コピー完了

記事TOP

品質スコアとは?確認・改善の方法を徹底解説

最終更新日時:
記事の情報は2021-01-13時点のものです。
品質スコアとは、Google AdWordsで無料で確認できる、出稿している広告の価値を簡単に確認する方法です。この数値が高いと、Googleの広告が上位掲載されます。その品質スコアの確認方法と改善法について徹底解説します。

広告の出稿を検討されてる方で、品質スコアという言葉を聞いたことがあるかもしれません。品質スコアとは、GoogleへWeb広告を出稿する際にキーポイントになる指標です。

今回はその品質スコアについて紹介します。

品質スコアとは

品質スコアの基本

品質スコアとは、Googleが広告に対して評価をしたものです。
評価の基準は次に紹介する3要素になりますが、それに基づき広告の質を1〜10で数値化します。この数値が高ければ高いほど、広告主にもメリットが生まれるのです。

また、Yahoo!にも「品質インデックス」というものがありますが、これもほぼ同じようなものです。

品質スコアの要素

推定クリック率

広告にどれだけ有効なクリックが集まっているかを数値化したものです。広告の過去のクリック数とインプレッション数が関係します。

なお、広告の掲載順位や広告表示オプション、以前にユーザーがクリックした広告の認知度に影響のあるものは除いてます。

広告の関連性

キーワードと広告の関連性も重要なポイントです。
キーワードがタイトルや見出しに入っているか、本文で適切に使われているか評価されます。この関連性が高いと、品質スコアも上がります。

ランディング ページの利便性

ランディングページの利便性もGoogleによって評価される項目の一つです。
文字しかなく、ユーザーが読みづらいものだと低い評価となり、最悪の場合広告を止められてしまいます。適切に画像などを利用することが重要です。

品質スコアを上げるメリット

品質スコアが上がると、低いクリック単価でも上位に広告が掲載されるようになります。
広告順位は、クリック単価と品質スコアの掛け算になります。そのため、クリック単価が高くても、品質スコアが低いと順位が上がらないようになっているのです。費用対効果を最大化するためにも、品質スコアの向上は欠かせません。

品質スコアの確認方法

それでは、品質スコアの確認方法を紹介しましょう。

Googleアドワーズのアカウント。画面上部の「キャンペーン」→「キーワード」の順にクリック

グラフの上にあるツールバーの「表示項目」からプルダウンで「表示項目の変更」をクリック

下記のような画面が出てくるので「品質スコア」をクリックして横の矢印マークを選択

「適用」をクリックして画面が戻る

品質スコアの改善方法

それでは、品質スコアを改善するにはどのようにすれば良いのでしょうか。
先ほど、品質スコアは主に3つの指標で評価されることをお伝えしましたが、そこに関連するように広告をアップデートする必要があります。

ここでは3つの改善方法についてお伝えします。

記事と広告の統一感を出す

広告と記事の内容に統一性があるか、一度チェックしてみましょう。
当然ですが、広告文には必ず検索キーワードを含めるようにします。そのキーワードが見出しにも入っているか、そして本文に適切に入っているか確認しましょう。

また、キーワードを入れるだけでなく、意図したものと異なる意味合いを持つ検索キーワードについてはしっかり除外するようにします。こうすることで、検索キーワードと広告の統一性がより高まるためです。

クリック率を高める

クリック率についても大事な要素なので、広告文のパターンを変えて最適なものを試してください。クリックするか否かは、広告文でほぼ決まるといっても良いでしょう。

広告文の作り方には、いくつかパターンがありますので、それを踏まえて作成してみてください。
数字を入れてメリットを明確に訴求すること、また競合他社と差別化できるメリットを広告文に含めるのも有効です。

もちろん、検索キーワードを入れ込むことも忘れずに行ってください。

検索キーワードの最適化

最後に、広告のキーワードの最適化を考えましょう。
キーワードの最適化を行う際は、必ず検索クエリを確認することをおすすめします。ここを確認すると、予想もしていなかったキーワードが発見でき、広告文の作成に活かすことができます。

また、運用していると検索クエリは日々増えていきます。随時チェックを行い、集客できそうなキーワードがあれば追加しましょう。

検索クエリは、いわばユーザーのニーズがキーワードになって顕在化していることになります。これを活かさない手はありません。

品質スコアを上げて、広告の費用対効果を最大化させる

ここまで、品質スコアの概要と確認方法、そして改善方法についてお伝えしました。その中でも特に重要なのが、検索キーワードの最適化です。検索クエリで入力されるキーワードをいち早く広告文に盛り込めるかが、広告の効果を上げる肝になります。ユーザーニーズをしっかり把握できるよう取り組みましょう。

品質スコアが高まることで、広告の費用対効果は最大化されます。ぜひ品質スコアを意識して広告の改善に取り組みましょう。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
その他職種の最近更新された記事