コピー完了

記事TOP

コンピューターウイルスの感染経路とは?注意すべきポイントまで徹底解説

最終更新日時:
記事の情報は2021-01-13時点のものです。
コンピューターウイルスと聞くとなんだか怖いイメージがあると思いますが、感染経路を知ることでその多くを回避できます。今回は知ってすぐに役立つ、主な感染経路と注意すべきポイントを分かりやすく解説します。

会社でシステム部門の人から、パソコンを使用するにあたって「メールに添付されたファイルを不用意に開けないように」や、「配信元が分からないプログラムを勝手にインストールしないでください」といった注意を受けたことはありませんか?

これはウイルスメールやスパイウェア、ランサムウェアといったものたちが世界的に流行しているからです。

これらはパソコンに保存されている情報を盗んだり、パソコンを外部から操作して使えないようにしてお金を要求したりと様々な問題を引き起こします。

日常的にパソコンを使用する方であればぜひ知っておきたい、コンピューターウイルスはどんな経路で感染するかについての説明をしていきます。

コンピューターウイルスとは

コンピューターウイルスは、その「ウイルス」という名前のとおり増殖する仕組みを持ち、パソコン内のファイルに自動的に感染したり、ネットワークを介して他のパソコンにも感染したりという増殖・感染という仕組みを持っています。

コンピューターウイルスにもさまざまなタイプがあり、中にはイタズラ目的で何らかのメッセージや画像を表示するだけのものもありますが、悪質なものではハードディスクに記録されているファイルを消去したり、コンピュータを起動できなくしてしまうものまであります。

コンピューターウイルスの感染経路を紹介

①メールによる感染(HTML含む)

メールに記されたURLをクリックさせることで、コンピューターウイルスを感染させるように仕組んでいるものがあります。興味を引くような謳い文句で、URLをクリックさせようとするものが多いので、不審な送り元からのメールは注意が必要です。

②メールの添付ファイルによる感染

メールに添付されてきたファイルにコンピューターウイルスが感染していると、そのファイルを開くと感染するということがあります。悪質なものだと自分でファイルを開かなくとも、勝手にファイルを開き感染させてしまうというものも出てきています。

③インターネット経由の感染

興味を引くような画像や動画、ソフトを装い、そのファイルをダウンロードさせることによって感染させるという手口です。また、Webサイトを見に行っただけで自動的にウイルスファイルをダウンロードさせ、感染するということもあります。

④ネットワーク経由の感染

社内LANや家庭内で複数のパソコンを接続するなど、複数のパソコンを一つのネットワークで接続している場合には、一つのパソコンがコンピューターウイルスに感染することで、ネットワークを介して他のパソコンもウイルスに感染してしまうことがあります。

⑤USBメモリやDVDからの感染

USBメモリやDVDのデータ内にウイルスファイルやウイルスの実行ファイルが含まれていると、感染することがあります。知らないうちにコンピューターウイルスに感染したUSBメモリやDVDを貸し借りすることで、感染してしまうというケースもあります。

⑥不審なプログラムのインストールからの感染

Webサイトなどで「あなたのコンピュータはウイルスに感染しています」というメッセージを表示し、偽のウイルス対策ソフトを配布するサイトに誘導するというものがあります。このようなサイトからプログラムをインストールすることで、ウイルスファイルに感染してしまいます。

⑦ファイル共有ソフトからの感染

ファイル共有ソフトを使用していると、自分ないし他の人がネットワークを介してパソコンにアクセスできる状態にしているため、ネットワーク経由での感染をしてしまうことがあります。また、コンピューターウイルスに感染したファイルを共有することで感染することもあります。

おすすめのウイルス対策&セキュリティソフト

上記にて紹介したコンピューターウイルスの感染経路ですが、現在ではパソコンを使用する以上インターネットに繋がないということはほぼ無いかと思います。インターネットを利用するということは、コンピューターウイルスの脅威から完全に逃れるということは実質不可能です。

そこで、おすすめのウイルス対策&セキュリティソフトを紹介しますので、興味を持った方は是非、こちらの記事もご確認ください。

セキュリティソフト36選を比較!ウイルス対策におすすめのサービス【企業向け】
セキュリティソフト・ウイルス対策ソフトでおすすめのサービスを比較!定番や無料、企業向け、おすすめなどのカテゴリーに...
詳細を見る

感染経路をきちんと把握し適切な対策を!

パソコンの普及により、今まで手書きで行っていた書類作成やデータ作成が飛躍的に効率化が進みました。その中で、コンピューターウイルスの脅威は便利になってきたことの代償ともいえます。とはいえ、しっかりと対策を行っていればそこまで大きな脅威とならずにすることが可能です。セキュリティを最新の状態に保ち、安全かつ快適にパソコンを使用してください。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

ウイルス対策ソフト選び方ガイド
ウイルス対策・不正アクセス対策
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
ウイルス対策・不正アクセス対策の最近更新された記事
標的型攻撃対策ツール24選!さまざまな攻撃に対応したツールを紹介
セキュリティソフト36選を比較!ウイルス対策におすすめのサービス【企業向け】
標的型攻撃とは?仕組みや事例、対策 - もし被害にあったら
コンピューターウイルスとは?種類・対策・感染経路 - 感染したらどうなる?
セキュリティインシデントの基本、対応対策 | まとめ・事例と手順を解説
フィルタリングソフトとは?おすすめ10選 - 導入すべきセキュリティ問題の背景
スマホウイルス対策おすすめアプリ・ソフト | Android対応 - 無料あり
スパイウェアとは?ウイルス・マルウェア・ランサムウェアとの違い - 事例や対策方法
サイバーセキュリティ基本法とは?改正後の変更点・必要なセキュリティ対策
マルウェア対策を徹底解説!スマートフォン・対策