コピー完了

記事TOP

ローカル保存は容量に限界が!動画をクラウドに保存したい時の強い味方はなんと「Youtube」

最終更新日:
公開日:
動画をクラウド保存したいときに、容量が足りなくなってしまう場合がありますよね。そんな時に使えるのは、なんとYoutubeなんです。Youtubeを使った動画を保存しておく方法について紹介します。

スマホで簡単に動画を撮影できるようになって、ビジネスでもプライベートでも「残しておきたい動画」というものが増えているのではないでしょうか。

しかし、写真などに比べて容量が大きいのも動画の特徴。できるかぎり保存しておきたいと思っても、限界があります。しかも、保存している本体が故障してしまったらせっかくの思い出も水の泡。

この「保存場所」「バックアップ場所」として注目されているのが、クラウド環境です。データをクラウドサーバー上に保管することで、「いつでもどこでも」アクセスできるというメリット付き。その中でも、簡単に無料で活用できる場所としておすすめなのがYoutubeです。

「え、Youtubeにアップすると誰でも見られてしまうのでは?」と思ったあなた。いえ、そうではありません!設定次第で、とっても便利なプライベート動画倉庫として活用できるんですよ。

今回は、Youtubeに動画を保存してクラウド活用する方法をお伝えします。
2015-11-06_1539

動画置場としてYoutubeが最適なわけ

実は、Youtubeの動画はアップロードされたものが全て公開されるのではなく「非公開」という設定でアップロードすることが出来ます。利用料は無料で、無制限でアップロードできますので、その他のクラウドサービスと比べてもかなり魅力的です。

もちろん一般の人からは閲覧することは出来ません。必要に応じて、mp4形式でダウンロードすることも可能です。

非公開であっても、Google+のアカウント等で共有することで、特定の人のみ見られるようにすることも可能です。例えば、パーティーに参加した人のGoogleアカウントがあれば、その人達だけがアクセスできるようにすることが出来るのです。

むしろ、ローカルに保存しておいて、CDなどに焼いて共有するより便利ですよね。これがクラウドのすごいところです。

ただ、デメリットも有ります

webサービスであるので、もし終了してしまったら見られなくなってしまいます(あまり考えにくいですが)。
また、Youtubeは著作権に厳しいので、もしBGM等で音楽を流していた場合、削除を要求される可能性もあります。

Youtubeに動画を保存する方法

自分のアカウントを設定し、アップロードするだけです。
(Googleアカウントがあれば問題ありません)

アップロードする際に「公開」「限定公開」「非公開」という公開範囲を設定することが出来ます。アップロード後に変更することも可能です。
2015-11-06_1531
この公開範囲は、以下の様な違いがあります。

  • 公開:誰でも見られる動画。
  • 限定公開:URLを知ってる人は全員見られる。検索等ではHITしない。
  • 非公開:自分と、自分が指定した相手だけが見られる動画。相手もGoogleアカウントが必要。それ以外の人には、アドレスを送っても見ることが出来ない

つまり、クラウドサービスとして動画の保存場所に使いたい場合は、「非公開」がおすすめです。

動画をダウンロードする

自分のアップロードした動画を、mp4形式でダウンロードすることも可能です。
2015-11-06_1529

出典:https://support.google.com/youtube/answer/56100?hl=ja&ref_topic=3014328

詳しいやり方は、公式ヘルプにまとめられているので、参考にしてください。

いかがでしたか。普段、娯楽ツールとして使っている人も多いYoutube。使い方次第で、動画の保存ツールとしても活用できるのです。見方を帰ると、クラウドサービスの利用の幅が広がりますね!

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
その他ビジネスの最近更新された記事