その他ビジネスの関連情報

コピー完了

記事TOP

仮想PCにチャレンジしてみたい!そんな方におくる【仮想PC構築ソフトウェア】主要3つ

最終更新日:(記事の情報は現在から3000日前のものです)
プライベートでも仮想PCの時代最近ではビジネスだけでなくプライベートでも仮想PC環境を構築する方が増えているようです。新しい環境の構築・削除が容易に出来ることから、未知のソフトウェアの動作検証に利用したり、ウイルスに感染したファイルを開くときには活

プライベートでも仮想PCの時代

最近ではビジネスだけでなくプライベートでも仮想PC環境を構築する方が増えているようです。新しい環境の構築・削除が容易に出来ることから、未知のソフトウェアの動作検証に利用したり、ウイルスに感染したファイルを開くときには活躍してくれます。

そんな仮想PC環境を構築するたには一般的に仮想PC構築用のソフトウェアを利用します。よく使用されているソフトウェアは「VMware Player」「Oracle Virtualbox」「Virtual PC」の3つです。
今回はこれらの仮想PC構築ソフトウェアの紹介及び比較を行いたいと思います。

1. VMware Player

特徴

  1. Windows、Linuxに対応
  2. ネットワーク設定が容易
  3. 無料でダウンロード出来る

解説
VMware Playerは無料で利用できる仮想PC構築ソフトウェアの中で最もポピュラーなおものです。
そのため初心者でも使い方さえ見れば簡単に仮想PC環境を構築することができます。
対応OSはWindwsとLinuxであり、Mac OSはカバーしていません。
さらにどちらかというとWindowsでの使用が推奨されています。
Windows 10での動作も確認されており、Windows XP~10まで快適に動作するようです。

【動作要件】
OS   :Windows、Linux
CPU  :1GHz以上(2GHz以上が推奨)
メモリ :1GB以上(2GB以上が推奨)
空き領域:2GB以上

VMware Player ダウンロードページ

2. Ocracle VM Virtualbox

特徴

  1. Windows、Mac OS、Linuxをカバー
  2. スナップショットやクローン機能が使える
  3. テンプレートなどが無料で提供されている

解説
Oracleが提供するVM Virtualboxは無料でありながら主要OSを全ておさえています。
ちなみにSolarisといったマイナーOSにも対応しているので、ほぼどんなパソコンでも利用できますね。
他2つにないのがスナップショットやクローン機能であり、仮想PCの利用の幅がかなり広がります。
さらにOracle VM Virutalboxでは無償でテンプレートをダウンロードしたり、開発者向けの事前構築済み仮想マシンなどもダウンロードできます。
同ソフトウェアはオープンソースなので、カスタマイズや再配布が自由に行えるのもポイントですね。

【動作要件】
OS   :Windows(XP~)、Mac OS(Intel Macのみ)、Linux、Solaris
CPU  :最低でも2コア
メモリ :1GB以上(多いほど推奨)
空き容量:8GB以上

Oracle VM Virutalboxダウンロードページ

3. Microsoft Virtual PC

特徴

  1. Windows XPモードが使える
  2. Windows で仮想PCを利用するなら最もおすすめ
  3. 無料で提供されている

解説
Windows XPモードはMicrosoft Vitual PCでしか利用できない機能であり、Windows XPの環境を構築することができます。
Windows XPのサポートが終了してから別にOSに乗り換えたがやはりWindows XPを利用したいという方にはおすすめです。
仮想PCなのでたとえウイルスに感染したとしても安心して利用できます。
Microsoft Virtual PCはWindows上でしか作動しないソフトウェアですが、その分Windowsで利用するなら同ソフトウェアが最適です。
こちらも無料で提供されているので、ホームページからダウンロードしてすぐに利用できます。

【動作要件】
OS   :Windows
CPU  :仮想化に対応したIntel、AMD、VIAプロセッサ
メモリ :2GB以上
空き容量:20MB以上

Windows Virtual PCダウンロードページ

まとめ

今回主要な仮想PC環境構築ソフトウェアを3つ紹介しましたが、いずれも無料で提供されています。
近年ウイルス対策ソフトを使用していても新種のウイルスにより侵入を許してしまうことがあるので、セキュリティの観点から見て仮想PC環境を構築することをおすすめします。

初心者ならばやはりVMware Playerがおすすめなので、是非利用検討してみてください。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

無料e-book「生産性の高い会議とは」.pdf
その他ビジネス
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
その他ビジネスの最近更新された記事