コピー完了

記事TOP

DAUとは | WAU・MAUとの違いや活用方法を徹底解説

最終更新日:
ソーシャルメディアサービスやアプリなどの利用者について知るための指標であるDAUについて説明します。基本的な用語の解説から指標の活用方法まで解説しますから、実際にそういったサイトを運用している人はぜひ参考にしてください。

DAUという指標を知っているでしょうか。多くはソーシャルゲームやアプリなどの運用で重視される基本的な指標ですが、そういったサイトになじみのない人には、あまり知られていないのかもしれません。

そこで、DAUの基本的な説明から活用方法、それをより深い分析に用いるための考え方について紹介します。

「DAU」とは

DAUとは何の指標か?

DAUとは「Daily Active Users」の略であり、企業や個人の運営するWEBサイトやスマートフォン用のサイトなどを一日にどれぐらいのユーザーが利用したかを確認するための指標です。

純粋に一日の利用者数として計測する場合もあれば、会員制サイトなどでは、登録しているユーザーに対するその日の利用者の割合として算出することもあります。

SNSなどのサービスで重視される指標であり、DAUの数によってそのサイトの人気度が測られるといっても過言ではありません。

「WAU」や「MAU」との違い

一日のアクティブユーザー数を示すDAUに対して、月ごとのユーザー数を計測した指標をMAU(Monthly Active Users)といい、週ごとに計測した指標をWAU(Weekly Active Users)と呼ぶことが多いです。

MAUについてはこちらから。

どれも一定期間の利用者数を計測するものですが、日毎のユーザー数をカウントしておいて、最終的にその平均を導いて集計することもあります。

これらの指標は単純な会員登録数や累積利用者数などよりも、今現在のユーザー状態を知ることができるため、会員制のWEBサイトの運営などでも重宝する指標といえます。

DAUの活用方法と注意点

DAUを活用して利用者数を測る方法は、多くの会員制サイトやSNSで行われていますが、特にソーシャルゲームやアプリなどのユーザー数を分析し、その数を増やす施策を立てるために重視されています。

以下では、そういった場面で注意すべきポイントを解説し、活用していく考え方を紹介します。

DAUに影響するノイズの存在

DAUはその性質上、ゲームや各種アプリの登録者数ではなく、実際に利用しているユーザー数を計測するものです。

そのため、その時点での人気度をある程度知ることができ、継続的に測ることによって、提供側のアクションがユーザーにどのような反応を引き出すことができたか、を知るきっかけにもなります。

しかし、ゲームなどに会員登録しただけで、日ごろ全く利用していないユーザーや、断続的なユーザーのログインなどによってDAUの値が影響を受けてしまうことがあります。

特に気まぐれな利用者が多いサイトでは、DAUにかかるノイズが大きくなってしまう傾向があるといえるでしょう。

ホワイトノイズ・スパイクノイズ

ソーシャルゲームにおける数値上のノイズには主に2種類あり、それぞれホワイトノイズスパイクノイズと呼ばれます。

ホワイトノイズは、単純に登録ユーザーの気まぐれな行動によってDAUに影響してしまうノイズのことであり、ゲームやアプリなどのコンテンツの性質によって、ノイズの幅がある程度決まってきます。

それに対してスパイクノイズは、主に提供者側の広告などの事情によってもたらされるノイズのことをいいます。

新しく広告を出稿したり、その頻度を上げたりといった要因がユーザー数の一時的な増加をもたらし、それがDAUにも変化を与えてしまうわけです。

ノイズ解消方法の例:定着ユーザーと非定着ユーザーに区別

こういったノイズを解消する方法として、提供しているコンテンツをユーザーが日常的に利用しているかどうかを軸に、区別するやり方があります。

普段からそのゲームやアプリを利用している人と、そうではない人を分けて考えることで、定着ユーザーと非定着ユーザーを明確に分類します。非定着ユーザーが明らかになれば、必然的にノイズが解消されることになります。

DAUの分析結果を活用する

非定着ユーザーが明らかになれば、今度はその人々をいかにして定着ユーザーへと移行させるべきかを考えられます。

日ごろから積極的に利用しているユーザーと、そうではないユーザーとの違いについて分析を深め、具体的にどういうアプローチをとれば、定着ユーザー数を伸ばすことができるかを検討します。
それによってDAUも増加させることができるようになるでしょう。

多くのソーシャルメディア運用企業は、こういった方法で、日々アクティブユーザー数を増加させる施策を練っています。

ほとんどのケースにおいて、非定着ユーザーというのはゲームやアプリを利用してみたものの、いつの間にか飽きてしまった人々や、本格的に利用するには至らなかったユーザーです。

彼らの利用頻度をいかにして上げるかを考えるのが、DAU率を上げるための有効なアプローチでもあるのです。

DAUで利用者数を伸ばそう

ソーシャルゲームやアプリ、そして会員制サイトなどの分析で用いられるDAUについて、基本的な説明から活用方法について説明してきました。

DAUを指標として用いることによって、提供しているアプリがどの程度ユーザーに受け入れられているかを知ることができます。

ただし、気まぐれなユーザーなどの影響によって指標にノイズが入り込んでしまうのが普通ですから、ユーザーの定着数などに注目しながら、純粋なアクティブユーザー数を導き出すことが重要です。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
Web運用の最近更新された記事