Article square balloon green
2018-08-16

ベンチャー就職のメリット・デメリットまとめ | 新卒・中途必見!【徹底解説】

人手不足のベンチャー企業が新卒採用にも力を入れはじめているため、就活時に大企業だけでなくベンチャー企業を検討する人も増えています。ベンチャー企業への就職と大企業への就職、それぞれのメリット・デメリットを説明します。
その他その他ビジネス
Large

ベンチャー企業とは

最近では「ベンチャー企業」「スタートアップ企業」などの言葉もよく使われ、ベンチャー企業が身近な存在になってきました。自分で起業するのも現実的なものになり、早くから起業や将来的な独立を考える人も少なくはありません。

そんななかで急成長しているベンチャー企業に就職先として人気が集まり、検討する人も増えています。

この記事ではベンチャー企業について詳しく解説し、ベンチャー企業に就職するメリット・デメリットを紹介します。

ベンチャー企業の特徴

ベンチャー企業の定義

ベンチャー企業とは、日本で生まれた和製英語で、明確な定義はありません。

一般的には「設立5年以内の会社」「小~中規模の会社」「ベンチャーキャピタルなどから資金援助を受けている」「既存ビジネスを参考に新ビジネスに挑戦」などの区分けポイントがあります。

日本では、グリーやサイバーエージェントなどが「ベンチャー企業」の成功例として知られていますので、成長途中の企業を指す場合もあります。

ベンチャー企業とスタートアップ企業の違い

あまりはっきりと区分けはされていませんが、ベンチャー企業は既存ビジネスを参考に株式公開を目指す企業が多く、スタートアップ企業はイノベーションを理念に掲げて一攫千金を目指している企業が多いです。

スタートアップ企業は「企業」と名はつくものの、組織形態はさまざまで会社登記をせずに、個人事業主でスタートする場合もあります。

一般的には「設立3年以内」「革新的なアイデアと技術で起業」「成長スピードが早い」といった特徴があり、今までにないアイデアや技術を使ってビジネスに参戦するので、うまくいけば桁違いのスピードで会社が成長します。

ベンチャー企業と中小企業の違い

中小企業の定義は業種別に、資本金と従業員数で明確に定められています。

創設時期や事業内容は関係なく会社の規模を示す言葉なので、定義で言えば、中小企業の中にベンチャー企業もスタートアップ企業も含まれます。一部「メガベンチャー」という、10年程度で企業価値が数千億規模に成長した企業は、中小企業から外れます。

ベンチャー就職のメリットとデメリット

ベンチャー就職のメリット

ベンチャー企業は組織が小さいので社長や上長との距離が近く、経営層の目線・考え方を身近で学べます。フラットな社風の企業が多いので、自分の意見も言いやすい環境です。

また年齢や経験に関係なく重責を任されます。社員150人規模のベンチャー企業では、新卒半年の社員が京都支社長に抜擢されたこともありました。

昇進も早く個人に与えられる裁量が大きいので、若いうちに大企業では経験できないようなスキルを磨けます。

まとめると次のようになります。

  • 若くても実績さえ出せば、早く昇進できる
  • 意見や提案を社長や経営層に言いやすい
  • いろいろな経験ができ、スキルが磨ける
就活用「リクルートスーツ」とは | 選び方・着こなし・マナー・ルールを解説 | ボクシルマガジン
ここでは、リクルートスーツの基本について紹介します。リクルートスーツに関する、色の選び方・お手入れの方法について解...

ベンチャー就職のデメリット

一方で従業員が少ないということは、ハードワークになる可能性もあります。自ら積極的に動く主体性を求められるうえ、実力主義である点もハードワークに拍車をかけています。

また設立5年以内の会社ですから、研修などの教育体制や充実した福利厚生を望むことは難しいでしょう。さらに起業したベンチャー企業の中で、95%が10年以内に倒産するため、失業のリスクもあります。

まとめると次のようになります。

  • ハードワークの可能性がある
  • 教育体制や福利厚生は整っていない場合がある
  • 失業のリスクがある

ここが違う!大企業就職とベンチャー就職

大企業vsベンチャー 揺れる就活生

就職する会社として大企業に人気が集中する中、ユニークな社風や社会貢献の可能性の高さから、ベンチャー企業も就活生にとって、ひとつの選択肢になっています。

人生のターニングポイントである就職先を判断するためにも、大企業に就職することのメリット・デメリットを押さえてから、検討するようにしましょう。

就活面接でよくある・聞かれる質問20選 | 内定を勝ち取る回答のポイント徹底解説! | ボクシルマガジン
就活面接でよくある質問集を厳選して紹介!それぞれの回答のポイントを解説していきます。面接官の意図を知り、適切に回答...

大企業の定義とは

大企業の定義は、中小企業の基準を超える企業を指します。従業員も多く、安定した経営状態の企業が多いので、大企業に就職することは自分の価値が上がると捉えて大企業を目指す人も多くいます。

メリット

大企業の事業はマーケットも大きいので、世の中にインパクトを与えるような仕事が回ってくるかもしれません。またセクハラやパワハラなどの相談機関や内部統制システムなどもしっかりとあるので、仕事だけに集中できます。

まとめると次のようになります。

  • 大規模なプロジェクトに関われる機会がある
  • 教育体制や福利厚生が充実している
  • 社会的知名度が高く、銀行融資なども受けやすいので安定した生活が見込める

デメリット

大企業は基本的にプロジェクトチーム制を導入しているので、個人にスポットが当たりにくく、自分がどれだけ貢献しているのか見えず、モチベーションを保ちにくい点があります。また根底には年功序列の風土が残っているので、早期のキャリアアップは難しいのが大企業です。

まとめると次のようになります。

  • 会社に対する貢献を感じにくい
  • 就業規則などが細かく決まっているので、息苦しさを感じる
  • 昇進にある程度の時間がかかる

自分の軸をもとに企業を選ぼう

大企業とベンチャー企業には、それぞれ魅力があります。
「大企業に入社したから安心」「ベンチャー企業に入ったから昇進が早い」とは限りません。
自分のやりたい事、社風を含めた働く環境と将来性で判断して、自分に合った選択ができるかが重要です。

インターン制度もあるので、ぜひ参加して社風を実際に感じて合う合わないを判断しましょう。

スマートキャンプでは、長期インターンシップを募集しています。実務を通じてWebマーケティングとコンテンツSEOを学びませんか?主に、BtoBサービス情報メディア「ボクシルマガジン」とニュースメディア「ビヨンド」の運営に携わっていただきます。さらに、メディア業務以外にも「経理」「人事」「総務」のバックオフィス、経験者であればエンジニアインターンにも参加可能です。

ベンチャー就職適性

ベンチャー企業に向いている人

ベンチャー企業は「チャレンジ精神」が求められハードワークになる傾向もあるので、性格面では向上心があり、好奇心旺盛タフな方が向いています。

また不確実なことが多く、変化するスピードも早いので、その変化を楽しめるくらいのタフさがあると活躍できるかもしれません。

能力面では、プレゼン力が高く、情報収集能力実行力が高い人が向いています。新ビジネスを追い求めるベンチャー企業では、プレゼンの機会が多く、常にビジネスチャンスを意識して情報に反応する能力が問われます。

また変化スピードの速いベンチャー企業では、変わり続ける実行力が求められます。

ベンチャー企業に向いていない人

ベンチャー企業には大企業のような安定した組織や知名度、ブランド力はないので、仕事よりもプライベートを大切にする人や、知名度やブランドを重視する人には向いていないかもしれません。

会社を成長させることに常に全力なので、ハードワークになりがちで、勤務時間どおりに帰る生活を望む人にはおすすめできません。

また決められたとおりに仕事を進めたい人受動的に仕事をしたい人にも、ベンチャー企業は厳しい職場です。

就活面接に適するネクタイの選び方・買い方 | 色・柄の基本を解説【保存版】 | ボクシルマガジン
就活や面接でネクタイを選ぶときのポイントとは?面接で好印象を与え、就活を有利に運ぶためのネクタイの色・柄の選び方を...

今後さらに勢いを増すベンチャー就職

ベンチャー企業に就職するメリットやリスク、大企業との違いについて理解していただけたでしょうか。

ベンチャー企業は成長過程であることが多いので、10年後には大企業になっているかもしれません。創業時期に社員であったことは、ベンチャー企業が大きくなったときに、きっとポジションを押し上げてくれるでしょう。またベンチャー企業で早くから多くの経験をして、知識と人脈を得て独立する道もあります。

キャリアアップするためには、事業内容だけでなく経営理念や社風などを見て、自分に合う会社を選ぶ必要があります。

ベンチャー企業は主体性があれば成長できる機会がたくさんあるので、就職活動時には大企業だけでなく、将来性の高いベンチャー企業も選択肢の一つとして検討してみてください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
その他ビジネス
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ECC
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事