ファイアウォールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
 SonicWall(ソニックウォール)ファイアウォールの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
「ParnaWall(パルナウォール)」の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
特許技術のRFDPIでデータの中身まで検査
SonicWallが特許を保有るすReassembly-Free Deep Packet Inspectionはデータ(パケット)の解析とブロックを行う際、パケットの再構築が不要なテクノロジーです。 そのため、ネットワークのスループットを落とすことなく、 インバウンド/アウトバンド双方の通信がウイルス、ワーム、トロイの木馬、スパイウェア、フィッシングといった脅威に晒されているかどうかを 高速且つリアルタイムで精査することが可能です。
2.
マルチコアアーキテクチャ
SonicWallの次世代ファイアウォールは、多数のコアを搭載しているマルチコアアーキテクチャを採用しているため、パフォーマンスの劣化がなく、トラフィックの増加にもスムーズに対応することが可能です。 また、リアルタイムで脅威を検知することが可能で、ファイルサイズにも制限がありません。
3.
セキュリティと保護
SonicWallは多種多様な脅威情報の情報システムとしてCapture Threat Networkを展開しています。 経験値の高い仙人のCapture Labs Resarch Team が世界160万台以上のセンサーからまウェアのサンプルや最新の脅威情報について、「収集、分類、対策の作成、保護」の4ステップを継続的なプロセスで実施しています。
詳細を確認
1.
「ParnaWall(パルナウォール)」の特徴
SQL文の通信を監視することで、攻撃検知精度が高い *(内部検証にて、ほぼ全ての攻撃を検知、防御)データベースとアプリケーション間のSQL文の通信を監視します。
2.
半自動によるホワイトリストの作成
独自のホワイトリスト作成技術により精度の高いホワイトリストが簡単に作成、導入が可能になります。
3.
安価
従来のWAF(Web Application Firewall)の1/3程度の価格で導入が可能です。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし