電子錠・電子ロックとは?種類と選び方・交換方法・目的別おすすめサービス

最終更新日:
防犯対策で注目されている電子錠(電子ロック)。カード型・暗証番号型・指紋認証型などさまざまな種類とその特徴、メリットデメリット、選び方から取り付け方法、人気サービスの価格や特徴まで徹底的に解説します!
その他その他ビジネス
Large

電子錠|選び方・交換方法・目的別オススメサービスを徹底紹介!

セキュリティ対策の一つとして、導入が進む電子錠。見た目も機能もますます進化し、さまざまな種類が登場しているのをご存じでしょうか。今まさに導入を検討中の方はもちろん、電子錠を知らない方でも大丈夫。価格や種類、特徴などを比較しながら、分かりやすくご紹介します。ぜひ今後の電子錠選びの参考にしてください。

電子錠とは?種類・特徴をご紹介

電子錠とは電気の力で施錠・解錠を行う鍵と錠前のこと。
金属の鍵に代わって施錠の役割を担うものですが、遠隔操作によって施錠忘れのリスクを回避することや、暗証番号や指紋認証など開閉方法を選べるなどのメリットがあることから、企業や家庭で高い注目を集めています。

鍵には変わりないため目的は当然防犯ですが、用途や希望に合わせてさまざまな種類から選ぶことができます。

電子錠の種類・特徴は?用途に合わせて選ぼう

解錠の手段によってタイプが分かれますが、施錠は扉を閉めると自動的に行われるオートロックが基本です。鍵穴のあるシリンダータイプとは違い、ピッキングの心配がありません。その分設置の費用は、シリンダータイプよりも一般的に高くなる傾向があります。
電子錠の特徴を確認し、ご希望の用途にはどのタイプが最適かぜひ検討してみてください。

リモコン・カード型

サンプル

リモコン・カード型は、金属の鍵の代わりにリモコンやカードを使うタイプの電子錠です。
カード型の場合は、扉側に設置した錠前に磁気カードを通したり、ICカードをかざしたりすることで解錠します。リモコンの場合には、車のように一定の距離内に近づくと解錠操作ができるものがあります。

メリット

  • カードをかざすだけで解錠できる
  • カードは財布や定期入れなどに収納できるため紛失の可能性が低い
  • リモコンは扉から離れていても解錠できる
  • 権限情報の登録や変更が可能
  • 既存のICカードも利用できる場合も

デメリット

  • 金属鍵と同様、手元にないと解錠できない
  • 破損すると使えなくなる (磁気カード:磁気が弱くなった場合)
  • 電池式は電池が切れると、電源式は停電になると使えない

おすすめの利用シーン

おすすめは、オフィスや賃貸マンションなどでの利用です。
ホテルでは磁気カードが多く利用されていますが、これは万が一鍵を紛失した場合でも復旧が手軽にできることが大きな理由です。

それと同様に賃貸マンションでも、カードを導入すると借主が退去した際の鍵交換が不要になります。権限設定が行えるため、カードが返却されなかった場合の心配もいりません。

オフィスなどでは、所有者ごとに権限設定を行うことや入退出の記録をとることもできます。日ごろ携帯している社員証にカードキー機能をつけることで、利用する側の利便性も高まります。

暗証番号型

サンプル

あらかじめ設定した暗証番号を入力することで解錠するのが、暗証番号型です。何度も間違えるとロックがかかるなど、セキュリティ面を配慮した電子錠が多く見られます。

メリット

  • 持ち運びの必要がないので紛失の心配無用
  • カバンの中を探す必要なし
  • 利用人数が増えても、人数分の鍵を用意しなくて良い
  • 定期的な変更が容易で高いセキュリティを担保できる

デメリット

  • 暗証番号を忘れると解錠できない (一度の解錠で間違える回数が多いとロックがかかる)
  • 第三者に教えてしまうと変更が必要である
  • 電池式の場合は電池が切れると、電源式の場合は停電になると使えない

おすすめの利用シーン

利用者の多い場所が暗証番号型のおすすめシーンです。企業の場合は会議室や従業員用の出入り口、駐車場などでも利用できます。利用者が増えても鍵は増やす必要がないため、管理面での負担がありません。
家庭での利用も利便性とセキュリティ面からおすすめです。番号を忘れないように工夫すれば安心して利用できるでしょう。

指紋認証型

サンプル

指紋認証型は、登録した指紋を読み取り解錠するタイプの電子錠です。

メリット

  • 暗記や持ち運び必要なし
  • 忘れたり紛失したりする心配がない
  • 情報が漏れる可能性が極めて低く、セキュリティが高い
  • 両手がふさがっている状態でも、手軽に解錠可能
  • 毎回カバンの中を探さなくて良い

デメリット

  • ケガをしたり汚れていたりすると読み取れない場合がある
  • 指紋が薄いと登録が難しい場合がある
  • 指紋登録者以外では解錠できないため、万一に備えて信頼できる人の登録をしておかないといけない
  • 電池式は電池が切れると、電源式は停電になると使えない

おすすめの利用シーン

指紋認証型は、特に家庭での利用がおすすめです。
紛失や失念の心配もなく、解錠も手間なく簡単に行えます。企業では入室制限のある部屋など特定の用途で用いる場合などには、高い効果が期待できる電子錠です。

タッチキー型

タッチキー型はセンサー部分をタッチすると解錠できるタイプの電子錠です。鍵自体はカバンなどに入れておくだけでOK。扉側の機器をタッチすると解錠が行えます。

メリット

  • 両手がふさがっている状態でも、タッチするだけで解錠できる
  • 毎回カバンの中を探さなくて良い

デメリット

  • 金属鍵と同様、手元にないと解錠できない
  • 電池式は電池が切れると、電源式は停電になると使えない

おすすめの利用シーン

家庭での利用がおすすめです。身に付けたりカバンの中に入れておくだけで使用できるため、利便性の高さは抜群。キーさえ紛失しなければ、解錠作業が格段に楽になります。

電子錠に取り替えるには?業者?自分でできるの?

電子錠を利用するには、現在お使いの鍵から電子錠への交換が必要です。電子錠への付け替えは、専門業者へ依頼すればほとんどのところで対応してくれますが、設定方法さえ分かれば自分でも取り付けが可能です。

自分で取り付ける場合にフォーカスし、電子錠の選び方と設置方法を解説します。

電子錠の購入方法

電子錠を購入する際は事前確認が大切です。なぜかというと、扉によって設置可能な種類が異なるケースがあるからです。必ず設置予定の扉の状況を確認してから購入しましょう。

事前に整理しておきたいポイント

  1. 使用用途 (家庭用[一戸建て/マンション]、オフィス、集合住宅など)
  2. 鍵の種類 (カード・リモコン、暗証番号、指紋認証、タッチ) ※金属鍵併用の有無も
  3. 電力 (電池式/電源式) ※電源の場合は要配線確認
  4. 使用人数 (企業や集合住宅の場合)
  5. 希望の価格帯

この5点を整理しておけば、スムーズに商品選びができるはずです。

購入前に確認しておくこと

既存の扉

  • 設置スペースはあるか
  • ドアの厚みは何mmか (現在の鍵と交換して設置する場合は以下も必要)
  • 鍵と取っ手がそれぞれ独立しているか
  • バックセット (ドアの端から玄関錠の中心部まで)は何mmか
  • 鍵穴サイズは何mmか (小さい場合は穴を広げる必要あり)

購入予定の商品

  • 商品サイズは設置スペース内の大きさか
  • 厚みは既存の扉の範囲内か (現在の鍵と交換して設置する場合は以下も必要)
  • バックセットは既存の扉の範囲内か
  • 鍵穴サイズは既存の扉の範囲内か

これらの情報は商品ページなどに必ず記載があるはずです。ここで確認をしておかないと、設置できない商品を購入してしまう可能性があるため、丁寧な確認をおすすめします。

注意点

既存の鍵と交換するか、既存の鍵はそのままで電子錠を新たに追加するかによっても、購入する機器が異なります。機器の選択にあたって、さらに細かい確認が必要な場合があるため、必ずWebサイトなどで商品の詳細を確認してから購入するようにしてください。

電子錠の設置方法

電子錠の設置方法は、商品に同梱された取扱説明書に記載されています。ここではおおまかな流れを確認しておきましょう。

用意するもの

  • 電動ドリルドライバー
  • ホールソー
  • ペン

設置の流れ

  1. 取り付ける位置を決めて、印を付ける (同梱の型紙を使用
  2. 印に合わせて穴を開ける
  3. 穴からコード等を通し、内側と外側から扉を挟むように本体を設置する
  4. ストライク (鍵の受け側)を設置する

注意点

扉に穴を開ける必要があるため、扉の強度によっては業者への依頼が必要な場合もあります。また電子錠の設置スペースがない場合など、設置に必要な条件がそろわない扉には設置できないため、購入前の確認が重要です。

電子錠の設置が不安な場合は必ず専門家へ依頼する

電子錠を自分で設置する場合には、事前確認と正しい設置を心がけましょう。設置ミスや設定間違いなどが起きると、電子錠が正しく機能しないこともあります。セキュリティを高めるための電子錠ですが、設置を誤ると肝心な施錠ができなかったり、解錠できずに締め出されたりすることにもなりかねません。

専門家でない人が自分で設置をするということは、こういったリスクがあるということです。少しでも不安な場合は、業者へ依頼して設置してもらうことをおすすめします。

企業様向けおすすめの電子錠!特徴と価格など徹底紹介

企業向けの電子錠にはどのような商品があるのでしょうか。おすすめの電子錠の特徴や価格などをご紹介します。

Akerunスマートロック/アケルン

Akerunスマートロックは、ドアに貼り付けるだけで設置が完了する電子錠。
工具さえ必要としない手軽さとは対照的に、機能は大変充実しています。鍵の施錠と解錠はスマートフォンとICカードの2種類が利用可能。解錠権限の設定や切り替えはいつでも、どこからでも行えます。また入退室も管理できる仕組みです。

特筆すべき特徴は、APIでの外部サービス連携。普段利用しているメールやチャットなど各種ツールとの連携を可能にしています。
セキュリティはもちろん、生産性の向上にまで寄与する次世代型の電子錠で、大手企業からベンチャー企業、自治体や大学まで幅広い施設で導入されています。

おすすめポイント

  • 導入が簡単なのに高機能
  • 手軽な料金プラン
  • 洗練されたデザイン
初期費用:無料
月額費用:9,500円 (税別)
契約期間:1か月

セコムLX/セコム

セコムの「セコムLX」は24時間のオンライン監視を行うセキュリティシステムです。電子錠の利用だけにとどまらず、異常が発生した際に緊急対処員がかけつけてくれる点は、警備会社ならでは。事故や盗難など、損害を受けた場合に備えた保険も付帯されています。

入退室の管理にはカードの権限設定ができ、複数の扉をグループ化して同一グループ内での同時開閉を禁止する、インターロック機能も装備。監視カメラとの連携も可能です。電子錠を設置したエリア以外の場所を対象とした防犯にも対応するなど、高い安全管理が特徴です。

おすすめポイント

  • 厳重な安全管理
  • かけつけ警備
  • 保険付帯
初期費用:要問い合わせ
月額費用:要問い合わせ
契約期間:要問い合わせ

照合装置システム PR-C504/アルソック

アルソックが提供しているのは、電子錠を利用した出入管理システム「照合装置システム PR-C504」。5000枚までのカード登録と操作照合を行える、中小規模の施設向けのシステムです。

一般的な機能に加え、カード保有者の在館管理、カードやカードリーダーの使用時間設定、アンチパスバック(カード保有者と同時に保有者以外が入室するのを防ぐ機能)、2名照合 (1名だけの在室を不可にする設定)など、高いセキュリティを確保できる機能が揃っています。またシステムを拡張すれば、最大256扉まで管理が可能になります。

おすすめポイント

  • 5000枚まで対応可能
  • パソコン(システム)で一元管理
  • 高度なセキュリティ機能
初期費用:資料請求後の見積りにて要確認
月額費用:資料請求後の見積りにて要確認
契約期間:資料請求後の見積りにて要確認

バイオスター・システム/セキュア

セキュアの入退室管理システム「バイオスター・システム」は生体認証技術を利用したセキュリティシステムです。電子錠は必要な機能が揃ったスタンダードモデルから、最新機能を搭載した多機能モデルまで全部で4種類。
解錠方法には、カード・指紋認証・最先端の顔認証などがあり、認証のスピードと正確性が特徴です。

電子錠単体での運用はもちろん、セキュリティゲートやソフトウェア、拡張機能との組み合わせで、総合的なセキュリティを構築できるシステムです。

おすすめポイント

  • 最先端の生体認証技術を利用
  • 認証スピードの速さと高い正確性
  • 総合的なセキュリティ構築が可能
初期費用:問合せ後の見積りにて要確認
月額費用:問合せ後の見積りにて要確認
契約期間:問合せ後の見積りにて要確認

ご家庭向けおすすめの電子錠!特徴と価格など徹底紹介

続いて家庭用の電子錠をご紹介します。機能もデザインも使い勝手も洗練された電子錠をチェックしてみてください。

Qrio

Qrio Smart Lockは「鍵をシェアする」という画期的なコンセプトの家庭向け電子錠です。
操作はスマートフォンから簡単に行えますが、鍵となるURLをSNSなどで送れば、シェアされた側の人も解錠ができます。もちろん、人や時間は自由に設定可能です。

Qrio Hub(キュリオハブ)とセットで購入すれば、電子錠の遠隔操作まで行えます。取り付け方法も簡単で、サムターンの上にかぶせるだけでOK。鍵の取替えでドアが傷つく心配もありません。

これまでの鍵の概念を変えるセキュリティへの新しいアプローチで注目を集め、さまざまなメディアで取り上げられています。

おすすめポイント

  • スマホで簡単操作
  • 鍵を自在にシェア(人・時間を限定)
  • Qrio Hubと一緒に使えば、遠隔操作可能
  • 本体の取り付けには工具が不要
Qrio Smart Lock:18,000円(税別)
Qrio Hub :8,800円(税別)
Qrio Smart Lock+Hub:25,800円(税別)

NinjaLock

Ninja Lockはスマートフォンアプリで解錠と施錠ができる電子錠です。鍵の共有やタイマーによる自動開閉などの機能のほか、特に力を入れているのが安全性です。鍵の共有には暗号化技術を利用し、情報セキュリティ認証のISO27001も取得済み。鍵の開閉操作はすべて記録されています。

またドア側には、両面テープで貼り付けるだけ。どんなサムターンにもピッタリと合うよう独自開発したアタッチメントは、特許を取得しています。改良を重ねて開発された2つ目のモデル「NL02」は2017年5月から販売開始予定です。

おすすめポイント

  • 高い安全性
  • 鍵のシェアや便利なタイマー機能
  • テープだけの簡単設置
  • 特許取得のアタッチメント
NinjaLock NL02:要問合せ
アタッチメント:500円(税別)
ステッカー:300円(税別)

まとめ

以前よりも身近になった電子錠ですが、さまざまな種類があるため用途によって選ぶべきものが変わります。企業向けであれば規模や求めるセキュリティレベル、家庭用であれば生活スタイルなども考慮しながら選ぶことをおすすめします。

電子錠への付け替えは、決して鍵が変わるだけのことではありません。鍵の開け閉め以上の効果を意識しながら、じっくりと検討してみてください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事で紹介されたサービス
この記事とあわせて読まれている記事