コピー完了

記事TOP

有価証券報告書とは?書かれている内容をわかりやすく解説

最終更新日:
公開日:
会社の経営状況を知りたいアナタヘ新しい取引先を探している時、投資先を検討している時、転職先を探しているときなど、実際の経営状況や従業員の状況を把握して、その会社の実情を知りたいもの。今回は、数ある経営指標の確認方法の中でも「有価証券報告書」について

会社の経営状況を知りたいアナタヘ

新しい取引先を探している時、投資先を検討している時、転職先を探しているときなど、実際の経営状況や従業員の状況を把握して、その会社の実情を知りたいもの。
今回は、数ある経営指標の確認方法の中でも「有価証券報告書」について、具体的に、分かりやすく解説します。

有価証券報告書とは

上場企業の経営状況を知る指標の1つが、「有価証券報告書」です。「有報」とも呼ばれます。
「有価証券」とは、株券や債権のこと。有価証券報告書とは、金融商品取引法に基いて、上場会社が事業年度ごとに作成しなくてはならない書類。作成する必要があるのは、株式を上場している会社で、事業年度の終了後、3ヶ月以内に財務局長・上場証券取引所に提出することが義務付けられています。
そして、提出された有価証券報告書は公開され、誰でも見ることができます。主に、投資判断の材料として使われることが多いです。

有価証券報告書で分かること

有価証券報告書には、事業の状況や財務状態、財務諸表などが書かれています。
第一部 企業情報」と「第二部 提出会社の保証会社等の情報」に分かれていますが、第一部を見れば企業の概要を把握することができます。
具体的に記載されているのは、以下の内容です。

  1. 企業の概況…沿革や事業内容、関係会社の状況、従業員の状況 など
  2. 事業の状況…1年間の売上について。キャッシュフローの状況や、事業分野の情報、やるべき課題、研究開発の状況、抱えているリスク、重要な契約 など
  3. 設備の状況:どのような設備投資をしたか
  4. 提出会社の状況:株式についての記載。株式の総数や資本金の推移、大株主の状況、ストックオプションの内容、配当、株価、役員の状況 など
  5. 経理の状況:連結財務諸表(連結貸借対照表・連結損益計算書・連結剰余金計算書・連結キャッシュフロー計算書)、財務諸表など。
  6. 提出会社の株式事務の概要:決算期や株主総会など、事務的な内容
  7. 提出会社の参考情報:親会社の情報など

有価証券報告書の面白いところは、業績など以外にも、働く人の状況も見えるところ。例えば、「従業員の状況」という欄を見ると、従業員の平均年齢や平均勤続年数、平均年間給与なども記載されています。なかなか知り得ない情報ですよね。転職活動中に見ると、企業選びの参考になりそうです。
例年記載要項が変更されるので、企業担当者は繊細な作業が求められます。

有価証券報告書はどこで見られる?

有価証券報告書は、全国にある政府刊行物センターや書店で購入できます。
その他、「EDINET」という金融庁の電子開示システムでも内容を閲覧することができます。

有価証券報告書と他の書類の違い

有価証券報告書と似た書類があるので、間違えないように区別しておきましょう。

有価証券届出書・有価証券通知書との違い

有価証券報告書と同じく、”有価証券”という名前を冠した書類です。
これは、規定を満たす有価証券を募集・売り出し(※)する際に、その都度金融庁に提出しなければならない書類です。
※簡単にいうと、新株発行など
この書類には会社情報に加え、発行する証券の情報が記載されています。投資家が、株式発行によって企業が調達した資金をどのように使うのかを知って投資すべきかを判断するために使う書類です。ちなみに、新株発行に際して有価証券届出書・有価証券通知書を提出しないと金融庁HPに公開されます。株取引のトラブルに合わないために、投資をする際は欠かさずチェックしたいですね。
名前は似ていますが、有価証券報告書とは全くの別物となります。

決算短信との違い

決算短信とは、金融商品取引法ではなく各証券取引所ごとに提出が求められているもので、決算日後45日以内に提出します。有価証券報告書の「速報バージョン」と捉えてください。有価証券報告書より記載項目も少なく、確定値が書かれているワケではありませんが、即座に状況を把握できるため、投資家の注目度が高いです。

ボクシルとは

法人向けクラウドサービス比較 ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、様々なサービスを掲載しています。
「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」
そんな悩みを解消するのがボクシルです。ぜひ、登録してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事