その他の関連情報

コピー完了

記事TOP

[ええじゃない課Biz×BOXIL] 注目のITツールを紹介 - 2024年1月21日放送分

最終更新日:(記事の情報は現在から164日前のものです)
TOKYO MXで放送されている「ええじゃない課Biz」は業務効率化に役立つITツールを紹介する情報番組です。SaaSマーケティングプラットフォーム「BOXIL」はIT/SaaSツールの専門家として本番組に出演。 2024年1月21日の放送内容を紹介します。

ええじゃない課Bizとは

「ええじゃない課Biz」は、業務効率化に役立つITツールを紹介する情報番組です。

<番組詳細>

番組名:ええじゃない課Biz
放送局:TOKYO MX(関東ローカル 東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城およびYouTube 他)
放送日時: 2021年4月4日(日)25:35~26:05 以降、隔週放送
ジャンル: デジタル情報番組
ターゲット: 30~35歳のビジネスパーソン
本記事では、 2024年1月21日放送の番組内で紹介された注目のITツールを一気に紹介します。## ええじゃない課Bizとは
「ええじゃない課Biz」は、業務効率化に役立つITツールを紹介する情報番組です。

ビズアシ

「ビズアシ」は、人手不足の企業をサポートする、オンラインアシスタントサービスです。

ビズアシは、ユーザー数500万人超を抱える「クラウドワークス」のデータベースを活用した、仕事のマッチング受発注サービスです。

依頼する仕事は短時間のものでも大丈夫。申し込みから最短4営業日で稼働をスタートできる点も魅力です。仕事を依頼できる人材は、ヒアリングをもとに特別なスキルを持った方やスペシャリストを厳選してビズアシが提案してくれます。

一般事務や秘書業務、データ入力、メディア運営、デザイン、経理・人事などさまざまな業務に対応。これまでビズアシが紹介した人材のお仕事継続率は95%以上にのぼります。

高い精度のマッチングと満足度の高い人材の紹介で、企業の人手不足をサポートします。

日本語カフェ

「日本語カフェ」は、オンラインでいつでも日本語を学べるサービスです。

日本で働く外国人労働者や、これから日本で働きたい外国人は、日々働きながら日本語を学ばなければなりません。しかし、仕事の合間に日本語学校に通ったり、独学で日本語を習得したりすることは難しいものです。

日本語カフェは、このような悩みを抱える外国人をサポートしてくれるサービスです。「日本語を学びたくとも学べない」外国人も、スマートフォンアプリで手軽に日本語を学べます。

日本語カフェのアプリには、「母国語解説」が採用されており、入門向けの講座は多言語に対応しています。対応言語は英語、ベトナム語、インドネシア語、中国語、フランス語にも対応。

カリキュラムは脳科学や学習心理学に基づいて作成されているため、効率よく日本語を習得できる可能性が高いことも特徴です。

外国人労働者の日本語能力は、日本で働ける期間にもかかわるものです。多くの外国人労働者を採用したい企業は、日本語カフェの導入することで、よい人材がより長く働ける環境をつくれます。

ツクルデ

「ツクルデ」は、食品製造業向けに作られた、クラウド業務システムです。

食品製造の現場では、2020年6月から義務化された衛生管理の手法「HACCAP」への対応が必要なことから、それ以前よりも数多くの記録と情報の管理に追われています。にもかかわらず、衛生記録や製造記録を紙に手書きをしているケースが多々あります。

DX推進やITツールを用いた業務効率化が求められている昨今、深刻な人手不足にある食品製造の現場においても、アナログ業務をデジタル化する動きは急務といえるでしょう。

ツクルデは、このようなアナログ業務に悩む企業をクラウドでサポートするシステムです。ツクルデを導入することで、現場の記録をタブレットや温度計などの機器を連携して、クラウドで管理できるようになります。

事前にルールを設定すると、記録された内容がルールに沿っているかを自動でチェック。ルールや基準からの逸脱を指摘し、次に必要な指示を出してくれます。これにより、記録の抜け漏れの発生を防げるのも利点です。

無料e-book「初心者でも3分で分かる Web3の基礎知識」.pdf
その他
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
その他の最近更新された記事