インスタグラム「ネームタグ」とは?使い方や作り方・オリジナル加工の方法

インスタグラムのネームタグ機能とは、LINEのQRコードのようにタグをインスタグラム上でスキャンすればユーザーを簡単にフォローできる機能のことです。またQRコードと違って、自分でさまざまなアレンジを加えることが可能です。本記事ではインスタグラムのネームタグ機能の使い方や作り方について具体的に説明します。

インスタグラム「ネームタグ」とは?使い方や作り方・オリジナル加工の方法

インスタグラムのネームタグとは

インスタグラムネームタグはLINEのQRコードのように、それをインスタグラムで読み取ることによってそのコードのユーザーを簡単にフォローできる機能です。

LINEのQRコードは白黒のドットになっていて、何が書かれているかわかりませんが、インスタグラムの場合はユーザーネームが書かれていて、自分のセンスでアレンジすることも可能です。

お店のインスタグラムを宣伝したいとき、友だちなどとインスタでつながりたいときには便利な機能です。

ネームタグの使い方

では、具体的にネームタグはどのように使えば良いのかについて説明します。

ネームタグ画像が送られてきた場合

まず、ネームタグはインスタグラム上で送り合うことができます。画像が送られてきても意味がないと思われるかもしれませんが、きちんと画像からユーザーネームを読み取ることが可能です。

使用方法としては、送られてきたり、ネット上に掲載されたりしているネームタグ画像をまずスマホ内に保存してください。そして、インスタグラムを起動してフォロー追加のアイコンをクリックすると、上から2番目にネームタグをスキャンというボタンが現れますので、スキャンをクリックしてカメラを起動してください。

右上の赤枠の部分をタップします

そうするとカメラが起動されますが、画面の右上に画像フォルダのアイコンが出現しますのでそこをクリックしてください。クリックするとスマホに保存されている画像が一覧で表示されますので、その中から読み取りたいネームタグ画像を選択してください。

読み取りたいネームタグの画像をタップしてください

相手が近くにいる場合

相手が近くにいる場合は、スマホのカメラでネームタグを読み込んで登録できます。インスタグラムを起動してフォロー追加のアイコンをクリックすると、上から2番目にネームタグをスキャンというボタンが現れます。そしてスキャンのボタンを押すとカメラが起動しますので、カメラの中のユーザーネームと描かれた白い枠線にネームタグが収まるようにネームタグの位置を合わせてスキャンしてください。

赤枠内にネームタグが収まるように調整してください。

無事にスキャンが完了するとそのユーザーが検索されて、フォローするかどうかを選択できます。

ネームタグの作り方

では、ネームタグはどのように作成すれば良いのかについて説明します。ネームタグを作成する場合はプロフィール画面からネームタグ作成のアイコンをクリックします。

変更できるのは、「カラー」「絵文字」「セルフィー」の3種類です。

カラーを変える

ネームタグ作成ボタンをクリックすると、ネームタグ作成の画面に移行します。ネームタグ画面では中央に自分のネームタグが表示されています。このデザインは自分の好みで変更できます。

赤枠のネームタグ作成のアイコンをタップしてください。

画面の上部をタップすると、「絵文字」「セルフィー」に切り替わります。

赤枠の部分をタップすると切り替わります

まずはカラーを変える方法について説明します。カラーを変える際には画面上の表示をカラーにしたうえで、画面のボタンがない部分をタップしてください。タップするたびに色が変わります。

たとえばこのような色に変更できます。

カラーはデフォルトのインスタグラムのアイコンカラーの他にも5パターン用意されていて全6色の中から好きな色を選べます。

絵文字を使う

絵文字を使って、ネームタグをアレンジする方法もあります。画面の上の部分で絵文字が選択されている状態で、何もない所をタップすると選択可能な絵文字が表示されます。

現在の背景から赤枠の絵文字を使った背景に変更します。

選択できる絵文字は何百種類もあり、この絵文字の中から背景に使う絵文字を自由に選ぶことが可能です。絵文字のバリエーションは豊富で一般的に顔文字のようなアイコンやアルファベットだけではなく、スポーツや世界各国の国旗のアイコンまでさまざまな絵文字から選択できます。

変更後はこのように違う絵文字が表示されるようになります。

セルフィーを使う

次にセルフィーをネームタグに使う方法について紹介します。セルフォーとはすなわち自撮りの画像をネームタグに使う方法です。

画面の上部でセルフィーを選択すると画面中央に楕円形の枠が表示されインカメラが起動します。そしてこの楕円形の枠に自分の顔が収まるようにインカメラを操作して撮影します。すると、その画像をネームタグに使えるようになります。

真ん中の楕円の部分に顔が収まるようにカメラを調整します。

顔写真を撮影すると楕円の部分に顔写真が入ったネームタグが完成します。

オリジナル加工をする

ちなみに、インスタグラムのアカウント上から変更できるのは、「カラー」「絵文字」「セルフィー」の3種類だけですが、自分で他の画像編集ソフトを使ってオリジナル加工のネームタグを作ることが可能です。

インスタグラムのシステムはアイコンと大文字のユーザーネームがあれば認識できるので、背景画像は自由に変更可能ですし、フォントもインスタグラム上で生成されるフォントと同じようなフォントであれば使用できます。

ただし、実際に作成してみて、背景がごちゃごちゃしていたり、フォントがあまりにも違っていたりするとネームタグとして認識されない可能性もあるので、作ったオリジナルネームタグはきちんと読み取れるかチェックしてから使用してください。