ファイアウォールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ・評価
仕様
料金・費用
サービス資料
特長
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
0-
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
300,000-
情報なし
利用料
(月額)
500-
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
利用可能
無料プラン
未対応
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
無料トライアル
情報なし
無料プラン
情報なし
CheckPoint 1500 Applianceの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Cloudflare Accessの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
ParnaWallの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
SonicWall ファイアウォールの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
標準型サイバー攻撃への対策を1台に集約
CheckPointのCheck Point Security Appliancesシリーズは、1台であらゆるサイバー攻撃への対策が可能な、ファイアウォールです。 【機能の一例】 ・ファイアウォール ・IPSec VPN ・アンチウイルス、マルウェア ・サンドボックス モデルによって機能は異なりますが、ファイアウォールやIPSec VPN、ウイルスやマルウェアへの対策など、基本的なセキュリティ機能はどのモデルにも揃っています。 未知の脅威に対応可能な、サンドボックス機能搭載モデルもあり、必要な対策に応じて適切なモデルを選べます。
2.
未知と既知の脅威から、モバイル端末を保護する
Check Pointの製品ラインナップは充実しており、モバイル端末にも、さまざまなセキュリティ対策を施すことが可能です。 Check Pointのモバイルセキュリティでは、フィッシングサイトへのアクセスブロックや、偽装Wi-Fiを用いた攻撃など、さまざまなネットワークからの攻撃を防ぎます。 さらに、クラウド上のサンドボックスを利用し、未知の脅威が端末に侵入する前にシャットアウト。加えて、毎日700,000以上のマルウェア検知を基に、脅威インテリジェンスをアップデート。未知・既知のあらゆる脅威から、端末を保護します。
3.
IaaS基盤の仮想環境で、あらゆる脅威を防ぐ
Check PointにはIaaS基盤の、クラウドセキュリティのラインナップもあります。自社で物理的な設備を導入したり、ルーターなどの設定をしたりする必要はありません。 トップクラスのマルウェア検出率と、仮想環境での多層防御により、クラウド上のデータ・通信を守ります。仮想環境でマルウェアが検出された際は、感染した仮想マシンの特定、迅速な封じ込めを行い、被害を最小限に抑えることが可能です。 クラウドセキュリティの製品ラインナップも充実しており、オンプレミス同様の、強力な保護を実現できます。
詳細を確認
1.
さまざまな機能を搭載した、オールインワンなセキュリティ
FortiGateは、さまざまな機能を1つの統合した、オールインワンなセキュリティソフトです。さまざまなセキュリティ機能を統合することで、運用・管理コストを削減できます。 【FortiGateの機能例】 ・ファイアウォール ・アンチウイルス、スパム ・アンチbot ・Webフィルタリング 上記は、FortiGateの機能の一例です。従来のように「ファイアウォールはA社、アンチスパムはB社」と、セキュリティソフトをわける必要がないので、スリムな管理が可能です。 複数のセキュリティソフトにかけていた経費を一本化し、1つのソフトのみを管理すればいいため、管理コストも削減できます。
2.
高性能の暗号化VPNで、セキュリティとレイテンシ短縮を両立
FortiGateでは、高性能のIPSec VPNにより、高度かつ高速の暗号化を可能にしました。データ転送時のレイテンシを小さくし、快適な通信を実現すると同時に、保存されず通信を流れていくデータを高速で暗号化し、攻撃から守ります。 例えば、FortiGate 3960Eでは、280Gbpsの最大速度で暗号化VPNスループットを提供。データの転送量が増えても、さまざまなサービスを実行中でも、速度低下は最小限です。攻撃速度に匹敵する速度での暗号化により、リスクも最小限に抑えます。
3.
高いSSLインスペクション性能と脅威インテリジェンスの更新で、あらゆる脅威を防御
FortiGateは、高いSSLインスペクション性能と、継続的な脅威インテリジェンスの更新により、あらゆる脅威からの防御を実現しています。 高いSSLインスペクション性能により、暗号化に混ざって侵入を試みるマルウェアを複合化して検知。安全を確認したうえで通過させます。継続的な脅威インテリジェンスの更新により、未知の脅威に対しても迅速に対応。多様化する攻撃に対して、有効な保護を実現します。
詳細を確認
1.
VPN専用機器不要、パソコンなどにソフトウェアやアプリのインストールも不要。
●テレワーク環境は、システムにドメイン設定後、すぐに利用可能 ●アカウント発行後、クライアント側はソフトウェアなしで利用可能 ●最新のセキュリティが即時適用、ワンタイム・パスワード設定で万全のセキュリティを確保
2.
今までのVPNのように繋がらない、遅い、脆弱性の心配は不要
●全世界200データセンター(90カ国、その内中国本土に17カ所) ●全世界のインターネットリクエスト数の10%を処理 ●世界最速のAuthoritative DNSで40%のシェア ●世界のリバースプロキシーサービス市場で80%のシェア ●1日にブロックしたサイバー攻撃数 500憶 ●過去に軽減した最大規模のDDoS攻撃 942Gbps
3.
コスト削減!ハード不要、メンテナンス不要。キャンペーン中
●従来のVPN導入時に必要な専用の機器は不要 ●パソコンなどデバイスにソフトウェアやアプリのインストールも不要 ●ネットワーク利用料のみの月額ライセンス費用のみ(500円/1シート※)別途、初期導入費用別 ※シート数 たとえば、2つの異なるドメイン(website.comとapplications.com)があり、10人のユニークユーザーがwebsite.comにログインし、5人のユニークユーザーがapplications.comにログインする場合は、15のシートを含むAccessプランを1つ購入してください ●テレワークを応援する新型コロナ対策支援キャンペーン 最大3ヶ月間無料(8月末まで) ※ご注意事項 ・お申込みの期限は、7月31日までとさせていただきます。 ※2020年8月31日までに、元の設定に戻していただくか(無料ご利用期間終了)、継続してご利用を希望される場合は、そのまま有料契約に移行することが可能です。有料契約をご希望される場合は無料提供期間終了前までに本契約の手続きを別途行っていただく必要がございます。 ※本キャンペーンは予告なく中止、変更する場合がございます。
詳細を確認
1.
高機能なのに低価格
従来のWAF(Web・アプリケーション・ファイアウォール)では防ぎきれなかった攻撃に対応する、画期的なソリューションで、導入も非常に簡単にできます。データベースとアプリケーション間のSQL文の通信をしっかり監視します。内部検証にて、ほぼ全ての攻撃を検知、防御するなど、攻撃検知精度が高いことも認められています。また、独自のホワイトリスト作成技術により、精度の高いホワイトリストが簡単に作成、導入が可能になります。 安価ばサービスなので、従来のWAF(Web Application Firewall)の1/3程度の価格で導入が可能です。
2.
独自のエンジンにより攻撃を検知・防御
ParnaWallは、独自のエンジン(PW IE:ParnaWall Intelligent Engine)により、設定情報の自動生成、SQLインジェクションの攻撃の検知、防御をします。往来型WAFでは、SQL構文において検出する文字列を漏れなく網羅するのは困難でしたが、ParnaWallはホワイトリストのルールに一致したSQL文であっても、攻撃の可能性があるSQL文を検知し制御します。 備えられた機能を統合利用することで、データを保護するための環境をリアルタイムに最適化し、情報漏えいのリスクを軽減可能です。
3.
往来型WAFよりクラウド型を選ぶメリット
ParnaWallは、クラウド対応型データベースファイアウォールです。サーバやネットワークの複雑な設定変更作業が必要な往来型WAF(Web・アプリケーション・ファイアウォール)に比べて、ユーザー側の作業が少なく、即座に導入できます。高額な初期費用やサポート費用も必要がないので、従来型WAFの3分の1程度までコストを削減可能です。 往来型WAFは安定した運用を行うためには、専門性の高い技術者の確保が必要でしたが、クラウド型は専門の技術者を置く必要はなく、運用が容易です。
詳細を確認
1.
特許技術RFDPIによる高精度のデータ解析
SonicWalln ファイアウォールには、SonicWall社が保有する特許技術であるRFDPI(Reassembly-Free Deep Packet Inspection)というテクノロジーが搭載されています。ファイアウォールシステムでは、データ解析を行う際にパケットの再構築が必要となることが一般的ですが、このRFDPI技術によりネットワークに負荷をかけることなくセキュリティを改善することが可能です。さらにブロック対象かどうかをスキャンするデータサイズに制限がないため、解析の精度も高い点も大きな特徴の一つです。
2.
事業規模に合わせた3種類のラインアップ
SonicWall ファイアウォールには、事業規模に最適なセキュリティシステムを導入できるよう、3種類の製品ラインアップが用意されています。具体的には、有線接続や小規模な店舗・事務所で利用できる「TZエントリーモデル」、中規模ネットワークや分散型オフィスを構える企業向けの「NSAミッドレンジファイアウォールシリーズ」、大規模な分散型企業やデータセンターなどに対応した「NSSPハイエンド ファイアウォール シリーズ」の3種類です。 事業規模やユーザ数に沿ったモデルを選びやすいため、コストパフォーマンスを最大限に高められる点も魅力です。
3.
ドキュメントが日本語表記のため安心して運用できる
ファイアウォールシステムは、国内に流通しているサービスでも外資系企業による提供であることも珍しくありません。そのため自社に適したシステムを導入するには、複雑なネットワーク環境やセキュリティ対策への理解に加え、ある程度の英語力が必要となるケースも多くなります。 しかし、SonicWall ファイアウォールはドキュメントや管理画面まで全て日本語表記に対応しています。英語に明るい担当者が不在でも安心して導入することができるでしょう。さらに利用に際してのビデオチュートリアルなどサポート体制も整っているため、知識に自信がない方にも最適です。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
1年
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
利用可能
Android
利用可能
スマホブラウザ
利用可能
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし
iPhone
情報なし
Android
情報なし
スマホブラウザ
情報なし