コピー完了

記事TOP

係長の平均年齢&年収は?任される役割や役職の特徴を徹底調査!

最終更新日:
公開日:
係長の平均年齢や年収を解説!係長に任される仕事の役割や、役職として特徴などを把握していますか?係長になれる年齢や平均年収など、気になることを解説します。

【意外と知らない】係長の生体を徹底解剖!

ビジネスマンたるもの役職の定義や違いはしっかりと押さえておきたいものです。
今回は知っているようで意外と知らない「係長」という役職について、その生体を徹底解剖していきます。
役割だけでなく、気になる年収や抜擢される平均年齢など知っておいて損のない情報が盛り沢山です。
是非最後までチェックしてみてください。

係長を大解剖!平均年齢&年収、役割をご紹介!

係長の平均年齢

まず気になるポイントが「一体いつになったら自分は係長になれるのか?」といった点ではないでしょうか?こちらでは世の中のビジネスマンが係長に昇進する平均年齢をご紹介します。
係長に昇進する平均年齢はおおよそ30歳前後の場合が多いようです。あくまで平均年齢なので、その年になるまで昇進ができないというわけではありません。もっと若くして係長のポジションに就く方もいらっしゃるので、参考程度にしておいてください。
また、世の中の会社の流れとして若手を起用する傾向が強まっており、今後はもっと役職に就く平均年齢が下がっていくことが予想されております。

係長の平均年収


続いての気になるポイントとしてよく挙げられるのが「平均年収」です。
こちらでは係長の平均年収をご紹介していきます。
係長の平均年収は平成26年度の厚生労働省の調査によると、おおよそ「600万円前後」とのデータがあります。ただし、こちらもあくまで平均なので参考程度に留めておくのが無難でしょう。
また、平均年収は会社の規模によっても変化し、大手企業の方が高い傾向にあります。
ただし、中小企業は大手企業と比べて昇進スピードが早く、若い年齢で係長の平均年収に達する方も少なくありません。

係長の役割

係長の平均年齢や平均年収が分かったところで「で、係長って何する人?」という疑問にも触れておきたいと思います。
係長という役職は組織の管理職の中では一番下のポジションになります。現場に最も近い管理職とも言えるでしょう。つまり、部下のマネジメントをしながらも自ら第一線で活躍するプレイングマネージャーというイメージです。簡潔に役割をまとめると以下のようになります。

役割①:現場の部下の管理
役割②:課長職の補佐
役割③:管理職と現場をつなぐパイプ役

以上が、大まかな係長の役割です。

係長の心得


係長に昇進したら平社員の時と同じ気持ちで仕事に向かうのはNGです。こちらでは、係長という役職を担う上で押さえておきたい心得についてご紹介していきます。具体的には以下の3つです。

心得①:目標達成に向けての業務責任を負う
心得②:部下の技能を見極め、成長を促す
心得③:統率力をもって現場をまとめ上げる

現場での部下のミスや目標の未達は係長の責任です。まずはこのような責任を負うという意識を持つことが重要です。部下の成長を促し、現場をまとめ上げて目標を達成する責任を負うということを心得てください。

係長と課長の違い

"係長を担う上での心得が分かったところで、他の役職との違いについてご紹介したいと思います。まずは係長と課長の違いについてです。
係長と課長とでは役割が大きく異なります。係長から課長に昇進することで具体的に以下のような変化があります。

①:組織を管理する立場に変わる
②:自分の業務だけでなく組織全体の成果に責任を負う
③:物事を決定したり指示を出す権限が与えられる

現場をまとめる係長に対して、組織全体を管理するのが課長の役割になります。

係長と主任の違い


違いがよく分からない役職の例として挙げられがちなのが「係長」と「主任」です。こちらでは両者の違いを簡潔にご紹介します。
結論からお伝えすると両者に大きな違いはありません。また、役職の違いは所属する組織の規定によって異なるため一概には言えません。
ただし、一般的に現場の実務遂行能力が高い人に主任という役職を任せるのに対し、それだけでなくマネジメントまで求められるのが係長である、と認識されるケースが多いです。
具体的な違いが知りたい方は会社の職務権限規程をチェックしてみてください。

係長の役割&他の役職との違いまとめ

いかがでしたでしょうか?
係長の平均年齢から平均年収、求められる役割&他の役職との違いまで幅広くご紹介してきました。
係長という役職は現場で仕事ができると評価され、管理職に向けて一歩踏み出した証とも言えます。現場と上層部をつなぐ重要な役割も担えるとてもやりがいのある役職だと思います。係長という役職を任された方は特に、今回の記事を参考に係長という役職の生体を掴んで頂ければ幸いです。

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルとは

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルでは、
「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。

人気の転職エージェントTOP3

ここからは人気の転職エージェントを3つ紹介していきます。

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント

・転職成功の実績No.1
・業界トップクラスの非公開求人約20万件
・相談する時間がないという人も安心

リクルートエージェントは累計32万人の転職成功実績があり、年間23,000人以上の転職支援を行っているので年収交渉力も安心。リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約20万件と豊富。

「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」というアナタも安心。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

リクルートエージェントの評判・口コミはこちら

2位:マイナビエージェント

マイナビエージェント
・20代の転職活動におすすめ
・豊富な非公開求人
・日程調整や条件交渉などすべてお任せ

マイナビエージェントはマイナビが運営している、20代、30代前半の若手の転職に強みを持っている総合型の転職エージェントです。国内最大級の転職支援実績があり、20代に信頼されている転職エージェントNo.1の評価を得ています。また、業界の未経験者にも丁寧にアドバイスしてくれるため、特に20代のはじめての転職活動におすすめです。

マイナビエージェントの評判・口コミはこちら

3位:パソナキャリア

パソナキャリア
・2019年顧客満足度調査 No.1
・累計25万人の転職実績
・年収アップに期待大

パソナキャリアは、顧客満足度調査No.1に選ばれた転職エージェントです(オリコンが利用者3,346人、対象企業38社に対して調査)。

転職を支援した25万人分のノウハウを活かしたサポートで、転職後年収アップ率67.1%を誇ります。高確率で年収アップが期待できると言えるでしょう。

パソナキャリアの評判・口コミはこちら

【年代や性別】おすすめ転職サービス

年代20代30代40代以上
性別男性女性
転職回数はじめて2回目3回目以上
現在年収400万円以下400万円600万円700万円1000万円

【47都道府県】おすすめ転職サービス

北海道・東北地方
北海道(札幌) 青森 岩手 宮城(仙台) 秋田 山形 福島

関東地方
東京 神奈川(横浜) 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

中部地方
愛知(名古屋) 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡

近畿地方
大阪 京都 兵庫(神戸) 奈良 三重 滋賀 和歌山

中国地方
鳥取 島根 岡山 広島 山口

四国地方
徳島 香川 愛媛 高知

九州・沖縄地方
福岡(博多) 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
総務・人事の最近更新された記事