CDPツールの関連情報

コピー完了

記事TOP

無料で使えるおすすめのCDPツール!ツールの特徴と選ぶ際のポイント

最終更新日:(記事の情報は現在から222日前のものです)
この記事では、無料トライアルを実施しているおすすめのCDPツールを紹介しています。有料・無料ツールの違いや選ぶ際のポイントなどをわかりやすく解説しています。導入するCDPツールを探している方はぜひ参考にしてみてください。

CDPツールとは

CDPツールとは、顧客情報の収集・統合・分析を行い、結果をビジネスに活用するためのツールです

データ収集機能やデータ統合機能、データ分析機能、アクション機能などのような機能がついており、マーケティングや営業などの顧客対応の業務を効率化する機能があります。

CDPツールを選ぶときのポイント

無料のCDPツールを選定する際は、いくつかの基準が存在します。代表的な基準について解説します。

他のサービスとの連携を確認する

CDPツールを選ぶ際は、他のサービスとの連携を確認してください。CDPツールは、データの収集・統合・分析だけでなく、データの活用にも重要な役割を果たします。そのため、他のマーケティングツールや広告ツールなどとの連携がスムーズにできるかどうかが、効果的な施策の実行に影響します。

例えば、MAツールと連携することで、顧客のセグメントや購買意欲に応じて、メールやSMSなどのキャンペーンを自動化できます。また、Web接客ツールと連携することで、顧客のWebサイト上での行動や対話データを分析し、パーソナライズされたコンテンツやオファーを表示できます。

連携できるツールの種類や数は、CDPツールによって異なります。自社で利用しているマーケティングツールや広告ツールとの連携が可能かどうかを事前に確認しましょう。

操作性や使いやすさを確認する

CDPツールを選ぶ際は、操作性や使いやすさを確認してください。CDPツールの操作性や使いやすさは、データの活用効率や品質に影響します。

操作には、データベース言語のSQLやプログラミング言語のPythonなどの知識が必要な場合もありますが、ツールによってはGUI上でドラッグ&ドロップやクリックだけで操作できるものもあります。

操作性や使いやすさは、ツールのデモやトライアルを利用して試して確認してください。自社のデータの利用部門のスキルやニーズに合わせて、最適な操作性や使いやすさを持つツールを選びましょう。

セキュリティを確認する

CDPツールを選ぶときは、データの品質やセキュリティにも注意する必要があります。データの品質とは、データが正確で最新で完全で一貫性があることを意味します。

データのセキュリティとは、データが不正なアクセスや漏洩から守られていることを意味します。CDPツールを選ぶときは、データの品質やセキュリティを保証する仕組みや対策があるかどうかを確認しましょう。

無料トライアルを実施しているおすすめのCDPツール1選

CDPツールには無料提供されているツールはありません。この項目では無料トライアルを実施しているおすすめのツールを紹介します。

【特典比較表つき】『CDPツールの資料2選』 はこちら⇒無料ダウンロード

また、一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『CDPツールの資料2選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

Mobile Marketing Cloud(MMC) - CM.com Japan株式会社

無料で利用できる機能

Mobile Marketing Cloud(MMC)は、メール配信やSMS配信、LP作成や顧客管理などの機能が利用できるCDPツールです。

無料トライアルの期間は14日間です。詳しくは公式サイトを確認してください。


自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

採用サイト作成ツール比較!失敗しない選び方・おすすめサービス
採用サイト作成ツールは、自社で簡単に魅力的な採用サイトを作成できるツールです。テンプレートや機能が豊富に揃っており...
詳細を見る

無料トライアル版と有料版の違いは?よくある機能制限と注意点

CDPツールの無料トライアル版と有料版のよくある機能制限をまとめました。

データの取り込み数や種類の制限

無料トライアル版のCDPツールを使う際はデータの取り込み数や種類に制限があることに注意してください。無料版では一定の期間や回数でデータの取り込みができない場合があります。

また、取り込めるデータの種類やソースも限られている場合があります。自分たちが必要とするデータを十分に取り込めるかどうかを確認しましょう。

データの移行や連携の制限

無料トライアル版のCDPツールを使うときは、データの移行や連携が制限されている場合があります。データの移行とは、既存のデータベースやCRMなどからCDPツールにデータを転送することです。

データの連携とは、CDPツールと他のマーケティングツールや分析ツールなどを連携させることです。データの移行や連携がスムーズにできれば、CDPツールの導入や運用が効率的になります。無料トライアル版のCDPツールを使うときは、データの移行や連携にかかる時間やコスト、手順などを確認しましょう。

サポートとコンサルティングの制限

無料トライアル版のCDPツールでは、サポートやコンサルティングのサービスが受けられない、もしくは受けられても有料になる場合があります。例えば、データの取り込みや連携の方法、分析や活用のベストプラクティス、トラブルシューティングなどについて、専門的なアドバイスやサポートが得られないことがあります。

これらのサービスがないと、CDPツールの導入や運用に困難が生じる可能性があります。無料トライアル版のツールを使う前に、サポートやコンサルティングのサービスに関する条件を確認しておきましょう。

ツールを比較しましょう

自社に合うツールを選ぶには、各ツールの内容を比較することが重要です。気になるツールの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

【厳選】おすすめCDPツールをまとめてチェック!
CDPツールの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめCDPツールの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なCDPツールを含むサービスを徹底比較しています。ぜひCDPツールを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

CDPツール選び方ガイド_20231206.pptx.pdf
CDPツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
CDPツールの最近更新された記事