Article square balloon green
2016-10-22

ファイアウォールのフリーソフト4選!セキュリティ対策の重要機能

ファイアウォールは本当に必要?フリーのファイアウォールソフトを入れたいという声をよく聞きますが、本当に入れるメリットがあるのでしょうか。ユーザの環境などによっては、時代にそぐわない可能性があります。そこで、おすすめのファイアウォールのフリーソフト4選を紹介していきます。
セキュリティファイアウォール
Large

本記事で掲載しているファイアウォールソフトや、紹介しきれなかったファイアウォールソフトの機能・価格をもっと詳しく比較したい方はこちらからご覧になれます。ぜひソフト選定の参考にしてみてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ファイアウォールソフトの資料を無料で一括DL

ファイアウォールは本当に必要?

フリーのファイアウォールソフトを入れたいという声をよく聞きますが、本当に入れるメリットがあるのでしょうか。ユーザの環境などによっては、時代にそぐわない可能性があります。その理由は、現在のパソコンのOSには標準でファイアウォール機能が搭載されており、その性能も向上しているためです。また、最近ではほとんどのセキュリティソフトにファイアウォール機能が搭載されています。

もちろん、OS標準のファイアウォールが使いづらいから、あるいは一時的に使用するパソコンだから、さらには最新のOSではないために別途ファイアウォールソフトが必要など、ファイアウォールソフトを入れる必要がある場合もあります。

不正な通信を遮断できるファイアウォールは、セキュリティ対策における重要な機能のひとつです。ここでは、どのような場合にファイアウォールソフトが必要なのか、標準のファイアウォールとの違いなどともに解説します。ただし、ファイアウォールだけでは十分な対策にならないことにも注意しましょう。

また、本記事の最後に番外編でウイルス対策やネットワークセキュリティに関するボクシルの記事をまとめて紹介しているのでこちらも参考にしてみてください!

中には比較表を掲載しているものもあるので参考にしてみてください。

1. ファイアウォールソフトが必要な場合とは

ファイアウォールソフトを別途用意する必要があるのは、「1. パソコンが古い」「2. OS標準のファイアウォール機能に満足できない」の2つのケースがあると思われます。それぞれのケースをみていきましょう。なお、セキュリティソフトにファイアウォール機能が搭載されていない場合もありますので、確認してみましょう。

1−1. パソコンが古い

現在、販売されている最新のパソコンでは、Windows、Mac、Linuxともに、OSに標準のファイアウォール機能が搭載されています。しかし古い型のパソコンでは、OS標準のファイアウォールの機能が十分ではなかったり、そもそもファイアウォール機能がないバージョンもあります。まずはOSのバージョンを確認しましょう。
なお、Macの場合は標準でファイアウォール機能が搭載されていますが、初期状態では無効になっているため、有効にするよう設定する必要があります。また、Linuxはほとんどのパッケージに標準でファイアウォール機能があります。

なお、Windows Me、XPはすでにメーカーサポートが終了しており、今後はたとえ重大なセキュリティホール(ぜい弱性)が発見されても、修正パッチは提供されません。こういったぜい弱性を狙った攻撃は、ファイアウォールだけでは防げないため、最新のOSへのアップグレードを検討しましょう。

1−2. OS標準のファイアウォール機能に満足できない

標準のファイアウォール機能に満足できない場合は、フリーのファイアウォールソフトを入れる価値があります。ファイアウォールソフトには、基本的にファイアウォールの機能そのものを提供するもの、つまりOSが標準で搭載しているファイアウォール機能と置き換えるものと、置き換えるのではなく機能を拡張するもの、そしてセキュリティソフトの機能のひとつとして搭載するものの3種類があります。また、詳細な設定が可能なものと自動化されているものがありますので、選択のポイントのひとつになります。

2. 代表的なフリーのファイアウォールソフト

2−1. ZoneAlarm Free Firewall

詳細に設定できる強力なファイアウォールソフト

日本語には非対応ですが、詳細な設定が可能なファイアウォールソフトの定番です。また、ファイアウォール機能のほかにID保護機能を搭載しています。

2−2. Firewall App Blocker

手軽にファイアウォール機能を強化できる

ソフトウェアの制御機能に特化したファイアウォールソフトで、ソフトのアイコンを右クリックすることで、メニューから簡単に通信の遮断を設定できます。ソフトは英語版ですが、日本語化ファイルがあります。

2−3. Windows 10 Firewall Control

Windowsファイアウォールの機能を拡張する

Windows標準のファイアウォール機能を拡張します。シンプルな操作が特長で、外部ドライブの設定にも対応します。ソフトは英語版ですが、日本語化ファイルがあります。

2−4. Privatefirewall

セキュリティ機能も持つファイアウォールソフト

ファイアウォールソフトながら、ウイルス、スパイウェア対策、キーロガー対策などを搭載するソフト。セキュリティの強度を「High」「Low」「Custom」の3レベルから選べます。ファイアウォール機能の詳細な設定も可能。日本語非対応。

3. ボクシルが特におすすめするネットワークセキュリティツール

ここでは、ボクシル編集部が厳選した、特におすすめのネットワークセキュリティツールを3サービス紹介します。

攻撃遮断くん

  • 名だたる大企業の導入実績
  • 圧倒的な低価格
  • 専任の担当者は不要

攻撃遮断くんは、Webサーバー・Webサイトのセキュリティツールです、サイバー攻撃によるサーバダウンを防ぎ、24時間365日の安心稼働が実現します。
ほぼすべてのサーバ・OSに導入可能でレンタルサーバやクラウド環境も対応になっています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
攻撃遮断くんの資料を無料DL

Cloudbric

  • Webサイトのアクセス状況を今すぐ確認
  • 危険国からのアクセスを今すぐ遮断
  • 特定のIPアドレスからのアクセスの遮断

Cloudbric(クラウドブリック)は、WebサイトプラットフォームにかかわらずWebサイトとドメインがあればだれでも利用できます。Webサイトのアクセス情報をすぐに確認でき、危険に感じた任意のアクセスを即座に遮断できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Cloudbricの資料を無料DL

SonicWall(ソニックウォール)

  • 特許技術のRFDPIでデータの中身まで検査
  • マルチコアアーキテクチャを採用
  • 最新の脅威情報に対応

SonicWall(ソニックウォール)は、すべてのトラフィックをスキャンし、ハイパフォーマンスネットワークのニーズに合わせて拡張します。

SonicWallの次世代ファイアウォールは、ファイアウォール、VPN、ウイルス対策、スパイウェア対策、侵入検知/防御(IPS)、コンテンツフィルタリング、アプリケーションの可視化とコントロールといった豊富なセキュリティ機能を一台に統合したネットワークセキュリティアプライアンスです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
SonicWallの資料を無料DL

4. ファイアウォールで防げる攻撃

ファイアウォールはセキュリティ対策機能のひとつで、意図しないソフトウェアが勝手に通信をしないように、インターネットとパソコンの間に設置される「壁」のようなものです。
具体的には、ソフトウェアが通信するポートを制御することで、インターネット側からの攻撃や不正アクセスといった危険からパソコンを守り、また不正なソフトウェアがパソコン内部から重要な情報を盗み出すような通信を検知し遮断することもできます。

たとえば、悪意のあるコードを含んだ通信を、ぜい弱性のあるソフトウェアが使用するポートに送りつけるという攻撃があります。この攻撃によって、ソフトウェアが意図しない動作を引き起こされてしまう可能性があります。結果として、パソコン内の大事な情報を盗み出されたり、マルウェアに感染させられたり、最悪の場合にはパソコンを乗っ取られてしまいます。

また攻撃者は、実際に攻撃を行う前に「ポートスキャン」と呼ばれる探索行為をします。これはパソコンのポートをノックするようなもので、ポートスキャンによって攻撃者はどのポートが開いているかを知ることができ、悪用できるパソコンを見つけていきます。あらかじめファイアウォールでポートを閉じておけば、攻撃の標的になる可能性を大幅に減らすことができます。

一方、パソコンからインターネットへ送信されるアウトバウンドの通信も制御できます。たとえば「キーロガー」と呼ばれるマルウェアがユーザーのキー操作を記録し、その内容を別のマルウェアが攻撃者へインターネット経由で送信することがあります。キー入力したIDやパスワード、クレジットカード番号などを盗まれてしまう可能性もあるのですが、ファイアウォールの設定により阻止することができます。

ファイアウォールのフリーソフト4選 まとめ

ファイアウォールによって、ソフトウェアのポートを介した攻撃や不正アクセスを遮断することができます。ただし、サイバー攻撃はこれだけではありません。

たとえば、ファイアウォールではウイルスの侵入を検知することはできません。ファイアウォールはあくまでセキュリティ対策のひとつであり、これだけでパソコンを守ることはできないのです。

現在の巧妙で複雑な攻撃に対応するには、セキュリティソフトの導入やスパムメール対策、ぜい弱性対策など、複数の対策による多段防御が求められるのです。

下記の記事ではファイアウォールのフリーソフトのみに留まらず、ネットワークセキュリティも含めたこの分野のサービスを幅広く紹介しています。

ネットワークセキュリティ | ウイルス対策ソフトに関するサービス比較40選 | ボクシルマガジン
増加するネットワークへの脅威企業のセキュリティ対策、どうしてますか?2015年には「標的型攻撃」や「ランサムウェア...

ネットワークセキュリティー、ウイルス対策ソフトの機能・価格比較表

こちらでは各ネットワークセキュリティー、ウイルス対策ソフトの機能と料金の比較表を掲載しています。ブラックリスト運用の可否や、海外のサービスは日本語対応はしているかなどといったポイントがひと目でわかるようになっています。ぜひご活用ください。

ネットワークセキュリティー、ウイルス対策ソフトの機能比較表

今回は代表的な40サービスを集めて比較しましたが、今回設定した機能比較の項目すべてに該当するサービスが無かったのは少々意外でした。国内のサービスであれば、導入後のサポート体制もしっかりしているものが多いので、攻撃遮断くんや、Cloudbric(クラウドブリック)はおすすめのサービスです。

ホワイトリスト運用 ブラックリスト運用 操作画面の日本語対応 DDOS対策 CDN機能
攻撃遮断くん × -
Cloudbric(クラウドブリック) - - - -
SonicWall(ソニックウォール) - - - - -
incapsula (インカプスーラ) × ×
TrustShelter (トラストシェルター) -
シマンテック クラウド型WAF × -
LanScope Cat(ランスコープ キャット) - -
SKYSEA Client View - - - -
QND - - - -
System Support best 1 - -
Paシリーズ - -
FortiGateシリーズ(FortiGate機能) - - -
Deep Discovery™ Inspectorシリーズ - - -
FireEye NXシリーズ -
CipherCraft/Mail - - -
Secure Mail for ZIP -
safeAttachクラウドサービス - - -
BRODIAEA safeAttach - - - -
Managed Cyber Gate - -
LACセキュリティ監視サービス - -
セキュリティ・プラスマネージドセキュリティサービス - -
Menlo Security (メンロセキュリティー) - - -
ダブルブラウザ・ソリューション - - - -
CyberMail メール無害化ソリューション - -
avast! (アバスト) - -
ウイルスセキュリティゼロ - - -
Avira (アビラ) - - - - -
FFR yarai - - - -
ESET - -
G DATA Internet Security - - - -
Endpoint Protection for SMB - - - - -
KASPERSKY(カスペルスキー) - - -
ウイルスバスタークラウド10 - - -
norton(ノートン) - - -
McAfee(マカフィー) - - -


ネットワークセキュリティー、ウイルス対策ソフトの価格比較表

サービスによって設定している値段の差がかなり大きくあります。現在の予算を踏まえこの価格表からいくつかサービスをピックアップし、そのうえで上記の機能比較表と照らし合わせ最適なサービスを選んでください!

初期費用 利用料 月額/ユーザー 無料お試し期間あり 無料プランあり
攻撃遮断くん 10,000円 40,000円〜 月額 -
Cloudbric(クラウドブリック) - - -
SonicWall(ソニックウォール) - - - - -
incapsula (インカプスーラ) 0円 98,000円〜 1ユーザーあたりの月額 - -
TrustShelter (トラストシェルター) - - - -
シマンテック クラウド型WAF 98,000円 28,310円〜 月額 - -
LanScope Cat(ランスコープ キャット) 343,000円 見積もり - - -
SKYSEA Client View 353,000円 - - - -
QND 800,000円 - - ×
System Support best 1 500,000円〜 - - × -
Paシリーズ 400,000円 8,333円〜 月額 - -
FortiGateシリーズ(FortiGate機能) 300,000円 8,333円〜 月額 -
Deep Discovery™ Inspectorシリーズ 2,500,000円〜 - - - -
FireEye NXシリーズ - - - - -
CipherCraft/Mail 88,000円〜 - - -
Secure Mail for ZIP 997,500円〜 - - - -
safeAttachクラウドサービス - 500円〜 月額(1アカウント) -
BRODIAEA safeAttach 1,800,000円〜 70,000円〜 1ユーザー月額 - -
Managed Cyber Gate - - - - -
LACセキュリティ監視サービス - - - - -
セキュリティ・プラスマネージドセキュリティサービス 170,000円〜 120,000円〜 1ユーザー月額 - -
Menlo Security (メンロセキュリティー) - 20,000円〜 月額 - -
ダブルブラウザ・ソリューション - - - -
CyberMail メール無害化ソリューション 950,000円〜 - - - -
avast! (アバスト) 3,480円〜 - - -
ウイルスセキュリティゼロ 1,980円〜 - - -
Avira (アビラ) 10,129円〜 - -
FFR yarai 9,000円〜 - - -
ESET 3,456円〜 - - -
G DATA Internet Security 6,458円〜 - - -
Endpoint Protection for SMB 5,746円〜 - - -
KASPERSKY(カスペルスキー) 6,980円〜 - - -
ウイルスバスタークラウド10 149,000円〜 - - -
norton(ノートン) 6,998円〜 - - -
McAfee(マカフィー) - - - -


【番外編】ネットワークセキュリティー、ウイルス対策ソフトに関連する記事集

こちらでは、前ページで紹介したウイルス対策に関する記事だけに限らず、ネットワークセキュリティについて紹介している記事もまとめて21個掲載してみました!

たとえばwindows10でも使えるおすすめの無料ウイルス対策ソフト3つを厳選してご紹介のような記事ではwindows10でも使えるおすすめの無料ウイルス対策ソフトの特徴や機能を紹介しているので、サービス・システム導入をお考えの方は必見です!


ウイルス対策ソフトに関連する記事紹介

おすすめのセキュリティソフト・ウイルス対策ソフトを徹底比較!【無料あり】

インターネットセキュリティやウイルス対策を甘く見ていませんか?「インターネットセキュリティとかよくわからないし…」「ウイルスなんて感染したことないからウイルス対策はしなくても大丈夫!」なんて思ってはいませんか?

ウイルスに感染したり、フィッシング詐欺などに引っかかったりしてインターネットセキュリティやウイルスの怖さを知っている人ならば、必ずと言っていいほどセキュリティソフトやウイルス対策ソフトを導入していますが、そうでない人にとってはインターネットセキュリティやウイルス対策は等閑になっていることが多いです。

ウイルス感染によって個人のPCがおかしくなる程度の不具合ならまだしも、企業の重要な情報が消えたり流出したりしてしまったら、「ウイルス対策はよくわからないのでしてませんでした」では済まされませんよね。

そういった事を事前に防ぐため、セキュリティソフトやウイルス対策ソフトを入れておくことは必要なのではないでしょうか。
そこで本記事では、ボクシルがおすすめするセキュリティソフト・ウイルス対策ソフトを比較して紹介します!

おすすめのセキュリティソフト・ウイルス対策ソフトを徹底比較!【無料あり】


そもそもウイルス対策とは?知らない方のためにやさし〜く解説します!

日々100万種以上ものコンピュータウイルス(以下ウイルス)が生まれていると言われており、その脅威からPC・スマホ・タブレットなどの端末をあらゆる施策で守るのがウイルス対策です。

ウイルスに感染するとプログラムを破壊されたり個人情報を盗みとられたりと多大な被害を被るので、我々インターネットユーザーは常に対策を取る必要があります。しかし、そもそもウイルスとは何なのか?や具体的な対策をまだ知らない方も多いでしょう。

ここではウイルスに関するさまざまな情報を紹介していきたいと思います。

そもそもウイルス対策とは?知らない方のためにやさし〜く解説します!


ランサムウェアとは | 知らないと怖い、最新マルウェアの実態

2015年のネットセキュリティ部門において注目ワードとなった”ランサムウェア”。簡単にいうと、身代金要求型のマルウェア(不正プログラム)です。その中でももっとも被害が甚大となったのが「Cryptowall」と呼ばれるランサムウェア。Cyber Threat Alliance(サイバー脅威アライアンス)の発表によると、2015年2月~同年11月に行った調査ではCryptowallによる被害総額が3億2,500万ドル(約400億円)に上るとも言われています。

エンタープライズセキュリティにおける新たな脅威、歴史的被害を被った脅威に対する施策のために発足された組織。創設時の加盟企業はインテルセキュリティ(旧マカフィー)、フォーティネット、パロアルトネットワークス、シマンテックの4社。
そんなランサムウェアとは?をまだ知らない方のために、非常に怖いその実態を紹介していきたいと思います。

ランサムウェアとは | 知らないと怖い、最新マルウェアの実態


大事なデータを暗号化される!!2015年に話題になった「vvvウイルス」とは何か?

2015年12月6日12時頃、Twitter上ではある一つのテーマで1時間に5,000件以上ものツイートがされるという異例の事態が発生しました。その原因となったのが、「vvvウイルス」と呼ばれる新手のマルウェア(不正プログラム)です。このマルウェアは「ランサムウェア」と呼ばれる種類であり、日本では”身代金要求型マルウェア”とも呼称されています。

簡単に説明すると、PCに侵入したランサムウェアが秘密裏に不正プログラムを作動し、PCをロックまたはデータをすべて暗号化。そして「解除鍵が欲しければいくら支払え」といった脅迫メッセージが表示されます。ランサムウェアに関するさらに詳しい情報はこちらを参考にしてください。

国内でも話題になったランサムウェアの一種である「vvvウイルス」とは、いったい何なのでしょうか?vvvウイルスについて紹介していきます。

大事なデータを暗号化される!!2015年に話題になった「vvvウイルス」とは何か?


気になる疑問をスパッと解決!マルウェアとは何かをわかりやすく解説します!

かなりスレートなタイトルとなりましたが、タイトルどおり今回は「マルウェアとは何か?」についてわかりやすく解説していきたいと思います。
それではさっそくいってみましょう!

気になる疑問をスパッと解決!マルウェアとは何かをわかりやすく解説します!


ウイルス対策ツールを導入する際に検討しなければいけないポイント

ウイルス対策ツールの導入では単純に有名なソフトを購入するという企業が多いようですが、それでは導入に失敗する可能性があります。ここでいう失敗とは「導入したにも関わらずウイルスに感染してしまった」ではなく、「自社に合ったウイルス対策ツールを導入できていない」ことです。自社に合ったツールを導入できていなければ成功とは言えませんね。

ここではウイルス対策ツール導入にあたり、検討すべき7つのポイントを紹介していきます。

ウイルス対策ツールを導入する際に検討しなければいけないポイント


ウイルス対策に失敗しないための5つのポイント

PC、スマホ、タブレットなどをウイルスの脅威から守るために欠かせないウイルス対策は、ただ適当なものを導入すれば良いわけではありません。各ツールを比較するのはもちろんのこと、導入時のポイントも押さえておかなければ失敗する確率が高まります。

ここでは、ウイルス対策に失敗しないためのポイント5つをまとめてみました。

ウイルス対策に失敗しないための5つのポイント


【保存版】情報漏えい対策のために企業が取るべき対策7つ

企業活動の中でITという役割が欠かせなくなりました。そして、パソコンやインターネットを使わないと仕事ができなくなっています。そこで気を付けるべきことが情報セキュリティです。日々のニュースでも、企業にある大事な情報が漏えいし、企業に対する信用は失墜し、お客さまは離れ、多額の賠償金を支払う必要がある時もあります。

そこで企業が気を付けるべきポイントをまとめてみます。

【保存版】情報漏えい対策のために企業が取るべき対策7つ


不安が残る【クラウド型ウイルスソフト】便利なのはわかるが安全性のほどは?

ウイルスソフトを導入するうえで躊躇してしまう最大の要因は、「導入するととにかくパソコンが重くなる」ことです。
メモリが8GBや16GBといった大容量のパソコンを使用しているのならまだしも、それ以下ではメモリにかなり負荷がかかるのでパソコンの動作が重くなるのは避けられません。そんな中クラウド型ウイルスソフトを検討している方も多いのではないでしょうか?

クラウド型ならばすべてのプログラムをパソコンが抱える必要がないので、動作が重くなることは避けられそうです。

しかし今度は「クラウド型でセキュリティ面では安全なのか?」という疑問が浮かび、導入を躊躇してしまいます。クラウド型ウイルスソフトは2011年頃から登場し、すでに数年の時間が経っているのにも関わらずこうした疑問を持っている方が多いのではないでしょうか。

そんな疑問を解消すべく、クラウド型ウイルスソフトの利便性と安全性を解説していきたいと思います。

不安が残る【クラウド型ウイルスソフト】便利なのはわかるが安全性のほどは?


Androidスマホに無料ウイルス対策アプリは不要!スマホウイルス対策の裏話

みなさん、スマートフォンのウイルス対策はどうされていますか?

ただそこの無料のスマホウイルス対策アプリを使っている方!…実はそのウイルス対策アプリ、全く効果がないかもしれません。
また、スマホのウイルス対策については特に何もしていない方!…Googleの偉い人が「スマホにウイルス対策アプリは不要」と述べていました。
iPhoneはウイルス対策いらないけど、Andoroidはウイルス対策がいるって噂がありますよね。

そうしたスマホのウイルス対策について考えてみたいと思います。

Androidスマホに無料ウイルス対策アプリは不要!スマホウイルス対策の裏話


【保存版】噂のランサムウェアに有効な5つの対策と感染してしまった時の対処法

昨年、身代金要求型の不正プログラムとして話題になったランサムウェアは、2016年になった現在でも、被害が増え続けているネットセキュリティの脅威です。ユーザーのPCに侵入することでPCをロック、またはデータを暗号化し、秘密裏に目的を遂行すると姿を現し「解除鍵が欲しければ」と金銭を要求します。法人企業の被害も拡大していることから現在もっとも脅威的と言われているマルウェアに、我々はどのようにして立ち向かったらいいのでしょうか?

ランサムウェアに感染しないための5つの対策と、感染してしまったときの対処法について紹介していきます。

【保存版】噂のランサムウェアに有効な5つの対策と感染してしまった時の対処法


気になる疑問をスパッと解決!マルウェアとは何かをわかりやすく解説します!

かなりスレートなタイトルとなりましたが、タイトルどおり「マルウェアとは何か?」についてわかりやすく解説していきたいと思います。

気になる疑問をスパッと解決!マルウェアとは何かをわかりやすく解説します!


重くない!コストかからない!【ウイルスソフト】を導入しなくともできるウイルス対策

スマホ端末の保護のための対策といえばウィルスソフト、有料無料とさまざまながものがありますね。
しかしウイルスソフトはとにかく重い!インストールしてからスマホの動作がなんとなく遅くなったなんてことも多くあります。
ウィルス対策はできてもストレスは溜まっていってしまいますね。

ならばいっそウイルスソフトをインストールせずにウィルス対策をしましょう!ということでウイルススソフトなしでできるウィルス対策をご紹介していきます。

重くない!コストかからない!【ウイルスソフト】を導入しなくともできるウイルス対策


windows10でも使えるおすすめの無料ウイルス対策ソフト3つを厳選してご紹介

皆さん、windows10のセキュリティ対策はちゃんとできてますか?

windows10には、デフォルトのセキュリティ機能として「Windows Defender」「Windowsファイアウォール」の2つのセキュリティソフトが搭載されています。

ウイルスへの感染を防いだり、リアルタイムでPCを保護できるセキュリティソフトが「Windows Defender」、外部からの攻撃や内部からの情報漏えいを防ぐことができるのが「Windowsファイアウォール」です。これだけでもウイルス対策は十分と思われますが、利用者の多いwindows10の標準機能は裏を返せば「攻撃対象となりやすい」とも言えます。
中には、「無料でもいいから別のフリーのセキュリティソフトを入れて安心したい!」という人も多いはず。
そこで今回は、windows10にも使える無料のセキュリティソフトについて、ボクシル編集部が厳選したおすすめの3サービスを比較、紹介します。

windows10でも使えるおすすめの無料ウイルス対策ソフト3つを厳選してご紹介


日本はサイバー攻撃を受けすぎ!?2015年に起きたサイバー攻撃まとめ

2015年もまもなく年の瀬を迎えますが、今年は日本に対するサイバー攻撃についてのニュースが多かった印象があります。
そこで、2015年に起きた主なサイバー攻撃をカテゴリー別にご紹介します。

日本はサイバー攻撃を受けすぎ!?2015年に起きたサイバー攻撃まとめ


ネットワークセキュリティに関連する記事紹介

【2016年はどうなるか】知らない内に大惨事!企業の大規模情報漏えい5事案

国家単位で行われるサイバー犯罪から、個人のミスまで、近年では毎日の様に日本国内で発生している「企業の情報漏えい」。国際的には、ハッカー集団の「アノニマス」が世界中で大暴れし、米中双方の首脳が会談の中で「サイバー攻撃」に対し非難合戦を行うなど世界が本腰を入れて取り組んでいる「漏えい問題」。

実際に起こった事件で、どのような損失が発生したのかを紹介します。

【2016年はどうなるか】知らない内に大惨事!企業の大規模情報漏えい5事案


そもそもネットワークセキュリティーって何?知らない方のためにやさし〜く解説します!

皆さんは“ネットワークセキュリティ”と聞いてどんなことを思い浮かべますか?ウイルス対策ソフト、ファイアウォール、パスワード管理などさまざまでしょうが、そのどれもが正解です。そもそもネットワークセキュリティとはこれら対策の総称であり、特定の対策を指す言葉ではありません。

ここでは、対策の種類を紹介しつつネットワークセキュリティについて紹介していきます。

そもそもネットワークセキュリティーって何?知らない方のためにやさし〜く解説します!


ネットワークセキュリティツールを導入する際に検討しなければいけないポイント

近年増加しているサイバー攻撃の脅威からネットワークを守るためには、ネットワークセキュリティツールの導入が欠かせません。特に内部犯行や標的型攻撃による情報漏えい事件が数多く報告されている今、包括的なツールに注目が集まっています。
しかし、初めてネットワークセキュリティツールを導入する企業にとっては「どんなポイントに注意すればいいのか?」がわからないかと思います。

そこでここでは、ネットワークセキュリティツール導入の際に検討しなければならないポイントをまとめてみました。

ネットワークセキュリティツールを導入する際に検討しなければいけないポイント


ネットワークセキュリティツールの導入に失敗しないための5つのポイント

コンピュータウイルス、標的型攻撃、ランサムウェア、DDoS攻撃など、日々多くの組織がサイバー攻撃の手により機密情報漏えい事件を起こしています。特に近年は大規模な情報漏えい事件が多く発生したことからも危機感を抱いている企業は多いのではないでしょうか?

そこでネットワークセキュリティツールを導入する企業が増加しているのですが、同時に導入に失敗している企業も多いようです。原因はやはり、“基本的なポイントを押さえられていないこと”でしょう。

そんなネットセキュリティツールの導入に失敗しないめのポイント5つをまとめてみました。

ネットワークセキュリティツールの導入に失敗しないための5つのポイント


【価格表あり】ネットワークセキュリティーを強化するサービスを種類ごとに集めて比較してみた!

セキュリティという言葉をここ数年はすごく耳にするようになった気がしています。たしかにインターネットが発達して、今や本当にたくさんのものがインターネットにつながる時代となりました。そこでやっぱり気になるのはセキュリティですよね。

そこで、ネットワークセキュリティのサービスを「Web,メール,認証,スパムウイルス,サイバー,監視,IT資産」から31コ集めてみました!
各サービスに料金表をつけていますので、価格の比較や、使えるものがないかご参考ください。

【価格表あり】ネットワークセキュリティーを強化するサービスを種類ごとに集めて比較してみた!

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事