コピー完了

記事TOP

意外と知らない部長代理。部長代理とは何か、またその役割は?

最終更新日:
公開日:
意外と知らない部長代理。その役割をまとめてみました皆さんは部長代理という役職を聞いたことがあるでしょうか。「部長補佐とは違うの?」「なんとなく知っているけど詳しくは知らない」という方も多いのではないでしょうか。実は部長代理は部長補佐とは違い、れっき

意外と知らない部長代理。その役割をまとめてみました

皆さんは部長代理という役職を聞いたことがあるでしょうか。「部長補佐とは違うの?」「なんとなく知っているけど詳しくは知らない」という方も多いのではないでしょうか。実は部長代理は部長補佐とは違い、れっきとした一つの役職であることが多く、会社にとって重要な役割があります。ここでは部長代理とは何か、その役割とは何かを詳しくご紹介します。

部長代理とは?そのほかの類似の役職との違い

部長代理と部長補佐。よく似ていますが、その違いはお分かりでしょうか。どちらも大きな意味で部長のサポート役であることに違いはありませんが、簡単に言うと名前のとおり、部長代理は部長の代理、代行をし、部長補佐は部長の補佐をします。 部長代理は部長の代行をする権限が与えられています。部長が対外的な仕事が多い場合に、部長の代わりに決裁権を持ちます。いわば部長の同じ権限が与えられているのが部長代理です。

一方、 部長補佐は部長をサポートする役割のため、部長の代行権限つまり決裁権はありません。部長が対外的な仕事で社内に不在の場合、その部署の内部を統括するのが主な仕事です。部下を指導、育成したりするのも主たる役目ですね。** 決裁権の有無が部長代理と部長補佐の大きな違いです**。呼び間違えないようにしましょう。

部長代理の5つの役割

部長代理の役割①:部長になるための準備期間

部長職は、課長とは大きく異なる役職です。部長は、課長と違って自分の得意分野以外のことも行い、多くの課を管理します。そのため、次に部長にしたいと期待する人に部長代理としてのポストを作り、部長のそばについて部長の経験を積ませます。まさに部長のになるための準備期間です。

そのため仕事内容は部長と、全く同じものです。部下の指導や教育からその部署のプロジェクト管理まで、色々な仕事をこなす必要があります。また部長が不在のときは、部長に代わって決裁を行うのも部長代理の大事な仕事の1つです。

課長代理の役割②:代理とはいえれっきとした管理職の1つ

部長代理は代理という名称がついていますが、れっきとした中間管理職の1つです。立場で言えば課長クラスの人よりも上になります。その分、課長以上に仕事の責任があります。部下の教育や勤怠管理などの仕事もこなします。給料面は会社によって様々で、与えられた役割により課長より上の場合もあれば、同じということもあります。また、結果が出ないと課長クラスに戻されることもある厳しい立場。これまで以上の仕事をする必要があるポジションです。

部長代理の役割③:実質的な部長であることも多い

部長代理の中には、部長代理という役職ですが実質部長という人がいます。部長という役職は会社や部署では、1つしかないことが多いです。実際には部長と同じ能力があったとしても、部長のポジションに空きがなければ昇進することができません。能力があるのに昇進できないと、その人が会社を辞めてしまう恐れがあるため、部長代理という役職を作って昇進させるのです。実質的には、部長と同じのため上司が部長でないときもあります。部長になると会社の戦略立案や経営に参画しますが、部長代理も同じように会社の戦略立案や経営に関わります

部長代理の役割④:部長と課長の間を取り持つ調整役

会社によっては、明確に部長代理の役職を置いている場合があります。その場合の多くは、部長と複数人の課長の間の調整役の仕事を任されることも多いです。部長は対外的な仕事を任されていることも多く、その部署にほとんどいないということもあります。そのため、部署のことが分からなくなったり、課長とのコミュニケーション不足になることも出てくるでしょう。部長代理は部長に近い立場でありつつ、課長に近い立場でもあるポジションなので、部長と課長の間に立ち調整をする重要な役割があります

部長代理の役割⑤:新設される部署の実質部長

会社によっては、新しい部署を立ち上げるときにいきなり部長を置かない場合があります。これはその仕事や部署がうまくいくかどうかを見極め、撤退もしやすくするためです。そのようなときには、部長代理のポジションを置きます。部長代行と呼ばれることもあります。実質には部長となんら変わりがありません。上司も部長ではなく、その上の専務などになります。新しい部署が軌道に乗り、本格的に新しい部署に認められると正式に部長となります。部長と同じく決裁権があるため、最終的な責任を負います。

部長代理とは何か。その役割についてまとめ

いかがでしたか。一口に部長代理といっても、色々あるということをお分かりいただけたかと思います。部長代理は中間管理職の1つで、いわば次期部長候補です。そのため部長のそばについて経験を積みます。また、新しい部署や部長と同等の能力がある場合は、代理とは名ばかりで実質部長と同じ役割を果たしていることもあります。会社によって様々ですが、会社の重要な経営戦略を社長や専務、部長と一緒に考えていく重要な役職です。

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルとは

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルでは、
「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
経営企画・マーケティングの最近更新された記事