【図解】働き方改革とは?背景と課題、推進のポイント7つと企業事例まとめ

最終更新日: 公開日:

記事の情報は2018-01-25時点のものです。

働き方改革が必要とされる社会背景や、企業が働き方改革を推進して解決すべき2つの課題を図解し、働き方改革の基礎知識をまとめた。働き方改革を推進する7つのポイントと企業の働き方改革事例を紹介するとともに、働き方改革の最終ゴールは「知的生産性の向上」であるとの考察をまとめた。働き方改革関連法が成立したが、減らない残業や副業の是非など課題は山積だ。個人と企業が自律的に働き方改革を進める一助となれば幸いである。

企業の「働き方改革」事例紹介

ビジネスリーダーのためのウェブメディア「ビヨンド」では、働き方改革に関するニュースを中心に、ビジネス、テクノロジー、金融など、幅広く情報を発信している。ここでは、企業の働き方改革成功事例を抜粋して紹介する。

非正規の正社員化

多様な「正社員化」の成功事例、3つのパターン別に解説
(紹介企業:クレディセゾン、パナソニックエイジフリー、天陽会中央病院、アクセンチュア、モロゾフ、イケア)

ビジネスモデルの転換と非正規の正社員化を進めた事例
(紹介企業:ライザップ)

テレワーク、サテライトオフィスの活用

サテライトオフィス活用で「職住近接」の働き方改革
(紹介企業:高島屋)

「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」5社
(紹介企業:NTTドコモ、マイクロソフト、大同生命保険など)

テレワーカーのマネジメントについて
(紹介企業:米IBM、米ヤフー)

副業解禁

ソフトバンク副業解禁、背景にあったのは「社内起業不発」の事情だ
(紹介企業:ソフトバンク)

富士通に学ぶ「副業社員」と企業が良好な関係を築くために必要なこと
(紹介企業:富士通)

コニカミノルタが「副業」解禁、ダイバーシティ推進によるイノベーション創出を目指す
(紹介企業:コニカミノルタ)