{{ message }}
Article square balloon green
2016-12-23

部長の役割とは?経営側の視点を持って中長期的に現場を管理

- PR -
- PR -
Large

会社役員からの経営的な指示と、現場の事情の板挟みになる中間管理職の部長。会社内の実質的な人事采配に対する人事部の影響力には会社毎による違いがありますが、事業部が人事に大きな影響を持つ場合もあり、部長の権限は課長に比してレベル違いの大きさとなっています。

課長の延長ではない部長の役割

管理職と呼ばれる役職の中で、課長の上に位置すると認識されている部長。しかし、その役割の内容は課長の延長上にあるものではありません。担当事業部の人材配置転換などの権限をある程度持っている場合、自身の戦略に合わせた反映が可能であり、またその結果の責任を負うことにもなっています。

中長期的な視点が必要

事業部内の管理責任者である課長から相談を受け、指示を与える事業部トップの立場の部長ですが、部長自身が上に相談する機会はあまり与えられていません。責任を負う前提で自ら判断し、課長などの部下に指示を出すことが必要です。また、課長以下の現場は短期的な業務遂行に全力を傾ける傾向となりますが、部長になると中長期にわたる視点での戦略を部内に浸透させていく役割も担います。

経営的な視点で管理をする最小単位の責任者

会社の役員は、会社全体に対しての経営的な視点を持ちます。部長は、そのような視点を背景に持ちつつ、事業部単位で管理する人やお金をやりくりする立場です。事業部が業績を上げるためには、部下である課長に適切な権限委譲をすることが大事なポイントとなります。課長以下の人員のモチベーションを高める環境を整えることに注力し、会社全体の経営方針を効果的に伝えることによる業績向上も目指します。

対外的な役割を受け持つ機会も増えます

部長の仕事では、事業部の目標を設定し、部下に適切に伝えることも大切です。管理する人員の数が多いことから、課長とその部下のように一人一人とコミュニケーションをとって進めていく形ではなく、間接的でありながらも全体を統制できる形でのマネジメント能力が求められます。また、事業部の業績責任を負う立場であることから、対外的な説明を行う機会が増えることも課長との大きな違いとなります。

事業部間の調整能力も重要

部長の重要な役割の一つが、他事業部との調整です。管理する事業部内での課題解決のために他事業部の人材を含めた再配置を行うなど、様々な調整が必要となります。同じ会社内であっても事業部間の調整が難しい場面もあり、調整能力を発揮できないと事業部内の部下の負担に直結する問題となります。他事業部の事情も勘案しながら、最適な形を模索して交渉することが大切です。

部下のいない部長も

営業部長や専任部長など、部長と名の付いた役職であっても部下のいない場合があります。部下なし管理職と呼ばれることもあります。対外的な仕事を行う上で有益となるポジション確保のため、あるいは専門的な知識を持つ人のポジション確保のためなどに使われる手法です。このケースでは、直接的に部下を管理する仕事は任されていないことになります。

課長職から大きく役割が変わるため、部長の役割に慣れるまでに時間のかかる人もいます。しかし、部長は経営的な視点が必要な役員人材のスタート地点となる管理職です。そのため、意思決定能力や管理能力を向上させていく努力が必要となります。部長研修のある会社とない会社がありますが、求められている役割を理解し、十分に果たせるようにしていきましょう。

法人向けクラウドサービス口コミ・比較サイト「ボクシル」とは

法人向けクラウドサービス口コミ・比較サイト「ボクシル」では、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
- PR -
- PR -
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ