コピー完了

記事TOP

電子カルテのサービス比較 | 特徴・メリット・導入時のポイント

公開日:
ここでは、電子カルテを利用することで得られる効果とメリットを紹介し、各サービスの特長やコストを比較します。

電子カルテとは

電子カルテとは、病院で患者さんの情報などを記入するカルテの電子版のことです。

医療の現場では、従来から紙媒体のカルテを利用しているところがまだまだ多く、電子カルテの導入に対して積極的でない病院もあります。理由としては導入コストや、オペレーションの変更に不安が残るからです。

電子カルテについては以下の記事で詳しく説明しています。

また、紙媒体のようにカルテ庫やスペースを確保する必要がないため、カルテの管理が効率化されます。また、情報管理の面でもすぐに情報を検索することができるなど、活用の幅はとても広くあります。

無床クリニック向け電子カルテサービスの比較

ここでは、電子カルテの各製品について、製品の特長や注目点、どのような場面で使い勝手がよいかなどを解説します。

HOPE EGMAIN-RX

  • ナビゲータによる充実したカルテ作成支援機能の提供
  • 患者さんとの円滑なコミュニケーションを実現
  • 地域連携を支える機能の提供

HOPE EGMAIN-RXは、ドクターの目線で使いやすい操作性と、誰が利用してもオペレーションが安定するように設計されています。また、すべての業務をトータルにサポートする機能を搭載しているため、患者様との円滑なコミュニケーションを実現します。

セコム・ユビキタス電子カルテ

  • 初期費用の負担が少なく、導入期間も短縮
  • さまざまな院内システムとの連携も可能
  • 外出先や自宅でも安全に電子カルテを利用可能

セコム・ユビキタス電子カルテは、モバイル端末を使って、外出先や自宅でも安全に電子カルテを確認することができるため、これまでのカルテ管理とは違う新しいスタイルを確立しました。これはクラウド型の電子カルテで、専用端末やサーバーを準備せずに利用が可能です。

有床クリニック向け電子カルテ

Web型電子カルテシステム Open-Karte AD

  • フレキシブルな運用を実現する新しいオーダ機能
  • 職種や業務に合わせて,必要な情報を表示
  • システム構築の作業工数を削減

Web型電子カルテシステム Open-Karte ADは、患者さんの重要な情報を見落さないようにするために、患者基本情報や検査結果を同じ画面に表示をします。カルテでは見落としてしまいがちな部分などをしっかりと確認できる設計になっています。

Optional PackOptional PackOptional Pack

  • プラグイン機能により柔軟なシステムを構築
  • 日医標準レセプトソフトとの連携
  • 無駄のないステップ型の導入が可能

Optional PackOptional PackOptional Packは、IT化を実現するのが難しいとされる有床診療所のIT化を実現します。このサービスでは、統合医療情報システムをベースにして、有床診療所の専用パッケージを提供します。

中小規模病院向け電子カルテサービスの比較

MegaOakSR for SaaS

  • サービス利用開始までの効率化
  • 高度なセキュリティにより安心・安全
  • 電子カルテ運用の負荷軽減

MegaOakSR for SaaSは、診療所向けに電子カルテを単体で提供する方法ではなく、NECのデータセンターに診療データを保管することで安全性を確保し、電子カルテの利用ができるサービスです。そのため、自分たちでは管理しきれない情報漏洩のリスクを最小限に抑えることができます。

   

wiseman

  • システムの導入から運用までサポート
  • 院内全体の情報化と、地域包括ケアに向けた医療・介護連携を実現
  • 療養型・ケアミックス型の病院に豊富な実績

wisemanは、各病院の診療スタイルにあわせて使えるのが特徴で、療養型・ケアミックス型の病院に幅広く導入されています。医療向け、介護福祉向けなどそれぞれにあった専門の電子カルテが用意されているため、利用しやすいシステムを選ぶことができます。

 

大規模病院向け電子カルテサービスの比較

HOPE LifeMark-HX(ホープ ライフマーク エイチエックス)

   

  • 見やすさと使いやすさを追求した利用者に優しいユーザーインターフェース
  • Webアプリケーション化による新たな価値の創造
  • 医事システムも同一データベースへ統合

HOPE LifeMark-HX(ホープ ライフマーク エイチエックス)は、Webアプリケーション化しているため、利用環境に合わせて最適なデバイスを選択できます。そのため、パソコンからの利用だけでなく、タブレットなどの端末からも利用できるマルチデバイス対応となっています。

電子カルテのメリット

ここでは、電子カルテのメリットを3つ紹介します。

管理(収納、情報の一元化)

電子カルテはすべてパソコンで情報を管理することができるため、物理的な収納スペースを確保する必要がありません。それに加え、情報を一元化してまとめられるので、カルテを手作業で探す手間もかからないため、管理面の作業を大幅にカットできます。

業務スピードの向上

電子カルテは、患者さんのカルテに記入する作業を電子化するだけでなく、紹介状や診断書などの作成にも役立ちます。医療の現場で必要になる文書のテンプレートがいくつか用意されているため、それらを利用することにより、1から作成する必要がなくなり、 業務スピードの向上が期待できます。

記載ミスを防止する

手書きのカルテでは、誤字脱字などの記載ミスや、文字の特徴などによる読み間違いが起こることがあります。しかし、電子カルテであれば、パソコンへの入力になるため情報が読みやすく、記載ミスを防止することにもつながります。

電子カルテの導入ポイント

ここでは、電子カルテの導入ポイントを解説します。

規模・形態にあったサービスを選ぶ

電子カルテは、基本的に病院の規模ごとに合わせてサービスの機能が違います。そのため、規模や形態にあったサービスを選ぶことがポイントになります。

目的を選ぶ

電子カルテを導入することで、病院内の作業の効率化が図れるため、今病院内の作業オペレーションにどのような課題があるかを明確にしましょう。

各病院が抱えている悩みや課題は違うため、どのような課題を克服するために導入するのかという目的に合わせて選ぶことがポイントです。

求める機能

診療科によって、電子カルテに求める機能は異なりますが、以下が一般的に電子カルテに搭載されている機能です。

受付機能
患者さんのデータや基礎情報などをすべて一元化することによって、名簿管理が可能になります。そのため、受付業務や来客スケジュールなどの受付機能を効率的に行えるようにします。

カルテ入力機能
これまで手書きだったカルテへの入力がすべてパソコンで行うようになります。そのため、キーボード入力が苦手なドクターなどには敬遠されがちですが、現在ではワンタッチ入力や音声入力などの機能も増えてきました。

会計機能
診察内容に合わせて、費用がいくら発生するのかということをあらかじめ設定しておくことで、毎回のように診察に合わせた金額を調べる必要がなくなります。お会計待ちで待合室が混雑してしまうことを回避することができます。

機器連携機能
電子カルテは検査センターなどの外部機関と連携を図ることができるため、検査指示から結果取得までをシームレスに行うことができます。そのため、電話でのやり取りの手間と時間を短縮し、業務のスピードが上がります。

表示機能
電子カルテでは患者さんに合わせた形で、ToDoの表示や次回診察の予約に関しての通知をカルテ上で表示させることができます。そのため、伝言ミスにより伝え忘れてしまうということを減らすことができ、業務漏れを防ぐことができます。

サポート体制、他のシステムとの連携

病院内ではパソコンを管理できる人材がいない場合があります。

しかし、そのような場合でも電子カルテの利用をサポートをしてくれるサービスもあるので、パソコンを使える人が現場にいなくても安心して利用できます。

また、他システムとの連携を図ることで、より電子カルテの真価を発揮するため、院内のシステム構成をもとに考えることで、より使いやすいものになります。

電子カルテを活用して効率の良い業務を行いましょう

以上が電子カルテのメリットと導入のポイントとサービスの紹介でした。

なかなか医療の現場ではITの導入に積極的でないケースが多いですが、今後業務を効率化していくためにはIT化は必須です。

最初の導入では、少し戸惑うことはあるかもしれませんが、導入をすることによる得られるメリットや効果は非常に大きいため、ぜひこれを機会に電子カルテを活用して、業務の効率化を進めてみてはいかがでしょうか。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事