インスタグラム 企業アカウント開設方法から活用方法まで徹底解説 | 成功事例から学ぶSNSマーケティング

近年、SNSの運用が企業においての重要なマーケティングの一つとなりました。中でも注目を集めているのがinstagramです。今回は、インスタグラムで企業アカウントを開設する重要性、開設前にすべき事、企業インスタアカウントの成功事例などを説明します。

インスタグラム 企業アカウント開設方法から活用方法まで徹底解説 | 成功事例から学ぶSNSマーケティング

インスタグラムに企業アカウントが増加している理由

現在インスタグラム(Instagram)の国内企業アカウント開設社数が1万社を突破しています。また、公式アカウント以外でも、カメラマンや美容師の方の間で「ビジネス」の目的でアカウントの運用を行っている人が急増しています。

インスタグラムでアカウント運用を開始している企業やユーザーは年々増加傾向にあり、今最も注目されているマーケティング手法の一つと言えます。誰でも直感的に操作ができ、参入のハードルが低いので今後さらに伸びると予想できます。

以下では企業アカウントが増加している理由を説明します。

1. ユーザーとの距離を縮めるため

インスタグラムが登場する以前は、企業アカウントに対して少し硬いイメージが持たれていましたが、近年ではユーザーと企業との距離が一気に縮まりました。これは、気軽に意見交換できるようになったり、会社のことを写真を通して良く知れる環境ができたからだと言えます。

また、インスタグラムでのキャラ作りを徹底している企業アカウントも存在します。そういった企業は写真を統一したり、キャプションでの口調を揃えるといった事をしてユニークなアカウントにすることで、多くのユーザーから愛されています。

このようにメルマガやHPなどでは対応できないインスタグラムならではのコミュニケーションを取れるのは、アカウント開設のメリットと言えます。

2. 企業や商品の認知度向上のため

認知の拡大方法は主に2パターンあります。1つ目はすでにアカウントをフォローしてくれているアカウントに新規投稿を閲覧してもらい、そこから口コミで広がる方法。2つ目はハッシュタグの活用し、ユーザーの投稿へ「いいね」や「コメント」を積極的に行いプロフィールに記載してある会社のURLや投稿を閲覧してもらう方法があります。

地道な作業ではありますが、自らユーザーにアクションを投げかけることで着実に認知度を広げることに繋がります。特に広告や認知度で不利な面があったローカルビジネスでは、エリアに絞ってアプローチができるので大きなメリットとなり得ます。

3. これまで届きにくかった層にリーチできる

近年、10代、20代の若い世代はテレビなどのマス媒体での発信が届きにくくなっており、マス媒体では30代以下へのリーチが難しいと言われていました。しかし、インスタの利用者の半数は10代、20代の若い世代によって構成されており、これにより企業は若者に対しても積極的にアプローチできるようになりました。

4. 炎上しにくい

インスタグラムには拡散能力はあまりなく、これはデメリットだと思われますが、実はメリットでもあります。インスタグラムはツイッターと比べて攻撃的なコメント文化がなく、どちらかというと褒め合う文化が根付きつつあります。また、リツイートの機能も公式のインスタグラムには備わっていないので炎上しにくく、比較的優しい革新的なコミュニティだと言えます。

企業アカウントを開設する前にすべき事

企業アカウントを運営するためには、いくつか決めるべきことがあります。事前に何もコンセプトやターゲットを決めて投稿をしないとうまくいかない可能性があるため、開設前にしっかりと設定する必要があります。

ペルソナ設定

マーケティングを行う際の基本となるものの1つにペルソナ設定というものがあります。ペルソナとは商品やサービスを利用する中で一番重要視される人物像のことです。まるでその人物が存在するかのように、年齢、性別、居住地、職業、年収、役職、趣味、価値観、家族構成、ライフスタイルなど他にもさまざまな項目を決めます。

ターゲットと似ていて、混同されがちですが、ターゲットの場合、年齢などは10代から20代などゆとりを持って設定するのに対して、ペルソナは年齢もピンポイントで設定します。

KPIを設定

次に、何を目標にして、どのように効果測定を行うのかというKPI設定をする必要があります。KPIとはKey Performance Indicatorの総称で、日本語では「重要業績評価指標」と言われています。KPIには、目標に向かって適切にプロセスが実行されているか計測する役割があります。
もし、KPI設定を行わずに運用すると、投稿が効果的だったのかそうでなかったのか、次に何を指標にするのかわからなくなってしまいます。

ブランドコンセプトの設定

ブランドコンセプトを設定することは企業アカウントを運営する上では必須です。
どのような世界観でインスタグラムに写真や動画を投稿するか決めることは、画像が最も大事なインスタグラム上で非常に重要です。画像の加工方法など細かく設定することが大事です。

運用ルールを設定

ブランドコンセプト同様に運用ルールを決める必要があります。
投稿に対するコメントやユーザーへのアプローチ方法など、社内の複数人で対応しても同じことがスムーズに行えるよう、予めルール決めをする必要があります。