コピー完了

記事TOP

会員限定記事

仮想空間「メタバース」に注目、 VR空間が職場や会議室になる時代って来るの?

記事の情報は2021-09-30時点のものです。
リアルでの対面が制限される中、「メタバース」というVR関連技術が改めて注目されています。フェイスブックがメタバース会議室「Horizon Workrooms」をリリースするなど、市場参入が相次ぐ状況です。仮想空間にアバターが集って仕事をする、そんな時代が来るのでしょうか。

よく目にするようになった「メタバース」

仕事はオフィスへ出勤して進める、会議や営業は相手と会って行う、との考え方は、すっかり過去のものです。ICTが発達し、モバイルネットワークが普及したことで、今ではどこからでもクラウドサービスにアクセスしたり、ウェブ会議システムを利用したりできます。

特に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックがリモートワークを強く推進し、対面が欠かせない作業以外はオンラインで済ませよう、と考える癖がつきました。

そうした影響なのか、このところ「メタバース」という技術が話題になっています。

代表格は「Second Life」

メタバースとは、(厳密な定義はされてはいませんが)アバターを介して活動できる仮想空間のことです。SF分野では古くからなじみのあるテーマで、「ニューロマンサー」や「スノウ・クラッシュ」を筆頭に、アニメ映画「サマーウォーズ」「竜とそばかすの姫」など登場する作品は数えきれません。

現実のサービスとしては、2000年代初めに登場した「Second Life」を思い浮かべる人が多いでしょう。Second Lifeの仮想世界では、ユーザーがリアルな人型アバターを操作してほかのユーザーとコミュニケーションします。「リンデンドル(L$)」と呼ばれる仮想通貨でさまざまな取引が可能なこともあり、世界的な大企業がSecond Life内で商品の販売や、発表会の開催をこぞって行ったほど期待されました。

Second Lifeを利用するには、処理能力の高いPCと高速なインターネット回線が必要です。また、操作も簡単ではなく、予想されたほどの広まりには至りませんでした。ただ、熱心なファンが多かったため、現在もサービスは提供中です。

Second Lifeほどリアルではありませんが、メタバース的な仮想現実(VR)サービスの人気は根強く、オンラインゲームの「Fortnite」や「Minecraft」、ゲーム製作プラットフォーム「Roblox」などにも同様の可能性があります。広い意味では、「あつまれ どうぶつの森」もメタバースと呼べるでしょう。

フェイスブックが火を着けたビジネス向けメタバース

メタバースが改めて注目されるようになり、なかでもフェイスブックの「Horizon Workrooms」が強いインパクトを業界に与えました。

Horizon Workroomsは、仕事で利用する会議室をVR空間で再現するサービスです。ユーザーは、腰から上だけが描かれるアバターとなって参加し、ホワイトボードを見ながら意見交換したりします。離れた人とも、同じ会議室にいる感覚でコミュニケーションができます。

出典:フェイスブック / Introducing Horizon Workrooms: Remote Collaboration Reimagined

さらに、ウェブ会議サービス「Zoom」と連携し、Horizon WorkroomsのVR空間内でZoomの一部機能が使えるようになりました。これで、ますます本物の会議室のような雰囲気が味わえそうです。

出典:フェイスブック / Zoom Meets Virtual Reality: Announcing Zoom’s Collaboration with Horizon Workrooms

ちなみに、フェイスブックは「Facebook Horizon」というソーシャルVRサービスを、2019年9月に発表しています。こちらは汎用的なSNSを仮想世界化したもので、ゲームのプレイなどが可能です。

出典:フェイスブック / Facebook Horizon

この記事は会員限定です。 登録して続きをお読みください。

会員登録(無料)のメリット
選び方ガイド
WEB会議システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
WEB会議システムの最近更新された記事