コピー完了

記事TOP

掛売りとは | 掛買い・決済の仕組み・メリット・デメリット

公開日:
ECサイトやネット通販の普及によって後払い決済の需要が高まっています。今回は、ビジネスパーソンとして知っておくべき経済用語「掛売り」の意味や読み方、クレジットカード決済の仕組みを徹底的に解説します!

掛売りとは

掛売りとは、売買の際に代金を後で受け取ることを前提に商品を渡すことをいいます。売掛(うりかけ)とも呼ばれます。掛売りの対象になっている代金は、「掛金」や「売掛金」と言われます。

掛売りと掛買い

この後払い(ツケ払い)の方式は、品物を売る立場の人間からは掛売り、買う立場の人間からは「掛買い」と呼ばれます。クレジットカードによる決済は、この掛買いの代表的な例です。また企業では支払い日が決まっているため、必然的に掛買いになります。

掛売りのメリット

それでは、掛売りのメリットを紹介します。

購入機会の損失を防止

顧客に現金の持ち合わせがないときにも商品やサービスを売ることができるので、購入機会の損失を防止できます。

購入単価の増加

高額な商品を扱っていたとしても、分割して受け取るなどの工夫によって購入単価の増加が見込めます。
また、一般的に掛売りの方が単価は高くなる傾向にあります。

掛売りのデメリット

メリットがある一方で、掛売りにはデメリットもあります。

支払いの遅延、貸倒れのリスクがある

まず、取引先からの支払い遅延が発生したり、場合によっては貸倒れとなったりするリスクがあります。

未回収の掛金は「未収金」と呼ばれます。仮に代金を払っていない個人や企業が自己破産や倒産した場合に、この未収金は回収不可能となり貸倒れに陥ります。貸倒れに陥った際にこの代金を返してもらう権利は不良債権と呼ばれます。

債権管理システムをお探しの方は以下の記事をご覧ください。

クレジットカード決済の仕組み

掛売り、掛買いの代表的な例としてクレジットカードでの決済があります。以下の記事でクレジット決済の仕組みを詳しく説明しています。ぜひご覧ください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

クレジットカード決済
選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
クレジットカード決済の最近更新された記事