Article square balloon green
2016-12-22

地理空間分析とは?土地に関する情報を可視化して理解しよう!

経営企画・マーケティング
Large

地理空間分析とは何か?

地理空間分析はマーケティングを行っていない人にとってはなじみの薄い言葉であるかもしれませんが、実は私たちの生活に根付いているものです。実際にどんなことに役立っているのか、どんな方法で分析が行われているのかを紹介していきます。
マーケティングに興味のある方やありきたりの分析方法にマンネリを感じている人は一度参考にしてみてはいかがでしょうか?

地理空間分析とその目的

地理空間分析とは地図をもとにコンピューターを使って解析を行い、その土地に隠れた特徴やさまざまなデータを見つけ出す分析方法です。ここ何年かで地理空間分析を行うために必要な地理情報システム(通称GIS)の発達が著しく、携帯電話やスマートフォンについているGPS機能は広く浸透するようになりました。
数字のデータは折れ線グラフや円グラフで示されることが多いものですが、空間データはこれらのグラフでは表されにくく、代わりに地図を使って説明されることが多いです。立体的な地図を見ることで、説明される側の理解ははかどります。
地理空間分析は企業や組織のあらゆる場面で使われています。例えば新店舗の立地の決定や管理や所有権を表示する際や、路線計画とそのスケジューリングによく使われます。誰しもが見たことがある全国の天気を表す天気予報図も地理空間分析によるものです。普段は気づかないちょっとした場面でも地理空間分析は人々の役に立っています。

地理空間分析の方法

地理空間分析では基本的にアドレスマッチングから行いますが、ここでは住所を地図上にポイントしたうえで可視化します。この作業によって住所周辺のエリアの特徴を掴めるため、新店舗の立地を検討するときや効率の良いセールス計画を立てるときに役立ちます。
さらにこのデータにさまざまな位置情報を重ねていくことで、情報の空間的関連性をチェックできるのです。災害時の避難所や避難方法を決定する際にはこの方法がよくとられています。
さらに応用的手法として学区や管轄などエリアを再編するときに役立つ地域の分割、犯罪発生率を算出するときに役立つ点の分布図を面の密度図に転換するカーネル密度推定があります。最短ルートを探し出すために有効なネットワーク解析や地形情報を立体的に表現できる3D表示も地理空間分析の手法のひとつです。
目的によって分析方法も異なるため、ひとつひとつの違いを覚えて目的に合った分析方法を選ぶようにしましょう。

広がりを見せる地理空間分析の応用

GISやGPSの発達に伴い、企業のブランド戦略に地理空間情報が使われるようになってきています。例えば2014年にはアメリカの地理情報システム開発・販売会社であるEsri社がTwitterと提携し、ツイートパターンの特徴と共に、ユーザーの特性をマップ上に表示できるサービスを開始しました。ツイートを地図上で可視化することによって、製品に関する苦情のツイートがあったときにはリアルタイムで発生状況を把握でき、問題が大きくなる前に解決できる効果が期待できます。さらにどこに住んでいるどんなユーザーにフォローされているのかを知ることも可能です。
最近になってEsri社は自社が持つ地理情報をIBMが持つ分析手法に合体させて、さらに迅速に位置情報を把握できるシステムを創り出しています。今後の地理空間分析の技術はさらに高まっていくと言えるでしょう。

自分でできる地理空間分析ツール

地理空間分析は企業で専用のツールを使って行われることが多いですが、個人用にもソフトが発売されています。ここではさまざまな商品と特徴を紹介しますので、購入することを検討している人はチェックしてみましょう。

NEC「地理空間情報ブラウザ」

NECが発売している「地理空間情報ブラウザ」では仮想空間を視覚化できるだけではなく、仮想空間上の情報をマッシュアップしたり空間解析したりすることができるツールです。日本製であるため、表示もわかりやすく安心して使えるところがメリットで、アプリケーションソフトウェア起動も簡単にできます。地理空間やメタデータの表示、ルート解析やスケジューリングをする際に最適なソフトウェアです。

Esri「ArcGIS for Desktop」

アメリカのEsri社が開発・販売を行っている「ArcGIS for Desktop」はGISソフトウェアであり、地理空間情報を処理しながら分析や可視化することができます。現在は日本の企業や組織でも多く使われていますが、その理由は充実した機能にあるといっても過言ではありません。クラウドGISサービスを行っているため分析結果をみんなで共有することができ、日本語ヘルプもついているので英語が苦手な人も難なく使いこなせます。空間分析ツールの数は非常に多く、Basicタイプのものでも300を余裕で超えています。さらにツールを組み合わせることもできるので、分析方法を無限に広げることができるでしょう。GISに興味がある人におすすめしたいツールです。

地理空間分析を充実して行うために

インターネットで世界中と繋がることができる今の世の中で、どこで何が起こっているのかを把握するためには地理空間分析が欠かせません。地理空間分析を行うことによって適切な経営戦略を練ることができるでしょう。災害からの被害を少なくするためにも地理空間分析は役立ちます。

ボクシルとは

ボクシルとは、クラウドやSaaSを中心としたBtoBサービスの比較・検索サイトです。
無料登録することで、サービス資料の閲覧や、詳細情報、問い合わせをすることができます。
もちろん資料のダウンロードも無料です。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
こんなときに、便利なのがボクシルです。
また掲載していない情報についてもサービス担当者にチャットで問い合わせることも可能です!

Article whitepaper bgS3 0
経営企画・マーケティング
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事