コピー完了

記事TOP

PowerPointからWordに変換して配布資料を作成する方法 | クリック6回でできる

最終更新日時:
記事の情報は2020-03-24時点のものです。
PowerPointのスライドとノートは、Word文書に変換することができます。変換することにより以下のようなメリットが挙げられます。配布資料マニュアル作成の簡単化スライド付きメモ用紙の作成が可能毎回コピー&ペーストをする時間の削減特にスライドを配

PowerPointのスライドとノートは、Word文書に変換することができます。

変換することにより以下のようなメリットが挙げられます。

  • 配布資料マニュアル作成の簡単化
  • スライド付きメモ用紙の作成が可能
  • 毎回コピー&ペーストをする時間の削減

特にスライドを配布資料として印刷したいときに役に立ちます。
本記事ではPowerPointからWordへの変換方法を誰にでもできるよう解説いたします。

PowerPointからWordに変換する

今回は以下のPowerPointスライドデータをWord資料に変換します。

(解説イメージはPowerPoint 2010のものになりますが、バージョンが違う場合でもほぼ同様の操作となっています。)

1:ファイルから「保存と送信」をクリック

PowerPoint 2013以降の場合は「保存と送信」ではなく「エクスポート」をクリックすれば配布資料の作成がでてきます。

2:「配布資料の作成」をクリック

3:「Microsoft Wordへ送信」からお好きなレイアウトを選択

Wordへ変換する際、スライドの横か下のどちらにノートを貼り付けるかを選べます。また、ノートの代わりに空白行とすることもできます。
ページレイアウトを選択してOKをクリックするとWordが自動的に起動されます。

4:Wordが自動的に起動されます

起動したWord上にスライドとノートが出力されていれば成功です。

スライドの量が多い場合は出力に時間がかかるのでしばらく待ちましょう。
画像が抜けるなどの出力がうまくいかない場合は、もう一度最初からやり直すと改善される場合があります。

下図は「スライドの横にノートがあるレイアウト」と「スライドの下にノートがあるレイアウト」の例になります。
この例のように出力されていれば、目的に合わせて保存または印刷して使用しましょう。

他のPowerPointに関する記事

PowerPointのショートカットキー攻略 | 複製・新規スライド・スライドショー・オブジェクト操作
PowerPointのショートカットキーで時短を実現!図形やスライドの複製、スライドの新規作成、スライドショーの開...
詳細を見る
PowerPointですぐ使える日本列島オブジェクト作ってみた【無料ダウンロード可】
今回、日本地図をPowerPoint上ですぐ使えて、カンタンに編集できるように、PowerPointオブジェクトで...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
資料作成代行の最近更新された記事