コピー完了

記事TOP

スモールビジネスとは?スタートアップとは違う起業形態の特徴

最終更新日時:
記事の情報は2020-04-30時点のものです。
スモールビジネスとは、少ない人手で、少ない資本でありながら、高品質のサービスを提供するビジネスについて説明した言葉です。そのスモールビジネスについて、スタートアップとの違いやメリットを紹介します。

スモールビジネスとは

スモールビジネスとは、少ない人手で、少ない資本でありながら、高品質のサービスを提供するビジネスについて説明した言葉です。

会社組織をそのものを示していることもありますが、最近は「フリーランス」「ノマドワーカー」という働き方もひろまっており、個人事業としての起業が、スモールビジネスの中でも割合を増やしています。

スモールビジネスとスタートアップ

スモールビジネスと似たビジネス用語として、「スタートアップ」があげられます。
起業は、「スモールビジネス」と「スタートアップ」に分かれると考えてください。
これらは同じビジネス形態を指す場合もありますが、微妙に意味合いが違っています。

上場等を目的にするスタートアップ

スタートアップは、革新的なビジネスモデルを作り出し、短い期間野中で急成長させることをビジネスの目標にした起業です。起業の目的は、上場や株式売却といったイグジットを得ること。事業そのものを永続的に続けることが重要なのではなく、ビジネス自体の価値を短期間で最大化するということに焦点を当てます。ポイントは、イノベーション

既存のものとは違う、新しいサービスを生み出しますから、エンジニアが創立メンバーに参画していることが多いですね。ゼロから新しいものを生み出すので、リスクは大きくなりがちです。

スタートアップのように「出口戦略を考えながら、起業を行う」という考えは、まだ日本では少ないかもしれません。

しかし、最近は若手起業家を中心に、スタートアップを志すベンチャー企業も増えています。その背景として、クラウドファンディングや投資ファンドの設立により、資金調達がやりやすくなったことが挙げられるでしょう。

経営の安定を目指すスモールビジネス

一方、スモールビジネスは上場や株式売却を目指してはいるわけではありません。「小規模ではあるものの、優良な中小企業・ベンチャー企業」であるスモールビジネスの目的は、会社経営を、安定して続けることなのです。

スモールビジネスの場合は、新規のアイデアをビジネス化しなくても構わず、既存のビジネスモデルを利用した起業がほとんどです。小規模ゆえに、所有と経営が分離していないという特徴もあります。自分のやりたい仕事を、自分のペースでやるために、会社設立・独立を選んだという人が類されます。士業事務所や、フリーランスがスモールビジネスに分類されると考えると、分かりやすいですね。

スモールビジネスのメリット

スモールビジネスの特色は分かっていただけましたか。スモールビジネスとして独立すると、会社員を続けて仕事をするときに比べ、次のようなメリットがあります。

やりがいを持って、自由に仕事を楽しめる

会社員とは違って、スモールビジネスの場合は、自分のペースで仕事ができます。つまり、周りに合わせる必要がなく、自分の能力を思う存分発揮できます。

やればやるだけ収入も上がりますから、金銭面でもモチベーションが上がります。また、面倒な人間関係や、煩わしい通勤時間からも開放されるので、ストレスもなくなり仕事に打ち込めます。

ニッチ需要で大手と戦える

スモールビジネスでは、大手企業と渡り合えない…と思われる人もいるでしょう。
大企業は従業員数も多く、売上規模も大きいため、リスクが大きく、コスパも悪い小規模ビジネスには消極的です。

一方、スモールビジネスは小回りの効くサービスが強みですから、ニッチ分野や地域密着型のサービスであれば、十分に勝機があります。

逆に言うと、スモールビジネスでの起業を目指す場合は、「大きい市場」を目指すと、後から参入してきた大手に価格競争で破れてしまいかねません。

ですから、市場分析を行って、大手が手を出せない分野を狙うようにしましょう。大手が取りこぼしている需要を満たすサービスは、消費者にも喜ばれるはずです。

起業の成功には、独立時の資本をどうやって工面するかが重要されます。ですから、まずは「副業」としてビジネスを始め、ある程度収入が見込めてから独立に動くという方法もとれます。
スモールビジネスとして起業したいなら、永続的に経営を安定させられるように、多面的にリスクを考えてから判断するようにしましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
その他ビジネスの最近更新された記事