インスタグラム「質問スタンプ」とは?使い方・返信・複数回答・使えない場合の対処法

公開日:

質問スタンプとは、質問の募集や回答をストーリーで募れるインスタグラムの新機能です。従来のアンケートと異なり、自由なテキスト編集でメッセージのやり取りが可能なため、フォロワーとのより濃厚なつながりが期待できます。一方で、新機能であるが故、一部のユーザーで使えないケースがあったり、だれが回答したのかが投稿者にはわかってしまったりという注意点もあります。それらの注意点も踏まえ、インスタ質問スタンプの使い方やトラブル時の対処法を解説します。

インスタグラム「質問スタンプ」とは?使い方・返信・複数回答・使えない場合の対処法

インスタグラムの「質問スタンプ」とは

インスタグラムの質問スタンプとは、インスタグラムのストーリーズで新たに利用可能になった「質問」スタンプ機能のことです。ユーザーがフォロワーから質問を募集したり、ユーザーが出した質問に対する回答を募ったりできる機能で、回答者はスタンプを使って自由にテキストを入力できます。

従来のインスタグラムでは、アンケートスタンプ機能が搭載されていたものの「はい」「いいえ」の回答しかできず、自由回答を得るにはサードパーティーアプリのインストールが必要でした。本記事ではインスタグラムの新機能「質問スタンプ」について解説して行きます。

インスタ質問の使い方

インスタグラムの標準機能として搭載された質問スタンプとは、どのような機能を持っているのか?まずはその使い方を解説していきます。

質問を募集する

質問を募集するには、ストーリーに質問スタンプ付の投稿をします。インスタグラムを起動して投稿したい写真を撮影、もしくは選択し、右上のスタンプマークをタップします。

スタンプ一覧が表示されたら「質問(QUESTIONS)」をタップします。

質問スタンプが表示されたら「質問はありますか?(Ask me a question?)」の部分をタップし、フォロワーへの質問をテキスト入力します。

質問スタンプのバックグラウンドをタップして背景色を変更するのも、ピンチイン・アウトでスタンプの大きさを変更するのも、ドラッグで位置を変更するのも可能です。

最後に「ストーリーズ(Your Story)」もしくは「Send To >」をタップして投稿を完了させましょう。

質問に回答する

もちろん、質問スタンプ付のストーリー投稿には、回答して返信できます。「テキストを入力...(Type something...)」をタップします。

質問スタンプに回答テキストを入力し「送信(Send)」をタップすれば、返信完了です。

質問への回答があった場合は投稿したユーザー宛に通知がされ、どのような返信があったのかも表示されます。

しかし、質問への回答があっても、元のストーリーにその内容が反映されることはありません。投稿者が質問への回答をシェアしたり、回答にレスポンスしたりするには、フォロワーからの回答を別のストーリーに取り込んで投稿する必要があります。

インスタ質問の回答へ返信

それでは、質問の回答を取り込み、新たなストーリーとしてシェアするにはどうすればいいのでしょうか?

質問の回答へメッセージを送る

上述したように、質問スタンプにフォロワーからの回答があると、だれからどのような回答があったのかが通知されます。

回答のあったストーリー投稿を開き、画面を上にスワイプすると、その内容が表示されます。

回答のスタンプをタップして表示されたメニューから「Share Response(返答をシェア)」をタップします。この「Share Response(返答をシェア)」が、フォロワーからの回答を別ストーリー投稿に埋め込み可能にするオプションです。

ストーリーズの投稿画面が起動します。通常と同じように、写真を撮影する、もしくは選択します。質問の回答に対するレスポンスという性格上、元の投稿と同じ写真を利用するとわかりやすいかもしれません。

回答が取り込まれたストーリーになるため、さらにテキストやスタンプなどの編集手法を用いたレスポンスが可能です。編集が終了したら「完了」をタップして確定させ「ストーリーズ」をタップして投稿します。

質問に対する回答内容には、Share Responseされた投稿もリンクする形で表示されます。

一斉に返信する

投稿した質問に対して複数の回答が得られた場合、一つひとつに答えていくのは大変なうえ、ストーリーの投稿数が大量になってしまうかもしれません。こうした場合、回答を一斉返信する方法も解説しておきましょう。

複数あった回答のうち、どれかひとつを選んで「Share Response(返答をシェア)」をタップし、通常の返信と同様、写真を選んで回答スタンプの位置を調整します。完了したら「保存」をタップして画像として保存します。

画像として保存したら「×」をタップして編集を「破棄(Discard)」します。

別の回答から「Share Response(返答をシェア)」をタップし、背景に先ほど保存した画像を選択します。これを回答の数だけ繰り返します。

最後に回答に対するレスポンスをそれぞれ行い、完成したら投稿します。つまり、スクリーンショットを繰り返し利用しながら一斉返信しなければなりません。標準機能として一斉返信できる機能の搭載が待たれます。

誰からの回答かバレる?

質問スタンプで気になることとしては、回答を行った場合、だれが回答しているかが第三者にわかってしまうのではないか?という点が挙げられるでしょう。

質問者にはバレる!

投稿者が質問に対するレスポンスを投稿すれば、質問内容はもちろん、その回答とレスポンスもストーリーに投稿されるため、第三者であってもその内容をすべて確認できます。

しかし、質問への回答を行う際にも表示されるとおり「投稿者が回答内容をシェアする場合、ユーザーネームは表示されない」されないため、第三者にはだれが回答したものかはわかりません。

ただし、質問の回答へメッセージを送るでも解説したように、投稿者自身にはだれからの回答であるかはわかるようになっています。つまり、投稿者への回答を匿名で行えないため、この点では注意が必要でしょう。