ワンタイムパスワード(OTP)のサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
V-FRONTの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
様々な認証方式を提供しているから、自社に最適な方式で利用できる
V-FRONTは様々な認証方式を提供しているので、自社に最適な方式でストレスなく利用できます。 【V-FRONTの認証方式】 ・PUSH認証 ・QRコード認証 ・タッチ認証 ・Mobile OTP認証 ・OTPカード認証 ・SMS認証 ・E-mail認証 ワンタイムパスワード番号を入力が必要な製品も多いですが、毎回番号を入力するのは手間がかかります。V-FRONTなら簡単な操作で利用できる認証方式を揃えているので、ストレスフリーでセキュリティを強化できます。
2.
細やかな設定管理と利用状況レポートで、情報を守る
V-FRONTでは接続設定やアカウントを細やかに管理でき、利用状況や接続の統計情報のレポートも提供可能です。どんな状況にも柔軟に対応できるので、大切な情報をより強固に守れます。 アクセス許可を1部のIPアドレスに限定する機能や、モバイル端末を識別する機能など、社外のネットワークからのアクセスにも柔軟な設定で対応します。社外からのアクセスに対して強固なセキュリティを築きつつも、アクセス時に不便を感じることはありません。 利用状況や接続の統計情報も期間別レポートで確認できるので、セキュリティに関する課題発見にも役立てられます。
3.
導入しやすい価格体系だから、手軽にはじめられる
V-FRONTはIDごとに利用期間を月間や年間で設定できる、導入しやすい価格体系で提供されています。 二要素認証の必要性を感じながらも、導入の進まない企業は多く、価格は導入の進まない大きな原因の1つです。V-FRONTなら比較的安価で導入でき、利用期間も1年ごとなので導入しやすいといえます。 現代ではテレワークなどの働き方改革によって、社外から社内のネットワークにアクセスする機会も増えました。働き方改革の促進に伴い、すべての従業員に高いリテラシーを持たせることは年々難しくなっていきます。セキュリティの重要性は今後も確実に高まっていくでしょう。 導入しやすい価格体系のV-FRONTなら、利用する従業員数の多い企業でも手軽に導入できます。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能