コピー完了

記事TOP

無料で使えるおすすめの予算管理システム3選!ツールの特徴と選ぶ際のポイントを解説!

最終更新日:(記事の情報は現在から100日前のものです)
この記事では、無料で使えるおすすめの予算管理システムを紹介しています。有料・無料ツールの違いや選ぶ際のポイントなどをわかりやすく解説しています。導入する予算管理システムを探している方はぜひ参考にしてみてください。

【厳選】おすすめ予算管理システムをまとめてチェック!
\特典【完全版】機能・価格比較表/

予算管理システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。各サービスの導入実績や特徴、よくある質問などまとめているので、ぜひ参考にしてください。サービス一覧はこちら

予算管理システムとは

予算管理システムとは、企業の収入や支出を計画的に管理し、目標達成に向けて予算を策定・運用するシステムです。予算作成や予実管理・分析・レポート作成などの機能がついており、財務の健全性や経営効率などの経営管理の業務を効率化する機能があります。

無料の予算管理システムを選ぶときのポイント

無料の予算管理システムを選定する際は、いくつかの基準が存在します。代表的な基準について解説します。

業種や業態に合っているか確認する

予算管理システムを選ぶ際は業種や業態に合っているか確認してください。予算管理の方法やルールは業界や企業によって異なります。

業務に適した予算管理システムを選ぶためには、業種や業態に特化した機能やサービスが提供されているかチェックしましょう。

データ連携が可能か確認する

予算管理システムを選ぶ際はデータ連携が可能か確認してください。無料版では他のシステムとの連携ができないことがあります。

予算管理に必要なデータを手動で入力するなど非効率にならないようデータ連携ができるツールを選ぶことで、作業時間やミスを減らせます。

複数の予算編成やシミュレーションができるか確認する

予算管理システムを選ぶ際は複数の予算編成やシミュレーションができるか確認してください。無料版では予算のバージョン管理やシナリオ分析ができないことがあります。

予算管理には柔軟性や予測性が求められます。複数の予算編成やシミュレーションができるツールを選ぶことで、予算管理の精度や効果を高められます。

無料で使えるおすすめの予算管理システム2選

予算管理システムの中で無料で使えるおすすめのツールを紹介します。無料の範囲でできることや機能制限などを解説しているので予算管理システム選びの参考にしてみてください。

fusion_place

無料で利用できる機能と制限

fusion_placeは、予算編成や予実管理、管理会計報告、グループ経営管理など、経営管理のさまざまな業務を支援するシステムです。 リアルタイムで更新・集計可能な多次元データベースを核にしながら、ユーザーみずから設計できる入出力画面やExcel(エクセル)連携ツール、ワークフロー機能などを備えています。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
ユーザー数 3ユーザーまで
保守サービス(問い合わせ対応など) 利用できません
マイナーバージョンアップ 利用できません

bixid

無料で利用できる機能と制限

bixidは、経営報告や経営分析、経営計画や予算管理、資金繰りやKPI管理などの機能が利用できる経営支援クラウドです。会計ソフトから会計データを取り込み、ビジュアルで表現し、経営課題の解像度を高め、経営判断の次の一手を加速させます。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
決算推移表・部門別帳票の閲覧 利用できません
月次報告レポート 利用できません
部門別等月次報告レポート 利用できません
取引分析 利用できません
KPI管理 利用できません
決算予測(法人・個人) 利用できません
単年計画(PL・簡易CF) 利用できません
コメント・ToDo登録 利用できません
部門実績配賦 利用できません

無料トライアルを実施しているおすすめの予算管理システム

この項目では無料トライアルを実施しているおすすめのツールを紹介します。

Workday Adaptive Planning - OrangeOne株式会社

Workday Adaptive Planning
Workday Adaptive Planning
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能

Workday Adaptive Planningは、予算編成、見通し管理、実績分析などの機能が利用できる予算管理システムです。クラウド上でリアルタイムにデータを共有し、柔軟なシナリオプランニングを行えます。


自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\ 失敗しないシステム導入のために! /

予算管理システムの比較表【料金・機能・口コミ評判】

【特典比較表つき】『予算管理システムの資料8選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『予算管理システムの資料8選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

無料と有料の違いは?よくある機能制限と注意点

無料の予算管理システムでよくある機能の制限をまとめました。

保存容量の制限

無料版の予算管理システムでは、保存できるデータの容量に制限があります。たとえば、無料版では少ない容量しか保存できない場合が多いです。

予算管理に必要なデータが少ない場合は問題ありませんが、複数のプロジェクトや部門の予算を管理する場合は、容量不足になる可能性があります。その場合は、有料版にアップグレードする必要があります。

保存期間の制限

無料版の予算管理システムでは、保存できるデータの期間にも制限があります。たとえば、無料版では最新の数か月分のデータしか保存できない場合があります。

予算管理には過去のデータを参照することが重要ですが、無料版では長期的な分析や比較ができません。その場合は、有料版にアップグレードするか、別の方法でデータをバックアップする必要があります。

アカウント数の制限

無料版の予算管理システムでは、利用できるアカウントの数にも制限があります。たとえば、無料版では1人のユーザーしか登録できないサービスがあります。

予算管理には複数のステークホルダーの意見や承認が必要ですが、無料版では共有や協力ができません。その場合は、有料版にアップグレードするか、別のツールでコミュニケーションをとる必要があります。

有料ツールを検討するべきケース

企業の状況やツールに求めていることによっては、無料ツールでは叶えられないケースが存在します。有料ツールを検討したほうが良いケースをまとめているので参考にしてみてください。

予算の変更履歴を管理したい場合

予算管理システムには、予算の変更履歴を管理することが重要です。予算の変更理由や承認者、日時などを記録しておくと、予算の進捗や精度の向上につながります。

しかし、無料版の予算管理システムでは、予算の変更履歴を管理する機能が限られていることがあります。予算の変更履歴を管理したい場合は、有料版を選ぶことをおすすめします。

予算管理システムと他のシステムを連携したい場合

予算管理システムでは、他のシステムとの連携をすることで業務の効率化を実現できます。たとえば、会計システムや営業システムと連携することで、予算の作成や実績の確認がスムーズになります。

しかし、無料版の予算管理システムでは、他のシステムとの連携ができないことがあります。予算管理システムと他のシステムを連携したい場合は、有料版を選ぶことをおすすめします。

複数の通貨で予算を管理したい場合

海外との取引が多い企業ならば、複数の通貨で予算を管理することが必要です。通貨のレートや換算方法によって、予算の見積もりや実績が大きく変わることがあります。

しかし、無料版の予算管理システムでは、複数の通貨で予算を管理する機能が提供されていないことがあります。複数の通貨で予算を管理したい場合は、有料版を選ぶことをおすすめします。

サービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\ 失敗しないシステム導入のために! /

予算管理システム選び方ガイド_20230901.pptx.pdf
予算管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
予算管理システムの最近更新された記事