Article square balloon green
2017-08-01

固定資産管理システム比較13選 | ポイントや特長を紹介【最新版】

固定資産管理は会計分野の中でも頻繁に法改正が行われます。今回はそんな税制改正にも対応した固定資産管理システムを比較します。それぞれのシステムの特長や機能を紹介しているので1つずつ比べてみてください。※初回公開日2017/6/28
固定資産管理システム
Large

固定資産管理の分野は会計分野の中でも頻繁に法改正が行われます。
そんな法改正の対応に日々対応に追われていませんか?そんな方におすすめなのが固定資産管理システムです。

システムの中には法改正や多様な償却計算機能などが備えられたものも多く、固定資産管理業務を助けてくれます。今回はこの固定資産管理システムを13種類紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

固定資産管理システムとは?

まず固定資産とは企業がかかえる資産の中で販売目的ではなく、営業のために継続的に使用されるものを指します。

土地や建物のような「有形固定資産」、ソフトウェアや著作権などの「無形固定資産」、貸し付け金や前払費用などの「投資その他の資産」の3つに分類されます。

この固定資産の管理に対して国からの規定があり、適切な管理を行わなくてはなりません。
また、固定資産管理で注意しなくてはいけないのが制度改正や環境変化に対応しなくてはならないことです。

そこで固定資産管理システムを導入することで手間のかかる管理を適切に効率良く行うことができます。

固定資産管理の概要は下の記事でさらに詳しく解説しています。具体的なサービスを見る前に特徴などを知りたい方は先にこちらをご覧ください。

固定資産管理の基礎知識|業務内容から運用のポイントまで | ボクシルマガジン
固定資産管理の概要から運用のポイントまで解説します。固定資産管理を行う上でのポイントや業務内容、注意点などを紹介し...

おすすめの固定資産管理システム13選

Plaza-i(プラザ・アイ)

  • 資産管理モジュールを単独で導入可能
  • 建設仮勘定の処理に対応
  • 償却のシミュレーション機能

Plaza-iは、1つの固定資産に対して、経理用・税務用でそれぞれ償却方法や耐用年数を変更できる、固定資産管理システムです。
店舗統合や組織変更による、大量の資産移動を一括処理。保守契約やサービス提供契約の売上を、月次に分割して計上するモジュールや、一般会計モジュールを追加で組み込むことができます。

ProPlus固定資産システム

  • 単一資産に対し複数帳簿設定
  • 除却して売却・廃棄して売却の処理
  • 決算月の異なるグループ会社を一元管理

ProPlus固定資産システムは、リースと固定資産両方に対応した、資産管理サービスです。定率法、定額法をはじめ、多くの償却方法を選択可能。グループ共通マスタの更新も容易です。法人税別表項目を自動計算し、国際会計基準に対応した書類も出力できます。

会計指南

  • 部門別財務諸表作成
  • カレンダーと連動した伝票起票
  • ログ監視などで内部統制支援

会計指南は、支店毎、取引先毎、あるいは、プロジェクト単位での会計や集計が可能な固定資産管理ソリューションです。内部のカレンダーに仕訳パターンを登録し、起票漏れを防ぎます。経済産業省による「システム管理基準追補版」に準拠した内部統制支援機能も備えています。一般会計以外の、手形や、固定資産・リース資産の管理などは、サブモジュールとして提供されます。

GLOVIA SUMMIT FM(グロービア・サミット・ジーエム)

  • 減損会計対応
  • Excelテンプレートで減損損失額を按分
  • 特許出願中の大規模データ処理技術を採用

グロービア・サミット・ジーエムは、固定資産管理システムです。経理部門や管理部門が必要とする情報を、管理コードに登録し、グループ化。検索やデータ抽出に利用できます。

按分の自動調整、手動調整、どちらも可能です。既存のシステムと連携しやすい設計で、貴社の基幹システムに固定資産管理機能のみの導入も可能。資産管理のムダを無くし、企業の将来を見据えた横断的な分析が行えるでしょう。

Galileopt NX-I(ガリレオプト エヌエックス ワン)

  • 複数元帳機能
  • 統計ログのドリルダウンによる詳細分析
  • 届け出や日次・月次書類の自動作成

ガリレオプト エヌエックス ワンは、Windows上で動作するERP「Galileopt」を拡張するパッケージです。「日本基準」と「国際財務報告基準」両方の勘定元帳を併用することにより、会計コンバージェンスや新基準適用に柔軟に対応します。
ユーザ毎に、自分が使いやすいようにメニュー画面をカスタマイズ可能。他システムとのデータ連携も、ノンプログラミングで行うことが出来ます。

固定資産のバーコード棚卸 Assetment Neo

  • 固定資産の実査を効率化する豊富な棚卸機能
  • バーコードやRFIDを活用した棚卸で作業負担を1/5 に削減
  • 固定資産管理ソフトと連携し正確な資産管理を実現

Assetment Neoは、棚卸などの資産の『現物管理』に特化したソフトです。固定資産管理ソフトは減価償却計算や固定資産税の申告業務に特化した機能を持っていますが、一方で棚卸などの『現物管理』を行う機能は弱く、実際の資産状況と照らし合わせてみると差異があることも少なくありません。Assetment Neoは、固定資産の実査に最適な棚卸機能で、これらの現物管理の部分を補います。棚卸結果の情報を固定資産管理ソフトで除却処理することで、本来あるべき正確な固定資産管理を実現することができます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Assetment Neoの資料を無料DL

ProPlusリース資産管理システム

  • リース取引種別を自動判定
  • 再契約や一部解約などに対応
  • IFRS第16号「リース」準拠可能

ProPlusリース資産管理システムは、資産管理パッケージ「ProPlus」に含まれるソフトウェアのうち、リースに特化した資産管理を行うツールです。
2019年より国際会計基準において、所有権移転外ファイナンス・リース取引の賃貸借処理が原則廃止され、売買取引として計上されます。

一方、日本基準においては今まで通りの賃貸借処理を行い、総資産利益率低下を防止します。「ProPlus」では判定基準を設定し、オンバランス・オフバランス取引を自動判定できます。

ZeeM(ジーム)

  • 会社合算処理に対応
  • 本店・支店の仕訳を自動作成
  • 償却シミュレーション

ジームは、人事給与・会計・資産管理業務を統合した、大手・中堅規模企業向けのワンストップ・パッケージです。
消費税関連申告書、月次決算に関する各種帳票、資産の異動処理、法人税別表や棚卸台帳作成を、統一されたインターフェイスで行えます。交通経費関連の帳票は、駅すぱあとルート検索と連携。Excelデータへの出力や、BIとしてデータを能動的に活用することが出来ます。

Galileopt NX-Plus(ガリレオプト・エヌエックス・プラス)

  • 国際会計基準や税法改正に対応
  • 予算管理・連結決算ソフトとの連携
  • 発行した帳票のリンクURL自動作成

ガリレオプト・エヌエックス・プラスは、人事給与系・マイナンバー対策・固定やリース資産、その他債権債務処理を行う基幹系情報システムです。バックオフィスとフロントオフィス両方の業務を担い、建設工事業における現場型の業務にも対応しています。振込データの生成、手形の印刷、固定資産の減価償却計算、リース資産の減損処理を自動化し、迅速に行うことが出来ます。

ProPlus建設仮勘定サブシステム

  • 他システムからデータ取込機能
  • 検収実績データを一元管理
  • 棚卸差異を、償却台帳へ自動反映

ProPlus建設仮勘定サブシステムは、固定資産、リース資産管理を中心としたシステムに「資産棚卸業務」をビルトインするソリューションです。オンプレミス・SaaS・IaaSとして提供されています。

予算毎に、建設仮勘定台帳と実績額を連動させて管理できます。管理システムに登録されている画像データを棚卸表に出力し、ヒューマンエラーを防止。ハンディターミナルから送信したCSVデータの取り込みも可能。棚卸業務の効率化を進められるでしょう。

弥生会計 17 ネットワーク

  • 資金繰り予測・シミュレーション
  • Excelへのデータ書き出し
  • 帳簿・伝票・元帳をペーパレス化

弥生会計 17 ネットワークは、中小規模法人向けの資産管理・会計ソフトウェアです。「弥生会計 オンライン」というクラウド版も販売されています。
法人決算から個人決算までをサポートし、簿記の知識が無いスタッフでも取引内容を選択するだけで起票。レシート画像の取込、取引データを自動取込・仕訳したり、口座自動連携ツールを用いて、煩雑な実務を省力化できます。

FAManager(TKC固定資産管理システム)

  • リース契約毎に異なる計算法で仕訳
  • 複数の資産グループ毎に減損損失計算
  • AROを登録するだけで自動仕訳生成

TKC固定資産管理システムは、クラウド型の固定資産管理システムです。リース機材の区分を自動判定し、コンプライアンスを遵守した資産運用が可能です。
減価償却費の計算が自動で行えます。定額法と定率法による1円単位での減価償却に対応し、償却超過額を法人税申告書の別表に反映。税務申告を迅速に遂行出来るでしょう。

LanScope Cat(ランスコープ・キャット)

  • アプライアンスとソフトウェアを管理
  • 所有者とIP・MACアドレス一覧機能
  • Macintosh版では商用フォント管理可

ランスコープ・キャットは、IT資産のセキュリティを強化しながら管理出来るツールです。社員が複数台所持しているモバイルデバイスやPCをクラウドで管理。私物や不正持ち込みされたアプライアンスを排除できます。金融機関に採用実績があり、TCO(ITシステム導入維持管理費)の削減に役立ちます。

固定資産管理システムを選ぶ際の3つのポイント

1.税制改正に対応しているか

固定資産管理の分野では税制改正が頻繁に行われます。
税制改正するたびに、税率や項目などが変わり、それに応じた修正が必要となります。

そこでシステムが自動的に税制改正に対応してくれることはとても重要となります。

2.償却計算機能が充実しているか

固定資産の中にもいろいろな分類があり、それぞれに対して償却計算も必要となってきます。
この償却計算を自動で行ってくれる機能が充実していることで業務が大幅に効率化することができます。

3.他のシステムとの連携ができるか

他の会計システムなどをすでに導入している企業も多いと思いますが、固定資産管理システムもそれらと連携させることが必要となります。

しかし、ものによってはシステムの相性が悪かったり、連携に対応していなかったりすることもあるので導入前にしっかりと検討することが重要です。


以上のような3つのポイントを参考にしつつ、ぜひ自社にあったシステムを導入し、会計業務全体の効率化をしましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事