インスタグラムで足跡がバレる5つの行動|削除・残さない裏技 - 検索ではつかない?

インスタグラムに足跡機能はあるのか徹底解説。インスタを使う際にどうしても気になってしまう足跡ですが、実はストーリー以外にもバレてしまうアクションがあります。意外と知らない、足跡がつく場合とつかない場合を明確に紹介します。足跡をつけない対策・対処方を知っておくことでさらに快適にインスタを活用していきましょう。

インスタグラムで足跡がバレる5つの行動|削除・残さない裏技 - 検索ではつかない?

インスタグラムにおける足跡とは?

まず結論からいうとインスタグラムにおいては、いわゆる足跡を追跡する機能はありません。つまりアカウントの検索や投稿を閲覧しても、それが相手に知られないのです。

しかし、一部のアクションでは意図せずに足跡のように通知が届いてしまうケースがあります。足跡をつけたくない方は、どんな場合に付いてしまうのかを知ることが必要となります。

足跡が付いてしまう場合

コメントやメッセージを送るなど自分からのアクションでは、通知が届いてしまい当然相手に知られます。それ以外にも以下の5つのケースでは足跡が付きます。相手に通知が届く場合と、通知は届かないが確認可能な2種類に分類できます。

ストーリーの閲覧

インスタグラムの足跡として代表的なものがストーリー(ストーリーズ)の閲覧です。ストーリーとは24時間の期限付きの動画配信機能です。投稿ごとに閲覧したすべてのユーザーが投稿者に表示される仕組みとなっています。

ストーリーの閲覧者一覧は、フィード画面かホーム画面から自分のアイコンをタッチして自分の投稿から確認できます。画面左下に閲覧人数が表示され、そのアイコンをタッチするか画面のどこかを上にスワイプすることで詳しく閲覧者を確認できます。

表示される順番について、以前は閲覧順でしたが現在では投稿ユーザーに対する関心度の高さです。自分に対してより関心がある、ユーザーが上に表示されます。ただし一番下からは自分がフォローしていないユーザーが表示される仕様になっています。

インスタグラムストーリーの使い方 | 投稿の仕方や新機能、足跡をつけずに見る方法とは | ボクシルマガジン
インスタグラムの「ストーリー」、なんとなく使っている方が多いと思いますが、実は機能が本当に豊富なんです。撮影方法だ...

DMの閲覧

インスタグラムにはダイレクトと呼ばれるDM機能があり、非公開でメッセージ交換が行えます。投稿にコメントした場合は、公開された状態であるため誰からでも見れてしまいます。そのため、ストーリーに対してコメントする場合や非公開で連絡を取りたいときにはDM機能を使います。

DMにはLINEなどのように既読を表示する機能が備わっているため、未開封のDMを開くと相手に既読の表示がされます。また、ダイレクトの画面には、ユーザーのオンライン状況が表示され、最終オンライン履歴も知ることが可能です。どちらも通知が届く訳ではありませんが、DMの画面から確認できます。

ライブ動画の視聴

ストーリーズの機能の一つにライブ動画があります。動画がリアルタイムで配信されメッセージなどもその場に投稿できます。ライブ動画配信に参加すると配信者だけでなく、閲覧しているすべてのユーザーに参加の通知が届きます。動画配信画面がグループチャットのような仕様になり、コメントが次々に流れていきます。ライブ配信のみ足跡が参加するすべての人に知られてしまうのが特徴です。

間違って投稿に「いいね!」

インスタグラムのユーザーならだれでも一度は、うっかりいいね!(Like)をしてしまった経験があるでしょう。この一番の原因は、写真をダブルタップすることで簡単にいいね!が送れてしまうことです。

いいね!をする方法は、ハートマークをタップするか写真をダブルタップするかの2種類です。間違ってハートマークを押してしまうことは少ないですが、ダブルタップはかなり多いと考えられます。スクロールしている際に更新の遅れたり一瞬止まることで、間違ってダブルタップと認識されてしまいます。

間違ってユーザーをフォロー

いいね!と同様に間違ってフォローした場合も相手に通知されてしまいます。フォロー通知が相手に届くため足跡として残ってしまいます。

足跡が付かない場合

先ほどのように何らかの形で足跡が残ってしまうアクションもありますが、逆に何も残らない場合もあります。そんなアクションをいくつか紹介していきます。

ユーザーの検索

インスタグラムの検索機能で、ハッシュタグやユーザーなどを検索できます。このとき自分のアカウントには検索履歴として表示されますが、これは非公開なので足跡が残ることはありません。もちろん検索したユーザーのホーム画面を見ても足跡は残りません。

通常投稿の閲覧

フィードに表示されているフォローしているユーザーの投稿を見ても相手には伝わりません。フィードに表示されない非フォローユーザーの投稿を閲覧しても同じです。

ツイッターからインスタグラムURLに飛ぶ

ツイッターにインスタグラムの投稿をシェアするとURLや画像を載せられます。この場合ツイッターからインスタグラムの投稿ページにジャンプするため、通知が届き足跡がつきそうですが実は何も起こりません。

スクリーンショットを撮る

投稿の画像・動画やプロフィールなどのスクショをとっても、特に通知されることはありません。ただし、DMのスクショには注意が必要です。DMで時間経過とともに消去される画像や動画のスクショをしてしまうと、相手にスクショしたことが具体的に通知されます。さらに、どちらかが画像や動画を送るまでずっと表示され続けます。

プロフィールの閲覧

どんな経路でユーザーのプロフィールを見ても足跡がつくことはありません。プロフィールへは検索からやコメントしているユーザー・フォロワーなど多くの経路で見れますが、どの方法から閲覧しても足跡はつきません。

投稿のシェア

他のユーザーの投稿はFacebookなどのSNSでシェアできます。また、リンクURLをコピーすることでどこからでも投稿に飛ばせます。この方法の場合は足跡がついたり、通知が届きそうに思えますが届きません。ただし非公開アカウント(鍵アカ)の投稿はシェアできない仕様になっています。

投稿の保存(ブックマーク機能)

ブックマーク機能に似たコレクションがあります。気になった投稿や後で見たいものを見つけたときに保存しておく機能です。追加したコレクションはまとめて見れるうえに、解除もすぐにできます。コレクション機能は完全に非公開で他のユーザーから見られることはなく、追加時に通知がいくこともありません。

IGTVの閲覧

2018年6月よりリリースされた新機能IGTVは、通常のインスタグラムの投稿やストーリーよりも長い時間の動画を投稿が可能です。ストーリーと同様にフルサイズの縦型の動画のため、足跡が付きそうな感じがしますが、2018年12月現在では足跡機能はありません。