コピー完了

記事TOP

無料で使えるおすすめのWAF2選!ツールの特徴と選ぶ際のポイントを解説!

最終更新日:(記事の情報は現在から85日前のものです)
この記事では、無料で使えるおすすめのWAFを紹介しています。有料・無料ツールの違いや選ぶ際のポイントなどをわかりやすく解説しています。導入するWAFを探している方はぜひ参考にしてみてください。

【厳選】おすすめWAFをまとめてチェック!
WAFの比較表
\DL特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめWAFの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なWAFを含むサービスを徹底比較しています。ぜひWAFを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

WAFとは

WAFとは、Webアプリケーションの脆弱性を悪用したサイバー攻撃を防御するためのシステムです。不正な通信パターンを検知し、ブロックやログ保存のような機能がついており、Webサイトの改ざんや情報漏洩などのセキュリティ対策の業務を効率化する機能があります。

WAFとは?仕組みとファイアウォール・IPS/IDSとの違い、種類
WAFとは、ウィルスや不正アクセスなど、ネットワークを介した外部からの攻撃を防ぐセキュリティの一種です。WAFの仕...
詳細を見る

無料のWAFを選ぶときのポイント

無料のWAFを選定する際は、いくつかの基準が存在します。代表的な基準について解説します。

提供形態を確認する

WAFにはアプライアンス型、ソフトウェア型、クラウド型の3種類の提供形態があります。それぞれの特徴は次のとおりです。

提供形態 概要 メリット デメリット
アプライアンス型 専用のハードウェアを設置 高いセキュリティ性能、カスタマイズ性が高い 導入コストが高い
ソフトウェア型 自社サーバーにインストール 導入コストが低い サーバー負荷が高くなる可能性がある
クラウド型 インターネット経由で利用 導入が簡単、ランニングコストが低い サービス提供者のセキュリティに依存

自社のネットワーク環境に合わせて、最適な提供形態を選びましょう。

対応できる攻撃の種類を確認する

WAFはWebアプリケーションに対する様々な攻撃を防御できますが、製品によって対応できる攻撃の種類や範囲は異なります。

例えば、クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションなどの一般的な攻撃はほとんどのWAFがカバーできますが、ゼロデイ攻撃やAPI攻撃などの新しい攻撃に対応できるWAFは限られています。自社のWebアプリケーションがどのような攻撃にさらされる可能性が高いかを事前に分析し、必要な防御機能を備えたWAFを選びましょう。

サポートの充実度を確認する

WAFは導入後も定期的に設定や更新を行う必要があります。しかし、WAFの運用には専門的な知識や技術が必要なため、自社で行うのは困難な場合があります。そのため、WAFのベンダーやサービス提供者がどの程度のサポートを行ってくれるかを確認することが重要です。

例えば、シグネチャの更新やルールの設定、不正侵入の検知や対応、レポートの作成などのサービスが提供されているかどうかをチェックしましょう。また、トラブルが発生したときに迅速に対応してくれるかどうかも重要なポイントです。

無料で使えるおすすめのWAF2選

WAFの中で無料で使えるおすすめのツールを紹介します。無料の範囲でできることや機能制限などを解説しているので、WAF選びの参考にしてみてください。

AIONCLOUD WAAP(WAF) - 株式会社モニタラップ

無料で利用できる機能と制限

AIONCLOUDは、高度な防御機能とグローバル脅威情報による世界レベルの攻撃遮断能力を搭載したクラウド型WAFサービスです。AIを利用した高度な脅威インテリジェンスプラットフォームが、既存の攻撃や被害事例をリアルタイム分析し、SQLインジェクションをはじめとする様々な新型攻撃に事前対応できます。

外部からの攻撃だけでなく、システム内部からのデータ流出も防ぎます。無料でできることは、AIONCLOUDのネームサーバーを利用してドメインゾーンファイルを構成するなどです。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
ログデータアーカイブ 1か月
SIEM連携 利用できません

Shadow Daemon ‐ Linux

無料で利用できる機能

Shadow Daemonは、リクエストを傍受し、悪意のあるパラメーターをフィルターで除外するタイプのWAFです。Webアプリケーション側の開発を行う必要がありますが、さまざまなアプリケーションに利用できます。

ブラックリスト型とホワイトリスト型の両方の検出方法を採用しており、高い精度で攻撃を防ぐことができます。


自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うか検討してみましょう。

\【DL限定特典】WAFの比較表付き/

【比較表あり】WAF製品の比較21選!選び方や種類も解説
近年急速に需要が高まり、セキュリティ対策の主幹を担うようになった「WAF」。厳選された製品を比較するとともに、選び...
詳細を見る

無料と有料の違いは?よくある機能制限と注意点

無料のWAFでよくある機能の制限をまとめました。

攻撃対策の範囲の制限

無料のWAFでは、攻撃対策の範囲が限られている場合が多く、有料版に比べてセキュリティレベルが低い可能性があります。例えば、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなど、一般的な攻撃には対応できても、ゼロデイ攻撃やDDoS攻撃など、新しく複雑な攻撃には対応できないことがあります。

また、無料版ではルールの更新や適用が遅れたり、カスタマイズができなかったりすることもあります。そのため、無料のWAFを使う場合は、攻撃対策の範囲に注意して、自社サイトのリスクに合ったサービスを選ぶ必要があります。

パフォーマンスの制限

無料のWAFでは、パフォーマンスの影響が大きい場合が多く、有料版に比べてサイトの速度や応答性が劣る可能性があります。例えば、無料版ではWAFのサーバーが遠くにあったり、負荷が高かったりすることで、サイトのロード時間が長くなったり、タイムアウトが発生したりすることがあります。

また、無料版ではWAFの設定やチューニングができなかったり、不要な機能が有効になっていたりすることで、サイトのパフォーマンスに悪影響を与えることがあります。そのため、無料のWAFを使う場合は、パフォーマンスの影響に注意して、自社サイトの要件に合ったサービスを選ぶ必要があります。

サポートの制限

無料のWAFでは、サポートの制限がある場合が多く、有料版に比べてトラブルや問題の解決が遅い可能性があります。例えば、無料版ではサポートの対応時間が限られていたり、メールやチャットのみで電話やビデオ通話ができなかったりすることがあります。

また、無料版ではサポートのスタッフが専門的な知識や経験が不足していたり、対応が丁寧でなかったりすることがあります。そのため、無料のWAFを使う場合は、サポートの範囲に注意して、自社サイトの運用に合ったサービスを選ぶ必要があります。

有料ツールを検討するべきケース

企業の状況やツールに求めていることによっては、無料ツールでは叶えられないケースが存在します。有料ツールを検討したほうがよいケースをまとめているので参考にしてみてください。

サイトの規模やトラフィックが大きい場合

無料のWAFでは、サイトの規模やトラフィックに応じて、WAFの性能や安定性が低下する場合があります。例えば、無料版ではWAFの帯域幅や処理能力が制限されていたり、サイトのアクセスが急増したりすると、WAFが正常に動作しなかったり、サイトがダウンしたりすることがあります。

また、無料版ではWAFのスケーラビリティや冗長性が不十分だったり、障害やメンテナンスの対応が遅れたりすることもあります。そのため、サイトの規模やトラフィックが大きい場合は、有料サービスを検討するべきです。

複数のウェブサイトやサーバーを保護したい場合

WAFを導入する際、複数のウェブサイトやサーバーを保護したい場合は有料サービスに切り替えたほうがよいでしょう。無料版には利用できるドメインやIPアドレスの数に制限がかかっていることが多いです。

WAFを効率的に運用するためには、複数のウェブサイトやサーバーを保護できるサービスを選ぶことが大切です。

高度なセキュリティ対策が必要な場合

無料のWAFサービスは、基本的な攻撃を防ぐことができますが、高度な攻撃に対しては十分な対策ができない場合があります。例えば、DDoS攻撃という分散型サービス拒否攻撃やSQLインジェクションなどの複雑な攻撃に対しては、有料のWAFサービスの方が高い防御力を発揮します。

また、カスタマイズや設定の柔軟性も高く、自社のニーズに合わせてセキュリティレベルを調整できます。

サービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\【DL限定特典】WAFの比較表付き/

WAF選び方ガイド_20231206.pptx.pdf
WAF
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
WAFの最近更新された記事