、首都圏部門入賞・製造業エンジニア部門1位の評価も受けています。(2020年7月1日。アージスジャパンHP記載)また、転職希望業界の専任エージェントが専用のキャリアプランをを用意してくれます。業界の専門知識をもった担当者がサポートするので、的確な転職プランを提案してくれます。

7位:レイノス

  • スカウト事業に特化したヘッドハンティング
  • クライアント経営者との直接コンタクト
  • 顧客企業のニーズに対応する圧倒的なサーチ力

企業側サービスの特徴

レイノスは、スカウト事業に特化したヘッドハンティング業務を行っています。クライアント経営者と直接コンタクトをとることにより、スピーディーな対応を実現するほか、80人のスタッフがピックアップする年間300,000人以上の候補者から、100名を超えるスカウトエージェントが、年間35,000人もの人材と直接接触する圧倒的な量のサーチ力を持ち、企業のニーズに細かく応えられます。

8位:プロフェッショナルバンク

  • 技術領域に強みを持つヘッドハンティング力
  • 要望に添ったヘッドハンティングメニュー
  • 90%を超える高い制約内定率

企業側サービスの特徴

プロフェッショナルバンクは、技術者のサーチ・ヘッドハンティング力にアドバンテージを持つヘッドハンティング会社です。依頼を受ける企業の要望に応じ、あらゆる手段を用いる「フルサーチヘッドハンティング」、ピンポイントで接触する「指名ハンティング」、事業計画によって人材戦略をコンサルティングする「パートナーコンサルティング」という豊富なメニューを持ち、90%を超える高い成約内定率でクライアントの信頼に応えています。

9位:MRI JAPAN

  • グローバルに展開するサーチネットワーク
  • 年間45,000人を転職に導く実績
  • 50年に渡るビジネス歴史によるノウハウ

企業側サービスの特徴

MRI JAPANは、世界40か国に600か所のオフィスを展開する、圧倒的なグローバルネットワークを持つヘッドハンティング会社です。50年に渡る歴史に裏打ちされたノウハウによる「リテインサーチ」「指名候補者サーチ」ヘッドハンティングはもちろんのこと、最適な人材のマッチングを行う「コンティンジェンシーサーチ」サービスも行っており、世界中の人材を活用する「グローバルサーチ」を含めた実績は、年間45,000人を転職に導いています。

10位:ISSコンサルティング

  • 外資系企業に特化したヘッドハンティング
  • 経営幹部からミドルクラスまで幅広い対象領域
  • 企業担当も兼務するキャリアコンサルタント

企業側サービスの特徴

ISSコンサルティングは、外資系企業に特化したサーチ・スカウトに20年の実績を持つヘッドハンティング会社です。その対象領域は、経営幹部などのエグゼクティブのみならずミドルクラスもカバーし、幅広い層でのヘッドハンティングを行っています。また、在籍するキャリアコンサルタントが企業担当を兼務することにより、業界との強いコネクションにも強みを発揮しており、豊富な非公開求人の提供も可能にしています。


企業向け人材紹介サービスについて、さらに知りたい方は、こちらの人材紹介会社のおすすめを紹介した記事もご覧ください。

ヘッドハンティングサービスも含め、転職したい方向けの転職サービスはこちらの記事で詳しく紹介しています。

ヘッドハンティングされた場合の対処法

日本では近年になって転職に対する抵抗感が小さくなってきたことから、通常では見込めない特別な人材を獲得する採用手法として、ヘッドハンティングが行われるようになりました。もしヘッドハンティングをされた場合、どのように対処すべきなのかを解説します。

条件を正しく把握する

ヘッドハンティングされて転職に前向きな場合、まずは担当者と面談を行うことになりますが、この時に転職した際の雇用条件や給与待遇などを明確にし、冷静に判断する必要があります。

ピンポイントでのスカウトの場合、自身が主導して希望する条件を引き出し、確約を得る可能性は大きくなりますが、他にも候補者がいる場合、面談時の雇用条件を確約してもらえない可能性もあり、交渉に対しての柔軟性も低いといえます。

自身の将来的なキャリアを考えたうえで判断する

オファーされた企業の仕事が、自身のスキルを活かせるため、今後のキャリアアップにつながるものなのかを慎重に判断する必要があります。

欧米では転職=キャリアアップと捉えられており、自身の価値を高めるためであれば、異業種からのオファーにもこだわりません。

スキルや知識のみが目当てで、キャリアアップの可能性が見込めないような仕事は見極めるべきですが、オープンに可能性を探る柔軟性も必要でしょう。

企業が自身に適しているかどうか考える

転職先の企業風土などが、自身に適したものなのかを考慮する必要があります。

オファーされた仕事内容が、自身のスキルを活かしてキャリアアップにつながるものだとしても、社風や企業風土などの環境によっては、最大限の力を発揮できない可能性もあるでしょう。

転職を前向きに考慮するのであれば、インターネットや知人を通じて自身で調査したり、面談の際に担当者から情報を得るなどの努力が必要かもしれません。

詐欺ではないかどうか確認する

ヘッドハンティングを装った詐欺には充分に注意する必要があります。

特にアウトプレースメントという、社員を自主退社に追い込む手法に注意が必要で、これはリストラによる企業イメージの悪化を避けたり、解雇予告手当削減のためにヘッドハンティングが悪用される例です。スカウトマンが信用できるヘッドハンティング会社に所属しているのか、オファーされた企業の情報が正しいのか、充分に確認するべきでしょう。


ヘッドハンティングの詳しい対処法についてはこちらの記事でも紹介しています。ぜひご覧ください。

ヘッドハンティングには冷静な目が必要

ヘッドハンティングは、エグゼクティブサーチとも呼ばれています。人材を求める企業、キャリアアップを求める転職希望者、双方のニーズが合致すれば、ヘッドハンティングには大きなメリットがあるといえます。

しかし、スカウトされる=自身の価値が認められたことから、オファーに対して冷静でいられない場合も多く、判断の誤りから思わぬ結果を招いてしまいがちです。

転職というイベントに対しては、押さえるべきポイントをしっかり見極める、冷静な目が何より必要だといえるでしょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
中途採用(ヘッドハンティング)の最近更新された記事