オフィスコンビニの関連情報

コピー完了

記事TOP

オフィスコンビニとは?導入メリットや比較ポイント・おすすめサービスを紹介

最終更新日:(記事の情報は現在から151日前のものです)
オフィスコンビニとは、オフィス内に設置された自動販売機のようなサービスです。福利厚生や生産性、採用などのメリットがあります。本記事では、オフィスコンビニの導入方法や選び方、おすすめのサービスを紹介します。

【厳選】おすすめのオフィスコンビニをまとめてチェック!

オフィスコンビニの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。

オフィスコンビニとは

オフィスコンビニとは、福利厚生サービスの一つでオフィス内に設置する無人のコンビニのようなサービスです

飲料やお惣菜、お菓子をはじめ、文房具や日用品なども取り扱っているサービスもあります。主に食事補助を目的としており、企業が一部の費用を負担することで、従業員は外のコンビニに買いに出るよりも安価に購入できます。ほかにも、繁忙期でもすぐに購入できる利便性や災害時の備えになることなどのメリットも挙げられます。

オフィスコンビニの導入は、従業員の満足度や生産性を向上させるだけでなく、企業の経営にもメリットがあります。

オフィスコンビニのサービス内容

オフィスコンビニのサービス内容は、提供する会社によって異なりますが、一般的には、飲料や食品、文房具や日用品など、従業員が必要とする商品が常に補充されています。商品の種類や数量は、オフィスの規模やニーズに合わせて調整でき、商品の入れ替えや追加などのリクエストも可能です。

従業員が好きなタイミングで購入でき、支払いは会社負担の場合や従業員の自己負担、あるいは一部負担する場合など、サービスによって異なります。

オフィスコンビニの導入メリット

オフィスコンビニの導入は、従業員や企業にとって、次のメリットがあります。

  • 福利厚生の一環として導入できる
  • 24時間いつでも利用できる
  • 休憩時間を有意義に使える
  • 災害時の備蓄にもなる
  • 採用にも利点となる

福利厚生の一環として導入できる

オフィスコンビニは、企業の食事補助の福利厚生サービスの一つとして導入できます。

オフィス内で食事ができることで、従業員は外出する必要がなくなり便利で快適な環境を提供できます。

また、オフィスコンビニの商品は、会社が全額または一部負担することで、従業員の負担を軽減できます。誰にでも使いやすいサービスを提供することで、モチベーションや満足度を高めることにつながります。

24時間いつでも利用できる

オフィスコンビニは24時間利用できます。そのため、自身の都合に合わせて商品の購入が可能です。朝早くや夜遅く、休日や繁忙期など、オフィスにいる時間が長い場合でも、欠食や偏食をせずに食事を用意できます。

休憩時間を有意義に使える

オフィスコンビニがあると、食事や飲み物を買いに行く時間が削減できるため、休憩時間が有意義に使えるようになります。

食事だけでなく、少しの休憩時間でもオフィスコンビニで飲料やお菓子を購入して、気分転換やエネルギー補給ができることもメリットです。仕事の効率アップやパフォーマンスを高めることにもつながります。

災害時の備蓄にもなる

オフィスコンビニに置かれた商品は、災害時の備蓄にもなります。オ

フィスコンビニには、水や食料、医薬品や衛生用品など必要なものがストックされていることから、災害時にオフィスに閉じ込められた場合や、帰宅困難な場合でも、オフィスコンビニを利用して従業員の安全や健康を守ります。

採用にも利点となる

オフィスコンビニの導入実績は採用活動においても利点となります。オフィスコンビニを導入していることで、働く環境の配慮がされていることで求職者にとっても企業イメージが向上します。

優秀な人材の確保が難しいとされる昨今、オフィスコンビニをはじめとする福利厚生の充実はアピールポイントの一つとなるでしょう。

オフィスコンビニを選ぶときのポイント

オフィスコンビニを選ぶときには、次のようなポイントを比較して自社に合ったサービスを選ぶことが重要です。

  • 商品ラインナップ
  • 設置スペース
  • 商品価格
  • 決済方法

商品ラインナップ

オフィスコンビニの商品ラインナップは、提供する会社によって異なります。商品の種類や品質、数量や頻度などを確認して、従業員のニーズに応えられるかどうかを判断しましょう。また、商品のリクエストやカスタマイズができるかどうかも重要な要素です。

設置スペース

オフィスコンビニの設置スペースは、オフィスのレイアウトや規模によって変わります。オフィスコンビニのサイズや形状、電源や配線などを確認して、オフィスに適した場所に設置できるかどうかを検討しましょう。

また、オフィスコンビニの設置や移動にかかる費用や時間も考慮しましょう。

商品価格

オフィスコンビニの商品価格は、提供する会社や商品の種類によって異なります。商品価格は、従業員の利用意欲や負担に影響します。商品価格は、市場価格と比較して、適正かどうかを判断しましょう。また、商品価格には、消費税や送料などの費用が含まれているかどうかも確認しましょう。

決済方法

オフィスコンビニの決済方法は、提供する会社や商品の種類によって異なります。多くの場合、現金や電子マネーなどが主な決済手段です。

従業員の希望や習慣に合わせて、選択できるかどうかを確認しましょう。また、決済方法には、手数料やポイントなどの特典があるかどうかも確認しましょう。

おすすめのオフィスコンビニ

次の記事では、口コミ評判で人気のオフィスコンビニを多く紹介しています。オフィスコンビニを比較検討したい方は、ぜひ参考にしてください。

【2024年】オフィスコンビニおすすめ比較13選!仕組み・評判・導入メリット
オフィスコンビニは、オフィス内でドリンクや軽食などを購入できる仕組みです。休憩時間を有効活用したいというニーズの増...
詳細を見る

オフィスコンビニを導入する際の注意点

オフィスコンビニを導入する際には、次のような注意点を考慮する必要があります。

従業員の健康に影響する

オフィスコンビニは、従業員の健康に影響する可能性があります。オフィスコンビニの商品は、高カロリーや高塩分、高糖分などのものが多い場合があります。従業員がオフィスコンビニの商品を過剰に摂取すると、肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まります。

オフィスコンビニを導入する際には、従業員の健康を考慮して、商品のバランスや量を調整しましょう。また、従業員に対して、オフィスコンビニの商品の摂取方法や注意点を周知しましょう。

活用ルールを周知しておく

オフィスコンビニは、活用ルールを周知することが重要です。オフィスコンビニの商品は、従業員だけでなく、来客や取引先などの外部の人にも提供できる場合があります。

オフィスコンビニの商品の提供方法や範囲、費用負担などを事前に決めておきましょう。また、オフィスコンビニの商品の購入方法や決済方法、利用履歴や個人情報の取り扱いなども明確にしましょう。オフィスコンビニの活用ルールは、従業員や外部の人に対して、適切に周知や教育を行いましょう。

セキュリティ面に配慮する

オフィスコンビニは、セキュリティ面に配慮する必要があります。オフィスコンビニは、オフィス内に設置されるため、オフィスのセキュリティシステムと連動させることが望ましいです。

オフィスコンビニの設置場所や利用時間、利用者の制限などを設定しましょう。また、オフィスコンビニの商品やカードやアプリなどの管理も厳重に行いましょう。オフィスコンビニの商品やカードやアプリが紛失や盗難にあった場合や、不正利用や悪用が発生した場合には、速やかに対処しましょう。

オフィスコンビニの導入で従業員の健康促進や満足度向上を目指そう

オフィスコンビニは、福利厚生の一環として導入できるほか、24時間購入できることや休憩時間を有意義に使えること、さらに災害時の備蓄にもなるなど従業員や企業にとって多くのメリットがあります。

オフィスコンビニを選ぶときには、商品ラインナップや設置スペース、商品価格や決済方法などのポイントを比較して、自社に合ったサービスを選びましょう。

オフィスコンビニは、オフィスの環境や働き方を変え、生産性の向上やパフォーマンス向上にもつながります。ぜひ、オフィスコンビニの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

\料金や機能を資料で比較する!/

オフィスコンビニ選び方ガイド_20220420 .pptx.pdf
オフィスコンビニ
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
オフィスコンビニの最近更新された記事