コピー完了

記事TOP

ネットワーク監視とは?必要性・監視対象・項目・方法の種類 - システム比較も

最終更新日:
ネットワーク監視とは、ネットワークに異常が起こっていないか監視することです。ネットワーク監視が必要な理由や監視項目・監視対象・監視方法など、ネットワーク監視に関する基礎知識を徹底解説します。ネットワーク監視のおすすめサービスも紹介します。

ネットワーク監視とは

ネットワーク監視とは、ネットワークが何らかの原因でダウンしたり、性能が著しく低下したりしていないかを監視することです。ネットワークの管理責任者を設けて監視することが多く、近年ではネットワーク監視システムの導入も進んでいます。

ネットワーク監視の必要性

ネットワーク監視は、レスポンスの悪化を防いだりネットワーク障害時の早期復旧をしたりする重要な役割を果たします。ネットワーク監視を導入することで、トラブルが発生する前の段階で解決を図る目的です。

障害の早期復旧は当然として、ネットワークのダウンやレスポンスの悪化が発生しないような体制を前もって整える必要性が出てきました。

ネットワーク監視が重要な理由

ネットワーク監視を導入することで、ネットワーク障害の予防や検知、早期復旧だけでなく人的コスト削減や管理コストの削減にもつながるため、企業にとって非常に重要なサービスとなってきます。

ネットワーク障害が発生すると、長時間ネットワークを利用できない可能性もあるため、大きな損失になりかねません。企業の情報を動画や音声として配信するケースが増えてきており、電話や書面のやり取りが主だった時代と比べて、たった数時間のネットワークトラブルが致命的になりうるのです。

ネットワーク監視の対象

ネットワーク監視をする対象は、大きく分けて次の4つが挙げられます。

  • ハードウェア監視
  • サービス・プロトコル監視
  • トラフィック監視
  • TRAP監視

それぞれ何を監視対象とするのか、詳しく解説します。

ハードウェア監視

ハードウェア監視は、監視対象機器のCPU使用率、メモリ使用率、ハードディスク使用率、プロセス数、ネットワーク使用状況などが対象です。性能や環境なども監視対象になります。

サービス・プロトコル監視

サービス・プロトコル監視は、インターネット上で提供されているサービスを対象としています。Webサイトがダウンしていないか、サービスに異常が出ていないかなどを監視します。

トラフィック監視

トラフィック監視は、サーバーやネットワーク機器のトラフィック量を監視し、停止や遅延が発生していないかを確認します。

TRAP監視

TRAP監視では、監視しているネットワーク機器に障害や故障を含む問題が発生した場合に通知される「TRAP」の発生有無を監視対象としています。このTRAPを監視することで、異常が起こっていないかどうかを確認可能です。

ネットワーク監視の主な監視項目と方法

ネットワーク監視の監視項目としては、主に「死活監視」「遅延監視」「経路監視」「状態監視」の4つに分類できます。これらはどれもネットワークの稼動状況を監視して、障害や性能の低下が発生する前に原因を発見して解決をはかることを目的としています。

大まかには下図のようなイメージになりますが、企業によって監視するネットワーク範囲や対象とする機器に違いが出てきます。

死活監視

死活監視とは、ネットワーク監視では最も基本的かつ重要な監視項目です。サーバーやその周りのシステムが正常に動いているか、外部から継続して監視することをいいます。

ネットワークを利用するユーザーにとって、まずは欲しい情報を与えてくれるサーバにきちんと辿り付けるかどうかが大前提であるとも言えます。死活監視はそのサーバーの役割をもつコンピュータを含めたシステムについて、継続してきちんと稼動しているかを外部から監視します。安定したネットワーク環境を維持することが狙いです。

具体的な方法として、ネットワークを通して定期的に特定の信号を送り込み、応答を確認するのが一般的です。ただし、死活監視では対象とするネットワークが正常に稼動しているかどうかを調べるのみであり、内部の状態まで精査することはありません。

遅延監視

サーバやネットワークが正常に稼動していたとしても、レスポンスに時間がかかってしまう場合があります。ユーザーはアクセスに時間がかかってしまうことによりストレスを感じますし、目的の情報になかなかたどり着かないと途中で離脱してしまうかもしれません。特に動画や音声を利用したプロモーションを行っている企業サイトでの遅延の発生は、大きな損失をもたらしかねません。

遅延監視はそういったネットワークからのレスポンスに遅延トラブルが発生していないかどうかを監視します。具体的には、アクセスに対する反応にかかった時間の変化をグラフ化する方法をはじめ、レスポンスの遅れが定常的なものかどうかを判断します。

経路監視

たとえネットワークに問題がなかったとしても、そこを利用するトラフィック(データ量)が集中してしまうと結果としてレスポンスが遅くなってしまいます。

場合によっては、アクセスそのものができなくなってしまうケースもあります。そこでネットワークを利用しているトラフィックも監視の対象となります。いわば、高速道路の混雑状況を把握するためのトラフィックカウンターや、渋滞を確認して管制センターに連絡をする交通管理隊のような役割が必要とされるわけです。

具体的にはサーバーや周囲のネットワーク機器のトラフィックを常時監視しておき、問題が発生してもすぐに対応策を取れるような体制を整えます。

状態監視

ネットワーク内にある機器の状態をなるべく詳細に監視します。ネットワークの状態が健全でも、サーバーやその他のネットワーク機器の状態に問題があればサービスが利用できなくなってしまうこともあるからです。

状態監視では対象とする危機のCPUやメモリの状態、ハードディスクの使用状況といったさまざまなリソースを監視します。それによって異常や障害が発生する前の段階で問題を特定、解決を図ることを狙いとしています。

異常が検出された際には当該機器の診断を実施し、異常検出箇所を切り分けることによって被害を最小限に抑えるといった対策をとるケースが多いです。その後リモートで復旧措置を実施したり、技術者を派遣したりして復旧を行います。

ネットワーク監視サービス比較

具体的なネットワーク監視サービスを、サービスごとの特徴とともに比較していきます。

また、こちらの記事でもネットワーク監視ツールを紹介しているので、あわせてご覧ください。

DARKTRCE Enterprise Immune System(ダークトレース)

  • 導入の手間が少ない
  • 事前の定義設定は不要
  • 未知の脅威の検出・防御

DARKTRCE Enterprise Immune Systemは、事前の定義設定は不要で導入の手間がかからないサービスです。人間の免疫システムをサイバーセキュリティに応用し、ネットワークに接続された機器の挙動を管理し、通常と異なる動きを検知することにより、新種、亜種などの未知の脅威による被害を視覚化することを可能にした自己学習型の製品です。

arGuss(アーガス)

  • 2拠点体制で24時間モニタリング
  • パブリッククラウドの監視実績有り
  • フルマネージド・プランも提供

アーガスは、クラウドサーバと物理サーバ両方に対応した、運用監視システムです。一方が昼でももう一方は昼という、「日本とバンクーバーの時差」を利用し、エンジニアが24時間監視。海外拠点ですが、サポートはすべて日本語で行われます。完全なクラウド環境ではなく、全世界にある28拠点のデータセンターの中から任意に選択したサーバを使えるようです。

ThirdEye - 株式会社ロジックベイン

ThirdEye - 株式会社ロジックベイン 画像出典:ThirdEye公式サイト

  • 分かりやすいマップ画面やダッシュボードを搭載
  • マルチベンダー対応のコンフィグ管理
  • 非監視設定を標準装備

ThirdEyeは、ネットワーク監視マネージャーとして大きな力を発揮するゲートウェイです。ICMP PingやSNMPによるTrap監視、さらに性能監視等、シンプルでありながら現在も多くのネットワーク環境において必須とされる監視を、見やすく洗練された使いやすいUIにより、手ごろな価格で導入可能です。

Watchdog(ウォッチドッグ)

  • アプリケーション異常終了の自動検知
  • IoTデバイスのハングアップ通知
  • カスタムプランではオペレータ対応可

ウォッチドッグは、タイムアウトエラーを計測し、DBやアプリケーションサーバの稼働状況をモニタリングする監視システムです。あらかじめ想定した時間内に処理結果が返ってこない場合、メールやSlackでの通知や、Watchdogからの通知をフックして他のシステムに受け渡すなどの処置を行います。

PATROLCLARICE(パトロールクラリス)

  • 無料版からクラウド版まで豊富な選択肢
  • IoT用のソリューションも有り
  • HTML・PDF・CSVレポート出力

パトロールクラリスは、サーバー・IoT混在環境でも利用できる、ネットワーク監視システムです。アプリケーションまたはクラウドサービスとして提供され、エージェントプログラムを使用しないため、迅速かつ安価に導入できます。ESXiの構成情報の監視で取得したデータを50世代まで閲覧可。CSV形式のインアウト、自由にレイアウト可の管理ダッシュボード、監視対象を可視化するマップ作成機能も備えています。

ISID-AO Service Management System(AOSMS)

  • システム規模を問わず利用できる
  • パブリッククラウドの監視可
  • 専用オペレーションセンタによる人的監視

AOSMSは、クラウド上のネットワークを見守る、リモート監視システムです。インシデント発生時には、メールあるいは電話で担当者へ即時連絡。不具合の要因を切り分け、ベンダーへのエスカレーションもサポート。障害対応時間の短縮化を見込めます。ネットワークの可用性を高め、安定稼働によって事業継続性を強化します。

System Answer(システムアンサー)

  • 障害時アラートメール・電話機能
  • サーバ応答時間を専用ページで一覧
  • クラウド系の監視パッケージも有り

システムアンサーは、SNMPやAPIなどの情報通信技術を用いて、ネットワーク性能監視システムを行うソリューションです。クラウド系の監視は「System Answer RS」を用いて行えます。システム応答時間のチェックはスマートデバイスでも可能です。エージェントを使用せずに、低負荷で動作し、広範囲のネットワークを監視します。

無線LANリモートサービス for Fortinet

  • SNMPポーリング
  • SNMPトラップ検出による状態検出
  • 365日、有人サポート対応

無線LANリモートサービス for Fortinetは、サービスセンター無線LANシステムが安定稼動しているかどうかを監視し、インシデント発生時には通知するサービスです。不要なセグメント・不審な端末・不正なアクセスポイント(正規SSIDの偽装など)の早期発見につながります。無線LANの利用状況やセキュリティ状態を把握しやすくし、システム管理者の負担を軽減します。アクシデント発生時に、リモートデスクトップ経由での復旧支援も行っています。

Scrutinizer(スクリューティナイザー)

  • ネットワークベースのアプリケーション識別
  • NetFlowや他ベンダの機器に対応
  • NBAR・NSELによる詳細な解析

スクリューティナイザーは、「シスコシステムズ」社のNetFlowに代表されるツールを用いて、トラフィック・トランザクションの流量チェックを、低価格で提供するサービスです。日本語対応。ESXi5・6系・KVM・HyperVプラットフォーム上で稼働します。NATログやファイアウォールログ、認証ログなど多種のデータを集約して解析できます。

Net LineDancer(ネット・ラインダンサー)

  • 本体・マニュアルが完全日本語対応
  • 契約解除後もDBの読込みは可
  • 顧客をサーバごとに分割管理可能

Net LineDancerは、ネットワークアプライアンスに関する情報管理を行うソフトウェアです。事業規模に合わせて使用できるクラウド版も用意されています。ネットワーク内にある各アプライアンスのコンフィグを収集して、データベースを自動構築し、アクセスコントロール。ノード数の増減がある場合、月度内の最大ノード数が課金対象となります。

LogStare Collector(ログステアコレクター)

  • 無料で全機能を利用可能
  • ネットワークアプライアンスを自動監視
  • ログをキーワード検索

ログステアコレクターは、ネットワークログ、およびSYSLOG・WMIイベントログを監視するWindows・Linuxベースのフリーソフトウェアです。あらかじめ設定した項目を、自動的に監視しログ収集する「オートディスカバリ機能」を備えています。ネットワークの状態をレポートにまとめ、ブラウザから確認可能。Pingによる死活監視や、TCPコネクションログを精査してポートを監視。エージェントレス方式のためすぐに使い始められます。

OPS

  • 自動運用AIと有人監視
  • システム障害をナレッジ化し発生時刻予測
  • エンジニアによる障害一次・二次対応BPO

OPSは、サーバー環境を問わず利用できる、システム運用保守の代行サービスです。システム・インシデントやアクシデントが発生した状況や時刻を記憶。BIとして活用し、次のインシデント発生時刻を予測します。予測の2時間前に自動ログインを行い、復旧作業を開始します。

Zabbix(ザビックス)

  • インシデント発生時に手順書に基づき対応
  • Zabbixによるネットワーク監視
  • DBサーバの冗長構成化などもサポート可

ザビックスは、サーバ運用を、365日代行する監視システムです。夜間や休日のみのスポット契約も可能。人的リソースの配置効率上昇や、急な事業拡大にも柔軟な対応ができます。あらかじめ対応手順を打合せておき、インシデントやアクシデントの発生時には、打合せに沿った対応を迅速に行います。

ネットワーク監視の重要性を理解しよう

インターネットが私たちの生活だけでなく、あらゆる分野のビジネス環境にも定着してから、安定したネットワーク環境を構築・維持することが企業にとって非常に重要な課題になってきました。特に商業サイトを運営している企業は、ネットワークに問題が起こることによって大きな機会損失を被るだけでなく信用問題へと発展しかねません。今や、ネットワーク障害はそれぐらい深刻な被害を引き起こす可能性のある問題なのです。

ぜひ本記事を参考にネットワーク監視についての理解を深めつつ、実際に問題が起きる前に解決できるような体制を整えておきましょう。まずは基本的な監視サービスの導入から検討してみてはいかがでしょうか?

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
ネットワーク管理ツールの最近更新された記事