コピー完了

記事TOP

スマートキャンプ、マネーフォワードグループへ参画 - SaaS普及を加速

最終更新日時:
公開日時:
記事公開時点での情報です。
スマートキャンプは11月中をめどに、マネーフォワードグループへの参画を発表しました。M&A金額は約20億円と、マネーフォワード社史上最大規模のM&Aとなります。

スマートキャンプ、マネーフォワードグループへ参画 - SaaS普及を加速

SaaS比較サイト「BOXIL(ボクシル)」を運営するスマートキャンプは2019年11月11日、マネーフォワードグループへの参画を発表しました。マネーフォワードが当社の株式72.3%を11月中に取得する予定です。

スマートキャンプは、「テクノロジーで社会の非効率を無くす」をミッションに、SaaS企業のマーケティングソリューションを提供しています。

主要事業である「BOXIL(ボクシル)」は、SaaSプロダクトを提供している企業が、効率的に見込顧客を獲得できるマーケティングプラットフォームです。掲載サービスは1,000種類以上にのぼり、SaaS導入希望企業は、各サービスの評価をもとに比較検討、資料請求ができます。

このほか、インサイドセールスを支援するBPO「BALES(ベイルズ)」および、インサイドセールスに特化したSaaS型CRM「Biscuet(ビスケット)」を通じて、見込顧客に対する営業の効率化を支援しています。

マネーフォワードは、クラウド型会計ソフトや経費精算ソフトなどを含む8つのサービスから成る「マネーフォワード クラウド」に加え、自動記帳ソフト「STREAMED」や経営分析ソフト「Manageboard」を提供し、バックオフィス業務の効率化を支援しています。

今回のグループ参画により、両社は事業展開の加速を図ります。主に次の3点が挙げられます。

(1)シナジー創出による両社事業の成長加速
・BOXIL、マネーフォワード クラウドそれぞれのデータを活用し、SaaSレコメンドエンジンを開発(予定)
・スマートキャンプのメディア運営ノウハウを活用し「マネーフォワード クラウド」の新規顧客獲得を加速

(2)オフライン事業への本格的な展開
当社サービスの見込顧客獲得を推進すべく、全国に拡がるマネーフォワードグループのネットワークを活用し、オフライン事業(展示会など)を本格的に展開

(3)人材交流及びノウハウ共有による経営力強化

今回のM&Aはマネーフォワード上場以降4社目、過去最大規模となります。スマートキャンプとマネーフォワードは、「テクノロジーで社会の非効率を無くす」という志を共にし、マーケティングとプロダクトの両面からSaaS普及に貢献。中小企業、ひいては日本全体の生産性を上げ、経済成長の牽引者になることを目指します。

スマートキャンプCEO古橋(左)、マネーフォワードCEO辻(右)

※2020年4月8日編集部追記:設定変更に伴い記事を更新しました。掲載内容は公開当時のものです。

SaaS業界レポート by ボクシル
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
SaaS業界レポート by ボクシルの最近更新された記事
B2B市場でもサブスク拡大、7年半で350%以上伸長 - Zuoraが分野別レポート
APAC成長企業500中、日本は39社 - バンドルカードのカンムが最上位
2021年注目のSaaSは? 7つのトレンド - 行政も本格的にデジタルシフト
SaaS業界レポート2020無料公開 - コロナ影響は?国内外の動向を詳しく解説【カオスマップ】
クラウドサービスの導入する前に!|特徴やトレンドを徹底解説
SaaS業界レポート/カオスマップ(2016-2017)市場規模・トレンド徹底解説!
SaaSトレンドを紐解く6つのキーワード【浅田慎二×倉林陽×前田ヒロが語る】‐ SCTX2019特集
SaaS市場規模・トレンド徹底解説!SaaS業界レポート2018(1万字超/カオスマップあり)
SaaS業界レポート2019概要 - 国内市場は2023年8,200億円規模へ【カオスマップ】
テレワーク17分野・296サービスのカオスマップ公開 - 最新動向と導入課題・助成金を解説