ファイアウォールのサービス比較

今、比較中のサービスを
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
サービス名
満足度
チャート
口コミ
機能
価格
サービス資料
3つのポイント
利用条件
モバイル対応
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
情報なし
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
初期費用
情報なし
利用料
情報なし
月額/ユーザー
情報なし
ParnaWall(パルナウォール)の資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
SonicWall(ソニックウォール)ファイアウォールの資料
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
資料請求
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
1.
高機能なのに低価格
従来のWAF(Web・アプリケーション・ファイアウォール)では防ぎきれなかった攻撃に対応する、画期的なソリューションで、導入も非常に簡単にできます。データベースとアプリケーション間のSQL文の通信をしっかり監視します。内部検証にて、ほぼ全ての攻撃を検知、防御するなど、攻撃検知精度が高いことも認められています。また、独自のホワイトリスト作成技術により、精度の高いホワイトリストが簡単に作成、導入が可能になります。 安価ばサービスなので、従来のWAF(Web Application Firewall)の1/3程度の価格で導入が可能です。
2.
独自のエンジンにより攻撃を検知・防御
ParnaWallは、独自のエンジン(PW IE:ParnaWall Intelligent Engine)により、設定情報の自動生成、SQLインジェクションの攻撃の検知、防御をします。往来型WAFでは、SQL構文において検出する文字列を漏れなく網羅するのは困難でしたが、ParnaWallはホワイトリストのルールに一致したSQL文であっても、攻撃の可能性があるSQL文を検知し制御します。 備えられた機能を統合利用することで、データを保護するための環境をリアルタイムに最適化し、情報漏えいのリスクを軽減可能です。
3.
往来型WAFよりクラウド型を選ぶメリット
ParnaWallは、クラウド対応型データベースファイアウォールです。サーバやネットワークの複雑な設定変更作業が必要な往来型WAF(Web・アプリケーション・ファイアウォール)に比べて、ユーザー側の作業が少なく、即座に導入できます。高額な初期費用やサポート費用も必要がないので、従来型WAFの3分の1程度までコストを削減可能です。 往来型WAFは安定した運用を行うためには、専門性の高い技術者の確保が必要でしたが、クラウド型は専門の技術者を置く必要はなく、運用が容易です。
詳細を確認
1.
特許技術RFDPIによる高精度のデータ解析
SonicWalln ファイアウォールには、SonicWall社が保有する特許技術であるRFDPI(Reassembly-Free Deep Packet Inspection)というテクノロジーが搭載されています。ファイアウォールシステムでは、データ解析を行う際にパケットの再構築が必要となることが一般的ですが、このRFDPI技術によりネットワークに負荷をかけることなくセキュリティを改善することが可能です。さらにブロック対象かどうかをスキャンするデータサイズに制限がないため、解析の精度も高い点も大きな特徴の一つです。
2.
事業規模に合わせた3種類のラインアップ
SonicWall ファイアウォールには、事業規模に最適なセキュリティシステムを導入できるよう、3種類の製品ラインアップが用意されています。具体的には、有線接続や小規模な店舗・事務所で利用できる「TZエントリーモデル」、中規模ネットワークや分散型オフィスを構える企業向けの「NSAミッドレンジファイアウォールシリーズ」、大規模な分散型企業やデータセンターなどに対応した「NSSPハイエンド ファイアウォール シリーズ」の3種類です。 事業規模やユーザ数に沿ったモデルを選びやすいため、コストパフォーマンスを最大限に高められる点も魅力です。
3.
ドキュメントが日本語表記のため安心して運用できる
ファイアウォールシステムは、国内に流通しているサービスでも外資系企業による提供であることも珍しくありません。そのため自社に適したシステムを導入するには、複雑なネットワーク環境やセキュリティ対策への理解に加え、ある程度の英語力が必要となるケースも多くなります。 しかし、SonicWall ファイアウォールはドキュメントや管理画面まで全て日本語表記に対応しています。英語に明るい担当者が不在でも安心して導入することができるでしょう。さらに利用に際してのビデオチュートリアルなどサポート体制も整っているため、知識に自信がない方にも最適です。
詳細を確認
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし
最低利用人数
情報なし
最低利用期間
情報なし