コピー完了

記事TOP

コーポレートカードとは | 法人クレジットカードの支払い手段と導入メリット

最終更新日:
法人カードやビジネスカードなどのコーポレートカードは、会社などの法人向けに作られたクレジットカードです。その概要や2つの支払い手段、企業が導入するメリット、おすすめはどのカード会社なのかを解説していきます。

法人(コーポレート・ビジネス)カードとは

法人(コーポレートカード・ビジネスカード)とは、会社(企業)向けに作られた法人クレジットカードのことです。会社が申し込みして従業員に配布し、会社の経費を精算する際などに用いられます。

コーポレートカード・ビジネスカードの違いは次のとおりです。

  • コーポレートカード = 大規模企業または従業員数の多い会社向け
  • ビジネスカード = 中小企業や個人事業主向け

コーポレートカードは大規模企業または従業員の多い会社向けのもので、ビジネスカードは中小企業や個人事業主向けのカードです。

コーポレートカード・ビジネスカードは、上手に使うことでコスト削減や業務の円滑化、優待など、大きなメリットがあります。

>>>【年会費無料/利用枠1000万円など】法人カードのランキングTOP8をチェックする

コーポレートカードの支払手段

コーポレートカードには、「会社決済」と「個人決済」2つの支払手段があります。

「会社決済」の場合は、コーポレートカードでの買い物代金はすべて会社口座から支払われます。すべての支払が一元管理できるので、経費の処理はかなりスムーズになります。ただ、従業員が不正利用をしないよう注意が必要です。

「個人決済」の場合は、指定された個人の口座からカード料金を支払う形です。中には経費精算用の社員名義の個人口座を作り、その口座から引き落としする場合もあります。一旦は個人から支出されるので、その前後に企業から個人の口座に料金を振り込むという作業が発生します

また、審査の基準もそれぞれ異なっており「会社決済」は会社の代表者の信用情報で審査されるので社員個人の信用情報はそれほど左右されません。「個人決済」は社員個人の信用情報で審査されるため、場合によっては発行できない可能性もあります。

では、なぜ「個人決済」が導入されているかと言うと「原則として法人カードの個人利用は可能」だからです。法人カードで個人利用もしたい場合は「個人決済」でカードを作成して経費として利用した分を経理に精算する事になりますが、手間がかかるのでデメリットでもあります。この「個人決済」の利用を許可するのは会社の方針によって違ってくるので確認が必要です。

個人カードと法人カードの違い

通常の個人カードでは、従業員の経費精算には使用できません。

個人カードの会社経費の支払いなどは、ビジネス利用の規約で規制されている事が多く、商品の仕入れ等に個人のクレカを使い続けていると「ビジネス利用」と判断され、カードが停められてしまうこともあります。

個人事業主でも経費支払が多い場合は、法人カードの作成を検討した方が良いかも知れません。

また、キャッシング機能も個人カードの場合は概ね利用可能ですが、法人のコーポレートカード・ビジネスカードだと個人事業主や海外での利用以外は基本的に利用できません。

コーポレートカード導入のメリット

コーポレートカードを導入すると、堂々と経費をクレジットカード支払いできるのはもちろん、次のようなメリットがあります。

  • 経理ソフト連携で業務が簡素化される
  • 法人向けの特典を受けられる
  • 出張の手配などビジネスの強い味方になる
  • キャッシュフローが安定する
  • ポイントやマイルも貯まる

それぞれのメリットの内容について説明します。

経理ソフト連携で業務が簡素化される

クレジットカードで経費が計上されると、支払履歴が全てデータで管理できます。現金での経費支払であれば、レシートや領収書を会計ソフトに入力しないといけません。この数が増えると、経理担当者の人件費も増えてしまいます。

しかし、経費支払をコーポレートカードに集約することで入力の手間が激減します。freeeのようなクラウド会計ソフトであれば、コーポレートカードと連携させて、自動的に記帳することもできるようになります。

また、社員にコーポレートクレカを付与することで「立て替え払い」も不要です。会社や従業員にとっても経費関連の作業がラクになります。

法人向けの特典を受けられる

コーポレートカード・ビジネスカードは年会費が有料のものがほとんどであり、年会費が有料ということは、それだけカード利用以外の特典が充実しているということです。

ビジネスラウンジや空港ラウンジが使えたり、事務用品の優待だったりなど、さまざまな付帯サービスがつくので、自分たちが使用できるサービスを提供しているカードを選びましょう。

出張の手配などビジネスの強い味方になる

コーポレートカード・ビジネスカードは出張の手配にも大変重宝します。ホテルや航空券、カーシェアリング、現地通貨の準備、旅行保険完備など出張時の手配にとても便利です。

また、ETCカードの発行や転勤時の引っ越しサービスの優待などが付いているカードもあるのでビジネスの強い味方です。

キャッシュフローが安定する

創業・独立したてのスタートアップの場合こそ、法人カードは頼りになる存在です。

創業してすぐに利益が出て現金が手元に用意出来るとは限りません。カードを使うと実際に口座から現金が引き落としされるのは翌月または翌々月以降と期間が空きます。

少しでも現金を用意できる期間が作れるので、取引先などの締め日などをしっかり確認して運用すれば会社のキャッシュフローが改善され安定に導ける可能性があります。

ポイントやマイルも貯まる

カードを使うことによってポイントやマイルが貯まるカードも多くあります。溜まったポイントやマイルは備品や出張時の航空券などへ交換が可能です。

また、接待や出張時の食事代、ホテル代を抑えることができるのでコスト削減にも繋がります。

>>>【年会費無料/利用枠1000万円など】法人カードのランキングTOP8をチェックする

コーポレートカード(法人クレジットカード/法人カード/ビジネスカード)のまとめ

コーポレートカードは、会社としても個人事業主にもたくさんの恩恵をもたらしてくれるため、導入をおすすめします。

コーポレートカードはサービスごとで細かな違いがあり、どのコーポレートカードを選択するべきか悩む方も多いでしょう。おすすめの法人カードの一部を下記で紹介するので導入する際の参考にしてみてください。

おすすめ法人カードランキング10選比較

おすすめの法人カードを比較しやすいように表でまとめました。

カード種類 年会費 利用枠 ETC 優待
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 次年度以降20,000円(税別)、メンバー会員3,000円(税別) 個別設定 発行可(無料) JALマイル、永久不滅ポイント、国内外旅行補償、ショッピング補償など
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(グリーン) 12,000円(税別)、メンバー会員6,000円(税別) 個別設定  発行可(無料) アメックスポイントプログラム、トラベルオンライン・HISデスク、ショッピング補償など
JCBゴールド法人カード 次年度以降10,000円(税別)、メンバー会員3,000円(税別) 50万〜250万円 発行可(無料) ポイントプログラム、ショッツピング補償、国内外旅行補償、ディズニーリゾートキャンペーン・イベント招待など
ラグジュアリーカード(ブラック) 100,000円(税別)、メンバー会員25,000円(税別) 個別設定 発行可(無料) ポイントプログラム、ショッピング補償、国内外旅行補償など
UC法人カード ゴールド 10,000円(税別)、メンバー会員2,000円(税別) 50万〜500万円 発行可(無料) 永久不滅ポイント、ショッピング補償、国内外旅行補償など
JCB一般法人カード 次年度以降1,250円(税別)、メンバー会員1,250円(税別) 10万〜100万円 発行可(無料) ポイントプログラム、ショッピング補償(海外のみ)、国内外旅行補償、ディズニーリゾートキャンペーン・イベント招待など
JCBプラチナ法人カード 30,000円(税別)、メンバー会員6,000円(税別) 150万円〜 発行可(無料) ポイントプログラム、ショッツピング補償、国内外旅行補償、ディズニーリゾートキャンペーン・イベント招待など
三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド) 10,000円(税別)、メンバー会員2,000円(税別) 50万〜300万円   発行可(無料) ポイントプログラム、ショッピング補償、国内外旅行補償、プラスEXなど
三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック) 1,250円(税別)、メンバー会員400円(税別) 10万〜80万円 発行可(無料) ポイントプログラム、ショッピング補償(海外のみ)、海外旅行補償、プラスEXなど
ライフカードゴールドビジネス 2,000円(税別)、メンバー会員2,000円(税別) 10万〜500万円 発行可(無料) ポイントプログラム、国内外旅行補償など

下記へ各カードごとの特徴や詳細について詳しく説明します。

1位:NTTファイナンス Bizカード


お申し込み対象 法人または個人事業主
年会費 無料
カード利用枠 個別設定
メンバー会員 無料
ETC 発行可(500円(税別)/枚)
旅行傷害保険 最高2000万円(利用付帯)
ショッピング補償 年間300万円
ポイント制度 各種景品と交換可能

NTTファイナンス Bizカード」はNTTグループの法人カードです。年間費無料でポイント還元率1%でお得に使えます。また、法人向けの割引価格で購入できるAmazon Businessも利用可能です。

2位:三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)


お申し込み対象 法人または個人事業主
年会費 1,250円(税別)
カード利用枠 10万円~80万円
メンバー会員 400円(税別)
ETC 発行可(無料)
旅行傷害保険 海外 最高2000万円
ショッピング補償 最高 100万円(海外のみ)
ポイント制度 ワールドポイント
電子マネー iD、WAON、Apple Pay、プラスEX、PiTaPa

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)」は、満20歳以上の個人事業者もしくは中小企業代表者の方(従業員の方はパートナーカードを発行します)向けの法人カードになります。

三井住友ビジネスカード for Ownersは他のビジネスカードとは異なり、電子マネーが利用可能できます。コンビニや自動販売機での購入がスムーズになり便利です。

3位:JCB一般法人カード

お申し込み対象 満20歳以上の法人代表者・個人事業主の方
年会費 1,250円(税別)
カード利用枠 10万円~100万円
メンバー会員 1,250円(税別)
ETC 発行可(無料)
旅行傷害保険 国内外 最高3,000万円
ショッピング補償 年間100万円まで ※海外でのご利用のみ対象
ポイント制度 Oki Dokiポイント
電子マネー QUICPay

JCB法人カード」は格安の年会費で審査の通過率も高めのカードなので、初めて法人カードを持つ方におすすめです。JCBゴールド法人カードと同様にOki Dokiポイント貯まり、付帯サービスも豊富で有効活用出来るのでスタートアップ企業にピッタリです。

4位:ライフカードビジネス

お申し込み対象 法人様または個人事業主
年会費 無料
カード利用枠 10~500万円(500万円超の限度額設定のご相談可)
メンバー会員 3枚まで発行可能
キャッシング機能 なし
ETC あり(無料)
国際ブランド Visa / MasterCard
ポイント制度 なし

ライフカードビジネスは、法人または個人事業主向けの法人カードです。

審査条件が緩やかであることを加味すれば、最大500万円の上限はかなり大きいと言えるでしょう。

5位:三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

お申し込み対象 満30歳以上の法人代表者、個人事業主の方
年会費 10,000円(税別)
カード利用枠 50万円~300万円
メンバー会員 2,000円(税別)
ETC 発行可(無料)
旅行傷害保険 国内外 最高5000万円
ショッピング補償 国内外 最高 300万円
ポイント制度 ワールドポイント
電子マネー iD、WAON、Apple Pay、プラスEX、PiTaPa

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)」は、満20歳以上の個人事業者もしくは中小企業代表者の方(従業員の方はパートナーカードを発行します)向けの法人カードになります。

先ほど紹介したクラシックよりも一段階上の利用枠になっており、保険の対象も拡充されています。三井住友ビジネスカード for Ownersシリーズの嬉しいポイントは、さまざまな支払い方法から選べる点です。

三井住友ビジネスカードについて詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

6位:JCBゴールド法人カード

お申し込み対象 法人または個人事業主
年会費 翌年度以降 10,000円(税別)
カード利用枠 50万~250万円
メンバー会員 翌年度以降3,000円(税別)
ETC ETCスルーカードN
旅行傷害保険 海外最高1億万円 国内最高5000万円
ショッピング補償 海外・国内 最高500万円
ポイント制度 Oki Dokiポイント ポイント優待 (JCB ORIGINAL SERIES パートナー/海外ダブルポイント)
電子マネー QUICPay

JCBゴールド法人カード」は、ビジネスで活用できるサービスが豊富なことに加えOki Dokiポイントが1,000円利用ごとに1ポイント貯まり、更には海外での利用だとポイントが2倍になるなどお得な特典が多数あります。社内でのキャッシュレス化やコスト削減の強い味方です。

7位:JCBプラチナ法人カード

JCBプラチナ法人カード.png

お申し込み対象 満20歳以上の法人代表者、個人事業主の方
年会費 30,000円(税別)
カード利用枠 50万円~200万円
メンバー会員 6,000円(税別)
ETC 発行可(無料)
旅行傷害保険 国内外 最高1億円
ショッピング補償 国内外 最高 500万円
ポイント制度 Oki Dokiポイント
電子マネー QUICPay

JCBプラチナ法人カード」はJCB法人カードシリーズの最高ランクのカードです。一般、ゴールドのサービスに加え付帯補償の額も大幅アップでビジネスの頼りになる1枚です。もうワンランク上を目指す企業におすすめのカードです。

8位:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(グリーン)

お申し込み対象 法人または個人事業主
年会費 12,000円(税別)
カード利用枠 個別設定
メンバー会員 6,000円(税別)
ETC 発行可(無料)
行傷害保険 国内外最高5000万円(自動付帯)
ショッピング補償 国内・海外 最高500万円
ポイント制度 メンバーシップ・リワード
電子マネー Apple Pay

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(法人)」は、アメックスの年会費にしては低めの設定でありながら付帯サービスが充実していることがポイントです。ショッピング補償に加え返品補償やオンライン不正利用プロテクションも付いています。食事代や交通費の清算以外にも多く活躍してくれる1枚です。

9位:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

お申し込み対象 法人または個人事業主
年会費 20,000円(税別)
カード利用枠 個別設定
メンバー会員 3,000円(税別)
ETC 発行可(無料)
旅行傷害保険 海外最高1億円、国内最高5000万円(自動付帯)
ショッピング補償 国内・海外 年間300万円
ポイント制度 永久不滅ポイント
電子マネー ETC、iD、Apple pay、QUICPay

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」はアメリカンエキスプレスブランドの中でも珍しく、招待がなくてもプラチナカードへのお申し込みが可能です。また、年間200万円以上カードを利用すると翌年の年会費が半額になる嬉しい特典があります。

10位:ラグジュアリーカード(ブラック)

ラグジュアリーカード(ブラック)

お申し込み対象 法人または個人事業主
年会費 100,000円(税別)
カード利用枠 個別設定
メンバー会員 25,000円(税別)
ETC 発行可(無料)
旅行傷害保険 海外:最高1億2000万円 国内:最高1億円
ショッピング補償 国内・海外 最高300万円
ポイント制度 1.25%相当還元率のポイントプログラム

ラグジュアリーカード(ブラック)」は、重厚感のある金属製カードで持っているだけでステータスの高さを感じる1枚です。

年会費は高額ではありますが、国内外の旅行補償は最高1億円以上だったり付帯サービスが充実しています。ステータスの高さで選ぶならラグジュアリーカード(ブラック)がおすすめです。

本記事は、一部アフィリエイトプログラムを利用し、編集部で「ユーザーに薦められる」と判断したサービスを紹介しております。商品に関するお問い合わせは、サービス提供企業へ直接ご連絡ください。万が一、当サイトをご覧いただき、サービス利用をされた場合でも、発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
一般カードの最近更新された記事